しずく(決定)

2014年8月13日 (水)

保護活動の原動力

しずくちゃんと呼んでいた黒白の女の子を里子に出したのは、もう1年ちょっと前のことです。

保護したのは2年半前。保護することも大変でしたし、1年過ぎても人への恐怖心が払拭されないコでした。

でも、攻撃性はいっさいなかったので、同室の穏やかにゃんこを譲渡会に出す際、思い切って一緒に連れて行くことにしたのでした。もちろん、期待はゼロ。付き添いとしての参加でした。

すると、「このコ、すんごく美人さん!カワイイ!」と言ってくださった女性がいました。

まだまだ不慣れなことや、人慣れした先住猫さんがいるお宅が理想だとお話したら、

「何してもデレデレな茶白君がいます。不慣れなコでもいいです。うちの中で楽しく過ごしてもらえれば、抱っこできなくてもいいんです!」

と、スパッと言い切ってくださったのでした。



しーちゃんはあの日から幸せ街道まっしぐら(笑)
(例えが古ーい…)

うちでは1年も私を怖がっていたのに、里親さまのお宅ではトントン拍子にご家族皆さんに慣れていったのでした。


そんなお宅に、先月、赤ちゃんが誕生!

しーちゃん、うまく振舞えるかなと心配しましたが、

なんと、赤ちゃんが鳴くとママを呼びに行き、授乳中は隣りに座って静かに待っているのだそうです!





ちゃんとママの忙しさを見ていて、赤ちゃんが眠りについてから話しかけてくるというしーちゃん。

「しーちゃんは本当にカワイイです!」と、ご出産直後の里親さまが言ってくださることはとても嬉しいことでした。

ベッドにもお風呂にもついてきて、とにかくかわいいストーカーなんだとか(#^.^#)





「しーちゃんはとってもいいお姉さんになってくれました!」と里親さま。





もう、本当に嬉しくてたまらない気持ちです。

あのコが感情をきちんと出せるコになっていたなんて。



先日のミーナもそうですが、猫もしっかり感情のある繊細な生き物なんだなーと感じました。

写真はすべて、今のしーちゃんです。里親さまが送ってくださいました。

赤ちゃんのあんよもカワイイ!!





しーちゃん、ありがとう。
君と出会えたことは、より多くの猫さんを救うきっかけになりました。

食べ物が喉を通らなくなった日もあるほど、私はしーちゃんを保護することに悩んだのでした。

あの日の迷いや悲しみが今のチカラになっています。

また、不慣れなコを「抱っこできなくてもいいんです。うちで楽しくやってもらえれば」と言ってくださったしーちゃんママに、本当に感謝しています。

しーちゃんママのような人がいてくれることは、とても励みになります。

しーちゃんを保護する前後の私の心の葛藤を、このブログの過去記事で読み返してみました。

3記事、連投です。本当にかなり悩みました。


http://kittopup.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0d6c.html


http://kittopup.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-565d.html


http://kittopup.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-19bb.html


私のせいで、しーちゃんは生きるか死ぬかの二ヶ月を過ごしました。しーちゃんにはとても申し訳ないことをしました。あのコが幸せになってくれると、心の底からホッします。

とってもカワイイしーちゃん。ノラ時代にごはんをくれていたお母さんにも報告しておくね。













2013年12月 2日 (月)

風ちゃん通信、しーちゃん通信

久しぶりの更新。胃腸風邪を引きまして、暇さえあれば寝てました。

さて、201305チーム(2013年5月におうちが決まったふたり)の、風ちゃん通信が届きました!

包まれることが好きだったのね〜
私が知らない風ちゃんの一面を見ることができ、嬉しくなります。

こちらもめちゃカワイイ。

↑こんなふうな探検中の猫の仕草がものすごく好きです(^^)

猫のおっとりした、美しい立ち居振る舞いには憧れます。


続いて、しーちゃん通信も届きました!

