« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

使い古しタオルを集めています

今日はお願いがあります。

 
私は時々、猫カフェに行くのですが、 その猫カフェにお掃除用タオルを持って行きたいのです。
 
作り方は簡単。
 
使い古しのタオルを10センチ四方にカットするだけ。
 
 
     1380463276789.jpg
 
大きさは大体で構いません。
 
正方形じゃなくて長方形になってしまってもOKです。
 
 
見慣れないことをするとみんにゃが集まってきて、インスタント猫カフェになりました(笑)
 
  1380463278680.jpg
 
 
ちょっと話したら、さっそくルナママが届けてくれました。
 
カット済みで美しく揃えてあります。
 
 
さすがっ!お裁縫の達人!
 
 
叔母もタオルを届けてくれました。
 
さすが昭和初期の人。タオルが透け透け。
 
薄~くなってます(笑)
 
でもいいんです、そういうもので。
1380463279294.jpg
 
 
この箱いっぱいになったら発送したいと思いますが、なかなか溜まりません…
 
 
さて、なぜこんなに必要か、きちんとご説明いたします。
 
そこにいる猫たちは、動物指導センターに処分依頼で持ち込まれた子猫や成猫たちです。
できる限り殺さずに里親さんと引き合わせようと、「保護猫カフェ」ができました。
場所は複数ありますが、合わせるとケージ数はたぶん300以上。
 
だいたい満室のようですが、猫ちゃんに赤い糸が見つかりケージが空けば、また新しく引き取り続けているそうです。
 
 
不安で下痢が続くコ、
好きなごはんがなかなか見つからなくてこぼしてばかりのコ、
静かな場所が好きなのに周りが騒がしくて怒ってばかりのコ、
全盲のコや3本脚のコ、
ママが恋しくて鳴いてばかりのコ。
 
 
そんなコたちはハウス内を汚すことがよくあります。
 
汚れたらすぐにキレイにしてやります。
 
だから、毎日毎日少なくても100枚くらいは使ってしまいます。
 
そしてお掃除タオルは使い捨てです。
 
10センチ四方の小さなお掃除タオルは、両面しっかり汚れを掴んでお役目を果たします。
 
「保護猫カフェ」に行くといつもきれいにされていて、さぞ支援者がたくさんいるだろうと思いましたが、そうでもないようで、先週行った際に「お掃除タオルが足りなくて。使い古しのタオルがあったら使わせてください」と言われました。
 
そんなことで保護猫みんにゃが快適になれるなら、夜なべしてでもチョキチョキするよ!と張り切りましたが、すぐに手が痛くなり… 結局コツコツやるしかないようです。
 
また、いつもいつもタオルが使い古されるはずもないので(笑)、できるだけ多くの人に少しずつご協力いただくのが賢明だと思いまして、ブログでお願いすることにしました。
 
使い古しタオルのご寄付をお願いします!
 
そしてできれば、10センチ角に切っていただけると助かります。
 
切る時間がない方は私が切りますので、そのままでも構いません。
 
切れそうな裁ちばさみをAmazonで注文したところなので。
 
ミーナも膝上で応援してくれてます(笑)あったかいな
1380463279984.jpg
 
お近くの方はいただきに伺います。 遠方の方はご相談させてください。
 
直接、保護猫カフェに送ってもいいかを聞いてみます。
 
それでは、ご協力をお願い致します。
 
 

腎臓の機能低下を防ぐには

腎臓病の一歩手前という検査結果を受けて、ミーナの腎臓機能をこれ以上低下させないためにはどうしたらよいだろうかと…最近そればかり…

1380410079407.jpg
☆急に寒くなったので着古しのニットを重ねて入れてやりました。


まず現状をよく把握すると、
血液検査による「クレアチニン」の数値は、

8/20 1.7mg/dl
9/17 1.1mg/dl

でした。

2回連続 1.6 以上が出て、さらに尿検査でいくつかの症状が当てはまると「慢性腎臓病」と診断され、療法食を勧められるそうです。

じゃあ「クレアチニン」って何?と思い、調べてみました。

クレアチニンは体内の老廃物のひとつで、健康ならば腎臓でろ過されて尿と共に排出されるんだそうです。

でも、腎臓の機能低下により腎臓でろ過しきれず体内に回ってしまうと、血液検査で異常値が出る仕組み。

しかし初期の段階は目立った症状がほとんどないため異常に気付かず、食欲不振等で病院へ駆け込むと、いきなり「腎不全」と診断されることが多いようです。腎不全は4分の3以上機能しなくなった状態だそうです。

