« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月21日 (木)

ベビーリーフを与えてみよう

ここ数年人気のベビーリーフ。
2年前から夫が農業に転身し、ハウスを作り栽培しています。毎日たくさん食べられていいわね、って思われがちですが、良い天気が続き収穫が多いときしか食べられましぇん(-。-;


しかも夏が終わってから台風続きで収穫が足りず、7月以来まったくありつけませんでした…

今日は4ヶ月ぶりのお土産!


1385037264346.jpg

私はオリーブオイルと岩塩でいただくのですが、犬猫たちもほぼ同じ。

1385037266196.jpg

ハサミで細かく刻み、今日はゴマとすりおろし人参を加えて、オリーブオイルをたら〜んとかけて良く混ぜました。ゴマは毎度自分ですりゴマにするといい香り〜。そのままだと消化吸収されにくいそうですし。

トマトとか納豆とか山芋なんかを加えても合います。あ、カッテージチーズもいいですね。
オイルはごま油でも、流行りの亜麻仁油でもOK!

葉物野菜が苦手なわんにゃんも、こうしてあげると食べるかも〜☆ うちでは5匹が食べ、3匹が食べません (>_<)


で、今日は、エビと鶏ささみのパスタに、このベビーリーフサラダを乗せて、夜ごはんとしました。

1385037266907.jpg

作り方は簡単。
沸騰したお湯にパスタを入れ、茹で上がり5分前くらいに鶏ささみとエビを加えてしまいます。パスタはしっかり茹でたほうが良さそうです。エビの代わりにホタテも人気です。私はコストコの冷凍エビや冷凍ホタテを良く使います。


写真はネコバージョン。パスタはほとんどいれません。ミキサーで細かくすればたべるかも。あるイタリアの猫缶にはパスタが入ってましたから。

犬たちにはパスタたっぷりにしました。

私分は取り分けてからインスタントのコンソメスープを加えてスープパスタとしていただきました。

一手間加えて人も犬猫も同じ食材を食べられるといいことたくさんです。


ちなみに、オヤツも一緒にいただけるものがたくさんありますよ。

黒胡麻きな粉&ヨーグルト

1385037267666.jpg


甘みがないので、ハチミツやオリゴ糖なんかを加えると犬たちは大喜びです(*^^*)





2013年11月18日 (月)

日向ぼっこのために2

連日の小春日和。私ものんびりできた週末。

出張から帰った夫は、4段ケージに怪訝な顔で「なんだこれーっ」と驚きつつ、「みーにゃん、気持ちいいね〜、よかったね〜」とニコニコ。

作戦成功(笑)
小言幸兵衛に会わずに済みました。


そして二日めは黒太郎も日向ぼっこステージデビュー。

最上段にどうぞ。

1384764276329.jpg

するときゅるちゃん、一番下まで下りて探検。
前日のミーナとは大違い。

1384764278658.jpg

1384764280073.jpg

釣られてミーナも下りてきて、トイレも済ませました。

1384764281532.jpg


気付けば、ミュウはまたしても行方不明。

ブーレはベッドの後ろに隠れてしまい…

可哀想なので、こんなときはマタタビスティック〜

1384764320749.jpg

1384764322132.jpg

少し楽しくなったようですが、結局この日、ミュウとブーレは日向ぼっこ出来ずじまい。

あっちを気遣えばこっちが不憫になり。


まあ、そのうち慣れる、と思うしかありません。


そんな周囲の心遣いも知らず、わんぱくきゅるちゃんはミーナに戦いを挑み…

1384764323699.jpg


あまりにしつこいので、部屋を仕切りました。

1384764325219.jpg


快適そうなミーナ。

1384764326750.jpg

不満そうな黒太郎(笑)

1384764328470.jpg


怖い思いをさせてしまったミュウには、たっくさんのナデナデをしてあげました。

1384764329551.jpg


また忙しくなるので、日向ぼっこはしばらくおあずけ。

美味しいごはんで許してもらいたいと…
思います。ごめんね、みんな (>人<;)



