2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う)

2019年2月26日 (火)

サラは快調!


2週間前になりますが、
久しぶりにサラの検診に行きました。




採血して、

CBCは病院内で、
生化学はアイデックスに
出してもらいました。


結果は良好!

血小板が少なめなだけ。




長期間のステロイド服用にも
関わらず、
肝臓や腎臓の値に問題なし。


***
現在の投薬量

プレドニゾロン 0.8mg/kg SID
2日服んで1日休み

***



いいね、サラちゃん。

日々の様子も調子良さげです。


外の空気をたっぷり吸い込んで、
鳥を眺めたりしています。

見ていられるときだけ、
ガバッと開けてあげます。





そしてもう1つ、
採血したついでに
ワクチン抗体価検査も
お願いしました。

我が家の状況から、
ワクチンはとても大事な存在ですが、
接種することで免疫を刺激するとのこと。

サラには死活問題のようです…

外部の検査機関のため
結果が出るまで10日ほどかかりました。

パルボは十分な抗体があることが
わかりました。


しかし、猫風邪の原因となる
カリシとヘルペスウイルスの
抗体価は不十分と出ました。


さて、ワクチンはどうしよう。


かかりつけの先生から、
生ワクチンよりも不活化ワクチンなら
影響が少ないんじゃないかという
ご提案をいただきましたが…


当面は保護猫さんを受け入れる
予定がないため、

というよりも、

よほどのことがない限り
受け入れない方針でいるので

ワクチンはひとまず見送ることに
しました。


外から持ち込まないよう
気をつけなきゃ。


で、サラちゃん。


相変わらずベビーリーフの
ピノ(小松菜)が好きですが、

この時期、葉の柔らかいピノは
なかなかありません。



寒さと乾燥で固くなってしまうようで。



で、カブの葉を試しにあげてみたら、




食べました!


カブの葉は根より栄養があるから
捨てずに食べろと聞きます。





βカロチンが豊富で
抗酸化作用とか免疫賦活作用など
色々あるようです。

けれど、サラの場合には
免疫賦活になってもいいのかな?
という疑問ありで
ピノにしろ、カブの葉にしろ、
食べすぎないように週に3日ほどに
しています。





何やら探し物?




しっぽの先端が可愛いすぎる
サラちゃんでした(^^)




2018年9月28日 (金)

サラの定期検診


サラちゃん、猫白血病を発症してから
2年が経ちました。





実際には、猫白血病ほどの白血球増減ではなく、
その一歩手前の「骨髄異形成症候群」だろうと
されています。




今日は血液の状態を診ていただきました。
久しぶりに肝臓の値も。




異常なし!


丸2年、ステロイド錠(プレドニン)を
服んでいるので、肝臓へのダメージが
心配でしたが、大丈夫でした








器用なところでクネクネ(笑)




採血したあとを気にするサラ。



脚線美(^^)


キャリーに入るのもすんなりだし、
道中、車内で鳴き叫ぶこともなく、
すっかり通院慣れしていて助かります。




いつまでもこの調子でお願いしたいものです(^^)


2018年3月20日 (火)

こんぶ君に新タワーを


昨年5月からずっと
保護っ子がいたものだから、
買ったことを忘れていたキャットタワー(汗

子猫の保護が続いて
二段三段のケージを出すと
あちこち狭くなって
組み立てる場所もなかったし。


最近はこんぶ君も手がかからないし、
ぽむ君も慣れてきたから
時間に余裕ができまして。


やっと!組み立てました!


土台を組み立てる間は
みんにゃが観察にきましたが、

中段に差し掛かると
付き合ってくれるのは
こんぶだけーー(≧∀≦)




そしてお手伝い(笑




とらお兄ちゃん、手伝いもせずに
一番上ゲット(笑





翌朝、タワーの上で、
ネムネムなこんぶちゃま(笑





そして、使わなくなった
らせんタワーをサラの部屋に♪




おもちゃで遊ばないので、
走り回って楽しんでもらえたらいいな。




ネムネム〜




たまの模様替えは刺激があって
楽しいよね♪



一汗かいた、初春の一日でした(^^)


こんぶくんは里親募集中です。
保護経緯なども記載しています↓

ペットのおうち こんぶくん



2018年3月 2日 (金)

サラの定期検診


サラの定期検診に行きました。
1月15日からお薬(ステロイド)を減らしたので、
白血球の数は大丈夫かなとドキドキでした。

結果は、問題なし!嬉しい!






