« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月20日 (水)

ギブアップ寸前につき…

仕事が忙しく、半日と休めない日が続き、子猫たちの世話がかなりハードになってきました(涙)

疲れのピークは人それぞれ現れ方が違うと思いますが、私の場合は喘息気味に胸が苦しくなると危険信号。2.3日前から症状が出てきて、マズイっと頭を悩ませていました。

とにかく一日4回の給食はキツイ!
一日3回で済めば、昼休みの一時帰宅がいらなくなり、随分と楽になるのですが…

一,二度、三回のゴハンにしてみたら異常に興奮し、たくさん食べて下痢をする、という良くない状況になったため、やはりまだまだ4回だと反省しました。

昼ごはんだけでもペットシッターさんかなぁ…

そんなことをうっすら考え始めたとき。

犬猫保護ベテランの先輩が、ご自分の保護子猫ちゃんたちの里親さんが決まったからと、二匹を預かるよーとお電話くださいました。

ちょっとしたことで体調を崩す子猫たち。ベテラン先輩なら安心です。

でも、正直、寂しい…  (^^;;

でも仕方ない。明日からお願いすることにしますm(_ _)m

とらおちゃんの腫れたお尻はすっかり治ったし。
120620_20_40_30_hdr_2
  <肩乗りとらお>

とらみちゃんも噛みちぎって飲み込んだ乳首を吐けたし。

120620_20_37_50
    <ナデナデ大好きとらみ>

ミルク大好きとらじも少しずつ離乳食も食べてくれるようになってきたし。

とらたは変わらず手がかからないおっとり君だし。120620_20_38_37
   右)一番先に眠くなるとらた
   左)よくグズるとらじ

こうして膝上によじ登って眠る子猫たちに少しでも長く付き合ってやりたいのですが。

 

120620_20_53_20



どの子をお願いするか、迷います。

ジャスミンとの相性優先かな。
120619_21_08_18

2012年6月11日 (月)

上手にたべよう

お皿から食べることにも慣れてきました。


1206111_2


ペチャペチャとすごい勢いです。やっぱり生命力を感じます。

女の子とらみちゃんは少し残してごちそうさま。

すると、とらとらボーイズが群がります。まだ自分のも終わってないのにぃ。


1206112_2


舐めるように食べるため、お皿がこんなことになります。
子猫対応用に着替えてからでないと、色々臭いがつきます。

1206113_2

 

満足すると私の膝によじ登り、こんな小さなうちからちゃんとグルーミング。自分のことも、兄妹のことも。

1206114_2


1206115_2

そっとお皿を片付けていると、うり二つの とらじ と とらた が最終チェックに。
どこまで食いしん坊なんだか!呆れつつも、キレイになめとってくれると助かります。

1206116_2


そして時間のある夜はゆっくり一緒にいてやれます。
みんないちばんぷよぷよのところに自然と集まります (^^;;

1206118_2


みんな大きくなぁれ!


1206117_2


2012年6月 9日 (土)

子猫たち、里親募集!

とらとら兄妹、里親様募集します! よろしくお願いします。

1339103804357.jpg 1339103805273.jpg 1339103805961.jpg

猫の社会化は7週目までと言われています。
9週目までとか、ちょっと長くて12週目までという説もあります。

いま、4週経ちました。推定ですが。

保護したのは生後2週間すぎくらい。すでに、犬が近づくと シャー を言うようになっていましたが、犬猫が数匹いる我が家で、人からゴハンをもらい、人の手や膝の上が好きになってくれますよう、そして様々な音を経験し、ときには友人宅にお泊りしたりして、とにかく人懐こくて穏やかな猫になってくれますよう、せっせとかわいがっております。

なお、とらおちゃんの下痢はまだ完治していないものの、常に後ろ足まで濡れていた状態は終わり、お尻の腫れだけとなりました。薬はいったんストップし様子を見ている状態です。


ぜひ、この子猫たちが幸せになるよう、ご協力をお願い致します。

以下、里親募集チラシです。ご覧ください。JPEGファイルを添付していますので、いったんPCに保存してから印刷(A4サイズ)もできると思います。

<クリックすると拡大されます>

201206jpeg

2012年6月 8日 (金)

ハッピーを「うちのコ」にしました!