腎臓病の資料を色々読んでみると、60%程度進行してから症状が現れるんだそう。多飲多尿に始まり、食欲不振、嘔吐など。

ミーナは初期の段階で気がついたので、ある意味ラッキーでした。

そういうわけで、腎不全に近づけないようにする為には、腎臓の残っている部分に負担をかけない食事と環境を与えてやり、残っている機能を長持ちさせることが重要です。


腎臓病の療法食は、

「リンとマグネシウムとたんぱく質を抑えること」

だそうです。

1380410080136.jpg


しかし、肉食の猫にたんぱく質を減らせというのはかなり厳しいです。ならば魚を増やすかと思ったら、お肉よりリンやマグネシウムが多いようです。

1380410081050.jpg
☆何かあったときに参考にします


ただ、ミーナの場合は、まだ、尿検査はしていないので「おそらく」ですが、初期の段階です。

ある文献によると、末期でない限り、良質なたんぱく質はむしろ必要で、水分をたくさん取ることと、リンやマグネシウムを抑えることが重要だとありました。

確かに1ヶ月で、ミーナのクレアチニン値は下がりました。食べさせた物は他の猫たちと同じです。気をつけたことは、トイレ回数が1日6〜8回あったので水分が足りないのかもと思い、ごはんにお水を足したことくらい。

1380410081771.jpg


☆手前は黒太郎分。奥がミーナ分。
黒太郎の夜ごはんには、排尿を助けるクランベリーサプリメントを入れます。赤色の粉がそうです。



そう考えると、食事内容の抜本的改善は不要ではないか?と考えてしまいます。

リンやマグネシウムを取りすぎないよう意識してやるだけで、残っている腎臓機能に負担をかけにくい食事になるのでは…

保護前にあげていたごはんは、ドライフードにパウチのウェットをかけていました。水分補給のためです。

パウチはどこにでもあるものを使いましたが、ドライはうちのコたちと変わらない良質なものをできるだけあげていました。

それでも腎臓を悪くしたのは除草剤などの薬剤が原因と思われ、解毒できなかったのはミーナが虚弱体質ゆえ…または水分が足りなかったか…その辺はわかりませんが、現在はそんな環境から遠ざかり、食事も手作り食半分になったので、消化の負担はずいぶんと減ったはず。

ドライフードを使うときも、こんな工夫をしています。他の猫たちも同じ。リンだのマグネシウムなどは考えていません。

1380410082604.jpg

☆茹でた鱈とほうれん草とゴマ。程よく冷めた鱈の茹で汁も加え、仕上げにオメガ3豊富な魚油をくわえたもの。



というわけで、あと1ヶ月は大きな変化を与えずに、リンやマグネシウムを少し意識して、様子を見ることにします。

そして1ヶ月後には、血液検査と尿検査をしてもらおうと思っています。多少なりとも改善されたら、里親さん探しを始めたいと思います。

可愛くて可愛くてずっとそばに置きたいけれど、ミーナが一番可愛がってもらえる御宅がきっとあるはず、と思うので…

1380410083384.jpg

☆「離さないわよ!」遊ぶの大好きミーナ。




2013年9月25日 (水)

結局は「多頭飼育」なので

「保護」というと聞こえはいいですが、結局のところ私は多頭飼育者。

1,2頭と暮らしている人よりも病院へかかる回数は多いわ、病気や事故に接する率も高いわ、引っ掻き傷も多い(笑)」 
 
1380121763441.jpg
 
なので、犬猫たちの健康管理や人畜共通感染症、そして動物関連法律をしっかり頭に入れて、周辺の方々や同種族たちに迷惑をかけないようにしなきゃならんと、マジメに思ったりするので、
 
挑戦することにしたのです、1級愛玩動物飼養管理士に。
 
1380121781360.jpg
 
と、数ヶ月前は志が高かったのですが、申し込んだらもう満足してしまうタイプ(笑)
 
100問から成る課題の提出期限が迫っていることをすっかり忘れ、気付いたら10日を切っていました。
 
で、慌ててテキストを開くも、知らないことばかりで焦って焦って頭に入らず(笑)
 
この1週間、なんとか時間を見つけてコツコツ課題をこなす日々でした。
 
それと合わせて、激務だった夏の間に出来なかった犬猫たちの世話も。
 
まずは、腎臓機能が低下しているミーナと黒太郎の器を、有害物質のない陶器の器に変え…
 
    1380121782273.jpg
 
とらおのウールサッキング対策にフラワーレメディーを検討してみたり…
 
     1380121783282.jpg
 
  涼しくなったので犬たちの夕方散歩はたっぷりとし…
 
    1380121783824.jpg
どういうわけか爪切り好きなアビーは楽勝なものの… 1380121784676.jpg
 
夜のニャンコ運動会は1または2匹ずつお相手せねばならず…
 
    1380121785542.jpg
 
 
なかなか集中できないー!ほんとヤバイ!と泣きそうになりながら(笑)、
 
「チャコちゃん通信」や「ふうちゃん通信」に癒され、つい先ほど100問課題が終了しました。
 
☆「ふうちゃん通信」より (たまらなくキュートな怒りん坊顔)
 
