« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

ついに抱っこ!

嬉しいことがありました。

うちに来てから2年と2ヶ月の志麻ちゃん。
抱っこどころか、キャリーバッグに入ってもらうことすら至難の技だったのですが、今朝、初めて抱っこすることができました!


1372339386094.jpg

1372339387103.jpg

リラックスというわけにはいきませんでしたが、数十秒も持ち上げることができました。

きっとこれは、とらお効果だと思います。

なんの抵抗もなく私に寄り添うとらおを見て、志麻が安堵感を持ってくれたと。

これを気にもっともっと友好的になるといいな〜と願います。

2013年6月24日 (月)

みんな元気で嬉しいです!(わんこ編)

里親になってくださった皆さまから時々お便りをいただきます。

 
返信が遅れてしまうことが多々あるのですが、
実はものすごく嬉しくて、ありがたくて、気の利いた言葉でお返事しようと思うと
まとまった時間のある時に・・・と構えてしまい、
結果的にお返事が遅れてしまうという・・・悪循環に陥ることが多く・・・
 
・・・どうかお許しを。
そしてまたどうぞお便りいただけますと大変嬉しく思います。
 
 
せっかくなので、皆さまからいただきました元気でカワイイ写真を、
アップさせていただきます!
 
★ わんこ編です ★
まずは2012年1月保護の5兄妹から。
大人気だった「テン君」(タロ)と、妹「レンちゃん」(もじゃ子)
兄妹仲良しな感じが伝わってきます。
 
20130624_10_08_38
 
この子たちの兄妹「ルルちゃん」(チャミ)とは直接会うことができました。
毎年夏に、遥々埼玉県からつくばに遊びに来てくれて、
尻尾を振ってそばにきてくれます。
もうかわいくて、眺めすぎているうちに写真を撮り忘れました・・・
ゴメンナサイ(+_+) 
兄妹で会えるといいね。
 
 
 
お次は、つい最近保護の「チャコちゃん」(クロちゃん)と「ココちゃん」。
こちらも、ルルちゃんと同じ日にブルーベリー園に来てくれました。
Photo
 
姉妹同士、遠慮なく遊ぶ元気な2ワン。
比較的小さなチャコちゃんはママに助けを求めている様子。
奥であっけにとられているのは、チャコ姉のモカちゃん。
 
 
まだうちに居るときはこの畑でたくさん遊んだチャコちゃん。
まだ花が咲いてる頃でした。接ぎ木した枝をかじっちゃったり、
近くに捨てられたお弁当の残飯を食べちゃったり。
楽しい思い出です。
 
「こんな美味しいもの、あったっけー??」と思ったことでしょう(笑)
ブルーベリーをパクパク食べたそうです。
 
Photo_2
 
 
その姉妹、ちゃーちゃんは来れなかったのですが、
凛々しい表情の写真をいただきました。
天真爛漫なところは変わらずだそうです。
 
20130513_16_59_44
 
 
みんな元気に育ってね!
 
里親の皆さま、深く感謝申し上げます。
 
 
次回はにゃんこ編です!
 
 
 
 

2013年6月23日 (日)

再び里親募集中!

黒太郎のお見合いがキャンセルとなりました。
理由は「家族の都合」だそうです。

里親を希望される際は、ご家族同意のうえ、迎え入れる準備が整ってからお申し出いただきたいものです。

里親募集の広報をストップしていた二週間が本当にもったいないです…

休みゼロとなる7月までに里親さんを探したかった都合があっただけに、やるせない気持ちになります。

もう6月の譲渡会には参加できませんし、7,8月も日曜はすべて仕事で参加できず。


なんだか、がっかり…


色々な意味で…本当にがっかりです。

これまでも何度か似たようなことはありました。
トライアル中にご家族が病気になり治療費が必要だからとキャンセルになったり、ご家族誰かの同意が得られずトライアルだけで終わったり…

「トライアル」というのは、その犬や猫が環境に馴染めるかを見極めるための期間であり、家族全員が気に入るかどうかのお試し期間ではないのです。

譲渡会での面談アンケートに「ご家族全員の同意は得られていますか」という項目があります。そこに「はい」の回答がないと里親にはなれません。


よく遊ぶようになってきた黒太郎。
色々と遠慮していたのかもしれませんね。
健気です。

1371994087444.jpg



2013年6月20日 (木)

活発に

黒太郎、活発になってきました!なんだかほっとします。

 
キッカーが大好き。
 
20130617_9_23_27
 
 
 
やっぱり貫禄があるようで、とらおがびびりまくりです(笑)
 
20130617_9_18_45
 
 
少食で心配でしたが、だんだん食べるようになってきました。
 
20130612_23_36_05
 
ちょっと今、私が猛烈忙しいため、元気ですよ~!のご報告のみになりますが。。。
 
来週水曜、黒太郎、お見合い予定です。 
 
 
 
 
 

2013年6月12日 (水)

「おとなしい」は「気弱」ではない

私のネコ史上、最もおとなしい黒太郎。お目目の色に合わせてグリーンの首輪をしたら、なんの抵抗もなく付けています。これには驚きました。首輪は慣れるまで100%嫌がるものだと思っていたので。