白血球全体の数は減っているのですが、
先生が顕微鏡で好中球の割合を見てくださり、
問題ないとのこと。

(白血球全体のうち、好中球が半数あると正常)


また、血小板が初めて大幅に増えているので、
サラの場合は調子が良いと考えられるそうです。

だから、今の投薬間隔をこれからも続けます。




ステロイドを服用し始めてから1年半。
肝臓を悪くしないかがとにかく心配なので、
減らせることは本当に嬉しい!


できる限りサラのそばで仕事をしたり、
膝に乗せて本を読んだり、
夜は2時間くらい一緒に寝て、
とにかく全身触って撫でて、
まるでひとりっこのように
溺愛しています(^^)









サラの投薬前後に使う、
グレインフリーなオヤツたち。









可愛いツンデレさん。

どうか再発しないで、
少しでも長生きできますように。
「2歳の壁」はもうすぐ。






2018年2月17日 (土)

平昌オリンピック、楽しいです


オリンピックを観るのは楽しい!

けれど時間がなくて、なかなかというか、

ちっとも観れないでいるのですが、


今日やっと、
ラージヒル、フリースタイル、
カーリング、フィギュアと、
チャンネル変えながら観ています(*^^*)


羽生選手の

「滑れない2ヶ月間も努力し続けた結果」

という言葉には感動しました☆


自分のやるべき事を
淡々とこなしていくことの強さ。


点数や順位じゃない。自分との闘い。

やりきったからこそ、出る言葉!

チャンピオンになる人は
心の強さも秀でていますね☆



そして最初のメダルは
スキージャンプの高梨沙羅選手だったので、

無理やり感ありますが(笑)

うちのサラちゃんのことを。


1月中旬からお薬が減りました。

と、同時に、

飲ませるとき、
ちょっと嫌がるようになりました。


なので、前後にオヤツを使うことに。





このオヤツが大好きになりました(^^)


長い間、投薬する場合は、
とにかく気を遣います。


追いかけない。

捕まえない。

後味よくする。




嫌な気持ちには、させたくないから。

もう少ししたら血液検査をしてもらい、
お薬減らしても大丈夫かを診ていただきます。

ドキドキ。


頑張るサラには、毎日、金メダルです☆





↑メダルスタンプが見つからず、
クリスマス用ライトのスタンプです(//∇//)



2018年1月22日 (月)

サラの検診とワクチン


MDS(骨髄異形成症候群)のサラは、
2ヶ月に一度、白血球や血小板の状態を
チェックしてもらいに通院しています。



服用しているステロイド錠は、
「三日服んだら一日休み」
を一年くらい続けていますが、

年が明けて問題がなかったら
減量しましょうということに
なっていました。


そして年が明けて、血液検査。

問題なし!

念願の減量!嬉しい!

これからしばらくは、

「二日服んで一日休み」

となります。



今回は久しぶりに、
内臓の状態がわかる血液検査も
していただきました。

ステロイド錠を長期服用しているため、
肝臓の病気に注意しなければならないのです。


結果はこちらも、異常なし!!

嬉しいこと続きです。



「アルブミン」が「高」と出ていますが、このくらいの値だと、栄養を十分摂取できているということだそうで、体調がいいことを示しているのだとか。


3つも嬉しいことが続きました。


しかし!