2013年11月17日 (日)

日向ぼっこのために

黒太郎とミーナのいる部屋は北西向きの角部屋で、直射日光が当たる時間はほんのわずか。

1384668579441.jpg


これまでもこの部屋は、里親募集の子たちが入れ替わり立ち替わり過ごしている部屋(本来は書斎(^_^;))で、冬の場合はエアコンの他にホットカーペットや電気ストーブを追加して温かくしてきました。

この冬もそうなる予定ではありますが、毎度毎度、陽が燦々と入る二階に置いてやりたいなぁと、申し訳ない気持ちになっていました。

しかし二階には、心の狭ーいミュウとブーレがいて、子猫だったとらおのことさえ受け付けない始末。

ミュウ&ブーレ vs. 志麻&とらお

という構図です…


しかし、生命が脅かされるほどの病気をした黒太郎と、体力のないミーナを見ていると、なんとかしてやりたい気持ちは募る一方…

残高わずかなweb通帳を眺めながら、数日間迷いましたが、「半額セール!」や「今が買いっ!」なんて言葉につられ、なんと4階建の組立キャットケージを購入してしまいました。口座も暗証番号がいらない感じに口を開けてアイタタタ…

いいや、頑張って年末も仕事取ろっ… てか、質素なお正月でいいや…

なんて言い訳つけて、実は「買っちゃった〜♪」と嬉しい気持ちにもなりながら、あえて夫が出張で留守の日に到着するようにしました(笑)夫は私の保護活動を100%受け入れてはいませんから、小言幸兵衛相手の小細工が時に必要なことがあります。夫婦円満の「秘」訣ってわけです(笑)


組み立てはなかなか大変でした。半額セールで購入したものですが、歪みがあったり、ネジが柔らかくて山が取れて回せないため新しく買いに行ったりで二日がかりでした。

こんな部分もあったりで…

1384668581507.jpg


このケージは体の小さいコや暴れん坊さんには不向きですね。幅が広かったり歪みがあるため脱走可能です。


高みの見物ブーレ君。
1384668582618.jpg


できました〜
1384668583461.jpg

さすが4階建です。そびえ立っています!

たとえば二階分ずつ間を完全にし切れるように、別売りの仕切り板も買っておきました。

ミュウは怯えてどこかに隠れてしまいました。


そして昨日は小春日和!待ってましたとばかり、まずはミーナをキャリーバッグに入れて二階に運びました。

特設日向ぼっこステージの三階に移すと…

1384668584583.jpg

ドッキドキのミーナ。固まってしまい、用意したおやつも目に入りません。

1384668585583.jpg

ブーレもおやつを食べず、瞬きを忘れてしまいました(笑)


とらおは興味深々でウロウロ。

1384668586511.jpg

あまりにしつこいので志麻ルームに強制送還(笑)


結局ミーナはずっと三階から動かないまま。でも20分くらいするとリラックスしてきて、ウトウトと日向ぼっこを楽しんでくれました。

1384668587154.jpg

1384668587850.jpg


ブーレとミュウへの刺激が大きかったので、黒太郎はまた次回にしました。


夕食前、ミーナを書斎に戻すと、黒太郎が擦り寄ってきてミーナをクンクン攻撃。後から夕食を運ぶと、この通り。

1384668588588.jpg

うふふ。ふたりとも、ちょっぴり不安だったのね。

複数の猫が寄り添う様子はとってもカワイイですよね。うちのミュウ&ブーレ、そして志麻&とらおはこんな風にはなりません。


そして今日もいい天気!