    1380121786294.jpg
 
 
明日、マークシートを塗りつぶして投函すれば間に合います。
 
はぁ~、良かったぁ~ あとは研修日が1日と、試験日が1日あるだけ。
 
 
こんなに難しいと、合格するにはさらに勉強しないといかんです…      
 
 
 

2013年9月19日 (木)

トイレチップでpHチェック

ちょっと… いや、ものすごくがっかりしたことがありました。

この二週間ほど、黒太郎の採尿をすべく、朝食後に黒太郎のそばにいて、もちろんさりげなく読書したりしながらです、タイミングを伺っていたのですが、いっこうにトイレに入らない日が続いていました。

数日前、1時間待ったあと、やっぱりダメで、ため息とともに黒太郎部屋を出たのですが、ケータイを忘れたことに気づき、また入ったらトイレ中でした。

なんだー、あと1分待てば!と残念に思ったのですが、その翌日、同じように私が部屋を出たら、直後にザックザックとチップをかく音。


もしかして、もしかして、もしかして、
私がいると、しない?!?!

思い起こせば、お玉での採取に二度失敗してからトイレのタイミングが計れていません。

黒太郎の背後からそっとお玉を差し出しているので気付かれてないと思っていましたが、しっかりと嫌な記憶を植え付けてしまったようです。

もう、お玉作戦は使えないかも…

撃沈…


で、こんな商品を見つけ、すぐに買ってみましたが、たぶん気休めにしかならないと。1時間過ぎると色が薄くなりますって注意書き。

1379601690811.jpg


気付いたら、何色かわからない状態に。

1379601691712.jpg



ならば二段式トイレで、固まらない砕けないチップを使って、下のトレーで受けた尿をすぐにスポイトで取るしかない!

そのためには色々準備がいるので、また後日にします。なんだか忙しいなぁ…

尿のpHチェックは、排尿後30分以内に行わないと尿が酸化して正しく測れません。また、検尿するなら素早くスポイトに取って密閉し、2,3時間以内に病院へ持参しなければなりません。

ひとまず今回は手元にあるpH試験紙でチェックし、7.0以下になっているか知りたいと思っています。その結果で、尿検や血液検査も考えています。

また、お玉にしろ、トレイにしろ、尿を受ける物は清潔でないとダメで、検査で雑菌が見つかったとき、排尿前のものか後のものか判断がつかなくなると。

そういった理由から、カテーテルでの採取が正確で確実なんですって。

ベテラン獣医さんだと、注射器で直接膀胱から取るやり方もできるそうです。すごっ!

「All about 猫の腎臓病」で検索すると、腎臓病のこと、採尿や尿検査のことがわかるページが出てきます。



ところで今夜は中秋の名月。
アビーとお月見しながら、涼しい夜道を歩きました。

1379635987702.jpg





2013年9月18日 (水)

ミーナ、元気に。

ワクチン摂取でぐったりしてしまったミーナ、翌朝には元気になり、いつものように朝ごはんをもりもり食べました。

 
昨夜は付き添うか迷いましたが、手を添えるとゴロゴロ、話しかけると「んにゃ」と反応があったので、遠慮なくミーナのすぐ横で寝ました。ミーナは安心した様子で寝息を立てていました。
 
3時になったとき、ミーナは自分で起き上がり、手付かずの夕食(白身魚とお粥)を3口食べ、またベッドに戻り、軽く毛づくろいをし、丸くなって寝ました。食べて毛づくろいするなら大丈夫、と思い、私は自分のベッドへ移動しました。
 
 
ミーナが元気になってホッとしたものの、腎臓のことが気になり…
 
 
早く詳細を勉強し理解したいのですが、今週は仕事があるためなかなか時間が取れずもどかしい…
 
 
毛ボールで遊ぶミーナ。とてもよく遊びます。まだまだ若い証拠でしょうか。
 
 
1379518024900.jpg
 
1379518028434.jpg
 
そして、しばし放心…(笑)
1379518030399.jpg
 
ミーナの山は超えたので、今度は黒太郎の番です。
 
また明日、がんばらねば。
 
黒太郎の採尿ができたら、ミーナと黒太郎をお見合いさせ、うまくいきそうならルームメイトにする予定です。
 
 
あら、うちにはカップルが4組!
オスメス4匹ずつ、しかもペアでルームシェア。
 
微笑ましいやら、プレッシャーやら、複雑な心境です。
 
 

