« 譲渡会報告 | トップページ | 初ワクチン接種とトイレトレーニング »

2013年3月31日 (日)

子犬の飼育環境と収支報告

いま、子犬たちが生活している空間をご紹介します。
 
玄関ホールです。ここからたくさんの犬猫が巣立ちました~(笑) 狭い空間ですが、室温はビルトイン空調で夏も冬も快適です。 
20130331_13_08_33  
 
手前が玄関ドアになります。
 
保護して間もない犬猫は感染症を抱えている可能性があるため、1週間はできるだけ隔離しますが、今回の仔犬たちは明らかに健康とのことで、あまり良くないことかもしれませんが隔離は2日だけ。ジャスミンもアビーも健康だから・・・と自己判断です。
 
次に、飼育に必要なものをご紹介します。
 
20130331_13_05_47
 
左半分がゴハン関係。
フードボウル、お水、ドッグフード(手作りもあり)、ゴートミルク(栄養補助として)、スケール(量を計るため)。他に、お水ボウルも必要です。
 
右半分は掃除用具。
トイレシーツは玄関ホール写真のように、大きなサイズとサークルトイレ用の小さなサイズを用意。ウェットティッシュにキッチンペーパーに除菌スプレー。
 
こんなところでしょうか。消耗品が多く、すべて自費で賄わなければならないところが保護活動の辛いところですね。
 
そして最も重要な費用面も整理します。
月末ということもあり、収支報告です。子犬の飼育費用のご参考にしてください。サークルやフードボウル、ベッド等は自前の物を使い、消耗品のみの計上とします。
なお医療費は病院やその内容によって大きく変わります。
 
★3月収支★
 
・最初の健康診断(初診料・ノミダニ駆除・検便) \2,100 ×2匹分
・トイレシーツ 大20枚入り \880×2
・トイレシーツ 小100枚入り \880
・ウェットティッシュ 70枚入り \399
・ドッグフード(良質なもの) 5kg \3,780 (2匹分、約15日分)
 (最初の4日分くらいは友人からと病院のサンプルフードで賄えました)
・譲渡会 交通費 高速料金 往復 \1,800
・譲渡会 パーキング代 \1,800 
・譲渡会 ガソリン費 未計算・・・
------------------------------
合計 \14,619.-
 
 
うおーっ!計算してみると結構な額!!!
 
このうち、最初の健康診断費用「\4,200」は小犬たちを私に託した幼稚園ママさんのうちのおひとりがご負担されました。
 
なお、里親様には近日接種予定のワクチン費用をご負担いただくのがお約束になっています。
 
トイレシーツの減りはなんとも言えず状況次第です。たとえばお天気が良いと庭でさせられるので少なく、雨続きだと多くなります。また、留守番が長ければ庭に出す時間が少ないためシーツがよく汚れます。
 
・・・というわけで、
★ご不要のトイレシーツ大(60×90)
★ペット用ウェットティッシュ
がありましたらご寄付いただけますと嬉しいですm(__)m 
 
それから・・・ 洗濯しやすいペット用ベッドももう1つ欲しかったりします(汗)
興奮しておしっこがちょっぴり出ちゃうと臭うので、たまに洗濯しながらやってます。代替ベッドがあると助かります。トイレトレーニングの一環としても「トイレエリア」と「自分の寝床」を明確にしてやることは大切に思います。
 
 
驚くほど学習能力が高いこの時期に、色々と教えてやりたいと思います。それがのちのち犬にとっても人にとっても楽になるので。うまく指導できるといいのですが。。。
 
先日、シャンプーデビューと爪切りデビューは無事に済みました~
 
 
 
 
 
 
 
 

« 譲渡会報告 | トップページ | 初ワクチン接種とトイレトレーニング »

公園黒&茶の3姉妹子犬(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子犬の飼育環境と収支報告:

« 譲渡会報告 | トップページ | 初ワクチン接種とトイレトレーニング »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。