« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

急ぎ!広島県からのお願い

先日も記事にした、広島からの署名のお願い、

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/686963/574995/78749027


今日明日には出さないとー!!

http://www.minashigo.jp/info/teiji-tangan.pdf


みなさんぜひ、お願いします。
おひとり分だっていいのですよ〜

郵送のみですから、いそげ〜!




2014年1月27日 (月)

トミレオ兄弟、引き続き

まだまだ不慣れな私と一緒に、片道2時間の旅をしたトミレオ兄弟。

猫さんたちも、犬さんたち同様、車酔いしやすいので、朝ごはんは完全抜きにしてもらいました。

こういうとき、間違った情は禁物です(笑)以前、完全にごはん抜きはかわいそうに思い、1/3くらい食べさせたことがあるんです。子犬とか猫に。

みごとに全部、吐き出しました。

ジャスミンのように、たらふく食べても平気な子は別ですが、アビーなんて、食べさせなくても胃液を吐くほど繊細。


さて、早めに到着したので、少しだけリラックスタイム。

トミーは途中鳴いていましたが、ごはんを食べる余裕あり。




レオはシートの隙間に隠れて、まったく食べず。



レオちゃんはやっぱりシャイ猫でした。


譲渡会開催の時間になり、人が入ってきました。
参加ニャンコは17頭だったかな。



レオはものすごく怖がり、緊張のピーク。
トミーはちょいと人間観察。




そのうちトミーはごろりんと寝てしまいました。




すると、レオさま、出番です。




すっくと立ち上がり、前へ。




何か吹っ切れたみたい。

ご褒美にお花を。





今度はトミーが下がっちゃった。




そんなこんなで、まあまあ余裕のあったトミレオ兄弟。

私には言わないシャーを、他の人に言っていたので、人を見分けることができる子たちだとわかりました。


今回は来場者が少なく、決まったねこちゃんは2頭。

残念ながらトミレオに話はありませんでした。


熱海から参加した方は、今年に入って80頭のTNRをされたそうです。華奢で小柄な女性なのにものすごいパワー!!真似できませんが、どんなアプローチで餌やりさんを説得したのか教えてもらいました。

多大な費用の捻出方法も。

譲渡会会場でも募金箱がありますが… 新しい家族選びがメインの会場ですからね、お気持ちあっても目に止まらず。私も気づかなかったくらい(^◇^;)


それにしてもすごい数。
猫用捕獲器60台くらいの多くは、全国から借りたのだそうです。顔も知らないけれど、同じ志しを持つ仲間って素晴らしい!

80頭のうち半分がメスだとして、春に3匹ずつ産んだら120頭!!

そんな数が今まで生まれては死んできたのかと思うと… 言葉がありませんね。

事故死、餓死、病死…

子猫の悲痛な叫びがない社会になるよう、私もできることをやろう!

譲渡会はパワーをもらえる場所でもありました。


トミレオ兄弟はネットで告知をがんばります!







2014年1月25日 (土)

銀座の譲渡会に参加します

少し前にご紹介した兄弟ネコ、トミーとレオ。

「青鈴のトミー」「赤鈴のレオ」って呼んでね (^з^)-☆






10日ほど前に健康診断を済ませ、健康でウイルス感染もないことを確認できました。

明日、「幸せにゃんこ」さんの譲渡会に参加させていただきます。




トミレオ兄弟に会いに来てください☆

実物はもっとカワイイですよ〜♪

ふたりの詳細記事はこちら↓
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/686963/574995/78649473




2014年1月24日 (金)

ストルバイト結石について考える その1

= すみません。あまりよくまとめられなかったので、同日夜に書き直しています =

昨年7月以来、2度目のストルバイト結石が見つかった黒太郎。

早期に結石を無くすのはもちろんのこと、なぜ結石ができたか、そして今後はどうすれば再発しないかについて、自分が理解するために考えまとめてみたいと思います。

 

まず、ストルバイト結石ができると、必ずついて回るpHの話を。


その前に、
結石には「シュウ酸カルシウム結石」という、尿が酸性に傾き結石ができるタイプと、アルカリ性に傾く「ストルバイト結石」があります。

黒太郎の場合のお話なので、ストルバイト結石のことについてだけ触れます。

 

ストルバイト結石症とは、

尿がアルカリに傾きすぎて、アルカリだと溶けにくい「リン酸マグネシウム」が固まって結晶化し、やがて大きなかたまり、つまり結石となる症状

といったような説明があると思います。

そこで、尿がアルカリ性に傾きすぎてないかどうかを調べるわけですが、

今回の黒太郎のpHは…

6.5でした。

標準値は 5~7 ですから、真ん中あたり。
 
標準値内なのに、顕微鏡には結晶が映っていました。

(ちなみに、昨年7月の結石症治療開始の頃は7.5)
 
