« ラム&まーりん、お見合い | トップページ | ラム&まーりんからのお便り »

2012年3月25日 (日)

ラム&まーりん、新しいおうちへ!

昨日、ラムちゃんとまーりんの引っ越しが無事に終わりました。

朝、まーりんをうまく捕まえられるのか、それだけが悩ましく、夜のうちに対策をと、
試行錯誤で夜中2時ごろまでごそごそやっていました。


 120323_20_19_17


120323_20_29_52

ラムちゃんとチビちゃんは入って寝るものの、結局、まーりんは入らず。

120323_22_27_08

そこで写真は撮り忘れましたが、

チビちゃんを三段ケージに入れ、引っ越し用ケージは1つにし、
他に快適に眠れる場所を取り払い、ラムちゃんとくっついてケージ内で寝てもらうよう工夫しました。

その甲斐あって、当日朝はすんなりケージ内でゴハンを食べてくれてたので難なく捕まりました。


行きの車の中では、ラムちゃんが 「どこ行くにゃっ!」 と言わんばかりにときたま怒った様子で鳴きました。
まーりんはずっとだんまり。

120324_21_15_45


新しいおうちに到着すると、まーりんのために三段ケージが用意されていました。

ラムちゃんは

「ここが今度のおうち?カイテキ~!」

とはしゃぐように、探検&爪とぎをし、ゴロゴロいいながら伸びをしたのでした。

まーりんは不安な様子でニャーと鳴き、三段ケージ内の一番上に置いた箱の中に隠れてしまいました。

怖がり猫ちゃんはそんなものです。

・・・とわかっていながらも、怖い思いをたくさんさせているまーりんに申し訳ない気持ちになります。

彼女たちを残し、里親様にも感謝申し上げ、午後の仕事に向かいました。
道中、彼女たちのことで頭がいっぱい。別れはいつも複雑な気持ちになります。

すぐに慣れるから。
ラムちゃん一緒だし。
間違いない方にもらっていただいたし。

そう自分に言い聞かせながら、ラムちゃんの大らかさには笑ってしまいました。

夜帰宅すると、二匹がいなくなってラムずトイレもなくなった部屋は殺風景にさえ感じ、いるはずのチビちゃんはどこに隠れたのやら、姿を見せず。

留守の間、ずっと隠れていたのかしら?

犬猫みんなにゴハンをあげ、チビちゃんとはゆっくりするつもりで一番最後にゴハンを持っていくと、しばらくしてやっと出てきて、にゃぁー、と雄叫びをあげてから、ムシャムシャ食べていました。
どうやら私に文句を言いたかったようで(笑)

ごめんごめん、といいながら、指先であげると、指をムギューと噛んできました。


120324_317x400

アイタタ、と思いつつ、なんでもさせてあげたい気分でした。
 

深夜、里親様からメールをいただき、ラムちゃんが元気なこと、まーりんはまだダメなことをお知らせいただきました。

「慣れてくれるまで気長に待ちます。」

そう締められた文面に、心からホッとしました。
それでやっと、気持ちの整理が着いた気がしました。
 
 

朝から晴れて気持ちのいい今日、チビちゃんを、しま&風ちゃんの部屋に移動する予定です。

子育て経験者のしま風チームなので、チビちゃんをすんなり受け入れてくれることを期待します。
 
 
春は別れと出会いの季節 とよく言いますが、久しぶりにそんな気持ちを味わっています。


仕事の変化もあり、今年の春はなんだか色々なことにひと区切りつきました。
家の中を大幅に改善予定です。 
1Fは犬スペース、2Fは猫スペースとして。
 
里親様が現れるまでの間、保護犬猫たちが快適に暮らせるよう人間スペースをより狭めて(苦笑)、整理整頓しようと思います。

 
 

« ラム&まーりん、お見合い | トップページ | ラム&まーりんからのお便り »

ラムちゃん(決定)」カテゴリの記事

くーろん&まーりん&しずく(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラム&まーりん、新しいおうちへ!:

« ラム&まーりん、お見合い | トップページ | ラム&まーりんからのお便り »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。