福島被災犬のハッピーのことでご報告です。

いつまでも「保護犬」「被災犬」という状態では気の毒に感じ、ハッピーをうちのコにすることにしました。

3月下旬に内臓系の血液検査とフィラリアの抗原検査を行いました。フィラリアは陰性に転じ、ひどかった肝臓の値も正常値に回復しました。その他もすべて健康値となりました。

また、万が一の天災や事故時のことを考え、ハッピーが迷子になっても殺処分されないようにマイクロチップと市への登録も済ませました。

避難所に入るようなことも想定し、狂犬病注射も済ませました。

走り出したら止まらないやんちゃ坊主で怪我が心配なため、フィラリア陰性となったことを機に、動物保険も加入しました。

6月中には混合ワクチンも予定しています。

草むらに入るのが好きなのでフロントラインは欠かせませんが体への負担を考え、二ヶ月置きの予定です。

もちろん、フィラリア薬は毎月続けています。一度傷ついた血管は元どおりにならないそうなので、体力をつけながら、体は軽くしてやってます。

里親探しも終了し、5月からはドッグトレーナーさんへの支払いも「うちの愛犬」として通常料金にし、各方面への声かけも終了していただきました。トレーナーさんには本当にお世話になり感謝しております。主人と合わせ、3人4脚、いやいやジャスミンも含めて、4人5脚で、暴れん坊ハッピーと共に歩んできた感じがあります。

また、「保護犬」の里親になるには、上記のように手続きや医療に関する手間や費用がとってもかかります。最近、私のお小遣いはすべて犬猫に消えていき、先日は穴の開いた靴下を「ま、いっか」と履いていました(笑)

ハッピーは愛護団体の方が原発事故後の福島から連れてきた犬です。

昨年、「お宅の犬にしてもらえませんか」と打診いただいた時は、ハッピーに怯える愛猫があまりに気の毒でお断りしました。

今でもそれはクリアされていませんが、ハッピーがまさに一所懸命の字のごとく、我が家のルールを守ろうと健気に振る舞い、群れの一員になろうと、お行儀は良いも悪いも先住のジャスミンを真似てとってもがんばっているのを見て、彼の努力を私がちゃんと認めてあげなければならないと感じ、家族にする決意をしました。

猫たちとの距離を縮めるにはしばらく時間が必要ですが、20年生きるうちの1,2年のことと考え、猫たちをケアしながら緩和していきたいと思っております。

なお、福島の飼い主様が現れた場合は柔軟にご相談させていただきます。

はちふくハッピーちゃんが最期の時まで幸せに、「保護犬」ではなく「うちの愛犬」として生きていくことを皆様にご賛同いただけると嬉しく思います。

震災後の彼の壮絶な数ヶ月が、これからの我が家での生活ですっかり忘れ去られるよう、そして新たな人生の始まりとなるよう、名前は 「アビー」 に変えました。「被災犬」という大枠から外れ、「アビー」の生きる道を歩もう!と、ビートルズの、あのアビーロードに重ねて。

そしてジャスミン同様、家族の一員として、山登り、川遊び、犬同伴OKレストラン、そして両家の実家、どこにでも連れていけるような、意思の疎通ができる犬となることを期待し、その過程を楽しみとしていきたいと思います。

ペットも「家族」ですからね!! さて、この夏は川遊びできるかな。あ!!めちゃくちゃ水嫌いなコだった・・・ ならば山登りで(笑)

これまでハッピーの里親募集にご協力いただきました皆様には本当に感謝申し上げます。

 

いたずらっ子アビー。大きな体で、かなり幼稚です(笑)

<ブルーのペンをかじって叱られるアビー>
1339230403272.jpg  

<とぼけるアビー>
1339230404332.jpg

じゃあ、お顔の青い線はなんなんでしょ?