3つでは終わらず、4つめがありました(^^)


先生の勧めもあり、
これほど体調が良いのであれば、
三種混合ワクチンを
思い切って打ってみようということに
なりました。


血液検査の数日後、再び病院へ。

出発前は、
朝食の時間を考慮したり、
ご機嫌さんにしておいたり、
寒さ対策をばっちりして、
排泄もさせてから病院に出発するなど、
できる限り気を遣いました。

普段飲んでいる錠剤のステロイド薬は、
ショック症状を和らげる作用があるとのことで、
ワクチン接種の前日は休み、
当日と翌日に服ませました。


なぜそんな心配するようなことを
あえてするのかと思う方も
いるでしょうけれど、
猫風邪はできる限り
予防しておきたいのです。

過去に、とらおとブーレが
猫風邪から軽度の肺炎になり、
呼吸できなくなるほどの咳を
繰り返しました。
彼らは2年前後、ワクチン未接種でした。


サラがそんなことになったら、
サラの白血球たちは太刀打ちできないと思うので…





アナフィラキシーショックも心配ですが、
そんな状態になったときは
ステロイド注射を使うそうで、
ステロイド注射はサラの最初の発熱時に
効いてくれて、命が助かったという
経験があります。


だから、サラへのステロイド注射は
それほど怖がる理由もないのです。



かかりつけの先生が念には念をと、
ワクチンとステロイド薬との関係性や
副反応(副作用)等について、
ワクチンメーカーに問い合わせて
くださっていました。

皆で万全の体制で臨みました。


接種後、24Hまでは本当に心配でした。
遅延型のアレルギー反応もあるので。


でも、私の心配をよそに、
サラは夕方のおやつも、夕食も
ペロリと平らげてくれました。



サラ、すごい!!





一年後は、ワクチンを打たずに
抗体価検査にしましょう、と先生。
サラについて、そんな先の提案を
いただいたのは初めてで、
まあ、ワクチンですから一年後の話は
習慣なのでしょうけれど、
それでもやはり、
未来があるって嬉しいことです(^^)






ワクチン接種から一週間経ちましたが、
サラは元気です。
偶然でしょうけれど、
接種前より食欲が出てきました。
寒い日もお腹を壊したりすることなく、
のんびりマイペースで過ごしています。


年明けに起きた4つの嬉しいこと。
可愛い仕草のサラを眺めながら、
こんな日がずっと続くといいなぁと、
穏やかな気持ちになるのでした。





2017年11月25日 (土)

今年の秋は通院なく乗り切れてます


今週は悲しいことが続き、
私はちょっと気が滅入ってますが、

我が家の犬猫たちはみな、元気です。

毎年、10月11月は誰かしら不調になり
通院するんですけどね。

やっぱり、遠赤外線ヒーターのおかげかなぁ〜



最近、活動的でないサラに、
刺激のあるプレゼント。




うわー☆ という声が聞こえてきそうな(^^)




あっちもこっちも、ケリケリしてみる。




「これぜんぶ、あたしの!」みたいな(笑)






犬たちは、冬着で散歩。








コンブはミーナと一緒に
よくヒーターの前にいます。





ヒーターが好きなんじゃなくて、
誰かしらに甘えたいようです。


私がいるとすぐにベタベタしてきて、
変なポーズで落ち着きます(≧∀≦)




早く赤い糸、見つけてあげたいなぁ。



2017年11月 9日 (木)

ベントナイト、使ってみました


サラが繰り返しベントナイト(製品名はオードロック)のトイレを使ってくれたので、前回記述の固まり具合の違いについて、水の場合と比較してみました。

これはサラの固まり。



もこっとしています。


以下はお水を加えたもの。





固まりが遅く、広がってしまいました。


水の加え方が早かったかなと思い、
少量をゆっくり加えてみました。






やはり広がりました。

サラの固まりは二度目も、もこっとしていました。





薄い尿の場合は、
お水と同じようになるのかもしれませんね。

だから、

腎機能が落ちて、水をたくさん飲み、
薄い尿になったときに、

あれ、薄い!と気付けるのか〜




そんなこと、製品説明にはありませんが。



「ベントナイトとは」で調べると、

「1000の用途がある粘土」とかなんとか書いてあり、

様々なところで利用されていることがわかりました。

固まり具合も、科学的な実験データとともに記載されていました。

が、私にはさっぱりわかりませんでした(汗



猫トイレとして使うベントナイトの固まり具合については、ハルノ宵子さんの「それでも猫は出かけていく」にありました。




猫と暮らす方にはオススメ本です。



それにしても…


散らばる(~_~;)






でも…
しばらく使ってみようと思います。




2017年11月 7日 (火)

サラの定期検診と新トイレの使用


サラちゃん、新トイレをさっそく使ってくれました。

しかも、二回連続!