あはっ(*^o^*) 説明なしではわかりませんね(笑)

しーちゃんがお膝猫になった瞬間です☆

あの、人間恐怖症のしずく姫がね〜(o^^o)

「一緒にごはん食べよ」って気持ちも芽生えたそう。しばらくは付き合うことになるでしょうね。嬉し大変だ〜(笑)

ちなみにうちではミュウがよくそうなります。なかなか付き合ってやれないのがかわいそうですが。


風ちゃんもしーちゃんも、我が家にいるときよりイキイキしているようで、それが何より嬉しいです。

半年間、辛抱強く付き合ってくださったご家族みなさまから見習うことたくさんできました。

つくばの片田舎に住みながら仕事関係以外の方々と知り合えることは、保護活動する中での思いがけない幸せな産物です。

しかも、動物が好きという共通項でつながります。

一度辛い経験をした犬猫と付き合うのは大変なことも多いですが、それを乗り越えた先の充実感、そして信頼を得て愛情が通じたときの幸福感。大げさかもしれませんが、そこまでの道のりを考えたらね、喜びもひとしおなのです(^^)

 

冬は猫ちゃんたちと仲良くなれるチャンス!
怖がり猫さんと暮らす皆さん、頑張りましょう!
私も、この冬こそ、志麻ちゃんをお膝猫にするぞ(*^o^*)



 

2013年10月25日 (金)

しーちゃん通信

嬉しいお知らせが届きました。

あの人見知りしーちゃん(しずくちゃん改め、しーたちゃんになりました)が、引越しから約5ヶ月目にして、初めてママと一緒に寝たそうです *\(^o^)/*

先住猫さんとも、この通り。

1382709128116.jpg


最初はとまどっていたきなこさん、しーちゃんを受け入れてくれてありがとう!

しーたママも、ご家族の皆さまも、愛情たっぷりに接してくださって本当に嬉しく思います。


いま思えば…
しーちゃんと風ちゃんを連れて行った譲渡会会場で、

「別に抱っこしたくて猫を飼いたいわけじゃないので。」

ビシッとそう言ってくれた、しーたママ。人慣れ不十分だからと、やたら心配していた私は渇を入れられた気がしました。

ペットに癒しを求めるばかりじゃだめよん、ということなんですよね。


しーたママは最初から、

「しーちゃんが好きなように、楽しく過ごせればいいと思っているので、人に対して慣れてなくても気にしません。」

と言ってくださいました。

人に不慣れだからと、レッテルを貼る必要はまったくないんですよね。


1382709130179.jpg


そのコ、そのコに味がある。

そういうことなんだなーって思います。




「似たもの同士が引き寄せられる」

これは、私がちょっと疲れていたときにジャスミンと一緒に受けたカウンセリング時の先生のことば。

続けて、
「だから、ペットは飼い主の鏡、と言われるんですね」とも。

私はてっきり、毎日を共に過ごしているとだんだん似てくるから鏡みたいになると思っていました。

そうではなく、「引き寄せられる」だなんて。


「気持ちを繕ってもペットにはわかってしまいます。ママさんもペットさんも、そんなに頑張らなくてもいいんだよ、という気持ちになってみましょう。」


気遣って発する優しい言葉でも、偽りだと動物にはわかるんだそうです。

だからコントロールすべきは、自分の心なんです。



どうしても私は、保護犬猫の「卒業(譲渡)」のときには、出来るだけ「優等生」にしようと思ってしまいます。

「◯◯ができないから」
「◯◯をされると困るから」

のような、返却に繋がる事態を防ぎたくて。


でも大丈夫みたいです。
本当の縁は、ちょっとやそっとでは壊れないもの。

「似たもの同士が引き寄せられる」

だから、本当のご縁なら何があっても大丈夫。


黒太郎とミーナにも、そんな出会いを探してやらなくちゃと思います。

しーたママ、本当にありがとうございます。
しーちゃんは今、すごく幸せだと思います。




2013年7月25日 (木)

風ちゃんとしずくちゃんの様子

人慣れがいまひとつだったにも関わらず、今年5月に里親さんが現れ、最高に愛され可愛がられている風ちゃんとしずくちゃん(今はしーちゃん)。

 
それぞれのママさんたちが定期的に写真とお便りをお送りくださっています。
 
本当に嬉しいです。
 
風ちゃんは美形ゆえに笑えちゃう、コミカルな可愛さがあり、ママを虜にしているようです。
 
   1374762828849.jpg
 
宅配便が来たときに隠れたという、風ちゃん。
 
    1374762830144.jpg
まるで探偵のように、様子を伺っています(笑)
 
彼女なりに色々考えているのでしょうね!
 