 
一度経験した飼い主さんは心配なあまり、pH計測テープやシートをお使いかと思います。
 
しかし、pH値だけにとらわれていると、結石ができていることに気づくのが遅れる可能性があることが、今回わかりました。
 
 
きちんと顕微鏡検査をしてもらうことが大切に思います。
 
 
 
それに、食べているものによっても変わりますし。
 
あ、そうか。
 
だから処方食一辺倒をすすめるわけですね、安定するように。
 
 
うーん、でもやっぱり気になるのは、
 
pHを下げるための「何か」を入れて、
pHを上げないための「何か」を取り除いたフードを、永遠と食べさせることには抵抗があります。
 
 
腎臓にとっては良い配合かもしれませんが、他の臓器にはどうなんだろう?と。
 
こちらをかばえば、あちらが痛くなり…

が、身体の自然な「しくみ」なんじゃないかしら。




さらには、そもそもなぜ、アルカリに傾くの?
 
そして、アルカリ性だと固まるという「リン酸マグネシウム」ってなに?
 
 
という疑問が次々と湧いてきてしまいます。。。
 
 

続く。


あ、「愛玩動物飼養管理士1級」に合格しました (*^。^*) 
 
 
 
 

2014年1月22日 (水)

広島から署名のお願い

犬猫の「定時定点回収」ってご存知ですか?

ここ茨城県でもH21年度まであった行政サービスです。

定時→決まった時間に、

定点→決まった場所で、

回収→市民から犬猫を引き取る


決まった曜日にその場に行くと、

「もう、いらなくなった」
「病気だから」
「言うこと聞かないから」
「いつの間にか庭で産んでた」

という仰天な理由で犬猫を連れてくる人がいるそうで、それを取材した人のビデオを見たとき、

いつの時代だ?戦時中??え??現代の話?!

と息が止まる思いでした。


その子たちは「動物愛護センター」とか「動物指導センター」といった処分場に運ばれます。

ゴミ収集車と同じに思えますね…

書きながら身震いしてしまいます。


数年前にほとんどの都道府県が廃止していますが、まだ実施している都道府県があるそうです。

その1つが広島県。

広島市にある動物保護団体「NPO法人 犬猫みなしご救援隊」さんが、広島の定時定点回収の即時廃止を求めて署名を集めています。

郵送のみ、1月末までの受付です。

広島市 犬猫みなしご救援隊



備考
組織が成長する過程には色々なことが起こり、まとまっては分裂し、またまとまっては…を繰り返すものですよね。社会ではそんなことは当たり前。みなしごさんについても様々なご意見を持つ方がいらっしゃるとは思いますが、この署名集めはとても必要なことに思います。広島県外の方もぜひ参加して欲しいです。こんな制度が残る国に住んでるなんて、身震いしませんか。




2014年1月20日 (月)

猫のマッサージ

久しぶりにミーナの登場です。

すっかり志麻と打ち解け、同じ年頃のとらおと遊び、私を慕い、毎日幸せそうに過ごしているミーナです。

あとは涙目だけ。



そんなミーナの朝の日課は、

私の膝上に乗ること。

あるとき、あちこちさすってあげたらゴロゴロ気持ち良さそうにするので、リンパマッサージをしてあげることにしました。


↓座りますよーの合図をするミーナ。



座ったらマッサージを始めます。

↓まずは左肩甲骨。10回さすります。


右も同様に。


次はお顔。
お顔を触られると喜ぶニャンはとても多いです。

↓口角から耳の下、そして首筋に向かってさすります。


左右8回ずつ。

気持ち良くてとろけそうになったら、歯をチェック(笑)
↓やっぱり前歯がありません(≧∇≦)


悪かったわねっ(ミーナ)


次に、鼻筋にそって


頭頂部まで行き、頭頂部を軽く3秒押します。


5,6回やって手を止めると、ミーナも不動に。


私は毎度、笑いをこらえるのが大変です。

もっとやってーなのか、一瞬天国にいっちゃったのかわかりませんが(笑)ゴロゴロだけは止まらず。

このあと、寝そべるミーナ。ネムネムモードです。


なので、背中を背骨に沿って両手でトントン叩きます。
ゆっくりと、腰までいきます。



これも、止めると、
↓もっとぉ〜 と言わんばかりに振り向きます(笑)