やっぱり猫は「川砂が好き」というのは本当なのねえ。


量が少なかったみたいなので、
もう少し増やして、
尿比重の違いを実験してみるつもりです。




今日は、そんなサラっぺの定期検診でした。


↑キャリー好き(笑)



なんとー!

白血球が増えていました!!!!

血小板も!!!!





このまま、もう1,2回の検査で上昇傾向が続くようなら、

服用しているステロイド剤を減らしてみましょう、

なんて話にもなりました。


嬉しい限り(°▽°)


長期ステロイド服用による副作用で
心配尽きない肝臓さんも
今のところ大丈夫なようです!





祈る想い、神さまがちゃんと拾ってくれてる。



お正月を挟むので、2ヶ月半分のお薬を
もらってきました。






相変わらず、胸やお腹のマッサージを
要求する変な子、サラちゃん(^^)



これ、中医学を教える先生がとても良いことだと
話していました。
脇の下まで、つまりリンパ節を意識して、
優しくいたわるように撫でるといいそうです。


数年前に習った中医学、
実用的になるよう復習し直しています。



まだ1歳半のサラ。
もっともっと生きるよ(^^)





2017年11月 6日 (月)

ねこたちのトイレ砂


少し前、「オードロック」という
カナダの会社のペントナイトのトイレ砂を知り、

その内容にへぇ、ほぅ、と思い購入するも、

いざ使ってみると、

やっぱり黒っぽい砂は血尿を見逃すなぁ。
と感じて使用をやめました。






ところが、先週読んだ本に、

ペントナイトは尿の濃い薄いで固まり方が変わり
健康チェックによいと書いてあり、

驚き桃の木で、

オードロックを見直してみることにしました。


確かに前回使用した時、

トイレ本体に粘土のようにべっとり固まったり、

モコモコっとブリオッシュのように固まったりしていて、

なんでかなぁー… と思っていました。

それが尿比重に関係していたなんて!


それってー、
血尿より早く異変に気付けることも
あるんじゃないの?!

白いか黒いか言ってる場合じゃないんじゃないの?

なんてことに気が付きまして。




さっそく注文し、
サラの部屋にある3つのトイレのうちの1つに
オードロックを入れてみました。

ちょっと嫌そう(笑)





でも前回、サラ以外の6頭に使ったら、

みんなこぞって、おから砂よりも
ペントナイトのほうを使用していました。



そもそもなぜ、
オードロックを試そうと思ったかというと、

おから砂は食べても安心ということで
使っているものの、

細かくなってしまったおから砂の
粉塵が気になっていたのです。
なんか、不快なんですよね…


このオードロックには、その粉塵がない!

これには驚きました。

今までペントナイトは使ったことがなかったので、
そんなこと当たり前なのかどうか
よくわからないのですが、

粉塵なしっていいなーと。


でも、足裏に付いた砂は舐めとるわけで、
「食べないでください」という物質は
やっぱりちょっと、特にサラには使えない…

と感じてもいました。


ところが同じ本に、
少しくらいなら体内に入っても問題なく、
胃もたれの子なんかは食べる、と。


また、オードロックの説明書にも
食品に使われるペントナイトだから安心、
と書いてあります。


んー。


それでも心配は拭えないため、

おから砂のトイレとペントナイトのトイレ、
2つ置いてみようと、

自己解決。

(笑)

納得というのも変ですが、

まあ、それでやってみることにします。




サラはMDSという病気で、
白血球と血小板が正常に作られません。

そのため、長期間、いや、おそらくずっと、
ステロイド剤を服用しなければならず、

その副作用に糖尿病があるため、
飲水量と排尿については慎重になるのです。



さて、どんな塊を見せてくれるのか、

楽しみです(笑)


サラちゃん!ぜひ、使ってみてね!




ダメかな(汗)


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年) 1. (募集中)ふわり(ゴルフィは決定)(故ソレイユ) 1.(決定!)コンブくん 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。