すでにオトナ猫。落ち着いている風ちゃんなので、抱っこできない以外はおイタもなく、問題ゼロだそうです。お膝に乗るのも時間の問題でしょう!
 
 
元「しずく」のしーちゃんは、手足が長いモデル体型なのにぶきっちょさん(笑)
 
だから、仕草がものすごく可愛らしい!
毎朝ママと階段を一緒に降りてゴハンを催促するそうです。
 
    1374762831149.jpg
 
かくれんぼも得意。
 
   1374762832377.jpg
 
な、な、なんと、さっぱりするようにと、お風呂に入れたそうですよ。
 
驚き!チャレンジャーなママさんです(笑)
 
2にゃんともまだ抱っこはできないそうですが、ママさんたちのあたたかいお気持ちがゆっくりゆっくり通じ始めていて、少しずつ確実に距離を縮めているようです。
 
素敵な出会いに恵まれてとてもとても嬉しく、「カワイイ!本当にカワイイ!」とお便りをくださるママさんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
夫も「あのしーちゃんがねぇ!」「えー?!あの風ちゃんがっ!?ほぉ〜(^^)」と驚いて感心ばかりです。
 
我が家での保護猫たちは個室生活。
人の生活空間とは少々隔離されています。
 
たとえばキッチンを知らなかったり、人が顔を洗ったり歯磨きしたりも見たことがないし、一緒に寝ることも未経験だったりします。
 
ですから、新しい、真のおうちに引っ越してから初めて「家猫」として人との生活が始まる感じです。
 
だからこそ、この上ない愛情で猫たちのペースに合わせて接してくださるような里親さんを探すことは、まるで結婚相手を探すよう 
 
 
一生守ってくださる人にそのコをお願いしたいと、常に思っています。
 
無理してでも保護しようと決断できるのは、その先に、リレーのようにバトンタッチできる人がきっといるはずと思うから。
 
幸せになっているみんなに続け!と、期待を持って保護しています。
 
これまで、人慣れ不十分なネコちゃんたちの里親になってくださった皆さまの努力に、深く深ーく感謝申し上げます。
 
それは保護することより時間がかかり、気遣いも必要なことだから。
 
その時間のかかる大変な毎日を過ごしながらも、「うちの○○ちゃんがね、」とお便りをいただくと、もう、じわーっと感涙。
 
そして今、考えていることがあります。
春に捕まえて避妊後リリースした「ミーナ」のこと。
 
その後、ゴハンをあげ続けていますが、冬が来る前に捕まえて「家猫」にしたいなと。
 
いまは、こんな状況で私の職場周辺で暮らしていますが、遠目にしか会えません。
 
人の姿を見るだけで走って逃げます。
 
  1374762833606.jpg
 
このまま自由がいいか、最初は少し怖い思いをさせるだろうけれど家猫がいいか、どっちなんだろうね。
 
 

2013年5月20日 (月)

しずく、おうち決定!

私のいちばんの心配事だったしずくのトライアルが終了しました。

まだまだ怯えて隠れることが多いそうですが、ごはんはよく食べるし、ナデナデ中にコロンとなることもあるそうです。
 
そして一番の課題だった、先住猫さんとの仲はというと・・・
 
案の定、しずくが猛烈アピールをしているそうで、じゃれついたり追いかけたりしているそうです。
 
良かったような、心配なような・・・
 
しつこくしすぎて嫌われなければいいのですが  (^^;
 
 
それにしても、たった1週間ですごい成長を見せたしずくちゃん。本当にびっくりです。
 
 
トライアル最終日、「しーさんの気持ちを最優先に考えて・・・」と、ご家族皆さまでよくご検討いただいた結果・・・
 
正式に家族にしていただけることになりました
 
 
 
しずくのお祝いに駆けつけると、しずくらしく、緊張しーな状態。
 
20130520_17_15_45mini  
 
でも特別に怯える感じではありませんでした。うちでもこんな日がよくありましたし。
 
譲渡契約書にサインをいただいている間、くぅー・・・と眠そうなしずく。
 
20130520_17_16_07mini
 
とっても美人さんなしーちゃん。やっと本当のおうちが見つかりました。
 
 
 
しずくと初めてあった日の写真です。
 
111125_12_40_25
 
 
冷たい風が吹く12月でした。取り壊された家跡の何もない芝生の上でお母さん猫や兄妹猫とだんごになっていました。振り返っているのがしーちゃん。生後3ヶ月くらいのときから警戒心が強かったのですね。。。私にいち早く気が付きました。
 
