« 三毛親子ねこ、おうち決定 | トップページ | 仲良しさんになれるかな »

2013年10月 5日 (土)

黒太郎、ストルバイト完治!

やっと黒太郎の尿検査に行ってきました。

前回の検査から6週間も経ってしまいました。

一番細いカテーテルを使う先生。
やはり大苦戦。なかなか入りません。かなり時間がかかりました。
抑えられた黒太郎が気の毒で、早くー!と叫びたくなりましたが… 黒太郎は鳴かずによく堪えていました。
でも入ったあとは、さすがベテラン先生。手早くささっと取り出してくれました。

pHは 5.5 !
目標は 6 前半だったので、下がり過ぎ?と思いましたが、正常値ですよと先生。

そして結晶もまったくなし!!

よぉっしゃ〜!!きゅるちゃん、やったね!!

1380936436753.jpg


黒太郎、完全復活です。本当に嬉しいです。

もう、辛い検査はしなくていいんだよと話しかけていたら、

「とても尿道が細いので詰まりやすいですから、1,2ヶ月おきに検査したほうがいいですね」

とのこと。がーん…
…まあ、そうだよねぇ…
しかしまたあのカテーテルをやるのかぁ、はぁ、胸が痛い…

もっと細いカテーテルの開発をお願いしたいものです。

先生に手作り食を与えていたことを話すとびっくりされていたので、犬猫手作り本で有名な須崎先生や本村先生の本を読んだりセミナーに参加したりして勉強したんですぅ〜と付け加えておきました。


さて、実際に黒太郎の食事はどうだったか覚え書としておきます。

まず、病院から勧められた療法食は1kg使いました。約20日分です。サイエンスのS/d というもの。私の気まぐれで、手作りごはんにトッピングしたり、おやつに与えたりしていました。

100g約300円のお品なのでもったいなくて。

療法食が悪いなんて思っていませんし、それで治るコがほとんどでしょう。

ただ、猫だって食べることは生きる上で楽しみなことの最上位を占めると思うので、温かくて美味しいものを食べさせたいのです。むしゃむしゃじゅるじゅる夢中になって食べるような。

そして手作り食の内容はみんにゃと同じ。ただ、仕上げにたっぷりのお水とクランベリーサプリメントを使いました。人用の良質なものです。

1380936438499.jpg
販売元 ノラ・コーポレーション。

右側の「イチョウ」は、夫の食事にこっそり入れてます(笑)脳の血流が良くなり冴えるんだそうです。受験生やビジネスマンに。


それから良質なキャットフードも使いました。一般の成猫用です。

つまり、手作りも販売品も他の健康な猫たちと同じで、黒太郎とミーナは水分多め、プラス排尿を助けるサプリを使っただけなのです。

あ、それと生活環境も大切。
トイレが清潔であること。
私は留守がちだったので2つ用意してあげました。

もひとつ!
毎晩30分程度じゃらし棒で遊んでやりました。

「ストルバイトには、1に運動、2に水分 !」と書いている獣医さんがいたからです。


というわけで、100g 300円もするフードを使い続けなくても完治することができました。


すべて療法食にしていたらもっと早く治ったかもしれませんし、手作り食にしたって治らないコもいるかもしれません。

でも黒太郎の場合は、私が作るごはんと、私が選ぶ良質キャットフードが合っていたというわけです。


*****
余談ですが、サプリを使う方はこんな本が話題です。
田村忠司著「サプリメントの正体」
読みやすかったですよ。
****



黒太郎の検査の記録を掲載します。

1380936439622.jpg



変な話ですが、
黒太郎は今、私の横で、じょーっ! と気持ち良いトイレをしました。嬉しい音に聞こえます。


« 三毛親子ねこ、おうち決定 | トップページ | 仲良しさんになれるかな »

黒太郎(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒太郎、ストルバイト完治!:

« 三毛親子ねこ、おうち決定 | トップページ | 仲良しさんになれるかな »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。