最後に、後ろ脚をマッサージしたいところですが、途中から寝そべってしまうので、出来ず仕舞い。

ミーナの大好きなところを優先すればいいかなと思いますが。


2月9日のセミナーでは、きちんとしたリンパマッサージを行います。

といっても、この2倍くらいです。

きちんと、経絡の話などもします。

他に、ツボもご説明します。
ダイエットのツボ、老化防止のツボ、肩こりのツボ。

ダイエットと言っても太り方は3種あるんですよ〜
それぞれに合わせたツボがあります。

他にも時間があれば、お通じ系のツボや、緊張を解くリラックスのツボなど、ご質問いただければ先生が答えてくださいます。




ミーナの涙目は「体質のようなもの」で片付けられがちです。

しかしこのマッサージを続け、食事にハーブを取り入れ、毎日走って運動もし…と続ければ、何らかの改善ができるんじゃないかと思っています。






2014年1月17日 (金)

黒太郎、延期

黒太郎、引越し前に、念のための体調チェックをしました。



↑ハウス大好き黒太郎。


まったくもって予想に反し、ストルバイト結晶、再発してました…

まだ結晶が少ないのと、pHが標準値なので、早めに治りそうな状態ではありますが。





油断しました…

5ヶ月続けたクランベリーのサプリを12月くらいからやめていたのです。もういいかなと思って。


まさかの展開に、頭が混乱。

しかし、里親希望者さんは、治るまで待ってくださるとお返事くださいました。

ありがたいです。本当の赤い糸に出会えたかもしれません。


昨夜は黒太郎との8ヶ月を思い起こしながら、ジャスミンとアビーと月夜を歩きました。




せっかく慣れた我が家に置いてやれない申し訳なさで…
毎度のことながら涙が溢れてしまうのでした…




色々がんばったもんね






きゅるちゃんのために用意した、たくさんの良質フード。トライアル中はみんながストレスなく、ごはんタイムを過ごせるようにとふんぱつしました。





とにかく治すことに集中します。



トミレオ兄弟猫のこともあるし、

アビーはガビガビガビーになっちゃうし。


踏ん張りどころです。




2014年1月15日 (水)

マッサージセミナーやります

色々、色々と…

あれやこれやと勉強し、

そして実践し、

これなら、わりといいんじゃないかな♪

そんなふうに思えるものを、皆さまにも取り入れていただきたいので、バタバタな毎日ながらも奮起し、企画してみました。


☆わんちゃん、ねこちゃんのための
マッサージセミナー☆


た、だ、し。

まだまだ私は伝えることに自信がないのでアシスタントにまわります f^_^;

講師は、ステキな先生にお願いしています。

ぜひ、ご参加くださいませ♪





http://style-jasmine.sakura.ne.jp/



いずれ、私がお伝えできるよう、がんばります。







2014年1月13日 (月)

黒太郎、モテました

昨日の譲渡会、またまた黒太郎は人気者でした。




「幸せにゃんこ」さんのサイトを見たという方が、早々にトライアルをお申し出くださり、日にちを相談して数日後に開始することに決めました。




先住猫さんがいるという御宅なので、うまく行くかどうかまったく予測つかず、手放しでは喜べない状況ではあります…

ミーナのように誰とでも仲良くできる性格ならいいのですが、黒太郎はなかなかの俺様タイプなので…(^^;;

ただこういうことは、人の「お見合い」みたいなものでとてもデリケート。どうなるかなんて猫たちの気持ち次第。だから、心配しないよう自分の気持ちをコントロールするしかありません。

考えておきたいのは、やはり移動によるストレス。
ストレスが重なると、また尿閉の危険があるので、体調万全かどうかの検査をしておこうと思います。



さて、昨日の移動はなかなかスムーズに行きましたので記録に残します。
またひとつ、私も成長しました(笑)

前回の移動中、意外にも黒太郎はずっと鳴いていたので、今回は慎重に対策を取りました。

まず、すべての荷物を車に乗せつつ車内を温め、あとは施錠のみの状態にしたら、黒太郎のキャリーバッグにマタタビを一振り。

さあどうぞ、と中に誘導。



2回ほどクネクネしたところで扉を閉め、クロスを被せて、静かに車へ。

最初の10分、まったく鳴かないので心配になるくらいでしたが、その後、たまに小さな声で鳴くくらいで銀座まで到着できました。

こんな少しの工夫で、ストレスを和らげてあげられます。

しかしタイミングは難しいですよ(笑)
普段からキャリーバッグの中が好きな状態にしておかないと、マタタビ酔いも簡単に冷めてしまいます。

数日前から、マタタビ処 in キャリーバッグ みたいな習慣をつけると良さそうですね。

短距離ならここまで神経使う必要もありませんが…

真面目派で行くなら、

「いつ通院が必要になるかわからないから」

という発想で習慣づけるのもいいかもしれません。

うちでは確か…ブーレがマタタビよりキャットニップが好きで、志麻がキャットニップに無反応だったかな…、曖昧な記憶…(⌒-⌒; )


