« 黒太郎の募集を始めました | トップページ | 朝の猫たち 女の子編 »

2013年12月10日 (火)

てん☆れん通信、ルルたん通信

仕事の山がひとつ片付いて~  やっほ~ ちょっと晴れ晴れです!

 
さて、そろそろ2年になる兄妹犬のママさんたちから久々に写真が届きました。
 
こういうメールがいちばん嬉しいです (*^。^*) 
 
2年前の募集名は「ラブ系大型子犬5匹兄妹」。
里親希望の方からの問い合わせが多数あり、対応にてんてこ舞いでした。
 
 
保護したのは昨年のお正月。
雪の予報が出るほど寒い日に空き地に捨てられていた子犬たちでした。
 
頭と頭を突き合わせているのが、左)もじゃ子 と 右)タロ で、
いまは レンちゃん テンテン と呼ばれ、兄妹で一緒に暮らしています。
 
Yoshinuma5_120119_23
 
 
 
↓こちらが、先日届いた今の2わん。 左レンちゃん、右テンちゃん。
  白毛の先輩犬ちゃんと仲良しです。
 
20131011_8_22_03s
 
何気にお孫さんが超カワイイ (*^。^*) 
 
 
レン☆テン兄妹ペアはボール遊びが大好きで、
広いドッグランで仲良く遊ぶ姿を、なんと動画でいただきました!
 
 「すっかりオトナだねぇ~  いや~ん、会いたい!」 
と、動画を見ながらひとり叫ぶ私。
 
 
子犬のときの写真をもう1枚ずつ。 左)てんてん、右)レンちゃん。
 
120118_9_36_17s 120118_9_26_36s
 
もっと成長の度合いがわかりやすい写真ないのぉーっと思われそうですが、
黒毛のコは光の向きが難しくて。。。黒太郎も同じ (>_<) 
 
てんてんは空き地で初めて見たときから気を遣うタイプだと思いましたが
今はどうかしら~
 
立ち耳になったレンちゃんはキリっとしましたね~
活発だけど、やっぱり女の子らしい優しい顔立ち。いたずらがすごかったな(笑)
 
 
さてさて、このレンちゃんとそっくりなのが、同じく姉妹のチャミ→ルルちゃん。 
 
まずは子犬時代。右がルルちゃん。 (左はもじゃみ。元気かな~)
 
Ymojami_and_chami_120119
 
とってもシャイで、物音がすると、棚の下とか椅子の下に隠れていました。
 
P1020580_400
 
「この子はとってもシャイなので、大らかに大らかに育ててほしい」と
お願いしましたよね~、それくらい怖がりだったので、とても心配でした。
母犬と離されたショックを一番引きずっていたので。
 
でも、ものすご~く良い子になって、年に一度、つくばまで会いに来てくれます。
 
20130813_5_29_31
 
イケメンな彼氏もできたそうで~☆
 
20130812_5_32_35
 
カールがかってくしゃくしゃだった被毛も、なんとサラサラロング。
これにはトリマーの友人もびっくり。
 
こういう変化は、雑種犬の魅力のひとつでもあります。
お耳は柔らかめの立ち耳になったしね☆
 
 
みんなが幸せになっていると、里子に出す勇気がまた湧いてきます。
 
黒太郎も幸せにしてあげなきゃ~
 
 
こんなステッカーがあったので、車に貼ってみました。
しかし・・・パッと見た感じでは通じないかな(汗)
「adopt」って、日常ではあまり使いませんものね。
 
20131210_13_58_17
 
 
 『レスキューされた犬の親になるという「選択」(adopt) もあり!』
 
という感じかと。
 
 
私がこんな(保護)ことをしていると、
ブリーダー発の純血種を選ぶことに抵抗が出る方々もいるみたいで・・・
 
なんだかすみません。。。プレッシャーかけてしまって m(__)m 
 
 
ブリーダー生まれだって、保護経歴ありだって同じなんです。
でも特に、子犬から飼育できる方には、お願いがあります!
 
愛犬ちゃんとあちこちに出掛けて、「犬も家族」というイメージを広げて
いただけたら嬉しいです!!
 
 
犬と出掛けるということは、きちんとそのコを社会化させないとできません。
犬の幼稚園が少ない日本においては、まだまだハードルが高いことです。
 
でも、動物福祉が当たり前の社会を築いていく1つの方法だと思います。
 
お行儀良いコを増やすことは、「捨てる」行為を減らすことにつながると思います。
 
人と、街を歩く犬が増えるということは、つながれっぱなしの犬を減らせると思います。
 
その「社会化」は、子犬時代にやると、しっかり身に付けられるそうです。
 
保護犬ちゃんたちのように、トラウマを抱えてたり、成犬になっていたりすると、
時間がかかる場合は多いです。
 
 
完璧にはなれないけれど、アビーもジャスミンも、そして私もがんばっています。
 
ペットも家族。大事にしようね。
 
そんな空気を作っていけたらと思います。
 
 
上手くいかなくても諦めないことが大切。
社会化トレーニングは何歳からでも始められるそうですよ☆
 
 
レンちゃん、てんてん、ルルたん。カワイイ笑顔をありがと~
リード放して 「マテ」 ができてる!!すごい!!
 
みんなのお手本だね☆
 
ママさんたち、ありがとうございますm(__)m  ホント、嬉しいです(*^^)v 
 
 
 
 
 
 

« 黒太郎の募集を始めました | トップページ | 朝の猫たち 女の子編 »

6.社会化やトレーニングのこと」カテゴリの記事

ラブ系大型子犬5匹兄妹(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てん☆れん通信、ルルたん通信:

« 黒太郎の募集を始めました | トップページ | 朝の猫たち 女の子編 »

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。