« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

子犬ちゃちゃん、おうち決定!

昨日面談したご家族のもとへ、ちゃちゃんを連れて行きました。

 
週4日は車に揺られて出勤していたちゃちゃん。ドライブは慣れています。
「いつもより遠いなぁ~」と退屈そうですが、鳴いたり暴れたりせず、余裕の表情です。
 
20130428_10_40_49
 
 
後続車を眺めたりして、観察力を養っているよう(笑)
とぉーってもカワイイ後姿です。
 
20130428_10_58_49
 
 
到着するとご家族皆さんで待っていてくださいました。
 
動物が大好きだという3歳の女の子。ちゃちゃんの良きお姉さんになるでしょうね。
 
20130428_11_27_35
 
 
ちゃちゃんが先代のわんちゃんにそっくりとのこと。
「生まれ変わりかと思った!」とご主人さま。
 
本当にそうかもしれませんよ。 
 
だってちゃちゃんは、お届け直前のキャンセルが2度続きましたから。
このお宅にもらわれることが決まっていたのかも。
 
きっときっと幸せになれるね~
 
S様、ちゃちゃんを見つけてくださって、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
帰宅すると、ちゃちゃんのいないサークルがぽつん。
とっても大変な1か月でしたが、終わってみればあっという間。
 
今朝の3ワンの様子。ジャスミンのほっぺに咬みつくちゃちゃん。
 
20130428_8_58_58
 
ジャスミンとアビーは本当によくがんばってくれました。
 
犬が2,3頭いると走り回って遊べるのでオススメです。
 
ま、アビーのようにどう接したらよいかわからないコもいるでしょうけれど。。。
 
昨日の↓↓映像↓↓です。
なぜジャスミンは、無鉄砲なちゃちゃんを叱らずにアビーを叱るのでしょうか・・・
 
ジャスパパ曰く、「兄ちゃんなんだから遊んでやりなさいよっ!」と言っているのだそう。
 
 
 
うーむ、そうなのかなぁ・・・
 
私には・・・ちゃちゃんと一緒になってアビーをからかっているようにも見え(笑) 
 
がんばってくれた2ワンのために、ピクニックにでも出掛けたいと思います~
 
応援してくださったたくさんの皆さま、本当にありがとうございました!
 
捨て犬がいたらぜひ勇気を出して保護してあげてください!!!
大変ですが、時間と場所とほんの少しのお小遣いがあれば、難しい技術は何一つ必要ありません☆ 
 
 
さ~て。明日は「幸せにゃんこ」さん主催の譲渡会に参加してきます。
場所は銀座です。猫ちゃんご検討の方はぜひいらしてください~
詳細はこちら。
 
 
よろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月27日 (土)

しずくと風ちゃん

しずくと風ちゃん。久々の登場です。

 
20130424_8_39_29
 
 
にゃにゃ、にゃんと!
銀座で行われる「幸せにゃんこ」さんの譲渡会(4/29)に出させていただくことになりました。
 
「幸せにゃんこ」ホームページ
 
動物保護団体に属していない個人で保護をしている人のための譲渡会で、以下の目的を持った3名のグループ+ボランティアさんで主催されています。
 
「私たち幸せにゃんこは、日々地道に家族のいない猫ちゃんや怪我、病気をした猫ちゃんを保護し自宅で世話をしてる個人保護主に里親様と猫ちゃんの出逢いの場『譲渡会』を提供する事を目的とした活動グループであり団体ではございません。」
 
 
「里親様へのお願い」
 
 
これは素晴らしい人たちが現れた!
と思い、もう半年以上前から注目していましたが、参加資格は面談後ということで、なかなか時間が取れずにいました。
 
20130423_21_26_10
  < しずく 1歳半 女の子 人には不慣れだけど猫なら得意 >
 
 
やっと先週、銀座まで面談に伺い、参加許可をいただいてきました!感謝感謝です。
 
参加資格は、
成猫の場合:避妊/去勢手術、ノミトリ、駆虫、検便、血液検査、ワクチン が終わっていることと、その他注意事項が諸々あります。
 
 
個人で保護活動する人や、継続的かつ積極的な活動ではなくても目の前にしたら見捨てられないという人が結構います。私もそうです。はじめのうちは知人を頼って貰い手が見つかるのですが、だんだん伝手がなくなります。
 
そうなると、左側にバナーを出している「いつ里」さんや、「ペットのおうち」さんや「ネコジルシ」さんなど誰でも掲載できる里親募集サイトに掲載し、メールや電話のやりとりで進めていかねばならず、仕事を複数抱える私にとってはかなりの手間になり・・・(>_<) 
 
 
20130302_20_21_22
 < 風(ふう) 3,4歳 女の子 洋猫風だけど大和撫子 >
 
そんな中、ルールを守れば参加できる譲渡会があるのはとてもとても助かります。しかも「幸せにゃんこ」さんは里親希望者さんにも一定のルールを定めていますから、これをクリアしていただいたご家庭が里親候補となるわけで、「きちんと」飼養していただけない要素がある方々とのやりとりが省けます。
 
 
余談ですが、茨城県動物指導センターで開催される「子犬の譲渡会」は月に1度行われますが、譲渡会は予約制、しかも数日前に行われる説明会に参加しなければならない、というルールがありますから2度足を運ぶことになります。
 
 
民間だって、このくらいやらなければなりませんよね。
 
「幸せにゃんこ」さんのルールの場合は譲渡会で面談しにゃんこを決めていただいた後、後日そのご家庭まで保護主自身がにゃんこを届ける、というシステムになります。詳細は以下ページにあります。
「里親様へのお願い」
 
