« 手作りごはんにしました | トップページ | 尿路結石・黒太郎の治療内容 »

2013年7月25日 (木)

風ちゃんとしずくちゃんの様子

人慣れがいまひとつだったにも関わらず、今年5月に里親さんが現れ、最高に愛され可愛がられている風ちゃんとしずくちゃん(今はしーちゃん)。

 
それぞれのママさんたちが定期的に写真とお便りをお送りくださっています。
 
本当に嬉しいです。
 
風ちゃんは美形ゆえに笑えちゃう、コミカルな可愛さがあり、ママを虜にしているようです。
 
   1374762828849.jpg
 
宅配便が来たときに隠れたという、風ちゃん。
 
    1374762830144.jpg
まるで探偵のように、様子を伺っています(笑)
 
彼女なりに色々考えているのでしょうね!
 
すでにオトナ猫。落ち着いている風ちゃんなので、抱っこできない以外はおイタもなく、問題ゼロだそうです。お膝に乗るのも時間の問題でしょう!
 
 
元「しずく」のしーちゃんは、手足が長いモデル体型なのにぶきっちょさん(笑)
 
だから、仕草がものすごく可愛らしい!
毎朝ママと階段を一緒に降りてゴハンを催促するそうです。
 
    1374762831149.jpg
 
かくれんぼも得意。
 
   1374762832377.jpg
 
な、な、なんと、さっぱりするようにと、お風呂に入れたそうですよ。
 
驚き!チャレンジャーなママさんです(笑)
 
2にゃんともまだ抱っこはできないそうですが、ママさんたちのあたたかいお気持ちがゆっくりゆっくり通じ始めていて、少しずつ確実に距離を縮めているようです。
 
素敵な出会いに恵まれてとてもとても嬉しく、「カワイイ!本当にカワイイ!」とお便りをくださるママさんたちに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
夫も「あのしーちゃんがねぇ!」「えー?!あの風ちゃんがっ!?ほぉ〜(^^)」と驚いて感心ばかりです。
 
我が家での保護猫たちは個室生活。
人の生活空間とは少々隔離されています。
 
たとえばキッチンを知らなかったり、人が顔を洗ったり歯磨きしたりも見たことがないし、一緒に寝ることも未経験だったりします。
 
ですから、新しい、真のおうちに引っ越してから初めて「家猫」として人との生活が始まる感じです。
 
だからこそ、この上ない愛情で猫たちのペースに合わせて接してくださるような里親さんを探すことは、まるで結婚相手を探すよう 
 
 
一生守ってくださる人にそのコをお願いしたいと、常に思っています。
 
無理してでも保護しようと決断できるのは、その先に、リレーのようにバトンタッチできる人がきっといるはずと思うから。
 
幸せになっているみんなに続け!と、期待を持って保護しています。
 
これまで、人慣れ不十分なネコちゃんたちの里親になってくださった皆さまの努力に、深く深ーく感謝申し上げます。
 
それは保護することより時間がかかり、気遣いも必要なことだから。
 
その時間のかかる大変な毎日を過ごしながらも、「うちの○○ちゃんがね、」とお便りをいただくと、もう、じわーっと感涙。
 
そして今、考えていることがあります。
春に捕まえて避妊後リリースした「ミーナ」のこと。
 
その後、ゴハンをあげ続けていますが、冬が来る前に捕まえて「家猫」にしたいなと。
 
いまは、こんな状況で私の職場周辺で暮らしていますが、遠目にしか会えません。
 
人の姿を見るだけで走って逃げます。
 
  1374762833606.jpg
 
このまま自由がいいか、最初は少し怖い思いをさせるだろうけれど家猫がいいか、どっちなんだろうね。
 
 

« 手作りごはんにしました | トップページ | 尿路結石・黒太郎の治療内容 »

風ちゃん(決定)」カテゴリの記事

しずく(決定)」カテゴリの記事

ミーナ(募集終了)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風ちゃんとしずくちゃんの様子:

« 手作りごはんにしました | トップページ | 尿路結石・黒太郎の治療内容 »

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。