この後、しずく以外の3匹は保護できたのですが、しずくの保護は失敗。年末もお正月も「どうか生きていて」と心配でたまりませんでした。その後1ヶ月かかって、ようやく隣家の方に保護されたのでした。ケージの中で、涙と鼻水でぐしゃぐしゃになっているしずくの顔を思い出します。どれだけ怖い思いをしたか・・・
 
 
「こんな怖がりなコはいない。人にはずっと慣れないだろうから譲渡は無理だろう」
と判断した私が間違っていました。私に慣れないからこそ、安らげる場所が他にあるかもしれないと考えてあげるべきでした。
 
でも、このご家族と巡り合うために今までの時間があったんだね。。。とも思います。 
 
 
私が帰った後、まだ出たことがないというケージのあるお部屋から、リビングデビューしたそうです!
 
20130520_21_44_31mini
 
ふんわりクッションが気に入った様子だそう。 
 
20130520_22_05_34mini
 
今まで個室生活が中心で、たまに廊下に出るくらいだったため、人間との生活は未経験といってもいいくらい無知なしずくちゃん。
 
これからたくさんの「初体験」をしながら、楽しい毎日を送ってほしいです。
 
しずくを選んでくださったAさまに深く感謝申し上げます。 
 
 
 
これで3年ほど続いた保護猫ちゃんたちとの生活もいったん休憩、となるはずでしたが・・・
 
 
風ちゃんやしずくと入れ替わるように、黒太郎がやってきたんだった・・・
あまりにおとなしいので忘れそうになります。
ちょっと休憩したかったけれど、もうひと踏ん張り。
 
 
 
次回からは黒太郎の話題中心になると思いま~す!
 
 
風ちゃんとしずくちゃんに、
いままでたくさんの癒しをくれたこと、おりこうに過ごしてくれたことを感謝したいと思います。
 
120401_23_35_27mini
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年5月14日 (火)

しずく、お引越し

風ちゃんが引っ越してから、いや、譲渡会に参加してからかな、とにかく私を避けるしずくちゃん。
 
この2週間、ほとんどなでなですることはできませんでした。
 
でもじゃらし棒は大好きで、普段と変わらずによく追いかけていました。まだまだ遊びたい盛りの1歳半。
 
20130504_23_41_13
 
 
「しずく~、脱走だけはしないでね・・・」と、心配しながら覗き込む私に、
 
“また何か企んでるでしょ?!” と、睨むしずく。
 
 
20130511_22_04_56
 
怒った顔もかわいいな~ なんて♪
 
 
しかし私の気持ちとはうらはらに、手を伸ばすとのけぞって不快感をあらわにします・・・
 
20130511_22_07_43
 
しずくは、私に撫でられてリラックスしたことがほとんどありませんでした。
風ちゃんと一緒ならゴロゴロ言ってましたが。
 
 
翌日に備え、首輪をし、キャリーバッグを出してみると、ますます怒って・・・
 
20130512_1_03_01
 
 
 
あれ??! 志麻ちゃんが抵抗なく入りました(笑)
 
意外な行動にびっくりして振り返るしずく。
 
20130512_1_03_10
 
 
「今日はしーちゃん遊んでくれないの?」と、とらお。
 
20130512_1_17_54
 
しずく と とらお は年齢が一番近いこともあり、すぐに仲良くなって遊んでいました。
 
 
結局、この夜、しずくがキャリーを探検することはありませんでした。
 
 
出発当日の朝。
 
相変わらず志麻ちゃんが “こんなのへっちゃらよ~!” とまた中に。
 
20130512_10_46_17
 
 
しかし、志麻ちゃんの協力空しく、しずくは自らキャリーの中に入ることはありませんでした。
 
時間もやってきたので、仕方なく抱き抱えてそっと入れましたが、中であせってバタバタし、大きな声で数回鳴きました。
 
 
車が動き出すと鳴かなくなりました。
 
 
トライアル先のお宅では、二段ケージが用意されて、「しーさん、ようこそ~♪」と歓迎を受けました。こんな不慣れなコでも引き取りたいとお申し出くださって本当にありがたいです。
 