黒太郎も特設ステージにデビューさせようと思います。



2013年11月13日 (水)

ミーナのX線検査

ミーナは保護当時、左目から紅茶色の涙をよく流していました。(麦茶色とも言います)

今では涙に赤みはなくなったものの、透明な涙はよく出ます。これはおそらくウイルスの仕業で、子猫のときにカリシウイルスやヘルペスウイルスなどをもらってしまうと保菌状態になることが多いため、しょっちゅう涙が出るそうです。
赤みのある涙はカリシやヘルペスなどのネコ風邪ウイルスの特徴だとか。

しーちゃんも涙目だったね。

調べてみると、涙目にはネコ風邪ウイルスによるものと、鼻や涙の管の奇形によるものがあるのだそう。

どちらにしても、透明な涙なら体質みたいなものだから、投薬せずにうまく付き合っていくしかないですね、と先生。


ネバネバしていたり、白く濁る場合は炎症していることがあるから要注意なのですが、とも。


でもミーナの場合は、保護当時からどうも気になっていることがあり…

それは…

顔が…

歪んでいる気がするのです!

1384339851534.jpg

左側が若干、陥没しているような。

最近は太って丸くなってきたためわかりにくいのですが、保護してまだ間もない頃…

1384339852427.jpg

お顔の左側が、なんとなくへこんでいるというか、歪んでいるというか…

そういう顔なのかもしれないんだけど…

私だって歪みまくっている顔の持ち主だし(笑)


でも、な〜んか引っかかっていました。


さらに、黒太郎と一緒になってから、ちょっと追いかけっこしただけで鼻がスピスピ、軽くゼーゼーしていることに気がつきました。

やっぱり気になるので、血液検査のほかに、レントゲンをお願いしました。

健康診断といえば一般的には体部を撮りますが、頭部もお願いしました。頭は固定できないから撮れないかも、と言われましたがそれを承知してお願いしました。


すると…

やっぱり、歪みがある「かもしれない」写真が撮れました。

1384339853097.jpg


左側の輪郭(側頭骨かな?)が中央にずれています。左前方の空洞も大きいかも。

ちなみに、眼のように見える先端の白い二つの点は犬歯だそうです。その間にあるはずの前歯がないこともバレました(笑)

脚を持って固定できる体の撮影と違い、頭は固定できないため、少し動いたのか、この写真にはズレ(ロール)があります。なので、正確な診断にはならないそうですが、

もしかすると成長過程になにかがあって頭部がやや陥没し、そのせいで涙腺や鼻腔が狭まっているのかもしれないと。

でも、症状から見るとやっぱりウイルスかなぁ…

と、迷いながらの先生。

正確には、麻酔をして動かないようにしてから検査をしなければわからないとのこと。

今のところ元気なので、これ以上の検査はしないことにしました。


そんなわけで、ミーナの健康診断は、

・血液検査は異常なし
・涙目体質
・ネコ風邪ウイルス持ちかもしれないので乾燥する冬は要注意で、同居ネコさんにはワクチンを。
・油断せず、腎臓には気を遣ってください。

となりました。


さあ!ミーナの里親募集、本格指導です。

売り出しキャッチを考えねば(笑)

できれば黒太郎とペアで!!

よろしくお願い致します!

1384339853505.jpg



ミーナもいよいよ里親募集かぁ…

やばーい!猛烈寂しい気分に… (>人<;)


2013年11月12日 (火)

ミーナの健康診断

一気に寒くなりました。
犬たちとの散歩では、初手袋に初ブーツ。
犬がいると、朝晩の寒いときに外を1時間も歩くので、ボア付きブーツやら、ニット帽やら、滑りにくい手袋やら、裏地付きのパンツやら、あ、腹巻きも… 耳当ても… 。犬たちのコートも。
あれこれ必要になりますね。

レイ君はコート買ってもらったかなぁ。
毛が薄いから何か着せてあげて欲しいと伝えたら、ご主人はうなずかなかったなぁ(笑)照れ臭いんでしょうね。でも、ブルブル震えるレイ君を見たら着せてあげるでしょう!ジャスミンのお古を2着、新品のレインコートを1着お渡ししたので、買うまでの間はしのげるかと。

そして猫部屋にはもちろん暖房器具の登場。
2階は贅沢に22度設定ですが、黒太郎とミーナの部屋は北向きなため20度くらいになってしまうので、電気ヒーターを追加しました。

