« 玄関ホールを卒業 | トップページ | 保護プロセス »

2013年5月27日 (月)

食欲出てきました

猫の食事の好き嫌いって本当にやっかいです(笑)

 
黒太郎は、ドライ食べず、生肉食べず、ゆで肉食べず、ツナ系猫缶大好き というタイプ。
 
しかし、そればかりをあげていたら、栄養の偏りが出たり、災害時に困りますし、病気のときはもっと困ります。
 
どうしたらドライを食べるのか。。。
 
というわけでこの数日あれこれ実験してみました。
 
まずは定番の、ドライの上にツナのっけ。・・・ツナだけ食べました。
 
次に、ドライとツナを混ぜ混ぜ。・・・3分の1くらいだけ食べました。
 
茹でた鶏ささみに、軟骨を小さく切ってあげました。・・・半分くらい食べました。軟骨は「ヤゲン」を使いました。ヤゲンだけはお好みのようで完食。
 
 
うーむ。。。どうしてこうも細食なのか。なにが気に入らないのか。 
 
 
このままでは栄養不足になるので、困ったときの「ビオ ベテリナリー キャット」をドライにかけてあげました。
 
20130526_12_21_01
 
ビオベテリナリーはトロッとした液体で、「高嗜好性食品」です。犬用と猫用があります。
 
緊張や体調不良で食が細くなったコには、最後の手段!ということで、いつもこれを与えると良く食べます。
 
ビオだけでもいいですし、他の食品に混ぜてもOK。 amazonで買えます。
 
 
今回はドライを食べてもらいたいので、ドライにかけてみました。
 
20130526_12_31_53_2
 
すると、モリモリ食べ、ほぼ完食!!
 
のびーーっとして、満足げ。
 
20130526_12_34_03
 
 
これできっとドライフードの魅力を感じてもらえたに違いない!!
 
 
ということで、この次のごはんは、
 
 
ドライにツナ系ウェットを混ぜ混ぜ。
そして、一工夫。お水を少々加えました。ドライにツナ味がよく絡んだようです。
黒太郎、完食しました~☆
 
 
安心したところで、もう一ネタ(笑)
 
今夜は犬たちに初めて魚の豆アジを「生のまま」あげてみました。
 
20130527_20_51_29
 
よく食べたので、今度は猫たちにも試したいと思います。
 
豆アジの下ごしらえはこんな感じです。
 
20130527_20_05_06
 
キッチンばさみで頭を切り落とし、内臓を取り、
小さめサイズはぜいご(尻尾付近の固いウロコ)を取って小型犬のジャスミンに、
大きめサイズはぜいごは取らずに中大型犬のアビーに。
 
アジは骨が硬いので丸ごと与えるのはやめたほうがいいと思いますが、豆アジだといいみたいです。
 
 
 
 
 
 
 

« 玄関ホールを卒業 | トップページ | 保護プロセス »

黒太郎(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食欲出てきました:

« 玄関ホールを卒業 | トップページ | 保護プロセス »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。