 
「里親会」や「譲渡会」にいらっしゃる方々は、「ペットショップでなく、おうちのない保護猫を」と考えてくださっているので、ほとんどの方はその心情を察して、犬猫にとっても優しく接してくださいます。
 
 
 
トライアル中のしずくの課題は、先住猫ちゃんと仲良くすること。
 
こちらがその「きなこ」さん。
 
「きなこさーん!」と呼んでみたら、「はいにゃっ!」と手を挙げてくれました(笑)
 
20130512_13_08_18_1  
 
時間はかかると思いますが、しずくは猫どうしならとってもうまくやれるコなので期待しています。
 
2,3日後にケージ越しに合わてみてくださいとお願いしてきました。
 
 
 
翌日にいただいた写真は・・・ 
 
20130513_18_53_52
 
固まったままでゴハン食べず。 ま、想定内ですが。。。
 
しかしトイレはしたそうなので、呼吸できないほどの緊張ではないなと察しました。
 
 
時間はかかると思いますが、きっとうまくやれると思っています。
 
ただ、2匹の相性が悪ければ、いつでも帰ってきていいよ。という気持ちでいます。
 
 
譲渡がらみのイベントが4週連続となり、私もちょっと疲れてきました(汗)
 
けれど、しずくも里親さんもがんばっているので、溜息はつけません。。。
 
しずく、がんばれー!!
 
 
 
 
 
 

2013年5月 5日 (日)

風ちゃん嫁入り前夜

風ちゃんの嫁入りを知る由もなく、いつものようにしずくが風ちゃんに甘えています。

 
20130504_23_24_33
 
顔色をうかがったり、寄り添ってみたり。
 
20130504_23_24_59
 
でも風ちゃんは私に甘えたかったので、「あっちへ行ってよ」と、ちょっと唸りました。
 
20130504_23_34_00
 
 
明日は引っ越しだよ。今度はのびのびと広いおうちで暮らせるよ。
 
20130504_23_34_43
 
この丸い手って。エアふみふみするのがものすごくかわいらしかった。
 
嬉しいはずの門出もちょっぴり・・・、いや、ものすごく寂しい気持ちになって・・・
 
でもこの日を本当に心から待ちわびていました。
 
落ち着いた静かなご家庭で大事な一人娘になって、
ママの膝の上でいつまでも甘えられることが、
たぶんきっと、風ちゃんの望んでいることだと思ったから。
 
かわいくて仕方がないのですが、ストレスなく過ごせるおうちへ。。。
 
 
せっかく風ちゃんとの最後の夜をしみじみと過ごしていたのに、
ドアの向こうでとらおが「おいらも入れてー!」と泣き叫ぶので、
仕方なく部屋に入れてやりました。
 
すると風ちゃん、ものすごい勢いで逃げました。
 
20130504_23_52_57
 
ものすごく怒ってます・・・
 
右下にいるのが「とらお」です。風ちゃん、唸りまくりです。
 
20130504_23_53_40
 
 
 
そこへ、心配したしずくがやってきて、何やら風ちゃんに話しかけます。
 
20130504_23_55_57
 
すると、あら不思議。風ちゃんの怒りが収まったようです。
 
得意げに振り返るしずく。
 
20130504_23_57_39
 
どんなおまじないをかけたの?
 
 
風ちゃんがいなくなると、本当に寂しいね、しずく。
だけど、しずくにも、もっと楽しい時間が来ると思うよ。
 
 
長く居た保護猫ちゃんとの別れは、無性に寂しい気持ちになります。
 
でもきっとHappyが待ってるはず!と気持ちを切り替えて、風ちゃんの門出を喜びたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

2013年5月 2日 (木)

風としずくに里親希望さん現る【しずく編】

さて、しずく編。

 
しずくにとって、人生ならぬ猫生、初めての譲渡会。
  
しずくの里親募集写真はこちら。 絵画みたいに美形でしょ~。 
 
20130423_21_26_10
 
 
風ちゃんが決まったのはたぶん3時ごろ。
 
気が付けば、「風ちゃん良かったね~、しずくちゃんも決まるといいね~」 と、今度はしずくが注目の的になっていました。
 
予想外の展開に、目をぱちくりさせてしまった私。
 
なんだか動揺し、興味を持ってくださった方々にちゃんとお話できたか怪しい感じでした。内心、「しずくは無理よ。。。猛烈に怖がりなんだもの。。。」と諦めていたため、マイナス面ばかりを話してしまった気がします。
 