私が床にお尻を着いて座ると、膝上に遠慮なく座り込むようになったミーナ。気持ち良さそうに毛繕いしています。ものすごくカワイイです(≧∇≦)

1384266424909.jpg


黒太郎がヤキモチ焼いて割り込んできます。

二匹が膝上に乗ってぎゅうぎゅう満員状態(笑)仲良しでなによりです。


これまでミーナは2度の血液検査で、腎臓の機能が低下しているだろうと診断されました。修復できない臓器だから遅かれ早かれ腎臓病になるであろうから、食事に気を付けて進行を遅らせる工夫が必要だと言われました。

そこで、腎臓に負担をかける食事ってどんなの?とあれこれ勉強しました。お肉がダメとか…色々ありましたが、

私の出した答えは、

新鮮なお肉や魚を使って、
水分たっぷりにし、野菜も加える。

でした。

腎臓サポート類のキャットフードやサプリメントは使用しませんでした。


とにかく水分たっぷりの手作りごはんを5割以上にし、他の猫たちより野菜を増やして対応してきました。

キャットフードも半分くらい使いましたが、他の猫たちと同じ、健康成猫用フードのままです。

すると、3度目の血液検査で、な、なんと、腎臓の値が正常値に!


1384302213384.jpg

なんだ〜☆

ミーナは長生きできないかもしれないと悲観的になり、里親さんは見つからないだろうなと心配していたのですが…

にゃはは!と笑いが出るほど嬉しい結果が出たのでした。


気付けば、コロンと丸くなったミーナ。

1384266429467.jpg


↓初めてそばに来たときのミーナ。

1384266429953.jpg



ミーナの得意な「ツリ目」。

1384266430875.jpg

私のタレ目と対象的です(笑)



愛嬌があっていいでしょ。

おしゃべりも良くしますよ。


そんなわけで、現在は、内臓の不安はほぼ無くなりました。


しかし… 別の不安が出てきたのでした…

それはまた次回。



毎日あるようで…

二日連続でネコさんが轢かれているのを見ました。

そして市役所に電話連絡。住所を確認しながら。
二日連続だったこともあり…
「こういった電話はけっこう頻繁にあるのですか?」 と、聞いてみました。
「あぁ、ちょこちょこありますね。」(半笑い)
この電話に出た職員さんが、単なる事務作業ではなく、1件1件に心を痛め、なにか一歩を踏み出してくれたら… 将来が少し変わるかも…
「とてもかわいそうですね…  なんとかしたいですね…」 と、言葉に詰まってそれ以上言えない私。
いつものことですが…
路上で轢かれている動物を見たら、その場所の役所に電話してくださると嬉しいです。
提携業者によりゴミとして回収されますが、年間どれだけの動物が路上で命を落としているかのデータが残ります。
もっともっと行政が、猫の室内飼いを強く訴えてくれますように。    

2013年11月 9日 (土)

おうちが決まりました

世話を始めて4週間が過ぎた今日。

  1384012438648.jpg
仮名レイ君は、犬飼いベテランの、笑顔いっぱいのご家庭に迎えていただくことが出来ました。
今朝の今朝までアビーの首元をガウガウ攻撃。
ジャックらしさ満載。遠慮なんてありません(笑) 1384012440378.jpg
 
  「相手の大きさなんて関係ないのさ」
  1384012441369.jpg
YouTube http://youtu.be/PVC7VVleEOg   今回の世話はなんだかとても大変でした。
トイレ問題、外を知らないが故の諸問題(歩かない、階段ダメ、車ダメ、雨ダメ)、ジャスミンへの執拗なマウンティング、アビーとの確執、甘噛み、そしてクルクル回る癖。
1384012442097.jpg1384012443021.jpg
 
4週間で一部は良くなりましたが、何が大変かって、サークルに入れればクルクル回るし、リビングに放せばアビーとケンカが始まるし、部屋を仕切れば間仕切りをガリガリ破壊するし…騒がしくてたまりませんでした。
 