 
抜粋) ■譲渡共通条件■
終生飼育
完全室内飼い
避妊去勢手術
譲渡契約書へのサインと身分証明書の提示
定期報告
一部医療費等の負担
 
 
 
「一部医療費等の負担」。これは、避妊/去勢手術、ノミトリ、駆虫、検便、血液検査、ワクチンの費用です。ワクチン料金は請求できても、その他はなかなか言い出せないのが、個人保護主のさが。しかし「捨てられた犬猫を皆で助けよう!」という愛猫家愛犬家の輪を広げていくためには、ゴハン代は保護主が持ちますから、医療費はカンパお願い!と堂々と言えるような世の中にしていきたいですよね。
 
 
それから嬉しいのが「定期報告」。先日嫁入りしたクロちゃんの里親さんは私からお願いしなくても数日置きに様子をお知らせくださいました。こういう心遣いのできる人ってそう多くないんです。でも、来たばかりで何かと手がかかるだろうと想像できるがために私のほうから「様子を知らせてください」とは言い難い部分もあります。その犬猫が難題を抱えている場合はご報告をお願いしてしまいますが、あまり心配のない犬猫の場合は特にお願いしないことにしていました。・・・といいつつ、元気にしているか気になるので、折をみて連絡していますけれど。そんなわけで、「定期報告」がしっかり条件とされているのはありがたいことです。 
 
 
ではでは、譲渡会の詳細はこちらです。 
 
「幸せにゃんこ」の譲渡会 
 
 
 
風としずくはこちらのページに掲載していただきましたよ。
 
 
 
 
うちから1時間半の道のりです。高速道路がちょっとでも混雑したら2時間かかります。
 
運命の里親さんと出会えるといいな。
 
しかしその期待の前に私の心配は・・・
 
当日朝、風ちゃんとしずくちゃんがクレートに入ってくれるかどうか・・・です(汗)
 
初めての参加でどうなるかわかりませんが、彼女たちに負担をかけないよう、できる限りの工夫を凝らして臨んできます。
 
 
 
ところでこちらも大事なお話。
今朝、ちゃちゃんの面談に来てくださったご家族がちゃちゃんを決めてくださいました!赤い糸で結ばれそうです!といいつつキャンセルをもらったことが何度かありましたので慎重にいきたいと思います。
 
でも今度こそは間違いない!と思える、とっても明るくて笑いの絶えない素敵なご家族でした。元気いっぱいのちゃちゃんにぴったり!
 
明日にご自宅に届けますので、無事にお渡しできた後に、またご報告いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月25日 (木)

クロちゃん、順調!

先にもらわれたチャコちゃん(元クロちゃん)が元気に過ごしている様子を里親さんが写真と共にメールくださいました。こういうお便りはとっても嬉しいです。

 
 
初めてテレビを見るクロちゃん。うちにはテレビなかったもんねぇ。
 
P4130050
 
 
こちらは、先住犬モカちゃんが世話を焼いてる様子。
 
P4200016  
 
 
クロたんは子犬らしかったもんなぁ・・・
 
 
 
それに比べてちゃちゃんったら・・・ こちょこちょしたら、笑いすぎです・・・
 
20130424_23_30_35
 
女の子なんですから頼みますよ(笑)
 
 
 
モカちゃんと大丈夫かな~と心配されていましたが、順調に受け入れられているようで嬉しい限りです。ちゃちゃんにも、モカ&チャコちゃん一家のようなご家族が現れるといいな。 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月24日 (水)

犬飼い向き度チェック!

私が参考にしているブログにこんな記事がありました。「犬向き度チェック」。
著者のTABIママさんにご許可をいただき、そこに私の希望を加えた形でチェック項目を作ってみました。これから犬を飼おうとしている方、すでに飼い始めている方、ぜひチェックしてみてください♪ 当たり前のことばかりだけど、なかなか厳しいです。ドキドキしますね(^^;
 
 
その前に。
茨城県は犬の殺処分数ワースト1です。総数から平均数を割り出すと1日10匹以上が殺処分されています。公示された犬たちを見ると雑種が多数を占めます。
 
(※ちなみに、飼い主がセンターに持ち込んだ場合は公示されず翌日にはガス室で処分となります)
 
 
1行目にある「動物指導センターに収容されている犬の情報」に進み、右側の「写真」のところをクリックすると、その犬の写真が表示されます。怯えた表情の犬、たいそう汚れた犬、やせ細った犬、怪我をしている犬・・・ しばらく放浪していたと思われる犬が多いようです。
 
 
家族に大事にされていたら、こんなことにはならないはずです。
 
 
・・・ 彼らにもカワイイ子犬時代があったはず ・・・ 
 
 
そう思うと、居たたまれない気持ちになります。どうしてそんなひどい人たちに飼われることになっちゃったんだろうと。
 
里親募集をしていると驚くような人たちが応募してきます。
1stコンタクトでいつもワクチン費用のご負担をお願いするのですが、「その費用が払えない」というのです。どうしてそれで犬が飼えるのでしょうか?!開いた口が塞がりません。
 
 
私がいま保護している雑種の子犬ちゃんはぜったいに幸せにしてあげたいと思っています。「もらってください!」とお願いしながら厳しい条件を付けるのは、もらわれるチャンスを減らしてしまうことはわかっています。
 
「早くもらわれますように」と毎日毎日暗示のように願っていますが、安易に犬を飼おうとしている人に引き渡すことはできません。
 
 
というわけで、何か指標があれば面談の話も進めやすいだろう、ということで「犬飼い向き度チェック!」を作ってみたわけです。さあ、じっくり取り掛かってくださいまし!
 