 
こんなにおとなしい黒太郎に対し、あまりに志麻ちゃんが怒ってばかりなので、いったん元の個室に戻しました。
 
そして。「とらお」を投入。初めてフリーで触れ合う2ニャン。
 
20130610_21_57_50
 
 
最初のうちはいい感じで接していたのに突然、黒太郎がとらおの首に飛びかかり噛みつきました。
 
とらおのアンダーコートが、ちょっぴり抜けました。ビビったとらお。(私も焦りました)
 
20130610_21_58_48
 
 
この後、黒太郎がちょっと近づくだけで、弱虫とらおは「シャー」を連発してしまいました。
 
志麻ちゃんはこの黒太郎の性質を見抜いて怒っていたのか???
 
 
仲良くやってくれると思っていたのに残念です。
 
最初だけかもしれませんが。
 
 
 
嫌な思いが残らないように、2匹を離しました。
 
 
黒太郎、けっこう気が強いことがわかりました。。。
 
静かなボスになりそうな貫禄さえ感じ。。。
 
 
ビビっちゃったとらお。緊張顔が取れないまま、志麻ルームに移動。
 
2013069_8mini
 
 
とらおは、うちの古株「ミュウ」と「ブーレ」にも怒られてばかりです・・・
 
 
とらおは元気いっぱい、よく走り回るコですが「気弱」なのかもしれません。
 
おとなしくて「気強い」黒太郎と正反対なのかもね。 
 
 
 
 
★只今、黒太郎にお見合い希望のお話が入っております★
 
 
 
 

2013年6月 8日 (土)

黒太郎を志麻ルームに

黒太郎、夫の書斎から志麻ルームの3段ケージに引っ越しました。

 
(追記)保護してからまだ1ヶ月なので、猫エイズキャリアの可能性は残ります。「陰性」と出ても、猫エイズの場合は2ヶ月見たほうがいいそうなので。もしキャリアだった場合、感染経路は血液や唾液なので、取っ組み合いのケンカを避けるように配慮しなければならず、そのために3段ケージに入れたわけです。

 
1か月前、風ちゃんとしずくちゃんが嫁入りし、ひとりになった志麻ちゃんが寂しいだろうと「とらお」を志麻ルームに入れたところ、志麻ちゃんは「とらお」をすんなり受け入れ、またとらおも志麻ちゃんとならホッとするようで、あっさりルームメイトになった2ニャン。
 
部屋を締切りにしても、夜通し2匹だけにしても、喧嘩なく、穏やかに過ごす日々が続いています。
 
 
そこへ黒太郎の登場。
あまり心配していませんでしたが、すんなり受け入れたのはとらおだけでした。 
 
20130607_8_16_54  
 
お互いに興味津々の、とらお & 黒太郎。
 
20130607_8_21_34
 
黒太郎のほうがちょっと気が強いようで、とらおは近づきすぎて何度かパンチされました。
それでもとらおはへっちゃらのようで、黒太郎にとーっても興味がある様子。
 
 
一方、志麻ちゃんはおろおろ。へっぴり腰で困った様子です。
 
20130607_8_22_38
 
黒太郎を正面から観察、いや「監視」でき、かつ最も距離を保てる位置に座り込みました。
 
20130607_8_26_04  
 
 
黒太郎は志麻ちゃんの「睨み」に気づかないふり。
 
20130607_8_47_39
 
おもちゃにじゃれて遊ぶ黒太郎を、見上げるとらお。
 
おもちゃにも、黒太郎にも興味津々。
 
20130607_8_48_20
 
しばらく放っておき、また様子を見に行ってみると、志麻は同じ位置で、体制を変えただけでした。
 
20130607_20_26_55
 
この日の夕食は食べなかった志麻。翌朝はモリモリ食べましたが。
 
そして定期的に唸る志麻ちゃん。
低い声で「うー・・・」と唸ったり、「きゃぉぉー」と叫んだりします。
 
 
その声に犬たちも反応し、特にアビーはイチイチ吠えます。疲れているのにぎゃんぎゃん吠えられてイラッ!としますが、おそらく3日の辛抱です。3日過ぎれば落ち着くはず。
 
 
なぜ志麻ねえさんが怒っているのかわからない黒太郎。
 
20130607_20_32_00
 
もう少しの辛抱です。すぐに慣れると思います。
 
「うー」でも「シャー」でも「きゃぉぉー」でも、私がしらんぷりしていれば、アビー以外の犬猫たちは強い反応を示しません。
 
だいじょうぶ、だいじょうぶ。 すぐに仲良くできるから。
 
 
環境の変化に一生懸命にがんばっている黒太郎ちゃん。里親募集中です!!  
 