クタクタになる毎日でした。
レイ君もホッとできた時間なんて今までなかったのかも…
 
だからどうして良いかわからずクルクル回っちゃうんだね。
寒い日もベッドに寝ずに、紙シートの上で寝ていました。
柔らかい足元に慣れさせようとベッドごと抱っこしてみましたが…
1384012443518.jpg
 
ダメでした。
 
    1384012444654.jpg
 
最終的には、タオルを紙シートでくるんで入れてやりました。
その上で寝てましたが、トイレになっていることもありました。
 
3週間経った頃でしょうか、疲れてしまった私は散歩の途中で座り込むことが何度かありました。するとジャスミンは私の顔を心配そうにペロペロと舐めてくれて、アビーは寄り添って座りゆっくり伏せてくれました。
 
アビーが道端で自主的に伏せたのは初めてでした。
 
ハッとしました。
 
疲れているのは私だけじゃないんだ。と。
 
ジャスミンとアビーの協力あってか、一昨日くらいにはクルクル回る頻度がずいぶんと減っていたように思います。
 
これまで世話した犬さんは、この子で28頭目。
ほぼ全頭、ジャスミンは遊び相手または散歩の友を務めてきました。
 
   1384012445683.jpg 1384012446449.jpg
 
ジャスミンに感謝です。慰労会をしてやらねば☆ ことばを発しない犬たちについつい過労を強いてしまいました。
 
レイ君のお届けにはジャスミンを連れて行きました。
新しい場所で一緒に歩けば早く慣れるだろうと思ったので。
 
 
帰り道、ふと成田山を思い出し、ジャスミンと寄ってきました。
1384012447307.jpg
 
久しぶりにジャスミンとふたりだけのお出掛けを楽しめました。
 
森林浴で、気持ちだけでもリフレッシュできたかな。
 
    1384012448027.jpg
 
菊の展覧会もやっていて、ザ・ニッポン!てな和菊もいいな、
なんてほっこり気分になれました。
1384012448732.jpg
 
↓本日の私の一番。ジャスミン色の大輪。 1384012449461.jpg
 
レイ君が終生、幸せでいられますように。
 
     1384012450283.jpg
 
我が家での刺激的な4週間は一生忘れずにいてくれるでしょう。
 
キラキラおメメのキュートな、とても賢いコでした。  
 
 
 

2013年11月 6日 (水)

後のことは心配しないでね

昨日、無性にこの本が読みたくなり、夜中においおい泣きながら半分強を一気に読みました。

 
1383786243666.jpg
 
この著者 阿部佐智子さんはスピリチュアルな感性をお持ちの方で、優しさ溢れる文章で、主に心理面の健康法について多数の本を出されています。
 
他に「わんこのハッピー健康法」も読みました。
 
丁寧な表現には揺るぎないペットへの愛情が感じられ、さらっと読めるのに心の奥に響く、そんな心地よさが好きで、もう何年も続けてこの方のメルマガを読んでいます。
 
2冊とも、ジャスミンとミュウがまだ0歳だった5年前に購入して読んだものなのですが…
 
ちょっと昔の本をなぜ急に??
自分でも不思議でしたが、
 
読んで!
 
と言われているようで、寝不足覚悟で読んでしまいました。
 
そして… 今日の夕方、 ブーレが供血した猫さんが亡くなったとご連絡いただきました。
 
もしかして、もしかして、 私に本を読ませたのはなーちゃん?
ママをよろしくね   ってことだったの?
 