 
======  飼い向き度チェック! =======
 
全てに「Yes」と自信を持って言えるようなら、犬飼い向き度が高いと思われます。誰にでも犬が飼えるわけではありません。「No」の項目がある場合は、犬を飼うことをもう一度よくご検討ください。
 
 
1.犬を飼うのに必要な経費(各種ワクチン費用、ごはん代、犬グッズなど)をまかなう経済的な余裕がある。   【 Yes / No 】 
 
 
2.万一、愛犬が病気がちで年間数万円から数十万円の医療費がかかることになっても捻出できる。   【 Yes / No 】 
 
 
3.これからの十数年、引越し、結婚、離婚、赤ちゃんができた、などの生活の変化が起きたとしても、その愛犬と共に暮らし、最後を看取る覚悟がある。   【 Yes / No 】 
 
 
4.今は若くて元気な愛犬も、年をとって介護が必要になる時がくるかもしれない。その時自分もまた年をとり、大型犬などは抱いて獣医のもとへ連れて行くのも大変になる。それでも見放さずについていてやれる。   【 Yes / No 】
 
 
5.大けがや重病など、何かの事情でどうしても世話ができなくなったとき、その愛犬を引き取って世話してくれる信頼できる人がいる。   【 Yes / No 】
 
 
6.どんなに忙しくても、犬と散歩をしたり一緒に遊んだりする時間を毎日必ず捻出できる。
   【 Yes / No 】  
 
 
7.会社帰りに飲みに行くとか、一泊旅行など、気楽に出掛けられない生活になり、毎日愛犬のために散歩をし、食事を与えることができる。   【 Yes / No 】
 
 
8.飼おうとしている犬の性質や性格について充分調べ、良い点・悪い点をよく理解した上で飼うつもりだ。   【 Yes / No 】
 
 
9.家庭犬としての基本的なしつけを施す心づもりがあり、また犬の行動学についても勉強している。あるいは今、「勉強しなくちゃ!」と決意した。   【 Yes / No 】
 
 
10.四六時中吠える、集金に来た人に噛みつく、近所から苦情が入るなど、肩身の狭い思いで暮らすのはつらいため、愛犬との信頼関係を築くために自らも努力し、トレーニングに励みたい。   【 Yes / No 】
 
 
 
以上10項目中、いくつ Yes がありましたか? みなさん10コでしたよね!
 
ちょっとドキドキしたあとは、ちゃちゃんの元気いっぱいな様子をご覧ください。
 
 
 

2013年4月23日 (火)

ちゃちゃんととらお

朝から雨の日曜。運動不足でイライラ気味のちゃちゃん。遊び相手にとらおを投入してみました。
 
猫はやっぱり箱が好き。サークルにウキウキで入るとらお。
 
20130421_05
 
雨で庭に出られないちゃちゃんのイライラがよくわかるハウス内。ぐちゃぐちゃです(笑) でもとらおはぜんぜんおかまいなし。
 
20130421_01
 
 
ちゃちゃんが遠慮なくとらおに近づくと、ものすごい形相で「シャー」を発するとらお。パンチもいただきました(笑)
 
20130421_02
 
 
すっかりびびってしまったちゃちゃんは、とらおに近づけず。。。
 
そしてまた、ここでも「シャー」とパンチを浴び、もうすっかり意気消沈。
 
20130421_04
 
私の膝に乗り、せめてちょっぴり上から目線になりたくなったようで。
 
20130421_06
 
 
余裕のとらおと、近づけないちゃちゃん。
 
20130421_03
 
“楽しく遊ぶ” というわけにはいきませんでしたが、刺激的な30分を過ごしたちゃちゃん。
 
 
落ち着いたところで、ハウスをきれいに片づけてやり、購入したばかりのベッドを置いてやりました。
 
20130421_08
 
ちゃちゃんったら、もう既に 「ハウス!」 を覚えたんですよ~!天才です♪
 
翌朝、ハウス内は散らかることなくこのままの状態を維持してました。
 
子犬がはちゃめちゃにものを壊すという行為は、運動不足の現れなんですね。運動が十分で気持ちも満たされていれば、荒れることはないようです。
 
 
そうそう、今週末、ちゃちゃんに面談希望が1件入りました。
ちゃちゃんの赤い糸の先がそのご家族だといいな~と期待します。
 
 
 
早いもので、ちゃちゃん姉妹を保護してからもう1ヶ月が過ぎました。最初の1週間は3時間おきに起こされ、その合間に里親募集ポスターを作り、週末には譲渡会に参加し、目まぐるしく忙しかったのですが、最近は朝まで静かに寝てくれるようになり、とっても楽になりました。
 
最初の発見者&相談者のママさんたちには 「1ヶ月だけなら預かりますよ」 と申し上げておいたはずなのですが・・・
 
音沙汰がないところを見ると、どうやらこの子犬の行き場はないようです。
 
命を助けられたはずが、厄介者扱いになっていそうな・・・
 
それではあまりにかわいそうなので、引き続き我が家で世話することにしたいと思います。
 
 
 
捨て犬猫の命を助けるもっといい方法ってないでしょうか。。。助けたいと思った人が自分で世話する以外にないなんて・・・ なんだか情けない人間社会です。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月17日 (水)

子犬ちゃちゃんの一日

子犬チャちゃんのよくある一日を簡単にご紹介します。

 
朝6時~7時前に起床。ジャスミン姉さんと庭で遊ぶ。
 
20130415_7_44_04
 
20130415_7_44_09_2
 
 
 
朝9時~12時。畑でみんなの邪魔をする(笑) いえいえ、落ち枝を咥えて運んだり、穴を掘ったりして遊んでます。クロちゃんがいなくなって、ちょっぴり退屈な時間ができました。
 