譲渡会中の黒ちゃんはまたまた人間観察。



余裕に見えますが、この子なりに緊張しているかもしれませんね。


帰宅すると、しがみつくように膝の上でスヤスヤ。



犬たちの散歩があるから10分だけ…と、

結局20分くらい、ふたりでひと眠りしたのでした。



ところで、茨城県が猫の多頭飼育について条例制定を検討しています。1月15日までパブリックコメントを募集していますので、ぜひ皆様のご意見を。

犬の保護活動をしている友人は
「猫の保護活動をしている人たちの妨げになる」と危惧していました。
なるほど。そういう面もありますね。
ふむふむ、参考になります。

私は…というと、
多頭によるマーキングに閉口した経験が何度かあるため、多頭には細心の注意が必要だと思っています。マーキングは人の不都合ばかりがクローズアップされますが、猫たちに多大なストレスを与えた結果だと思っています。

また、信頼する犬のトレーナーさんからこんなことを言われたことがあります。
「動物の保護はできる人とできない人がいる。勝手なことを言いますが、できる人にはずっと続けて欲しい。そのためにもカワイイ子ほど里親を探して身軽でいてよ。これからも不幸なコを救って欲しいから。」

そのとき私は
「そんなぁ、せんせー。保護って大変なんですよ、里親探しだって寿命が縮む思いで決断するんです。ずっとなんて続けられないよっ」
と怒りましたが、
時間が経つにつれて、それもそうだなって思えたりして…

黒太郎の里親探しの決断はそんなところからも、きています。

そんなわけで、よーくよーく考えて、意見を出そう!
パブリックコメント募集ページはこちら!

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/dobutsu/













2014年1月11日 (土)

黒太郎とヴァイオリン

保護したときはまだあどけなかった黒太郎も、半年経ってオトナな顔になってきました。

となると、こんな写真もありかしら。









明日は銀座の譲渡会。場所が音楽教室なんです。

近くにヤマハがあるので、ついでに愛器のメンテも頼むことにしました。
初めてお願いするからちょっと不安だけど…
駒が歪んでしまって、乾燥する冬は割れたら怖い。




本当はね、馴染みのところでお願いしたいのですが、なんだか最近、ますますせっかち。時間がもったいないから犬猫の用事とくっつけることばかりな思考回路になってます。


さて…明日の準備は…

前回、トイレ砂の選択に失敗したので、今回は固まるタイプを準備。

こんなのあるの、ご存知ですか?
にゃんこサイズの携帯用トイレ。






ファスナー閉めてバッグのように持ち運べます。



寒いからカイロも用意して〜

マタタビとおやつとぬるま湯も〜


そうそう、前回、お皿を忘れたんだった(^^;;

で、ベテランさんたちが使っていたものを私も用意。小鳥さん用お水飲み。






ケージ内にお皿を置くと、ひっくり返しやすい。
なので、引っ掛けられるタイプなら安心。



それから万一の大地震のときのために、ポータブルタイプのカセットガスヒーターと食料も用意。

犬猫との長距離移動の際は何かと気を遣います。

明日は爪とぎも持参しようかな。
気分アゲアゲ⤴︎⤴︎でいきましょう!



ね、きゅるちゃん♪





2014年1月10日 (金)

6歳兄弟ニャンズ、里親募集

こちらのコたちのおうちも探しています。


トミー君 6歳




レオ君 6歳




兄弟です。そっくり〜♪

青い鈴がトミー、赤い鈴がレオです。

とっても人懐こく、初対面の私にすり寄ってくるので、距離が取れずピントが合わない写真ばかりでごめんなさい。


この子達は現在、たいへんな状況に置かれています。


飼い主さまが難病になり、
週の半分は治療の副作用で
寝たきりとなってしまいました。



なんでママったら、最近、冷たいの?


