« 2匹が同時に里親様、決定! | トップページ | 赤ちゃん猫とらおが不調 »

2012年6月 2日 (土)

赤ちゃん猫4匹が放置されていました

もう6日目になります、それはそれは深ーい溜息が出てしまったあの日から。

ハッピーと朝の散歩をしていたら、目の前にこれ。

120528_7_54_05


嫌な予感がして、そのまま通り過ぎようとしました。
 
すると にゃー、にゃー と悲鳴が。

そこはカラスの住む小さな森。
覆い被せた傘は子供用。カラス除け?それとも午後から雨予報だから?

この辺はイタチやハクビシンがいるんだよねぇ・・・

そんなことを思いながら、箱の中をのぞいてみるとキジトラ赤ちゃんが3匹見えました。


ハッピー連れでは箱を抱えられないと思い、ひとまず自宅に戻り、主人に相談。

 夫:うわー、今はキツイよなぁ・・・ なんで散歩する人が多い場所なのにアナタが見つけるわけ?

 私:はい、私もそう思います・・・

 夫:寝る時間なくなるよ

 私:はい、私もそう思います・・・

 夫:ったく、ムカつくなー

 私:はい、私もムカつきます・・・

 夫:どうすんの?

 私:カラスに食べられないうちにと・・・

 夫:はぁぁぁぁ・・・ 勘弁してよー・・・・ また寝不足な日々かよ・・・ 


というやりとりをこなし(いつもこんな会話なんですけどね)、発見から30分後に迎えに行きました。

120528_8_45_04

持参した箱に赤ちゃん猫を移し替えると、4匹であることがわかりました。
少々ハードルが上がり、気が重くなりました・・・

アルミホイールとオニギリらしきものも添えられていました。

  食べられるわけないじゃん…

と、人気のない森の入口で一人ため息つきながら、
 ・・・午後から仕事だから近場の病院で診てもらって
 ・・・その足でミルクを買いに行って・・・いや、時間がないから病院で買おう
 ・・・子猫用哺乳瓶は2つあるほうがいいな

なんてタイムスケジュールを頭に描き…

帰宅すると不満な顔のジャスミン。こんなとき、いつも我慢させられるのはこの子です。ゴメンと言いつつ、軽く散歩を済ませ、動物病院へ。

3匹が目ヤニやらで片目がつぶれていたので眼軟膏をもらい、粉ミルクと哺乳瓶2本を購入し帰宅。

すぐにお湯を沸かしミルクを作り、飲ませる前に体重を図りました。

1338628732178.jpg


254〜285gでした。平均270くらいかな、というわけで、5月12日前後生まれと推定。

ニャーニャー鳴きながら、子猫たちは初めての哺乳瓶に苦戦しながらもくらいついてがんばって飲みました。

1匹10ccから15ccくらいを飲み、安心したのか、ペットボトルの簡易湯たんぽにくっついて眠ったのでした。

昼食を摂る暇もなく、仕事に出掛け、一日留守にする日はどうしようかなぁ、と考えていました。

これが保護した日の出来事。

捨てた人は、
たくましく生きるんだよ とか、
誰かに拾ってもらうんだよ とか、、、
そんな気持ちで置いたのでしょう。

でも知って欲しい。
赤ちゃん猫は、野生動物の恰好の餌食です。

だから捨てないでね

母猫はどうしているのかな

また秋に産まないように避妊してあげたいけれど、
どこのどちら様が置いたのかわからず。

夜は7時と深夜1時頃にミルクやり。しんどいったらありゃしない。


1338628732919.jpg

1338628733445.jpg

« 2匹が同時に里親様、決定! | トップページ | 赤ちゃん猫とらおが不調 »

とらお(とらとら兄妹)募集終了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃん猫4匹が放置されていました:

« 2匹が同時に里親様、決定! | トップページ | 赤ちゃん猫とらおが不調 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。