そんな中、
 
「このコ、すごくカワイイ。とってもいい顔してる。このコがいい。うん!決めたい!触ってもいいですか?」
 
と言ってくださった女性がいました。
 
手を消毒しケージ内で触っていただきましたが、その優しい触り方に好感が持てました。
 
8歳の先住猫ちゃんがいるとのこと。その猫ちゃんのストレスを考え、まずはトライアルということになりました。
 
 
なんだか・・・  
初参加で2匹ともお話をいただき、ただただびっくりで・・・  
私も風としずくほどではありませんが、ちょっぴりパニックでした。
 
 
 
しずくは猫どうしではとっても社交的です。
 
20130427_23_54_58
 
我が家では唯一、全猫と穏やかに接することができるコです。そしてみんなにくっつくのも大好き。
 
20130427_23_52_46
 
だから、きっとうまくいくと感じています。
 
 
帰宅後、意外なことに、しずくは一番高いところに駆け上がり、のび~ っとしました。
 
20130429_21_43_37  
 
あれ? もう気持ちの切り替えできたの??? (笑)
 
 
でもやっぱり疲れたようで、ゴハンの後はすぐに寝てしまいました。しかもいつものベッドではなくて、一番暗くて狭いキャリーの中で。 本当に疲れたんだね。。。
 
20130429_23_11_49
 
 
翌朝はボウルのお水が随分と減っていました。 
 
今日で3日が過ぎましたが、体調を崩すこともなく、いつも通りのしずくちゃんです。
 
 
しずくは来週末にトライアル開始となります。風ちゃんの嫁入りから、1週間後です。
 
 
2匹とも新居にうまく馴染めますように。。。 
 
 
 
 
 
 

2013年5月 1日 (水)

風としずくに里親希望さん現る【風ちゃん編】

一昨日の29日、「幸せにゃんこ譲渡会」に参加するため、遥々銀座まで行ってきました。

連休でしたが、1時間15分くらいで到着。
 
怯える風としずくを、設置されたケージに移します。しずくがキャリーバッグの中にしがみついてしまい、出すまで少々時間を要しました。
 
桃色チェッククロスの中に風としずくがいます。お隣りさんはまだ到着せずからっぽ。
 
20130429_12_30_37
 
 
中をのぞいてみると、怯えた表情のふたり。。。
しずくは心臓のドキドキが体全体に表れ、他の参加者さんの同情を引きました。
「最初はみんなこうなのよね。。。」と。
 
20130429_12_30_46
 
私ももう辛くて、連れてきたことをとてもとても後悔しました。
 
風ちゃんも怯えていましたが、私の呼びかけに軽く目を細めて返事をする余裕がありました。
 
 
開始から30分経ったくらいでしょうか。風ちゃんを触りたいと言ってくださった方が現れました。
 
手に消毒をしてもらい、ケージ内のまま、なでなでだけでお願いしました。「ふわふわ~!」と感激していました。そうなんです、風ちゃんの毛質はとっても細く柔らかいので、かなり気持ちが良いのです。
 
その辺りからどんどん「風船の風ちゃん」に人気が出て、「ふわふわ~」と「ぽちゃぽちゃ~」を交互に聞きながら、4組くらいの方々がご検討くださいました。会場管理の方も、つきっきりで風ちゃんを押してくださいました。
 
「譲渡会は猫にとってものすごいストレス。だからこのコのいいところを十分にアピールして、できるだけ1回で決めてあげよう!」
 
と言われて、私もハッとしました。そっか、1回で決めてあげよう!という心意気が必要なんだ、と。何度も連れてくるのは確かにかわいそうです。実際に、ふたりの怯え具合を目の当たりにし、もう参加するのはやめよう・・・と思ったところでした。そうじゃなくて、1度だけがまんしてもらい、最高の幸せを探してあげよう!と奮起しなきゃだめなんだって思い直しました。
 
 
なんどか触られている間に、風ちゃん、だんだんと体の力が抜けてきました。慣れた、というより、もう力が入らないくらい疲れたのかもしれません。ますます涙。。。
 
 
そんなとき、「うわ~、すごくカワイイ!!!カワイイ!!!私、1匹だけで飼いたいんです。そのコをたっぷりかわいがって幸せにしてあげるために。」と言って希望された方がいました。
 