そんな不安から、兄弟は取っ組み合いのケンカをするようになってしまったそうです。

ママさんは、辛い治療中でも兄弟ニャンズを見ていると癒されると思っていたそうですが、

だんだん病状が悪化し、体に力が入らず、

彼らを抱きしめてあげられない

すり寄ってきても撫でてやれない

一緒に寝ることさえ厳しい、副作用による激痛…


そんな毎日に、

兄弟ニャンズの幸せを考えたら、新しいおうちを探してやったほうがいい

そう思われたそうです。














12月に6歳になったばかり。
生後3ヶ月ごろから室内だけの暮らし。

人懐こく、病気なし。

トイレ問題なし。

ごはんは、カリカリにお肉などをトッピング。

去勢済み。


ふわふわな毛並みで、大事にされていることがよくわかりました。

私との関係は、私の親しい友人のお友だちです。

年末にお電話でお話を伺っていたのですが、
4日ほど前、初めてお会いして詳細をご相談しました。

やるせない気持ちが、悔し涙となって溢れ出て…



ずーっと昔から猫好きな方で、
営んでいらっしゃる商店のロゴはネコちゃん。
ネコとは関係ないものを販売されているのに。

お店があるから、お留守番が寂しくないようにと、知人宅で生まれてしまった野良猫ちゃんの子猫を兄弟で引き取ったそうです。



穏やかな日々が再び訪れますように、この兄弟ニャンズを迎え入れてくださるご家庭を探しています。

どうぞ、よろしくお願い致します。




2014年1月 9日 (木)

今年初の譲渡会に参加します

くろ・クロ・黒ちゃん♪カワイイきゅるちゃん♪
キュル〜と鳴くからきゅるちゃん(≧∇≦)

今週末、「幸せにゃんこ」さんの譲渡会に参加させていただきます♪



三連休の真ん中は銀座へぜひ!

ヤマハの裏のほうにある、音楽教室カンタータさんのところですよ。詳細は地図で!





「幸せにゃんこ」さんのホームページ
http://www.shiawasenyanko.com



黒太郎以外にもたくさんの猫ちゃんたちが、おうちを探しています。




チラシは印刷フリーです。
お店を持っている方、貼ってもらえると嬉しいです♪



こんなことになったのも、

↑”こんなこと”というのは、
多くの猫たちに家がないこと。


心ない先人の仕業。間違った習わしの仕業。
広く言えば、ニンゲンの仕業。

だから、償い。

同じニンゲンとして。

実は私、そんな気持ちで保護しています。

もちろん、猫が好きって気持ちも大きいし、可哀想だから助けたいって気持ちも大きい。

けれど…

たぶん、一番は、

… 義務感。



変ですね(笑)




↑抱っこ大好き、お顔大好き(笑)




週末はこの冬いちばんの寒さだとか。

冷たい雨も降っているし…

あの子はどうしているのかな

厳しい天候の日は、そんなことが頭をよぎります…


かといって、どこにいるのかわからず
何もできないのだけれど…


黒太郎のように助けを求めにきて欲しい、待ってるから。














2014年1月 7日 (火)

アビーのマラセチア症が治らない

またまたアビーの話題です。
口回りのマラセチア症がなかなか改善されません(>_<)



↑右側がひどい。



↑顎も、良くなったり、赤くなったり。



↑左はそうでもない感じ。一番ひどいときよりは若干よくなったみたい。

でも、まだまだ、ガビガビちゃんです。


通院し始めて4週目ですが、抗生物質が効いていないため、中止することにしました。

塗り薬は使いますが、変更。3種類目です。


そして担当医の先生とホリスティックケアについて話し合い、以下を見直すこととしました。


==========

◆患部の衛生:掻き壊しによる炎症を防ぐ。

→★今回から木酢液(抗菌作用あり)を使用★


◆足先の衛生:後ろ足で患部を掻くため、爪などを清潔にする。

→散歩後、引き続き【SMILEDOG手作り石鹸】で泡洗浄。

↓ジャスミンの例ですが、犬用固形石けんを少量削り、泡ポンプに入れて使います。



→寝る前は爪の間を木酢液で清潔に。
(これまではパルマローザ入のウォータージェル使用→掻き壊しを防いでくれました)


◆住環境の衛生:ベッドや敷物の洗濯と天日干し


◆体内環境の見直し:免疫力アップにMedicalHerbの「パウダルコ」、そして腸内環境を整えてくれるヨーグルトを。

→★年末に購入していた「パウダルコ」の使用開始★




→12月に応募した「乳酸菌H61株ヨーグルトの犬モニター募集」に選ばれたので、1月15日から開始予定。テスト期間は6週間。パウダルコ開始から1週間ずらせたのもなんて良いタイミング。