 
 
 
 
 

2013年6月 5日 (水)

黒太郎、去勢手術とあれこれ検査が終わりました

玄関ドアの前でニャアと鳴いていた黒太郎を保護してから、あっという間に4週間が経ちました。

 
迷子登録した動物指導センターから問い合わせがないため、昨日動物病院にて、去勢手術をお願いしました。
 
 <女の子みたいに愛らしい丸顔の黒太郎> 
20130605_22_28_29
 
 
手術は無事に終了。「問題があったときのみ連絡します」という病院が多い中、麻酔から覚めると「無事に終わって、麻酔から覚めました」と電話をくださる心優しい先生には本当に感謝しています。
 
手術の前に採血していただき、猫白血病(FeLV)および猫エイズ(FIV)の検査と、内臓のレントゲンと血液検査をしていただきました。そして検便と、気になっていた口臭の原因についても調べていただきました。
 
結果は次の通りです。
 
 
●去勢手術、無事終了! 【6,000円】
 
●猫白血病(FeLV)および猫エイズ(FIV)、共に陰性! 【4,000円】
 
●生化学検査(内臓系)、異常なし! (白血球が少なめ) 【6,000円】
 
●内臓レントゲン検査、異常なし! 【2,000円】
 
●検便、異常なし! 【0円】
 
●口臭・・・歯周病 (+_+)  麻酔中に歯石除去 【6,000円】
 
<血液検査 結果>
20130605_23_33_08
 
 
というわけで、歯周病以外、健康体が証明された黒太郎。
 
 
さっそく「いつ里」へ掲載依頼したので、明日には載せていただけるかと思います。
 
 <じゃらし棒に注目するも、すぐに飛びかかってこないおっとりさん> 
20130605_22_27_21_225x300
 
 
これからは黒太郎を家族の一員として迎えてくださるご家庭を探すことに力を注ぎます。
 
 <とにかく抱っこされていれば幸せ~の黒太郎>  
20130605_22_31_58
 
 
それと同時に、次の課題に着手しようと思います。
 
●猫の歯周病に関するお勉強と対策
●ゴハンをモリモリ食べさせるには
●寂しがりんぼ故、他のネコたち(犬たち?)との接触
 
 
 
ところで。
最近、とらおと志麻ちゃんが仲良しです。シマシマ同士、かわいらしいです。
近いうちに写真と一緒にアップしますー。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年6月 1日 (土)

保護プロセス

黒太郎を保護してから、そろそろ4週間が経とうとしています。

 
近所の迷子かと思っていましたが、もうその線は薄いでしょう。
瓜実条虫がいたということは、少なくても1ヶ月はお外生活でノミが付いていたはずです。
 
また、両方の耳先にはダニアレルギーのようなブツブツができていました。
 
20130601_8_52_25
 
 
辛い生活で不健康になってしまったのか、あるいは体質なのか若いのに口臭があり、歯茎をちょっと触ったら出血しました。歯肉炎またはその他の原因が考えられるそうです。
 
 
そんな黒太郎の保護プロセスをまとめておきたいと思います。
これからネコさんを保護してしまう可能性がある方の、良くも悪くも参考になればと思います。
 
 
★保護しようと決断したときの対処
 
・食事を与えてみて、よく食べるか、攻撃性はどんな程度か、吐いたりしないかを観察。
 
・家に入れたら即ケージに。ケージにはペットシーツを敷き詰めておく。
 
・食欲があって元気そうならノミダニ駆除剤、たとえばレボリューションを滴下。駆除剤は強いため、具合が悪そうなコには使わない方がよい。
 
 ※できれば家に入れる前に動物病院へ連れて行く。キャリーケースか小さな空気穴を作った段ボール箱に入れてしっかりふたをすること。運転中に入れ物から出てしまうとかなり厄介になるため。
 
 ※簡単な健康診断をしてもらい、ノミがいそうならその場でレボリューションを頼めばgood。
 
20130601_8mini
 
 
・翌日、ケージ内にノミが落ちたと思われるため、シートをそっと取り出し、丁寧に丸めて廃棄。 ・3日後、便持参で病院へ。年齢と性別、避妊の有無、便検査。
 
・2週間後、瓜実条虫を発見。駆除のため、病院処方のドロンタールを飲ませる。
  ※瓜実条虫は小さいうちは顕微鏡で見えにくいため、便検査で発見できないことが多い。
 
 
・3週間後、3種混合ワクチン接種。保護直前に接種している可能性もゼロではないと考え、3週間後とした。
 
・4週間後、去勢手術予定。合わせて、血液検査で内臓系と、猫白血病と猫エイズチェックを予定。猫白血病は感染後から検査に現れるまで4週間かかることがあるため。さらに、口臭の原因も探っていただく。
 
 
・手術が済んで回復したら里親募集開始!  また、便検査も忘れずに。必要に応じてドロンタールを。
 
 
以上です。 保護犬猫の手術までのプロセスは判断が分かれる部分でもあります。 個体の状況により大きく変わるでしょう。 一番は獣医さんの指示ですが、中にはお願いしたことしかやってくれない人もいますので、ある程度の知識は持っていたいものです。
 
猫保護ベテランさんがいらしたら、私の不適格な対応があれば教えてくださるとありがたいです。
 
 
黒太郎、かなり甘えるようになりました。一人ぼっちが苦手なタイプのようです。
 
20130529_12_06_01
 
 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。