風ちゃんは他のネコに遠慮して甘えるのを我慢するところがあるので、私が「1匹飼い」を希望していたのでした。
 
そしてなんと、風ちゃん、この女性に抱っこされました!!ちょっと爪を立てちゃったけれど。
 
結局、この方が「風ちゃんをうちのコにしたいです!」と即決してくださり、譲渡予約となりました。
 
風ちゃん、とっても素敵なご夫婦のもとへ行けそうです。私もなんの心配もありません。
 
帰宅後も、「何を用意すればいいですか。準備万端にしたいです」とメールをくださり、色々と連絡を取り合っています。ますます心配ない状況です。本当に嬉しいです。
 
 
・・・・・・しずく編はまた後ほど。・・・・・・
 
帰宅後の風ちゃん。私を恨んでるかと思いきや、膝の上でしばらくゴロゴロ。。。
 
20130429_22_12_09
 
20130429_22_13_03
 
風もしずくもいつもどおりゴハンを食べましたが、やっぱり疲れたようで、早めの就寝となりました。
 
 
「ひとりでお利口にお留守番してたのに“しゃかぶん”(猫じゃらし)なしぃー?!」
とむくれる志麻ちゃん。
 
20130429_21_43_18
 
 
志麻ちゃん、もしかして一人部屋になるかもしれないよ。
 
風ちゃんとはあと数日だよ。
 
 
1年2ヶ月(訂正。1年8ヶ月)の間、風ちゃんとルームメイトだった志麻ちゃんに何度も何度も話しかける夜となりました。わかりっこないのにね。
 
 
しずく編はまた明日。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月27日 (土)

しずくと風ちゃん

しずくと風ちゃん。久々の登場です。

 
20130424_8_39_29
 
 
にゃにゃ、にゃんと!
銀座で行われる「幸せにゃんこ」さんの譲渡会(4/29)に出させていただくことになりました。
 
「幸せにゃんこ」ホームページ
 
動物保護団体に属していない個人で保護をしている人のための譲渡会で、以下の目的を持った3名のグループ+ボランティアさんで主催されています。
 
「私たち幸せにゃんこは、日々地道に家族のいない猫ちゃんや怪我、病気をした猫ちゃんを保護し自宅で世話をしてる個人保護主に里親様と猫ちゃんの出逢いの場『譲渡会』を提供する事を目的とした活動グループであり団体ではございません。」
 
 
「里親様へのお願い」
 
 
これは素晴らしい人たちが現れた!
と思い、もう半年以上前から注目していましたが、参加資格は面談後ということで、なかなか時間が取れずにいました。
 
20130423_21_26_10
  < しずく 1歳半 女の子 人には不慣れだけど猫なら得意 >
 
 
やっと先週、銀座まで面談に伺い、参加許可をいただいてきました!感謝感謝です。
 
参加資格は、
成猫の場合:避妊/去勢手術、ノミトリ、駆虫、検便、血液検査、ワクチン が終わっていることと、その他注意事項が諸々あります。
 
 
個人で保護活動する人や、継続的かつ積極的な活動ではなくても目の前にしたら見捨てられないという人が結構います。私もそうです。はじめのうちは知人を頼って貰い手が見つかるのですが、だんだん伝手がなくなります。
 
そうなると、左側にバナーを出している「いつ里」さんや、「ペットのおうち」さんや「ネコジルシ」さんなど誰でも掲載できる里親募集サイトに掲載し、メールや電話のやりとりで進めていかねばならず、仕事を複数抱える私にとってはかなりの手間になり・・・(>_<) 
 
 
20130302_20_21_22
 < 風(ふう) 3,4歳 女の子 洋猫風だけど大和撫子 >
 
そんな中、ルールを守れば参加できる譲渡会があるのはとてもとても助かります。しかも「幸せにゃんこ」さんは里親希望者さんにも一定のルールを定めていますから、これをクリアしていただいたご家庭が里親候補となるわけで、「きちんと」飼養していただけない要素がある方々とのやりとりが省けます。
 
 
余談ですが、茨城県動物指導センターで開催される「子犬の譲渡会」は月に1度行われますが、譲渡会は予約制、しかも数日前に行われる説明会に参加しなければならない、というルールがありますから2度足を運ぶことになります。
 