==========


ひとまず、こんな感じでやってみることにします。

アビーのケアセット↓





あともうちょっと考えたいのが、やはり毎日の食事。

偏らないように気を付けていますが、やっぱり私の好みに偏っているはず。

免疫力アップが期待できる食品を意識してみようと思います。

今夜は、根菜ときのことコラーゲンたっぷりの、
【白い根菜と手羽の煮物】



☆材料☆
手羽元、里芋、れんこん、かぶ、ブロッコリー、しめじ、しいたけ



時々耳にする、ご近所さんやお友達の「通院してるけど、なかなか良くならないの」という話に、「どうしてなのかなー」と不思議に思うことがありましたが、なるほど「薬が効かない」というパターンもあるんだなと実感。

やはり、薬が効かないと「どうにもならない」と諦めモードになってしまうのが人の常ですよねぇ…
知識がある方は別ですが。

正直なところ、ホリスティックケアについて学んでいる最中の私も、このまま症状がじわじわと悪化したらどうしよう・・・という不安は拭えません。


でも心配していてもしょうがないので、やれることをどんどんやってみたいと思います。


担当獣医の先生との話し合いでも、私の方から「こういうのはどうですか?」とか「これをしているのですが悪影響ないですよね」等、積極的に質問してみました。


生活環境や身体の衛生、食事からの働きかけ・特に腸内環境への意識、精神的リラックス、栄養全般。


獣医さんとの二人三脚ムード作りは結構大事です☆ たーっくさんの引き出しを持っている獣医さんは結構いるはず。

「おっ、この飼い主さん、本気だな。よく勉強してるな」って思ってもらうことで、普段は手間や金額や効き具合等により表に出にくいレアな治療法を紹介してくれたりするかもしれません☆


この冬は仕事が少なくて良かった・・・とホッとします。納期に追われるとキリキリしちゃうから(汗)


ミーナや黒太郎の口臭もとても気になっていますが、まだ何もできていません。
近いうちに必ず着手しなきゃ。
多頭だからって手は抜きたくないですし…(≧∇≦)


2014年1月 6日 (月)

アビー、初の筑波山登頂

お正月気分はすっかり抜けましたでしょうか。
私は明日から仕事がポツポツ始まります。

さて、1ヶ月ほど前のお話。
2ワンと散歩中、リードが離れてしまって大興奮したワンコがアビーに飛びかかってきたことがありました。

アビーとその興奮ワンコは激しくもみ合い、私は軽いむち打ちになるほど派手に転倒 (^◇^;) 後頭部にたんこぶさんも。

転んだとき、アビーの脚にリードが絡まったのが見えたため、「頼むから遠くへ行かないで」と祈りながら手からリードを離しました。

するとアビーはタッタカターと走ってその犬から離れたものの、ピタッと立ち止まり、見物人となっていました。

アビーに逃げられた興奮ワンコ、今度はジャスミンに向かってきました。

ジャスミンを抱えようと慌てて起き上がろうとしましたが、体が思うように動かず、よっこらしょ(笑)となっている間、なんとジャスミンはその興奮ワンコに飛びかかり、制してしまいました(≧∇≦)

興奮ワンコはピタリと止まりました。

強すぎジャスミン。

やっと起き上がった私は興奮ワンコのリードをしっかり踏み、ジャスミンを抱えました。

アビーは?!と振り返ると、ちゃんと立ち止まって見物していました(笑)

以前だったら、「イヤッホーイ!オラは自由だーっ!」と走り去っていたでしょう。

ホッとしたところに飼い主さんが走ってきたので、まずはアビーを捕まえてもらいました。

お互いに犬を交換し、犬たちがケガがないことを確認。

その興奮ワンコのために、笑ってやり過ごしました。

だって、怒られたら可哀想だもの。
冬毛たっぷりなところを見ると、おそらく外飼いのよう。いつも鎖をぶら下げて可哀想に…。日頃のストレスが爆発したのね…と、瞬時に感じたのでした。

なんだか前置きが長くなりましたが、

あ、いつものこと?!(笑)、

ていうか、
このボリュームで前置きなの?みたいな。
ハハハ(^◇^)


まあ、何を言いたいかともうしますと、
こんな事件があって、

かつて5回も脱走したアビーが、
いつの間にか私から逃げなくなっていたことがわかった、

ということなんです☆


さらに、お正月にアビーが見せた、

ヒトへの服従心、

そして子供にも優しく接するオトナな態度。




これらの出来事が重なって、
私の中でアビーの株が急上昇☆


そこで、兼ねてから行きたかった筑波山登山に挑戦したのです!!

