« ミーナの健康診断 | トップページ | 日向ぼっこのために »

2013年11月13日 (水)

ミーナのX線検査

ミーナは保護当時、左目から紅茶色の涙をよく流していました。(麦茶色とも言います)

今では涙に赤みはなくなったものの、透明な涙はよく出ます。これはおそらくウイルスの仕業で、子猫のときにカリシウイルスやヘルペスウイルスなどをもらってしまうと保菌状態になることが多いため、しょっちゅう涙が出るそうです。
赤みのある涙はカリシやヘルペスなどのネコ風邪ウイルスの特徴だとか。

しーちゃんも涙目だったね。

調べてみると、涙目にはネコ風邪ウイルスによるものと、鼻や涙の管の奇形によるものがあるのだそう。

どちらにしても、透明な涙なら体質みたいなものだから、投薬せずにうまく付き合っていくしかないですね、と先生。


ネバネバしていたり、白く濁る場合は炎症していることがあるから要注意なのですが、とも。


でもミーナの場合は、保護当時からどうも気になっていることがあり…

それは…

顔が…

歪んでいる気がするのです!

1384339851534.jpg

左側が若干、陥没しているような。

最近は太って丸くなってきたためわかりにくいのですが、保護してまだ間もない頃…

1384339852427.jpg

お顔の左側が、なんとなくへこんでいるというか、歪んでいるというか…

そういう顔なのかもしれないんだけど…

私だって歪みまくっている顔の持ち主だし(笑)


でも、な〜んか引っかかっていました。


さらに、黒太郎と一緒になってから、ちょっと追いかけっこしただけで鼻がスピスピ、軽くゼーゼーしていることに気がつきました。

やっぱり気になるので、血液検査のほかに、レントゲンをお願いしました。

健康診断といえば一般的には体部を撮りますが、頭部もお願いしました。頭は固定できないから撮れないかも、と言われましたがそれを承知してお願いしました。


すると…

やっぱり、歪みがある「かもしれない」写真が撮れました。

1384339853097.jpg


左側の輪郭(側頭骨かな?)が中央にずれています。左前方の空洞も大きいかも。

ちなみに、眼のように見える先端の白い二つの点は犬歯だそうです。その間にあるはずの前歯がないこともバレました(笑)

脚を持って固定できる体の撮影と違い、頭は固定できないため、少し動いたのか、この写真にはズレ(ロール)があります。なので、正確な診断にはならないそうですが、

もしかすると成長過程になにかがあって頭部がやや陥没し、そのせいで涙腺や鼻腔が狭まっているのかもしれないと。

でも、症状から見るとやっぱりウイルスかなぁ…

と、迷いながらの先生。

正確には、麻酔をして動かないようにしてから検査をしなければわからないとのこと。

今のところ元気なので、これ以上の検査はしないことにしました。


そんなわけで、ミーナの健康診断は、

・血液検査は異常なし
・涙目体質
・ネコ風邪ウイルス持ちかもしれないので乾燥する冬は要注意で、同居ネコさんにはワクチンを。
・油断せず、腎臓には気を遣ってください。

となりました。


さあ!ミーナの里親募集、本格指導です。

売り出しキャッチを考えねば(笑)

できれば黒太郎とペアで!!

よろしくお願い致します!

1384339853505.jpg



ミーナもいよいよ里親募集かぁ…

やばーい!猛烈寂しい気分に… (>人<;)


« ミーナの健康診断 | トップページ | 日向ぼっこのために »

ミーナ(募集終了)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミーナのX線検査:

« ミーナの健康診断 | トップページ | 日向ぼっこのために »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。