2013年9月17日 (火)

ミーナ、3種混合ワクチン

今日はミーナを連れて、病院へ行ってきました。
ミーナを保護してから1ヶ月が過ぎたのです。恐ろしく暑かった真夏がもう、懐かしい。

病院でお願いした内容は以下の4つ。

1. 検便 2回目
2. ウイルス検査 2回目(猫エイズ・白血病)
3. 血液生化学検査 2回目
(前回基準値オーバーだった腎臓と貧血中心に)
4. 3種混合ワクチン 初

ミーナは暴れないので、思い立ったらすぐひょいと連れていけてとても助かります。
病院でも毎回「イイコですね〜」と言われるほどですし。

で、結果は… ため息出ちゃう感じに…

1. 検便 異常なし☆
2. ウイルス検査 陰性☆

これらは良かったのですが、

3. 血液生化学検査 問題あり

1379428544516.jpg
*数値左側は4週間前、右側が今回。

やはり腎臓が弱っている数値が出てしまいました。腎臓の3分の1くらいがすでに機能していないだろうとのこと。

ただ、まだ「慢性腎臓病」とまではいかないギリギリラインなので、食事に気を付けて進行しないよう努めましょう、というか、それしかないそうで…

腎臓は、回復しない臓器ですものね…

↓ステージ2から3くらいでしょう、とのこと。
1379428546483.jpg

保護当時から多尿が気になっていたところでした。

高齢になると腎臓病を抱える犬猫は増えますが、若いミーナがなぜ?

野生でしたから真実はわかりませんが、有害物質を体内に取りこむ機会が多かったからかもしれませんね、と先生。

確かにミーナは農道を走り回っていました。農道は除草剤だらけです。畑作業中、どこかで草が薬剤枯れしていると、ミーナのことが気になって仕方がありませんでした。ミーナの腎臓は働き過ぎたのかもしれません。

貧血は改善されていました。
1379428547589.jpg



猫エイズ・猫白血病という感染症がなかったので、先住猫ちゃんのいるご家庭でも里子に出せるわ、と喜びたかったのに、腎臓が悪いとは…

辛い現実となりました。
腎臓病の詳細と対策はまた後で勉強したいと思います。


というのも、いま、「今」の最大の問題はこれだからです↓

4. 3種混合ワクチン摂取

帰宅後、安静にさせるためにケージに入れたのですが、暗くなるまでずっと同じ体制でした。


1379428550714.jpg


呼びかけには応じたので、それほど気にも留めなかったのですが、夕食を運ぶとまったく反応なし。

いつもは「にゃーっ!にゃーっ!」と元気よく催促しながら私にまとわりつき、好き嫌いなくガツガツ食べるコなのに、今は力なさげに喉を鳴らすだけ。

あ、ご存知ですか?猫が喉を鳴らすのは、ご機嫌なときと、かなり不調なときだそうですよ。どこかがとても痛いときも喉を鳴らすそうです。

今はどちらかわかりませんが…

トイレを見るとキレイなまま。

ケージの扉を開けると、しばらくしてから出てきました。抱っこしようとしたら拒否。こんな嫌がりかたは始めてです。

そして、トイレにのそのそと歩き、排尿。

そのあとはベッドにうずくまりました。ゴハンには目もくれず…

1379428551584.jpg
まったく見えませんね、、、

顔を撫でたり、背中をさすってやると、目をつむり嬉しそうにします。反応があるので大丈夫だとは思いますが、なんせ腎臓が弱っていると診断された直後ですから正直なところ気が気ではありません。

顔がむくんでいるとか、嘔吐があれば急患で診てもらうのですが、ぐったりしているだけなら他のコでも経験があるので、今夜は様子を見ようと思います。

しかし、熱っぽい。

心配なので、今夜は一緒に玄関ホールで寝たいと思っていますが、たかが1ヶ月の付き合い。ミーナのほうはひとりが良かったりするのかな…


心配で心配で、明日は胃が痛くなりそうです…

ワクチンって嫌ですね、ほんとに。

昨年はジャスミン(犬)が狂犬病ワクチンで具合が悪くなったし、一昨年はブーレ(猫)がワクチン後にぐったりして二日間食べませんでしたし。


どうか明日には回復しますように。


2013年9月14日 (土)

またです!SOS!今度は三毛親子3匹

近所のお宅で、三毛猫母さんとその子猫2ニャンの計3ニャンを保護しています。

 
3ニャンまとめて育ててくださる方を探しています!
100歩譲って(笑)、1ニャンだけでも構いません!
 