やっと本題です f^_^;

ジャスミンとは何度も登っていますが、アビーの場合、もしリードが壊れたり離れてしまった場合、戻ってこないだろうと思われ、山など恐ろしくて連れて行けませんでした。

でも、年末年始にこれらの出来事があり、そろそろアビーを信用しても良さそうだと感じまして。

そんな訳での、長い前置きだったわけです。
すみませんσ(^_^;)


そして昨日、思いきって連れて行くことにしました!

まずは筑波山神社。お参りしないとね。



人がたくさんいても大人しくしていられました。
そのせいか、たくさんの人が声をかけてくれて、老若男女の皆様に代わる代わるナデナデされました。まるで、なで地蔵みたいになっていたアビー(笑)

きっとご利益ありますよ〜 なんつって。


登り出すと楽しそうなアビー。



闇雲に走り出さずに、歩きやすいルートをちゃんと選んで登るんですよ。
犬は人よりずっと運動神経が優れているんですよね、そんなところをもっともっと充実させてやりたいです。


ジャスミンを連れて登るときは、小型犬だからか
「わんちゃん、がんばれー!」
と声援をいただくのですが、

アビーの場合は大きいからか、
「4WDは楽そうだな〜」とか「嬉しそうね〜」といったお声をかけていただけました。

犬連れ登山は、飼い主冥利につきます(*^^*)

だ〜れも、犬たちを邪魔者扱いしないんですよ。
脚も心臓もキツイ状態なのに、広〜い心になれるのは大自然のおかげですね。

登山はいいです。本当に。


途中の大きな杉の木。



そう、昨日は寒い一日だったのよね。

この岩は登れるかな?と考えながらルートを取るアビー。



平坦ではない道を歩かせることは、いま問題視されている犬(特に和犬)の痴呆症にいい効果をもたらしてくれそうです。怪我しないようにね。

そのためにも定期的に行きたいな。


今回は、御幸が原コースをチョイス。90分コースです。

ルートの詳細はこちらに。
筑波山 登山ルート



到着して、お昼ごはん。







そして下山は猛スピード。
できるだけアビーを待たせないように。




アビーの引っ張りにブレーキかけながらだった足首が、残り10分あたりでギリギリな感じになりました。

それでも標準70分を50分で下山。

アビーがちゃんとマテを守ってくれたから♪


帰宅するとジャスミンがヤキモチ。

ちょっと疲れが残るものの、ジャスミンとゆっくり散歩することで筋肉がほぐれました。


お正月から忙しい主人は、私とアビーの一日に驚いていました。「勇気あるね〜」と。

できれば4にんで行きたいね〜

昨年夏、ラゲッジスペースが平らで、高さのある、アビー仕様の車に買い換えたのも功を奏しました (^з^)-☆

アビーは車酔いするので、長距離ドライブ前はごはんを抜いて、窓を開けて走り、30分置きに休憩、着いたらごはん!というサイクルにしています。
だんだんそれにも慣れてきたかな〜♪


なんだか2014年はアビー飛躍の年になりそうです(^^) ワクワクします!







2014年1月 4日 (土)

2014年の始まり

新年、おめでとうございます。

2014年の始まりは、6ニャン と 2ワン。

昨年のお正月と、頭数は変わりませんが、

風ちゃんとしずくちゃんがハッピーになり、

空いたスペースに、
黒太郎とミーナがやってきました。


元旦の顔☆

まずは、私と一緒に寝ている、
(手前)ミュウと(奥)ブーレ。



今年春、ミュウは6歳に、ブーレは5歳になります。


次に、朝ごはんが出てくるまでぽけ〜っとしている、とらおちゃん。ねむねむ〜



産まれて間もなく森に捨てられていたおチビさんも、今年春に2歳になります。


昨年夏に保護したミーナ。一応、里親さん募集中です。



とらおと同じくらいで、今年の春で2歳になります。


同室の志麻ちゃん。



震災時の福島で身ごもった状態で保護され、我が家にきた翌日に出産。体重2キロの小さな体でよくがんばりました。
そのときの子猫たちキジトラ4兄妹は春で3歳になります。


そして売りだし中の黒太郎〜!