そんな気がしてならず…
 
 
今日は夕方のうちから三日月と金星が見つめ合うように向き合ってキラキラしていました。
 
ずっと痛みと戦ってきて、 今日、勇気を出してサヨナラできたこと、
なーちゃん、立派だったね。
 
ママのために、よくがんばったね。
 
たくさんの勇気をありがとう。
 
その勇姿をちゃんと後の子達に繋ぐからね。
皆さんはご存知でしょうか。
不治の病、猫白血病ウイルスにより若くして亡くなる猫ちゃんは少なくありません。
感染経路は唾液、糞尿、血液、体液…つまり涙でも感染する可能性はあるそうです。
猫の放し飼いは避けなければなりませんね。
 
保護された時点で白血病陽性だった、なーちゃん。
なーちゃんのママはその事実を知っていて引き取りました。
なーちゃんも、ママも、たくさんの勇気をありがとう。 感謝で、胸がいっぱいです。
 
        1383786434674.jpg
なーちゃん。 かわいい仕草をたくさん見せてくれてありがとう。
 
白い帽子を被ったなーちゃんはとっても愛らしかったよ。
 
すぐにまた、生まれ変わっておいでね。    
 
 
 

ごはんを食べないとき

うちのコの話なのですが、もし愛猫ちゃんに手作りごはんをやってみようかなーと考えている方がいらしたら参考になるかなと思うので書き留めておきます。

 
数日前からブーレ(♂4歳)の食欲がありませんでした。
 
1383718728422.jpg
 
もう2ヶ月前になりますが、東洋医学の視点から考えた猫ごはんのセミナーに参加し、猫たちの手作りごはんに野菜を取り入れる大切さを知りました。
 
うちの猫たち6匹は皆、野菜を好まないのですが、ミキサーにかけて細かくしたり、煮汁なら食べてくれることがわかったので、できるだけ工夫して野菜を取り入れるようになりました。
 
↓犬ごはん
1383718734499.jpg
 
↓同じ材料でミキサーにかけた猫ごはん
1383718735204.jpg
 
 
そこで毎晩、野菜入りお肉中心ごはんを作っているのですが、細かくした野菜でもそれぞれに好き嫌いが出るため、 ミュウは大根嫌いでしょ、 志麻はかぼちゃ以外ダメだし、 ブーレはほうれん草嫌がるしねぇ。 という感じで、それぞれに取り分けた後に取り除いています。
 
なかなか手間ではありますが、1歳チームのミーナと黒太郎ととらおは細かくすれば比較的なんでも食べてくれるので作りがいがあります。
 
ブーレが食べなくなってしまったのは野菜入りだからかなぁ…とも考えましたが、毎日のごはんにストレスを感じさせては台無しだと思うので、ミュウ、志麻、ブーレの好き嫌いは尊重してあげてきたつもりです。
 
また、朝ごはんはバランスの取れた総合食のドライフードを使っていますから、夜ごはんで野菜を食べなかったとしても、ビタミンは足りているだろうなと考えています。
 
↓ドライフードにトッピング
1383718736011.jpg
 
どの野菜なら食べるのかを厳密に調査しているわけではないので、食べると思って出したら、野菜やだよー!と食べないこともあります。
 
でもブーレは野菜を取り除いてやれば食べていました。
 
ところが最近のブーレは、何を出してもプイッ。
 
好物だと思っていたレバー類もプイッ。
 
野菜なしにしてもプイッ。
 
じゃあ、市販のカリカリはどうだ! …これもプイッ。
 
 
ここ1週間近くプイッとばっかりで、食べるのは【アニモンダ】のグーテとかなんとかという、オヤツ用のクッキーのみでした。
 
これが主食になると困ると思ったので、他の子たちと同じようにオヤツとしての量しか与えなかったので、ブーレは見た目にも痩せてしまいました。
 
どこか悪いのかな…と心配になりましたが、よく遊ぶし、甘えるし、熱もないし、呼吸も心拍数も標準、下痢もないので健康面の不具合はない様子でした。
 
 
お腹がすいてるはずなのに食べないなんて、猫の食欲ってどんな仕組みなんだろ?と思いました。
 
確かに、不慣れな猫を無理に捕獲し家猫にしようとしたときは、2,3日食べないコもいました。
 
ブーレにも何か不安があるのかなぁ… まったく思い当たりません…
 
そこで、犬たちのトレーニング用に用意したペット用オヤツの乾燥鮭チップをあげたところ、喜んで食べたのです。
 
そこで、ごはんとして、市販のカリカリに混ぜたらよく食べました。
 
次の日は茹でた鶏ササミに混ぜてみてもよく食べました。
 
でもね、このオヤツ、なかなかいいお値段なんです。
 
犬たちにも、もう少しで「粉」サイズになるくらい、ちびちびあげてます(笑)
 