20130416_15_15_41  
 
20130416_18_27_06  
20130416_18_32_42
 
 
昼12時。ごはんタイム。ちょっと昼寝。
 
昼13時~15時。また遊ぶ。そして、散歩している見知らぬ犬に吠える。
 
夕方15時過ぎると、畑でウトウト。
 
20130417_14_48_14
 
 
夕方17時、帰宅。ドライブ大好き? 走行中はよく寝る。
 
20130417_17_38_36  
 
夜19時まで寝る。そして、ごはんタイム。おなかいっぱいになると寝そべる。
 
20130417_20_05_31  
 
 
夜22時頃、ちょっと遊ぶ。
 
20130415_19_40_01  
 
 
夜23時、本日最後のトイレタイム。
 
クロちゃんの代わりにぬいぐるみを入れてやりました。
 
20130417_20_12_36
 
最近は朝までよく寝ているようで、ハウス内でおしっこが出てない日もあります。
 
 
 
このコは本当によく人の話を聞いています。様々なことをぐんぐん吸収し、頭の良さが秀でています。ただし、他犬に吠えたりなど、警戒心も強いので、しっかりトレーニングしてあげると素晴らしい犬になります!
 
20130415_19_57_41_2
 
 
 
 
多忙につき、2,3日間、子犬ちゃちゃんの記事はお休みしますが、里親募集中は変わりませんので、どうぞよろしくお願い致します。 
 
 
 

2013年4月15日 (月)

とらおをうちのコにすることにしました

ウールサッキングが続くとらお。

先日、なんと歯磨き粉をチューブごとかじっていました・・・ 「ウール」じゃないのになぁ・・・

ミント系の香りが好きなネコは多いと聞きますが、まさかチューブごとかじるとは恐れ入りました。

 
ここ最近は小犬の話題ばかりになっていましたが、子犬たちのことだけでなく、とらおのこと、里親募集に力を入れたい風ちゃんのこと、ジャスミンのストルバイト・・・、どれも忘れずに対応しています。
 
しかし!ジャスミンの耳にマダニがついていて、かなり大きくなるまで気が付きませんでした。こんなこと初めて。ちょっとショック。
 
 
やっぱりキャパ超えだったのかもしれません。
 
普段なら子犬の2,3匹どうってことないのですが、今はたまたま仕事が忙しく、掛け持ち4案件に翻弄していて・・・ 気持ちが入らず進まない作業もあったりで。
 
ブログ書いてる場合じゃないのですけれど(大汗) 
 
 
1週間前、とうとう片頭痛に歯痛。久々に歯医者さんに行ってきました。初めての先生でしたがものすごくパワフルでプロ意識満々!痛いのも忘れ圧倒されるように元気をもらって帰ってきました。本当のプロのすごさを感じました!田舎にもこういう先生がいるなんて、ありがたいです☆
 
 
さて、とらおの話に戻しますが、
とらおは順調に全部屋デビューを果たし、お留守番も完全フリーで過ごしています。
 
それでもやっぱり、私のそばにいたがり、パソコンに向かう今もすぐそばで寝そべっています。寝そべっているうちはいいのですが、食事をしているときはテーブルの上をうろうろ。
これにはちょっと参ります。
 
いちいち、とらおをテーブルから降ろすのも疲れてきたので、ひとひねりして、とらおの席を作ってやりました。
 
「とらちゃんはここね~」
 
20130412_22_15_28
 
 
すると、びっくりするくらい素直に、丸くなって落ち着くではありませんか☆
 
20130412_22_44_31
 
ちなみにこの激しい柄のベッドはジャスミンのもの。ジャスミン臭も安心するポイントだったのかもしれません。
 
 
満足げなとらお。
 
20130412_22_42_04
 
な~んだ~、こんな対策もあるんですね~ 食べたくてうろうろしてたわけじゃなかったのね。
 
20130412_22_45_03
 
歯医者さんにパワーをもらい、頭の固い私にも「発想の転換」ができました(笑) ちょっと前も煮詰まっていて、ラムひな母さんにいいアイディアもらいましたし。
 
コミュニケーションって、ありがたいです。
 
 
そんなこんなで、服だのマットだの歯磨き粉だのを食べてしまう とらおちゃん は、このままうちのコにすることにしました。だって、そんな変癖持ちのネコなんて貰い手ないもの。
 
本日を持ちまして、とらおの里親募集を終了させていただきます。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
 
 
とらおはいつの間にか、すっかり我が家の一員になっていました。
 
20130415_22_12_08
 
カーペットを引きちぎるアビー。今の隙に!と背中に乗るジャスミン。
おバカな2ワンに呆れて眠るとらお。
 
 
 
 
とらおは来月で1歳になります。とらおの本当の母さん猫はまたどこかで産んでいるのでしょうか・・・ 気になりつつも、何もできない・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月14日 (日)

クロちゃん、嫁入り!

