« 治りにくいアビーの皮膚炎 | トップページ | 2014年の始まり »

2014年1月 1日 (水)

2013年を振り返り

2013年もあとわずか。

犬猫たちには かんけーないね でしょうけれど、

ひとまず区切りをつけて、次の目標を立てるのが、ニンゲン。

一年の計は元旦にあり。

といっても…

これといって具体的な目標はまだ決まりませんが…

今年よりもさらに多くの犬猫を救えたらいいな。

なんて、大それたことを考えたりします。

それが間接的であっても。


さて、大晦日らしく、今年の大きな出来事を振り返ります。

まず3月。
近所の公園に遺棄された子犬3姉妹。迷わず救い、世話と里親募集にてんてこ舞い。2ヶ月足らずで3ワンとも良縁決定。




4月終わりには、初めて参加した「幸せにゃんこ」さんの譲渡会で、人慣れ不十分なしずくと風のおうちがそれぞれに決まりました。1年以上決まらなかったこの2ニャンの門出は、本当に嬉しい出来事でした。ふたりとも理想のお宅に嫁ぎ、半年ですっかり慣れて、しっかり幸せ掴みました。






5月、風としずくの引越しが終わった直後、幼猫黒太郎が玄関先にやってきてにゃあ。

7月にお見合い・引越しするも、命に関わる尿路閉塞で入院、そして譲渡中止。先方さまも、黒太郎もとても辛い経験をしてしまいました。




8月には、冬から餌付けしていた若猫ミーナを半年越しに保護できたものの、あまり健康ではなく、未だ里親募集に積極的になれないでいます。





7月から9月は、黒太郎とミーナの通院・食事療法の勉強でキリキリしていました。

2ニャンの血液検査の値が平均値になりホッとした10月、JRTのブリーダー遺棄の連絡。

成犬のレイを保護団体さんから預かることにしました。ジャックの飼養はなかなか大変とされるため、預かりボランティアさんも少なく、飼育経験者の私がお役に立てればと手をあげたわけですが…



ものすごく大変で。

9月10月は、冬から夏までの果樹園作業の疲労蓄積なのか、年齢のせいか、はたまた黒太郎とミーナのことで心配の局地に達したか、とにかく肉体的にも精神的にも疲れ果て混乱気味となりました。当ブログにも何度か弱音を吐いた気がします。

各方面にもご迷惑をかけ、犬猫たちにも負担をかけました。


しかしながらやりたいことは我慢ならず、春と秋には、100頭近い猫がいるシェルターで週一お掃除ボランティアをしていました。様々な猫の扱いと衛生について学ぶことができました。




体調が回復した11月と12月には、犬猫のホリスティックケアについて勉強することができ、同じ志を持った方々と知り合うことができました。


ずっと続けてきた犬猫手作り食についても、プロの指導のもとに知識の再確認ができました。黒太郎のストルバイトケアとミーナの解毒サポートには、手作り食が有効であることが理屈上わかり、これからもっと、栄養と健康について勉強していきたいと感じたのでした。



色々なことがあった一年でしたが、特にレイのことは勉強になりました。
ケージ内だけで育った犬の「常同行動」の問題に触れ、ココロのケアについて頭を悩ませました。


トイレしたい→寝床は汚したくない→ケージの外に向かってしよう→ケージの周囲がおしっこだらけ


運動したい→でもできない→ケージ内を回ろう→疲れ果てるまで時計回りにぐるぐる…


あ、犬だ!→マウントしなきゃ→で、いきなり背後に周りマウンティング

パピーミルのようなところでは、繁殖オス犬は発情犬との接触しかないため、犬を見るとすぐに交尾行動に出てしまうそうです。


そしてかわいそうなことに、散歩が未経験のようでした。たった二段の階段にもひるみ転け、自動車自転車に怯え、雨には驚き、リードは二本も噛みちぎられました。ケージ内の掃除をしているほんの2,3分の間に。

「しつけ」とか「健康」よりずっと大切な「ココロ」を意識させてくれる貴重な体験となりました。

同時期に、3.11被災犬だったアビーの社会化のために、陽性強化のスクールに通いました。素晴らしい先生に出会い、洋犬とは随分違う和犬の特徴を知り、接し方を学び直しました。


一年を通して、1歳猫とらおのウールサッキングも悩みの種でした。



ハンカチ、トレーナー、靴下、パジャマ、タオル…
柔らかい布なら何でも飲み込んでしまいます。

愛犬ジャスミンの、トラウマによる威嚇行動も激しいため、専門家のカウンセリングを受け、ジャスミンととらおにはフラワーレメディを始めたところです。



ふたりとも似たレメディの選択でした。

原因は私と我が家の環境にあることがわかりました。もっともっとそばにいて話しかけてあげる必要があったのです。多頭飼養ゆえ、独占欲の強い子にはたくさんの不安を与えていました。しかもジャスミン以外は全頭保護した子たち。最初から不安持ちの子たちなので、気遣いは平均以上に必要でした。


2013年は、自分のことも含め、ココロの問題について考えることが多かった一年でした。

後半に学んだホリスティックケアの理解をより深め、2014年は穏やかな日々を作れるよう、ペースダウンしてみようと思っています。

具体的な目標はないものの、ちゃかちゃかした私には【穏やかな日々を送ること】これが目標かな…と。


除夜の鐘が聞こえてきました。

2014年の始まりは、2ワンに6ニャン。

どうぞよろしくお願い致します。



























« 治りにくいアビーの皮膚炎 | トップページ | 2014年の始まり »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年を振り返り:

« 治りにくいアビーの皮膚炎 | トップページ | 2014年の始まり »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。