前足も青かったよねえ? 

 

 

 

2012年6月 6日 (水)

離乳食もなかなか大変

とらおちゃんが退院した夜、4匹に離乳食を与えてみました。 4匹順番のミルクはとっても時間を要するので、早く離乳してと願って。 温かいミルクと混ぜて、初めてお皿からの食事です。 喧嘩にならないよう距離を置いて、1匹ずつ並べました。 かわいっ! 1338999662930.jpg 上手に食べるコ、鼻に入ってくしゃみするコ、むせるコ、どうして良いかわからないコ。 1338999663763.jpg ちょっと横見て動いたコを真似て、次の瞬間大騒ぎ。

1338975323552.jpg みんな、べちゃべちゃ。 右端のとらみちゃんだけがお行儀よく、というか、無我夢中で食べています(笑) みんなの足を拭きながら、 ミルクやりのほうが、まだ手間でないかもぉ…とがっくりきたのでした (~_~;) もう少しミルクでいきます(笑) 1338975324296.jpg

2012年6月 4日 (月)

とらお入院

とらおを今朝、入院させました。 不調の原因はおそらく下痢だろうということで整腸剤を飲ませていましたが、今朝6時、血便が出ていたので大事をとって入院させてもらいました。 先生が、   ひとりじゃ落ち着かなくてかわいそうかな とおっしゃって、とらみちゃんとセットで預かってくださることに。 優しい先生に感謝です。 そしてもう二匹は、昨日の夜からイトコのれいちゃんが見てくれました。 仕事の合間に、様子どお? とメッセージを送ると、 1338825155172.jpg めっちゃ元気! との返事。なかなか面白い反応のフレッシャーズです。 夕方、仕事を終え病院に電話を入れると、若干の回復が見られるとのこと。 若干かぁ… ちょっと残念な気持ちもあったり、ひどくならずに良かったと思う部分もあったり… とにかく明日の朝には迎えに行くことになりました。 明日から仕事だというれいちゃんからも二匹を引き取り、1日ぶりにミルクやりです。 1338825156328.jpg このコ↑は、とらた です。 このコ↓は とらじ です。 1338825157112.jpg そっくりで区別がつきません! でも動く様子を見ているとなんとなくわかるようになってきます☆ 名前は保護直後の性格というか振る舞いで決めました。 いちばん社交的なのは、長男とらお 探検好きで我が道をゆく、のは、二男とらじ 気まぐれで不思議ちゃんな感じの 長女とらみ くっついて離れない甘えん坊の、三男とらた という設定(笑) 猫にも生まれたときから性格があります。 同時期に同週齢の赤ちゃん猫を保護された知人からとらお頑張れの励ましのメールをいただき、気持ちが上向きになりました。その子もひどいお尻だったそうです。 べべべさんもありがとうm(_ _)m

2012年6月 3日 (日)

赤ちゃん猫とらおが不調

里親募集を始めようと思った矢先、「とらお」と名付けた子が不調です。 1338679204140.jpg 昨日朝にミルクを飲んだきり、昼も夜も深夜も今朝も飲もうとしません。 昨夜拭いたお尻の毛も乾いておらず、気持ち悪そうに後ろ足を片方ずつ上げて気にしています。 赤ちゃん猫の容態は急変し、あっという間に手遅れになってしまうので、これから病院へ向かいます。 回復しますように。

2012年6月 2日 (土)

赤ちゃん猫4匹が放置されていました

もう6日目になります、それはそれは深ーい溜息が出てしまったあの日から。

ハッピーと朝の散歩をしていたら、目の前にこれ。

120528_7_54_05


嫌な予感がして、そのまま通り過ぎようとしました。
 
すると にゃー、にゃー と悲鳴が。

そこはカラスの住む小さな森。
覆い被せた傘は子供用。カラス除け?それとも午後から雨予報だから?