 
民間だって、このくらいやらなければなりませんよね。
 
「幸せにゃんこ」さんのルールの場合は譲渡会で面談しにゃんこを決めていただいた後、後日そのご家庭まで保護主自身がにゃんこを届ける、というシステムになります。詳細は以下ページにあります。
「里親様へのお願い」
 
 
抜粋) ■譲渡共通条件■
終生飼育
完全室内飼い
避妊去勢手術
譲渡契約書へのサインと身分証明書の提示
定期報告
一部医療費等の負担
 
 
 
「一部医療費等の負担」。これは、避妊/去勢手術、ノミトリ、駆虫、検便、血液検査、ワクチンの費用です。ワクチン料金は請求できても、その他はなかなか言い出せないのが、個人保護主のさが。しかし「捨てられた犬猫を皆で助けよう!」という愛猫家愛犬家の輪を広げていくためには、ゴハン代は保護主が持ちますから、医療費はカンパお願い!と堂々と言えるような世の中にしていきたいですよね。
 
 
それから嬉しいのが「定期報告」。先日嫁入りしたクロちゃんの里親さんは私からお願いしなくても数日置きに様子をお知らせくださいました。こういう心遣いのできる人ってそう多くないんです。でも、来たばかりで何かと手がかかるだろうと想像できるがために私のほうから「様子を知らせてください」とは言い難い部分もあります。その犬猫が難題を抱えている場合はご報告をお願いしてしまいますが、あまり心配のない犬猫の場合は特にお願いしないことにしていました。・・・といいつつ、元気にしているか気になるので、折をみて連絡していますけれど。そんなわけで、「定期報告」がしっかり条件とされているのはありがたいことです。 
 
 
ではでは、譲渡会の詳細はこちらです。 
 
「幸せにゃんこ」の譲渡会 
 
 
 
風としずくはこちらのページに掲載していただきましたよ。
 
 
 
 
うちから1時間半の道のりです。高速道路がちょっとでも混雑したら2時間かかります。
 
運命の里親さんと出会えるといいな。
 
しかしその期待の前に私の心配は・・・
 
当日朝、風ちゃんとしずくちゃんがクレートに入ってくれるかどうか・・・です(汗)
 
初めての参加でどうなるかわかりませんが、彼女たちに負担をかけないよう、できる限りの工夫を凝らして臨んできます。
 
 
 
ところでこちらも大事なお話。
今朝、ちゃちゃんの面談に来てくださったご家族がちゃちゃんを決めてくださいました!赤い糸で結ばれそうです!といいつつキャンセルをもらったことが何度かありましたので慎重にいきたいと思います。
 
でも今度こそは間違いない!と思える、とっても明るくて笑いの絶えない素敵なご家族でした。元気いっぱいのちゃちゃんにぴったり!
 
明日にご自宅に届けますので、無事にお渡しできた後に、またご報告いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その他のカテゴリー

0.アビー皮膚炎、再び(2019年) 1. (募集中)ふわり(ゴルフィは決定)(故ソレイユ) 1.(決定!)コンブくん 2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う) 3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他) 4.病気のこと 5.ごはんのこと 6.社会化やトレーニングのこと 7.法律とか世の中のこと 8.うちのコいろいろ Mr.mofu(修行中) Mダックス ジョンちゃん(決定) きぃ&福・ごまちゃん(決定) くーろん&まーりん&しずく(決定) しずく(決定) ちゃしろん (決定) つくば犬サンタ(決定) とらお(とらとら兄妹)募集終了 とんとん(決定) ぴあのちゃん(決定) エクレアたち(決定) オペラ君(決定) カプくん(決定) キキ&サト(決定) クリクリ(決定) テラくん(決定) テンテン・ジェシカ(決定) トミー&レオ(決定) ナツミ(決定) ブラン君(決定) ミーナ(募集終了) モリモリ君(決定) ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定) ラムちゃん(決定) ロコ&おもち(決定) 三毛猫ケイト(決定) 公園黒&茶の3姉妹子犬(決定) 太陽・元気(決定) 白猫長毛ウィルくん(決定) 福島被災犬猫たち1(決定) 福島被災犬猫たち2(決定) 福島被災犬猫たち(決定) 軒下10匹兄妹子犬(決定) 風ちゃん(決定) 黒太郎(決定) 黒猫ミーア(決定)

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。