昨日、クロちゃんを迎えてくださるというご家庭まで、片道2時間少々かけて送り届けてきました。

 
「里親募集」というのはなかなか大変なもので、ご希望いただいたご家庭までどんなに距離があろうとも、届けることが基本となります。
 
それはなぜなら「実験用」として転売されたり、虐待目的だったりすることがあるためです。たとえ、対面してそんな可能性はないとわかるご夫婦であっても、生き物を保護譲渡する人たちは、命への責任を果たすためにご自宅に届けなければなりません。
 
また、こんな特異な例も実際にありました。子犬をお届けに伺うと、足の踏み場もないほど物があふれたリビングで、小犬のトイレ・ベッドを置く場所がありませんでした。この時は子犬を10匹も保護していましたから、とっても迷いましたが、「片づけていただいてからまた連れてきます」と引き返してきました。それっきり連絡はありませんでしたから、連れ帰ってきて正解だったと胸をなでおろしました。
 
 
そんなわけで、どんな状況であっても届けることは無条件の必須事項となります。
 
今回、唯一心配なことは、先住犬ちゃんとうまくできるかな、という点でした。
 
いきなりご自宅に伺うことを避け、近くの公園で待ち合わせました。そこからみんなでゆったりとした気分でお話ししながら歩くと、2匹はゆっくり時間をかけて相手の様子を伺うことができたようで、特にぶつかることもなく、自然とお庭に入り、玄関からリビングに上がることができました。
 
先住犬のモカちゃんはかなりドキドキしながらも、パパママの顔を見ながら「いいの?いいの?」といった様子で次第に状況がわかり、自らもがんばって馴染もうとしていました。
 
20130413_19_37_17_1
 
とっても温かいご家庭で、お姉さん犬が大好きなクロちゃんにはぴったりの環境でした。ご近所さんも見に来てくださって、ワイワイ楽しい雰囲気がいっぱいとなりました。
クロちゃんは、そのスモーキーな毛色からチャコールグレーの「チャコちゃん」という名前をつけていただきました。
 
その日、私が帰った後、チャコちゃんは自らハウスに入って眠り、玄関のトイレシートの上でおしっこをしたそうです。「寝る場所はハウス」、「トイレは玄関のたたき部分のシートの上で」と、日々習慣づけてきた結果が出て、大変うれしく思いました。
 
今日も、2ワンの距離が縮まったとメールをいただき、私はもう嬉しくて、これまでの疲れが吹っ飛びました。
 
20130414_22_19_36_1
 
モカちゃんにとっても、クロちゃんにとっても幸せな時間が流れるようにならないと、家族になった意味がありませんからね。仲良くなれることが最優先です。
 
でももう、心配はいらないな~と感じます。
 
 
一足先に幸せを掴んだクロちゃんに続け!と、今日はちゃちゃんを譲渡会に連れて行きました。2日連続の遠出で疲れましたが、ちゃちゃんもがんばりました。たくさんの人に見てもらい、しっかりアピールしてきました。
 
20130414_14_55_18
 
残念ながらヒットする出会いはありませんでしたが、この先、またご縁があるかもしれません。
 
帰りの車中で爆睡のちゃちゃん。
 
20130414_17_22_53 
 
よく、車酔いするコの話を聞きますが、ちゃちゃんには無縁のようです。
 
クロちゃんが卒業した昨日、ちゃちゃんは、最初に家族が決まった「ここちゃん」のお宅にお泊りしました。久しぶりの姉妹との再会で楽しかったことでしょう。
 
今夜は初めてのひとり夜です。いま、きゅんきゅん鳴いていますが・・・どうなることやら。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年4月12日 (金)

世話係というより指導係

うちのジャスミンは来月5歳になる避妊済みの女の子ですが、自分が産んだわけじゃないのに、産んだこともないのに、これまで世話した子犬はなんと25頭!

私がどう接しているかをちゃんと観察し、「世話すべき相手」として認識しているようです。

「母性」というより、手厳しい「指導係」といった感じ (笑)

これまで、かなりのじゃじゃ馬ちゃんだったコも服従させてきました。なぜなら、ジャスミン自体が最強のじゃじゃ馬だから(汗)

20130406_6_57_59

20130406_6_58_05

20130406_6_58_35

20130406_6_57_47

20130406_6_57_50

 

急に走り出すとらおのことはつい、本能的に追いかけてしまうことがありますが、傷つけたことはありません。お気に入りのソファの背もたれも、時に譲る余裕もあります。

20130403_7_29_381

かなり不満げですが(笑)

 

明日土曜、クロちゃんは都内のお宅にトライアルに向かいます。先住犬ちゃんと仲良くできますように。

 

チャちゃんはまだ里親募集中です。

20130326_13_30_12

繰り返しになりますが、この子犬はとっても感受性が豊かです。一緒に山を登ったり、ジョギングしたり、ドッグスポーツを楽しんだりするにはもってこいの性格です。

まだ3か月前という月齢で「迷子」になる心配がないほど、私の動きをよく見ています。遊びに夢中になって離れることがありますが、呼べばすっ飛んできます。その反応の速さには目を見張ります。遊びと私を天秤にかけることなく、声のする方へ瞬時に猛ダッシュです。

そろそろ「おすわり」を覚えそうな勢いでもあります。

クロちゃんはいつもチャちゃんを頼りにしています。これからは先住犬ちゃんの後をついていくんだよ。 

20130406_6_57_22

 

土曜からチャちゃんだけになると思うと・・・ ちょっと憂鬱です(汗) 

 

遊び相手のクロちゃんがいないとなると、その役目をジャスミンと交代で果たさなくてはならなくなります。1匹減っても、世話が2分の1になるわけではないんですよね・・・とほほ。

ほんっと、ジャスミンが頼りです。

20130406_6_58_32

 

  

 

 

2013年4月 8日 (月)

すごいぞ、このトイレシーツ

小犬たちのおしっこは耐えがたい臭いです。1度排泄したシーツはすぐに取り換えないと狭い玄関ホールはすぐにおしっこ臭でいっぱいに。。。

20130403_8_26_31

 

仕事から帰ってきて玄関ドアを開けたときの ぷわ~ん・・・ は最強です (>_<) 

最近は「香り付き」なんてのも出ているんですね~。ちょいと買ってみたのですが、そのほのかな香りでおしっこ臭は消せるものではありませんでした。

20130401_20_34_48  

また、大きなシーツを使っているため、汚れた部分だけ切り取っていたら、中から吸収ポリマーというものなのか、砂粒のような細かい白い粉が出てきました。これがゼリー状に固まるのかな?なんて考えると、子犬の体には良くないように感じます。サークルから出しておくと破けたりもしますし。

20130403_9_00_38

 

何かいいものはないかと調べていたら、やっぱりありました。炭を使ったペットシーツが。しかし・・・お値段は3倍!