Photo
 
 
ある日、「ノラ猫ちゃんかなぁ」と気になっていた三毛猫ちゃんが、子猫2匹をくわえてお庭に現れたそうです。
 
「どうしよう」
 
何日か悩みに悩んで、ひとまずゴハンをあげる日が続きました。
 
Photo_4
 
 
しかしだんだんと子猫たちも大きくなってきて、走り回るようになりました。
 
このままでは交通事故やら感染症の危険が。
 
そこで意を決して、3ニャンまとめておうちに入れてくださいました。
 
 
しかし、そちらのお宅では2,3年前、箱で捨てられていた4匹の子猫たちを保護し、そのまま育てています。
 
ですから、合計7匹になってしまいます。
それはちょっと厳しいそうで。。。 よくわかります。。。
 
里親募集チラシを作り、お店に貼ってもらったり、門柱の横には大きな看板のように、このコたちの写真が貼ってあり、大変な努力をされています。
 
インターネットをやらない世代のお宅なので、私も手一杯ではあるものの、わずかながら協力させていただくことにしました。
 
 
最低限必要な医療処置は済んでいます。
 
☆3ニャンとも、三種混合ワクチン済み、ノミダニ駆除済み、駆虫済み
☆三毛ママ、避妊手術済み
 
Photo_2 Photo_3
 
今は、1つ専用部屋を作っていただき、そちらで3ニャン一緒に生活しています。
 
子猫たちは4ヶ月くらいかな~
 
 
愛らしいこのネコちゃんたちを、どうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
うちのミーナと黒太郎の里親募集も本腰入れなきゃ~
 
それと、野山の犬ファミリーは、数日前、扉が閉まらないよう、捕獲器を置いてきました。
まずは中に入ってもらうためです。
空腹で周辺民家を荒らさないよう、お友だちが毎日ゴハンやりを続けています。
こちらも大変なことです。
 
明日は台風。いったん、回収しないとならんな。ふむ。
 
大忙しな3連休です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年9月10日 (火)

里親募集のシェパードちゃん、希望者現る

里親募集中だった、6歳のシェパードちゃん。

希望者が現れたそうです。

ひとまず、募集を終了いたします。

お知り合い等にお声をかけてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
お礼申し上げます。

 
  

手作りごはんセミナー後半

さて、前回の続きです。
猫ごはんの基本を学んだあとは、東洋医学の視点からその子にあったプラスアルファを補おうという勉強です。

あくまでも、基本のごはんに「プラスα」です。
偏りは厳禁です。

まずは、今の愛猫がどのタイプなのかを見極めなければなりません。

2つのチェックシートを使い、「陰陽五行説」のどれに当てはまるかを調べました。

質問事項を見ると、
手足が冷たいとか、日向を好むとか、舌が赤っぽいとか、寝起きが良いかとか…

よく観察しないとわからない項目が多くあり、黒太郎やミーナがどうなのかわからない項目がいくつもありました。観察不足!と突きつけられたようで、はぁ〜、わかってないことが多いな…と、不甲斐なさを感じました。


わかりやすい項目もありました。よく鳴くとか、食欲大勢とか、筋肉が付いているとか、運動好きとか。

あまり悩んでもいられないので、一番付き合いの古いミュウでやってみました。

20項目をチェックしていくと、ミュウは完全に「陰」でした。

あとでみんなを調べると、

陰:ミュウ
陽:志麻、とらお、ミーナ
どちらでもない:ブーレ、黒太郎

となりました。

どちらでもないのは、バランスが取れているということなのかな?肝心なことを聞き漏らしました。

陰のコには体を温める食材を、
陽のコには体を冷やす食材を、とのこと。


☆急に太ったミュウ。
1378785365953.jpg

最近急に太ったのは、体が冷えていて代謝が悪いのでは?という仮説が立ちます。

次に「五行説」のチェックです。50項目に当てはめて、心身の状態を探ります。

「五行」とは何かを説明するのは初心者の私には難しいのですが…

自然界にあるすべてのものには木火土金水の5つの要素を持ち、互いに生み出したり、打ち消したりする関係にある。5つの要素が循環して自然界は成り立つ…

というのが総論で、具体的に理解するには別途お勉強が必要なようです。

今回のセミナーでは、愛猫が現在どれに当てはまるかを調べ、不調を起こしやすい臓器はどれかを知ります。

各臓器は以下のように当てはめられています。
季節や色も当てはめられていて、たとえば「金」の人は肺にトラブルを起こしやすく、秋に不調になりやすく、白いものを求める。といった判断のようです。

