« さあ、困りました… | トップページ | まだ治ってなかった… »

2013年7月 3日 (水)

志麻に診察券

無事に、志麻ちゃんを病院へ連れて行くことができました。

 
キャリーケースを志麻ルームに運ぶと、とらおと競うように中に入ってくれたので、そっと扉を閉めました。
 
以前は洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れたせいか、大暴れし、怖いくらいだったのですが、今日はネットに入れずにやってみたところ、静かにしていました。
 
ホッとして病院へ。
 
受付で
 「今日はうちのコです〜。でも、激しいので私でも思うようにできません(笑)無理のない範囲で診ていただければと」
 
と言うと、 「は〜い」と笑う先生たち。
 
お名前は?ひらがな?カタカナ? と聞かれ、 岩下志麻の「志麻」です〜、迫力満点で怖いから〜
 
 
と答えると大笑い。お顔はカワイイのにぃーと。
 
いやいや、笑えないんですよ、 すでに小さく唸ってますから…  ^^;
 
診察室の各扉をしっかり閉めてもらい、キャリーケースの中にいるまま、触診してもらいました。  
 
この時はおとなしくしていた志麻ねえさん。 複雑骨折しているほど腫れてはいないということでした。
 
いけそうな気もしないでもない…と、先生がキャリーからゆーっくりと志麻を出した瞬間、激しく暴れたので急いでキャリーに戻した先生。
 
大正解。
 
これを失敗すると、興奮した猫は狭い診察室を縦横無尽に飛び回るので、怪我人が出ます。
 
暴れたとき、肛門線からくちゃいのが出たので、志麻はかなり力が入ったようでした。
 
結局、最初の触診のみとなり、外傷か骨折かはわからず、両方の可能性を考え、抗生剤、炎症剤、痛み止めを粉にしてもらい、初めての診察券を受け取って帰ってきました。
 
 
志麻ちゃん、3歳目前にして、初めての診察券。
 
次に使うのはいつかなぁ〜…
 
  帰るととらおがまとわりつくため、三段ケージに逃げ込んだ志麻。疲れた様子でした。
 
    1372854192606.jpg
 
夜のゴハンに薬を混ぜたところ、抵抗なくたべました。
 
一安心。 どうか早く治りますように。
 
 

« さあ、困りました… | トップページ | まだ治ってなかった… »

福島被災犬猫たち1(決定)」カテゴリの記事

4.病気のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志麻に診察券:

« さあ、困りました… | トップページ | まだ治ってなかった… »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。