数分悩みましたが、臭いが減るなら・・・と、思い切って買ってみました。

さっそく使ってみると、すごい消臭力!!!ほとんど臭いが出てきません。期待以上です。

これなら、3,4回分のおしっこは問題ありません。お値段3倍でも使用枚数は3分の1ですから、同じ経費ってことになります。ごみ量が減る分、良品といえます!

いいものに出会えて良かった~!!
というわけで、お勧めします。「日優犬高松」さんで調べてみてください。手作り感いっぱいのサイトデザインです☆ リンクフリーかどうか記載が見当たらなかったのでアドレスは記載できず。15時までの注文で当日発送してくれます。

 

で・も。 破けたところから白い砂粒は出てきます。そこだけ残念。。。

 

 
 

2013年4月 7日 (日)

犬はやっぱり群れが好き

「土日は猛烈な嵐」との予報で、家事三昧にするぞ~ と決めていた昨日今日。今、茨城県には竜巻注意報が出ましたが、午前中の風はそこそこの強さ。気温が高く気持ちがよかったので、夫がいるときにしかできないことをやろう!ということで実践してみました。それは・・・

   「みーんなで、お散歩しよう!!」 

 

コンクリートの上を歩くこと、ハーネスや首輪をつけて歩くこと、みんなで同じ方向に進むこと。

小犬たちに自然に体験させるチャンスです。お散歩が大好きな時間になりますように。

私がアビーとジャスミンを連れ、夫に子犬たちを連れてもらいました。

子犬たちはハーネスが気になりつつも、計算通りアビーとジャスミンの後をついて楽しそうです。本当は飼い主に喜んでついてくるようにしないとだめなのですが、まあ、この段階ではそれほどあせらなくてもいいかなと。犬同士の触れ合いも大事な社会化の1つですからね。

で、調子が出てきたところで、記念撮影。うちは田園地帯のど真ん中にあり、まっすぐ伸びた農業用道路が主な散歩コース。いいでしょう~、広々していて!!

20130407_10_19_19

な~んだかとってもいい感じでしょう~☆

 

でも。この数秒後には・・・

20130407_10_17_08  

だらけた犬たち(笑) 立ち止まると、やっぱり首輪やハーネスが気になるようです。かわいそうですが、慣れてもらうしかありませんね。

 

ところでワクチンのことを少し書きます。

子犬たちが摂取したワクチンは5種混合です。ジステンバー、パルボ、アデノ1型(伝染性肝炎)、アデノ2型、パラインフルエンザが含まれていました。毎年感染の報告があるレプトスピラワクチンは含まれていません。レプトスピラは主にネズミや野生動物が保菌していて、人間を含む哺乳類に感染する病気だそうです。発熱・嘔吐・肝障害等々の症状が出て入院となり、毎年のように感染者が出ています。感染経路は保菌動物の尿。経皮あるいは経口感染するため、野生動物のいる田畑や洪水等に触れた場合はよく手洗いする等の注意が必要とのことです。・・・といっても手洗いうがいは日常の当たり前のことですよね。

人間の感染数情報はこちらから確認できます。

◎国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/leptospirosis-m/leptospirosis-iasrd.html

 

人間ではなく、犬の感染数はこちらから確認できます。

◎動物衛生研究所 家畜の監視伝染病(下段に発生数へのリンクがあります)

http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_fact/t16.html 

 

犬が感染するとどうなるかということも調べました。多くは元気消失程度。しかし重篤になるケースもあるそうです。自ら調子の悪さを訴えられない犬た ちの場合は、いかに飼い主さんが早期発見してあげられるかが重要ポイントですね。

ならば、ワクチンを打っておけば・・・となりますが、最近の研究では、レ プトスピラワクチンと他のワクチンを同時に打つのはかなり体に負担がかかるため別にしたほうがいいと言われているそうです。それを実践している動物病院も出てきていますが、残念ながら私の知る近隣の病院では、レプトスピラ単体でのワクチンを用意している病院はなさそうで、大体は5種+レプトスピラ(2または3種)を合わせた、7種混合か8種混合ワクチンが用意されています。

 

というわけで、どんなところで産まれて育ってどんな健康状態の母犬なのかがわからない子犬たちには負担の少ないよう5種にしたため、田畑の草むらには入れないよう注意しました。

 

ジャスミンは子犬たちの居場所をチェックしながら歩きます。さすが我が家のアルソック隊長です。アビーは「勘弁してよー」と嘆きながら歩きます(笑)

20130407_10_23_27

 

みんなで子犬たちがすくすく育つよう、がんばってます~☆

 

帰ってきた2匹はぐっすり。

20130407_10_54_13_2

 

かわいいですね~、本当に。

20130407_10_52_40  

 

もし私か誰かが世話をして里親探しをしなかったら・・・

おそらく、警察 → 動物指導センターに届けられたと思います。届けられるとどうなるかというと、茨城県の場合は月に一度、予約制の子犬譲渡会を行っており、健康であればそこに出されることになったでしょう。ただし確実ではありません。殺処分の可能性も残ります。

保護したのは3月22日で、3月5日の子犬譲渡会には間に合いませんでした。4月の子犬譲渡会の日程はまだきまっていませんでしたが、もし、近々予定があったとしたら、そこに出してもらい、決まらなかったら引き取る、なんて選択肢も可能なのかな?と後で思いつきました。どうなんでしょうね?今度問い合わせてみようと思います。