当然主食にはならないし… 鮭チップがないと食べない…なんてことになっても困るし…
 
そこでひらめいてスーパーに行ってみると秋鮭がありました。
 
鮭チャーハンだ!  よぉーっし! というわけで、ブーレのための特製(笑)チャーハンを作りました。
 
 
材料: 生の秋鮭 炊きたて白飯 小松菜 カイワレ かつお節 ごま油
 
 
いったいどの辺が「特製」なの?って感じですが(笑)
 
 
作り方:
秋鮭をグリルで焼く
小松菜を茹でる
炊きたて白飯を冷ます
 
これを、以下の割合で各お皿に盛り、少量のおかかと細断したカイワレを加えて混ぜ合わせます。 仕上げにごま油を、少し垂らします。
 
1383718736741.jpg
 
  犬たちの割合は、 鮭4 白飯4 野菜2 猫たちの割合は、 鮭7 白飯2 野菜1 大体ですが。
 
余裕があれば、皮は焦がさないよう良く焼けば、ふりかけが作れますよ。
 
コラーゲンです♪ たぶん(笑)
 
卵が好きなら、卵チャーハンにして鮭と混ぜればとっても美味しい!
 
取り分けてから人用に味付けすれば、一緒のごはんが作れちゃいます。
 
ブーレにはどうしても食べて欲しかったので、大事を取り、野菜はゼロにしました。
 
どうか食べますように!と念じながら出してみると、ムシャムシャと食べました!
 
1383718737560.jpg
 
久しぶりに見る、もぐもぐブーレ。 これは昨夜の様子です。 ホッとしました。
 
今朝は残りの鮭チャーハンと市販のカリカリを半分ずつにしたところ、これまた食べました。
 
この1週間、ほんっと心配しましたが、これを機にいつものブーレに戻ってくれることを期待したいです。
 
今夜のメニューにプレッシャーがかかりますが (^^;;
 
というわけで、好き嫌いの多いコに手作りごはんをつくるのは大変ですが、嬉しそうに食べてくれて艶艶の被毛(健康状態はまず被毛に出るそうです)でいてくれたら頑張れるのです☆
 
      1383718738478.jpg 
 
↑私のかわいいかわいいブーレ君♪   親バカですみません(≧∇≦)  
 
 
 

2013年11月 1日 (金)

みんにゃ、トンネルが好き

若い猫たちはトンネルが大好き。

↓黒太郎 1歳

1383303241444.jpg



↓ミーナ 1歳

1383303242448.jpg



↓とらお 1歳

1383303243385.jpg


↓志麻 3歳

1383303243992.jpg




ミーナと黒太郎は里親募集中です。

とらおはウールサッキング、志麻は警戒心が強く抱きかかえられないため里親募集は諦めました。


ミーナと黒太郎は膝の上で寝ます。お腹の上でも寝ます!若いので走り回ってよく遊びますが、やたらめったら何かを破壊することはありません。穏やかな性格です。


1383303244827.jpg


1383303245318.jpg


黒太郎は朝一の「おはよう」抱っこが大好き。
私は毎朝、黒太郎を上向き抱っこしながらブラインドを開けます。黒太郎は私の顔を触ったり頭をくしゃくしゃにしてくれたりします。

↓そしてブラインドも一緒に開けてくれます(笑)

1383303246136.jpg



この子達の幸せを、たくさん可愛がってくださる方に託したいです。

1383314137655.jpg


よろしくお願い致します。




« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。