« やっぱり運命でいいのか | トップページ | 親子のようなまーりんとラムちゃん »

2012年2月22日 (水)

やっぱり「運命」には、、、

朝、キリキリ痛む胃を抱え、朝食を取る気にもなれず、
犬たちの散歩中も考え込んでいました。

堂々巡り。本音と建て前。そして負のスパイラル。
私にはこうして時々、悩み始めると答えを出せなくなる、すごく「グズ」な一面があります。
大抵それは、やりたいけれど「体裁」を考えると勇気が出ない、という場合に起こります。

家猫にしたい、、、、けれど、すでにご近所からは「猫屋敷」と言われ(大汗)、
犬友だちも多いので子犬を拾うとすぐ噂に。

「あの子たち、みんな決まったの?」と聞かれると「・・・え?どの子のこと?」
と一瞬悩む自分にも笑えます。最近は慣れてきて、
 「えーっと、ああ!決まりました!とってもいいご家族にもらわれました」
とりあえず、そう答えることにしています(笑)


ちょっと愉快な性格の人は、会うたびに
 「いま なんびきー?!」 とからかうように聞いてきます。

まぁ、田舎の人のそういう無神経で噂好きなところは、ある意味素直で素朴で、
特別頭に来ることでもないのですが、
ただただ、ちょっと恥ずかしい気分になり苦笑いしてしまいます。


散歩から帰り再び、お外猫がアイドルとしてたくさん登場する 「猫びより」 を眺めました。


 リリースすることを ・・・肯定したいから。

120221_15_35_17_336x450

(※お外猫を勧める雑誌ではありません!)


命の危機があればこんなに悩まない。悩む時間もない。

けれど、チビちゃんには生きていける環境がある。仲間の地域猫もいる。ゴハンの心配もない。

だから今、焦らなくても。 そうだ、ラムちゃんかまーりんがもらわれたら
再びチビちゃんを捕獲して、その時こそ、家猫にしてあげよう!!!!


そう決断を下し、東京の病院まで車を走らせました。


小さな引っかき傷が無数についた先生の手からケージに入ったチビちゃんを受けりました。
その優しい手でたくさんの子を治療しているんだなーと想像できました。
すぐに皮手袋をして必要最低限の診察しかしない獣医さんたちとは違った、
凛としたすがすがしい雰囲気を醸し出していました。

猫エイズなし、猫白血病なし、性別は女の子。

「お世話になりました」そう言って、ケージに被せられた布をそっとめくり、中を覗きました。

ケージの奥で、目に涙いっぱいためて、鼻ちょうちんぶら下げて。
耳先には小さなV字。
白毛の胸元はうっすら汚れて。

体を丸くしてぎゅっと固まり、恐怖でまんまるになった瞳を見て、思わず涙。

  やっぱり連れて帰ろう。今日はリリースせずに。。。

 
先生に 「風邪を早く治してあげたいのでお薬ください」 というと、
「全然慣れてない感じの子ですけど、飲ませられますか?」と先生。

「はい、しばらく自宅で様子見ますので・・・」


あーあ、言っちゃった。。。


先生から10日分の抗生物質をもらい、追加料金を支払って車に乗りました。

どうしようかな、どうしようかな、主人にバレないようにするには・・・

自分は少し気が動転していると思ったので、首都高に入る前に
休憩を取ることにしました。チビちゃんにもちょっと静かなひと時を。

駐車場のあるファミレスを見つけ、駐車し、大きく深呼吸。

「まだリリースできるよ」 そう自分に語りかけてみたりして。

でも不思議なことに、「体裁」が邪魔をしつつも、
本心は「連れ帰る」と決めてしまったので急にお腹が空いてきて、
そのファミレスでランチメニューをしっかりいただいたのでした。

さてと。

とりあえず風邪ウイルスがあるから、接触させないようにしなきゃね。
また三段ケージが活躍するわ。そうだ、ぐるりと布をかぶせてしまえば
しばらく主人も気づかないわ。その間にまたラムちゃんの売り込みに
全力投球してと。うんうん。上手くいきそう。


蟹ソーススパゲティをずるずる食べながら、
なんだか気持ちが晴れ晴れとしてきて、
ここ数日の前頭葉の痛みが消えていくようでした。

なぜこの決断を早々にできなかったのか。

これこそ後の祭りで、カットされた耳先はもう元にはもどらない。
そう気が付くとまた頭が痛くなりますが、どうにもできないことは
くよくよ考えないようにして・・・

途中、餌やりさんたちに電話をしました。
 「今夜から雨のようなので、今日は連れて帰っていいですか?」

変な言い訳(笑) 雨でも晴れでも連れ帰ったはず。
 
「何日かだけでも温かくすれば風邪が治るわね、助かります」

ひとまず許可をいただき、手術費用も風邪薬もご負担くださるという餌やりさんに
感謝しながら、チビちゃんに「もう安心よ」と話しかけたりなんかしちゃいました。
今のチビちゃんにはぜったいに通じないのに。
時たま、つい、おセンチになる自分にはかなり呆れます。

 
2時間近いドライブから無事に自宅に到着。
まずは室内の犬たちを庭に出します。

その後、チビちゃんをラム&まーりんの部屋に。

チビちゃんの入ったケージと三段ケージの入り口を突き合わせて
入り口と反対の、かぶせ布をめくると
怖がって固まっていたチビちゃんが私から逃げるように
三段ケージのほうに恐る恐る移動しました。

完全に移動してから、そっとケージの扉を閉めました。
脅して閉めたり、扉が体に触れたり、バタンと音を立てたりすると、
恐怖心が高まり後々ちょっと大変になるので、
怖い思いはできるだけさせない、私のモットーです。

トイレに固まったチビちゃん。

120222_15_52_05_299x400


隠れちゃったまーりん。

少し離れて見学するラムちゃん。

緊張でいっぱいの部屋から10分くらい出ました。
ふたたび見に行くと、チビちゃんはホットカーペットの上に移動していました。
ひと安心。体温を下げると良くないからね。

後はとにかく静かに休ませます。術後だけでなく、初めてのドライブに見慣れない部屋。

食べなくてもいい。ゆっくり寝なさい。。。
一応、ドライとウェットのゴハンと、ぬるま湯を入れた器を置きました。

雰囲気を察して、ラムちゃんもまーりんも静か。優秀!

これはまーりん。

120222_23_21_46_299x400

庭に追い出した犬たちと足取り軽く散歩に出かけ、
夕陽を浴びながら庭でおやつ片手にフセだのマテだのコイだのと遊びました。
私の機嫌がよいと犬たちも嬉しそうです。


夜、みんなのゴハンを用意するその器が1つ増えたことに夫は気がつきませんでした。
 
うふふ。

私も今夜はゆっくり寝ることにします。
 

« やっぱり運命でいいのか | トップページ | 親子のようなまーりんとラムちゃん »

くーろん&まーりん&しずく(決定)」カテゴリの記事

コメント

よかった(>_<)そうなると、そうなってほしいと信じてました。(勝手に)
初めまして。生意気にコメントさせていただきました。

そうでしたか。ご心配ありがとうございます。チビちゃんは幸せ者です。
やっぱり、お外猫よりおうち猫になったほうがいいと思われるのですね。
新しい素敵な飼い主さんが現れることも念じてやってください!
応援、ありがとうございます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり「運命」には、、、:

« やっぱり運命でいいのか | トップページ | 親子のようなまーりんとラムちゃん »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。