といっても、生後2,3か月の大事な時期は、センターの、想像するに無機質な飼育場所よりも家庭のぬくもりを感じさせてあげたいですよね。

 

動物指導センターが、一般市民が保護している犬猫も参加できる譲渡会を開いてくれるといいな~と願います。また、茨城県の譲渡は子犬限定のため、成犬も譲渡できるようになるといいですよね。といってもそれはとっても大変なようですが。

 

非道な人間の手で放置された犬猫がこの先も生きていけるよう、社会の仕組みが少しでも向上しますように。

 

昨日、注文していたバラが届いたので、庭木と合わせてアレンジを作ってみました。

20130407_11_58_10

私にとってお花を生ける時間はまるで、荒れたお肌に保湿クリームを塗る感じです(笑)

下手くそなので写真サイズを小さくしちゃったりして。

20130407_12_54_35

生けている時の集中がとてもここちよいので、お花好きな方はぜひやってみてください~

必要なものは、底の安定した器と、オアシスという名の給水スポンジと、お花だけ。

作った後は、自分が一番長くいる場所に置いて愛でまくります!私はパソコンコーナーに置きました。狭いスペースなので犬猫書籍の上に。どうか、とらおに荒らされませんように!

 

 

 

 
 

 

2013年4月 6日 (土)

初めての首輪&リード

もっと早くやるべきだったのですが・・・

 
昨日初めて首輪とリードを付け、庭や畑以外の場所を歩いてみました。
 
20130405_10_57_17
 
20130405_10_57_19
 
素直に歩いたり、反対方向に行こうと抵抗したり。
 
私と同じ方向を見て歩くことはできせんでしたが、踏ん張って留まったりはしないので、とっても楽なお散歩デビューだったのではないでしょうか♪ 
 
 
毎日の自宅と畑の行ったり来たりで、ドライブは小慣れてきました。ちーっとも鳴きませんし、遊んだあとの帰りは爆睡です。
到着してトランクを開けると、もう降りるスタンバイ。
 
20130405_10_53_21
 
なんでもすぐに覚えちゃうふたりでした♪
 
あ、ちなみに、ケージから出てくるのは、
 
必ず! チャちゃんが先です~(笑) 
 
 
 
 
 

2013年4月 5日 (金)

クロちゃん、初めてひとりな日

昨日、仮予約中のクロちゃんを置いて、チャちゃんは譲渡会へ行きました。

 
お留守番のクロちゃんは畑でちょっぴり寂しそう。
 
20130404_13_25_26
 
私にも相手にされないと、水たまりでバシャバシャし始めました(笑)
結構、「アタシを見て見て~!!」なタイプです。
 
20130404_13_21_13
 
「はいは~い。クロちゃんイイコね~」 なんて適当に声をかけていると・・・
 
ふて寝。。。
 
20130404_14_50_26
 
一日中、ちょっぴり元気のなかったクロちゃんでした。
 
 
チャちゃんのいる日はこんな感じなのにね。
 
20130405_14_58_30mini
 
畑周辺の人々からは
「カワイイ!カワイイ!たまらなーい!!」と注目を浴びてるふたりなのでした。 
 
 
 
 

2013年4月 3日 (水)

小犬たちのごはん

完全に趣味の領域となった私の犬猫手作りごはん。うちの犬猫たちのゴハンを手作り食にしてから、かれこれ4年半経ちます。

きっかけはジャスミンの皮膚病でしたが、勉強すればするほど安価なフードはあげられなくなってしまいました。病気に直結することがわかったからです。腎臓・肝臓・心臓が悪くて治療中のコは、それまで食べてきたフードのせいかもしれない、というのです。

犬2匹、猫6匹となった今はゴハン代がとても大変なのですが、まとめ買いしたり期限ぎりぎりになった奉仕品等を利用したりしながら、なるべく品質を保つようにしています。

少し前までは、里親になってくださる方がびっくりされないようにと、一般的に多く出回っているフードを選んでいました。時々手作り食をあげていましたが。

でも最近は、子犬子猫のために遠慮なく良質なものをあげよう!と思えるようになりました。

特に子犬子猫の場合は何を食べさせるか重要で、1歳前に食べたことのないものはそれ以降受け付けない傾向にあります。好み的にも、消化器系的にも。それでは病気になったときや、お好みのフードが販売終了になったら困りますね。

話はそれますが、つい先日、キャットフードにサルモネラ菌が検出されたということで大規模リコールとなっています。ご参考までに。
<ペットフード事件簿>さんがまとめて紹介してくださっています。
http://petfoods.blog99.fc2.com/blog-entry-194.html

 

変な話、野良犬猫としてたくましく捕食して生きてきた犬猫は、手作り食にすぐに馴染めることが多いです。肉の塊や骨付き肉も上手に食べられます。人工的に味付けされたものを知らないからです。

しかし、幼い頃から匂い付けされたドライフードや穀類主体のフードを与えられていた個体は、それ以外を食べられなくなってしまうことがあります。うちにもそういう猫が1匹います。半生のお肉を夢中になって食べるものの、体がびっくりして数分後に全部吐き出します。ドライフードに混ぜて少しずつ与えること2年半。ようやく吐かないようになってきましたが、分量がほんの少し多くなると吐くことがあります。0歳時代の食べ物がこんなことを引き起こすなんて、あまり重要視されていないけれど事実で、しかもそのコはまだ4歳にも関わらずかなりの歯肉炎が出ています。近々、治療を考えています。