木:肝臓、青、春
火:心臓、赤、夏
土:脾臓、黄、土用
金:肺臓、白、秋
水:腎臓、黒、冬

季節や年齢でも変わってきますので、今はこんな状態というように捉えるそうです。

我が家のわんにゃんは、以下のようになりました。

木:ブーレ、黒太郎、ジャスミン
火:なし
土:とらお、ミーナ
金:ミュウ、アビー
水:志麻


それぞれの性格を簡単に表すと、

木:リーダータイプ、一番になりたい、支配的
火:騒ぐの大好き、好きなものに抜群の集中力
土:誰にでも愛想よし、のんびり、肥満
金:冷静、人は人、自分は自分、キレイ好き
水:慎重、臆病、頑固、ひとりが好き


☆朝ごはんができるまでのんびり待ちます。あせる必要はないから。まさに「木」タイプのブーレ。
1378785371496.jpg


☆寛容になれず、繊細な志麻。好き嫌いが一番強い、慎重派。
1378785376147.jpg

陰陽五行がわかったら、食材リストと照らし合わせ、どの食材をプラスすればいいのかを知ります。

ミュウには白ごまやクルミ、ブーレと黒太郎にはなんでもOK、とらおとミーナには昆布やほうれん草、志麻にはひじきや昆布等。


皆さんもやってみたいでしょ!でもごめんなさい。チェックシートも食材リストも複写転載厳禁なためご紹介できず…

きっとWeb上にもあるかもしれません。陰陽五行説については、漢方薬の会社がわかりやすく説明してくれてます。


☆赤ちゃんのまま大きくなったとらお。今でも肩乗り猫。重いです…
1378785379880.jpg

ちょっと調子が悪いなって時に、食材をプラスするという考え方は、薬嫌いな私に合っていて、速実践!と思ったものの…

たくさんいすぎて厳しい現実。しかもみんなバラバラだし(笑)


で、肝心の、黒太郎とミーナの体質改善に役立つ情報はあったのか?というと…

これまたなんとも言えないのですが(笑)
私の観察が行き届いておらず、五行に当てはめられないということだけは明確になりました(笑)


☆遊び好きで貫禄が出てきた黒太郎。最近は体もしっかり詰まってきて、エネルギッシュ!
1378785381205.jpg


とはいえ、食生活は変えてないのに太ってきたミュウには応用できると思いましたし、ジャスミンとブーレはリーダータイプの「木」だから張り合ってしまうのかぁ… と諦めが付いたり。


なかなかこれは面白いですね。



☆意外に甘えたがりのミーナ。抱っこでうっとり。
1378785382333.jpg

陰陽五行説を理解するには、もっとたくさん勉強しなければならず、今回のセミナーとしては前半部分がメインで、後半はまさしくプラスα でした。

同じ先生の、違った講座も受けたいなと思うくらい、わかりやすい内容のセミナーでした。

ところで!
セミナーとは関係ないのですが、ネットで調べたら人用チェックもあったのでやってみました。

☆薬日本堂的漢方理論
http://www.kampo-riron.com/check.php


私も夫も、自分を威張りんぼうだと思うので「木」だなと予想したのですが、私は志麻と一緒の「水」、夫はとらおと同じ「土」。

梅雨時や今の時期にだるくなる夫は、最近、人事でピリピリしていたので脾臓にストレス溜め込んでるのかも。

私は、腰痛からくる背中の痛みや、疲労による耳鳴りがあったので腎臓に弱みあり。寒い日は腹痛あり。

そんなわけで、主人には黄色の梨を、私は黒色の巨峰や栗で秋の味覚を満喫する必要があることがわかりました(笑)

皆さんもやってみてください〜
で、結果を教えてくれたら嬉しいな (^-^)/



2013年9月 9日 (月)

シェパード、里親募集→終了

お友達からのSOSです。
その方の近所で、里親募集のシェパードちゃんがいます。
メス  6歳  警察犬学校で訓練済 
標準より体が小さい

どうにもならないご家庭の事情で、どなたかに引き取っていただきたいそうです。
すでにあちこち声をかけたのでしょう。どうにもならなくなって、センターに持ち込むしかない…と結論を出そうとしているそうです。

夫にも「ダメもとで会う人みんなに聞いてみてね」と頼んだら、
如何なる理由があろうと…
センターに持ち込むなんて…
殺犬罪で逮捕だっ!!
と、半沢風に怒ってました…