この辺はイタチやハクビシンがいるんだよねぇ・・・

そんなことを思いながら、箱の中をのぞいてみるとキジトラ赤ちゃんが3匹見えました。


ハッピー連れでは箱を抱えられないと思い、ひとまず自宅に戻り、主人に相談。

 夫:うわー、今はキツイよなぁ・・・ なんで散歩する人が多い場所なのにアナタが見つけるわけ?

 私:はい、私もそう思います・・・

 夫:寝る時間なくなるよ

 私:はい、私もそう思います・・・

 夫:ったく、ムカつくなー

 私:はい、私もムカつきます・・・

 夫:どうすんの?

 私:カラスに食べられないうちにと・・・

 夫:はぁぁぁぁ・・・ 勘弁してよー・・・・ また寝不足な日々かよ・・・ 


というやりとりをこなし(いつもこんな会話なんですけどね)、発見から30分後に迎えに行きました。

120528_8_45_04

持参した箱に赤ちゃん猫を移し替えると、4匹であることがわかりました。
少々ハードルが上がり、気が重くなりました・・・

アルミホイールとオニギリらしきものも添えられていました。

  食べられるわけないじゃん…

と、人気のない森の入口で一人ため息つきながら、
 ・・・午後から仕事だから近場の病院で診てもらって
 ・・・その足でミルクを買いに行って・・・いや、時間がないから病院で買おう
 ・・・子猫用哺乳瓶は2つあるほうがいいな

なんてタイムスケジュールを頭に描き…

帰宅すると不満な顔のジャスミン。こんなとき、いつも我慢させられるのはこの子です。ゴメンと言いつつ、軽く散歩を済ませ、動物病院へ。

3匹が目ヤニやらで片目がつぶれていたので眼軟膏をもらい、粉ミルクと哺乳瓶2本を購入し帰宅。

すぐにお湯を沸かしミルクを作り、飲ませる前に体重を図りました。

1338628732178.jpg


254〜285gでした。平均270くらいかな、というわけで、5月12日前後生まれと推定。

ニャーニャー鳴きながら、子猫たちは初めての哺乳瓶に苦戦しながらもくらいついてがんばって飲みました。

1匹10ccから15ccくらいを飲み、安心したのか、ペットボトルの簡易湯たんぽにくっついて眠ったのでした。

昼食を摂る暇もなく、仕事に出掛け、一日留守にする日はどうしようかなぁ、と考えていました。

これが保護した日の出来事。

捨てた人は、
たくましく生きるんだよ とか、
誰かに拾ってもらうんだよ とか、、、
そんな気持ちで置いたのでしょう。

でも知って欲しい。
赤ちゃん猫は、野生動物の恰好の餌食です。

だから捨てないでね

母猫はどうしているのかな

また秋に産まないように避妊してあげたいけれど、
どこのどちら様が置いたのかわからず。

夜は7時と深夜1時頃にミルクやり。しんどいったらありゃしない。


1338628732919.jpg

1338628733445.jpg

2012年6月 1日 (金)

2匹が同時に里親様、決定!

嬉しいことが続きました。
 

まず、ジョンちゃんの里親様が決まりました!

120518_13_28_032

 
そして、ナポレオン君も里親様決定です!

Napoleon1

2匹とも、飼い主様が急病重症ということで、本当に辛い境遇に置かれていましたが、
それぞれ犬飼い経験者のお宅に迎え入れられました。
しかも2軒とも我が家から近所なので、いつでも会えます♪
 
 
特にジョンちゃんはうちにいましたから、正直、ホッとしました。

というのも、ジョンちゃんと入れ替わるように、赤ちゃん猫を4匹も保護してしまったから。

それはまた別記事にします・・・

正直なところ、ちょっぴり疲労困憊 (汗)


そんなことより、彼らの行き先が決まったことは本当に喜ばしいことです。

“ 2匹目は、あるいは3匹目は保護犬ちゃんを ” と考える人が増えているんだと感じます。

なかなかできないことですよね、尊敬します。

 
良かった、良かった、本当に嬉しく思います!


最後になり恐縮ですが、ナポ君の里親希望者様とご縁を作ってくださったF様に深く感謝申し上げます。 
 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。