日本のペット業界はものすごく遅れています。犬にはドッグフードしか与えちゃダメ、という発想が当たり前です。獣医さんですらそうです。偏ったドッグ/キャットフードを永遠と食べさせることが本当に体に良いのか、一歩引いて考えてみてもらえたらな~と思います。

とにかく手作り食でもドッグフード・キャットフードでも構いませんが、0歳児からチキン、ポーク、ビーフ、白身魚系、といった具合で、できるだけ経口寛容を広げておくことをお勧めします。

 

今回保護した子犬たちはというと、最初の10日はチキン系のグレインフリー(穀類なし)のドライフードをメインにあげてきました。ゴートミルクも少々。

20130331_13_07_28

 

半生の鳥胸肉や鹿肉をトッピングすることもあります。冷ました茹で汁も合わせて入れます。

20130331_19_59_21

 

そしてこれから先の1週間は、白身魚系とポーク系を2,3日交代であげようと思い、ポークのうまみたっぷりドライフードを注文しました。これには穀類(大麦・玄米・はと麦)が含まれています。

この↓ポークのドライフード「ライフ・メニュー」はショップさんのオリジナルで一般のペットショップ等では買えません。香りが良くて思わずつまんでべたくなります。国産豚肉の他にホエイや昆布が入っていたりします。「ザ・ニッポンの犬」と言う感じの子犬たちには合うんじゃないかな~と楽しみです。

20130403_10_45_08

そのフードが届き箱を開けると、なんとフィッシュ4ドッグのサンプル袋がたくさん入っていました。

20130402_23_33_51

いつもいつもご支援いただいて、本当にありがたいです。こんなときは心の底から

「みんなで救う命なんだな」

と感じます。世話の大変さも忘れ、「やった~!良いゴハンをあげられる~♪♪♪」と心ウキウキしてしまいます。

20130402_23_35_37

サーモンやタラが55%も入っているドライフード。高額なので自分ではまず買えません・・・

とってもよろこんで食べています。

20130331_20_00_27

くろちゃんは味わって食べる派です(笑)
ゆっくり食べることはいいことです。このままのペースで育ってほしいな~

 

20130331_20_00_32

ちゃちゃんは食べてる時も話しかけると尻尾を振ります。神経が研ぎ澄まされています・・・大丈夫かなー、そんなあちこちアンテナ張っちゃって。。。

「反応が良すぎて心配」なんて贅沢な悩みかしら。

 

 

 

 

 

2013年4月 2日 (火)

初ワクチン接種とトイレトレーニング

よく考えてみたら、先住犬のいるお宅にワクチン未接種でお届けするのもご迷惑かと気が付き、くろちゃんご希望のお宅に2週間後に向かうのはちょうどよく、グッドタイミング!なのでした。運命ってあるんだな♪とにっこり・ほっこりします。 
 
と、いうわけで、もう少し先でもいいかなーと思っていたワクチンを接種してきました。
 
5種混合ワクチン ¥7,350 × 2匹 
 
ちょうどジャスミンの検査もあったので、3匹まとめて病院へ。しかし診察がすべて終わると、持ち金足りず(恥!) 時間の節約をしたつもりが後日支払いに行かねばならなくなってしまいました。あ~ぁ、間抜けな私。
 
待合室ではちゃちゃんがゴールデンレトリバーに猛烈吠えて牙向いて歯向かってくれました・・・先が思いやられます。あちこち連れて行って「場慣れ」させなきゃだめかしら。
 
ワクチンの副作用もなく、まったり遊びながらその後はぐっすり寝ています。
 
 
さて、トイレトレーニングの進捗報告です。
 
まず最初の3日間は、サークル内全面にトイレシーツを敷いていました。
 

20130328_6_29_53

 
 
次に、2日間トイレを設置してみました。足裏の感触がわかりやすいよう、シーツは3枚重ねです。ちょっとふんわりしています。この間、トイレ以外でしたのは1回だけで、あとの5,6回はトイレ内でできました!
 
20130328_6_30_25
 
 
 
失敗がなくなったので、ベッドを置いてやりました。ベッド内でしたことは1度もありません。覚えの早さにびっくりします。
 
20130328_6_30_49
 
 
そして保護から今日で12日目。サークル内のお手入れは、トイレシーツを変えるくらいで済むようになりました。
 
20130329_16_24_40
 
 
サークルの外は、一部を除いてシーツを敷き詰めています。これは、「シーツトレーニング」といってもよいくらいで、とにかく土のない場所ではシーツの上でするようにしつけたいからです。
 
シーツのない場所でしてしまったのは保護日から4日目くらいまでです。今はこうしてちゃんとできます。
 
20130401_20_39_55
 
おしっこ中は「ワンツー、ワンツー」・・・ではなく、「といれっ、といれ」と声をかけています。シーツの上で「といれっ」と言われたら排泄する、というトレーニングをしたいわけですが、果たしてうまくいくかどうか、まったくもって自信がありません(汗)
 
ちゃちゃんは割とがまんせずにシーツの上でしますが、くろちゃんは庭でしたがります。写真のように「おにわ出たーい!」と調子よく甘えてきます(笑)
 
20130402_13_45_34  
 
 
ワクチン未接種だからといって外に出さなかったジャスミンがトイレを覚えたのは1歳近くでした。ネコが寝た場所にことごとく排泄してくれて参りました。でも根気よくがんばったおかげで、留守中のおしっこはもちろん、下痢なども室内トイレでしてくれるので助かります。だからこそ、この子犬たちにもなんとか「シーツdeトイレ」を覚えてもらいたい!
 
適度にがんばりま~す!
 
明日は、この子犬たちのゴハンのことを書こうと思います。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。