「どうにもならない事情」とやらで、元気な犬が、生きてる犬が殺される理由など理解したくはありませんが、人生なにが起こるかわかりません。

だからといって、殺してもらう…というのは、絶対に避けなければなりません。

とにかく引き取ってくれる人を探すのみです。

殺処分など言語道断。
うちからも近所なのですが、すでにその犬の居場所がないため、訓練校に預けているそうです。
会いに行って、どんな家庭に向いてるか見たいけれど… 野山犬ファミリーのこともあるので、キャパ越えだな…

皆さま、とにかくお知り合いにお声掛けをお願い致します。

 
 

2013年9月 7日 (土)

猫の手作りごはんセミナー

先日、猫の手作りごはんセミナーに参加してきました。

「ベーシックな内容なため、病気別のメニューについては触れません」

という基礎編ではあったものの、黒太郎のストロバイト体質の改善に何かしら役に立つかなと思い、参加を申込みました。

黒太郎とミーナ共通の歯周病の対策にも何かヒントがあるかもと、それはもう期待大きく(笑)


講師は、獣医である春木英子さん。素晴らしく説明上手な先生でした。

作り方のポイントとして外せないのが栄養バランス。【たんぱく質+脂質】【ビタミン+ミネラル】【糖質】という3大栄養素をどのように配分すればいいのかということ。

まあ、この配分は定番ですが、7〜8割にたんぱく質+脂質、2割にビタミン+ミネラル、1割以下に糖質となります。

1378562596417.jpg


つまり、すごーくざっくり考えると、7割お肉、2割野菜、1割白飯や芋類。ということになります。


1378562597772.jpg

そして、健康な成猫なら糖質はゼロでもOK!

ただし授乳が必要な子猫には要糖質。足りないと低血糖になります。

というわけで、こんな基本の基本を前半に学び、お肉の選び方やお魚の骨について等、細かなポイントを教えていただきました。

調理実習もあり。
このときは牛もも肉を使いました。
野菜は、セロリ、にんじん、かぼちゃ。

1378562598656.jpg


こうして記事にすると良い復習になります(*^^*)

作っているときも、出来上がってからも、あちこちから「うちのコ食べるかなぁ?食べそうもないなぁ」の声(笑)私も、オトナチーム3匹は食べそうにないけれど、かぼちゃ好きな黒太郎とミーナととらおは食べそうだな。などと考えていました。


先生のちょっとした一言に、なるほど〜と思ったことが数多くありました。少しご紹介します。ただし所感が入ってますので、先生のご説明と若干異なってしまう表現もあるかもしれません。ご了承ください。

★キャットフードのたんぱく質の割合は最低限であり、実際はもっと多いほうがよい。だからトッピングするなら、お肉やお魚や卵がいい。

★食いしん坊さんには、繊維質を増やしてあげると満足度アップ!(すぐにとらおが目に浮かぶ)

★生食もいいけれど、生食している犬の糞にはサルモネラ菌が二倍いたという調査発表もある。犬猫には平気な量だが、人間には害が及ぶことも。乳幼児がいる等の家族構成によっては、避けたほうがいいかもしれない。セラピードッグ等は生食を禁じられている。

★同じものを食べ続けると消化酵素が足りなくなる。新しい食材で下痢になるのは、その食材を消化する酵素が足りないからかもしれない。

★嘔吐や下痢は一過性の場合が多い。1回で止まれば自浄作用と考える。

★肋骨の表面には脂肪しかつかないから、体型チェックのいちばん良い目安になる。

★完全手作りごはんで心配なのはカルシウム不足。イワシの骨や鶏の手羽中くらいなら上手に食べられるから、生で与えてみるとよい。丸呑みしそうなタイプのコは気をつけて。無理せずサプリで補うことも必要。


等々。
いかがでしょう。
なんとなく知っていたことも、その理由が明確になりますよね。



うちみたいにたくさんいると、どうしたらいいのー?!となりがちですが、なんだかんだ私も手作りごはん歴5年なので、そこはずる賢く(笑)、あまり気合いを入れず、

ちょっとバランスを変えてやればいいんでしょ〜

みたいな考え方で実践してみました。


1つのお鍋で、犬用猫用を作ります。

これは猫用↓
1378562599384.jpg


これは犬用↓
1378562599814.jpg

出来上がってから、犬用には野菜をたっぷり入れ、猫用には野菜を少量にします。

犬の場合、たんぱく質は5,6割でいいからです。なので、白飯や塩無添加うどんやパスタ、春雨などを合わせます。

↓こちらは、野菜と鶏肉を煮て猫たち用に取り分けたあと、残り汁で豚肉を煮込み、犬用にしたもの。鶏肉の量が足りなかっただけです^^;

猫用↓
1378562600721.jpg

犬用↓
1378562601237.jpg

つまり!
冷蔵庫にある色違いの葉菜と根菜、鶏豚牛または骨を取り除いた魚を煮てやれば、大方出来上がりです。

そこへ、ミネラルとして粉海苔をふりかけたり、(酵素を意識して)すりおろした人参やスプラウトを加えたりします。

うちの常備品で、肉野菜以外に、犬猫ごはんにも使うのはこんな食材。ほんの少しだけトッピングします。

1378562602252.jpg


仕上げに、植物油を少量垂らします。被毛と皮膚のため。

ここで重要なのは、植物油は酸化していないものを!酸化しているとすごく体に悪いそうです。

ごま油、オリーブオイルは酸化しにくく持ちが良いですが、できればオメガ3が豊富な亜麻仁油やシソ油、麻の実油なども活用したいもの。亜麻仁油はフラックスオイルという名でスーパーにもあります。高価ですが、人にもとても良いようです。ただ、酸化しやすく、冷蔵庫でも1ヶ月目安。

ペット用のサーモンオイルもオメガ3と6が豊富とかで人気なようで、我が家にもあります。

その日の組み合わせで油を選んでいます。

手作りごはん全般に言えますが、とにかく偏らないことが大事で、様々な食材を使うことを意識すると良いようです。

先生もおっしゃっていました。特別なものを用意すると偏りがち。人用に買った食材で作ってあげましょうと。


というわけで、ここまでが前半!

後半は、東洋医学的視点から見た手作りごはんについて勉強しましたので、また後日に復習したいと思います〜

2013年9月 6日 (金)

黒太郎とミーナ、一区切り

黒太郎にクランベリーのサプリ(排尿を助ける)を飲ませ始めてから30日が過ぎました。

ミーナのケガ用抗生剤2週間分も終わりました。

二匹とも、ここで一区切り。
何も混ぜなくて良いごはんは、用意が少し楽になります。

黒太郎の尿のPhがどうなっているかチェックしたいのですが、トイレのタイミングがどうも掴めません…

朝食後、しばらく付き添えばキャッチも可能なはずですが、1時間待ってもダメな日が続いています。興味を引くためにトイレチップをザクザクしてみたり、新しいものを追加してみたりするのですがダメ。

昨日、黒太郎ルームに、ミュウたちのお古のトンネルを投入しました。

1378427746598.jpg

黒太郎は遊ぶのも大好き、抱っこも大好き、添い寝も大好き。

甘えん坊の「カワイイ」ネコと同居したい人にはピッタリの性格です。

ですが、トイレ前のひと騒ぎがないタイプ。多くのネコはそわそわ落ちつかなくなったり、急に走り出したりしますが、黒太郎にはそれがあまりないみたい。

1378427747351.jpg


一方、ミーナの前脚のケガは完治したようですが、毛が生えてきません。このまま生えないのかな。

1378427748057.jpg

それに、そろそろワクチンを考えてやらなきゃなりません。ケガのことがあったので、ワクチンを見送っていました。

黒太郎同様、ミーナにも新しいおもちゃをあげました。これはとらおのおさがり。とらおが飲み込みそうな勢いだったので与えるのをやめたのでした。

1378427748982.jpg

気に入ったようで、かなり盛り上がっていました。無邪気です。

1378427749595.jpg

ミーナは黒太郎よりちょっとおてんばさん。抱っこにうっとりするのは自分が眠いときだけ。すごくおしゃべりさんで、話しかけるとよく返事をしてくれます。



黒太郎のPhが6台になり、ミーナのワクチンが終われば、里親募集を始めたいと考えています。

猛烈忙しかった仕事も8月末日で終了しました。犬猫保護活動で知り合ったみなさまが、遥々つくばまで遊びに来てくださったり、たくさんご注文くださったりしたことはとても励みでしたし、大変嬉しく思いました。犬猫を助けることが、人とのつながりを生み、かつ「犬猫大好きネットワーク」を広げていくんだな〜と、ほんわか嬉しくなりました。

いまは、体を休める時間がたっぷりある毎日です。整骨院にも集中して通い、腰痛治療もこれまでになくマジメに取り組んでいます(笑)以前はすぐに治ったぎっくり腰もなんだか治りが悪ぎるので、年齢かなぁとちょっぴり落胆。少し、東洋医学でも勉強してみるか、なんて思ってみたり。

その、「東洋医学」に興味を持つきっかけとなったのは、猫の手作りごはんセミナー。先日、参加してきました。また後日書きたいと思います。


« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。