おそらく秋生まれで、まだ1歳ちょっとです。クネクネと柔らかい体も、最近はしっかりしてきました。安住できるおうちが見つかりますように。
今年いちばんの願いです。


次は犬チーム。

な〜んかイイ顔しているアビー。



年齢不詳。保護時の獣医さんのお見立ては3〜5歳。私は1歳くらいかと思い…
2年半後の今、よく観察すると、やっぱりまだ4歳くらい。


最後は大取り、ジャスミン。運転中(笑)車に乗るとビシッとします。



今年6歳。

毎年、各実家にお年玉をもらいに行きます。

今年は初めてアビーも一緒。





アビーは粗相なく両実家デビューを果たしました!
お正月早々、とっても嬉しい出来事でした。


2014年、まずは黒太郎のおうち探し。



そして…お正月が終わると気になるのは…


お正月過ぎると猫たちの発情が始まります。
かわいそうな子猫が生まれる前に、のらちゃんたちの不妊化をしなければ…

気になる猫は3ニャン。みな、夏以降に2〜4回畑の中で見ただけ。何時にどの辺にいるのか、飼い猫なのかの状況がまだ掴めていません。

この状態で手を出すと、トラップしたときに痩せ細っていたらきっとリリースできなくなる私。

おうちはあるのかな?元気はあるのかな?餌やりさんはいるのかな?全部ないときは保護スペースが我が家にあるかしら…(>_<)

色々観察して、下準備して取り組まないと…



さあ!今年もがんばりましょう♪






2014年1月 1日 (水)

2013年を振り返り

2013年もあとわずか。

犬猫たちには かんけーないね でしょうけれど、

ひとまず区切りをつけて、次の目標を立てるのが、ニンゲン。

一年の計は元旦にあり。

といっても…

これといって具体的な目標はまだ決まりませんが…

今年よりもさらに多くの犬猫を救えたらいいな。

なんて、大それたことを考えたりします。

それが間接的であっても。


さて、大晦日らしく、今年の大きな出来事を振り返ります。

まず3月。
近所の公園に遺棄された子犬3姉妹。迷わず救い、世話と里親募集にてんてこ舞い。2ヶ月足らずで3ワンとも良縁決定。




4月終わりには、初めて参加した「幸せにゃんこ」さんの譲渡会で、人慣れ不十分なしずくと風のおうちがそれぞれに決まりました。1年以上決まらなかったこの2ニャンの門出は、本当に嬉しい出来事でした。ふたりとも理想のお宅に嫁ぎ、半年ですっかり慣れて、しっかり幸せ掴みました。






5月、風としずくの引越しが終わった直後、幼猫黒太郎が玄関先にやってきてにゃあ。

7月にお見合い・引越しするも、命に関わる尿路閉塞で入院、そして譲渡中止。先方さまも、黒太郎もとても辛い経験をしてしまいました。




8月には、冬から餌付けしていた若猫ミーナを半年越しに保護できたものの、あまり健康ではなく、未だ里親募集に積極的になれないでいます。





7月から9月は、黒太郎とミーナの通院・食事療法の勉強でキリキリしていました。

2ニャンの血液検査の値が平均値になりホッとした10月、JRTのブリーダー遺棄の連絡。

成犬のレイを保護団体さんから預かることにしました。ジャックの飼養はなかなか大変とされるため、預かりボランティアさんも少なく、飼育経験者の私がお役に立てればと手をあげたわけですが…



ものすごく大変で。

9月10月は、冬から夏までの果樹園作業の疲労蓄積なのか、年齢のせいか、はたまた黒太郎とミーナのことで心配の局地に達したか、とにかく肉体的にも精神的にも疲れ果て混乱気味となりました。当ブログにも何度か弱音を吐いた気がします。

各方面にもご迷惑をかけ、犬猫たちにも負担をかけました。


しかしながらやりたいことは我慢ならず、春と秋には、100頭近い猫がいるシェルターで週一お掃除ボランティアをしていました。様々な猫の扱いと衛生について学ぶことができました。




体調が回復した11月と12月には、犬猫のホリスティックケアについて勉強することができ、同じ志を持った方々と知り合うことができました。


ずっと続けてきた犬猫手作り食についても、プロの指導のもとに知識の再確認ができました。黒太郎のストルバイトケアとミーナの解毒サポートには、手作り食が有効であることが理屈上わかり、これからもっと、栄養と健康について勉強していきたいと感じたのでした。



色々なことがあった一年でしたが、特にレイのことは勉強になりました。
ケージ内だけで育った犬の「常同行動」の問題に触れ、ココロのケアについて頭を悩ませました。


トイレしたい→寝床は汚したくない→ケージの外に向かってしよう→ケージの周囲がおしっこだらけ


運動したい→でもできない→ケージ内を回ろう→疲れ果てるまで時計回りにぐるぐる…


あ、犬だ!→マウントしなきゃ→で、いきなり背後に周りマウンティング

パピーミルのようなところでは、繁殖オス犬は発情犬との接触しかないため、犬を見るとすぐに交尾行動に出てしまうそうです。


そしてかわいそうなことに、散歩が未経験のようでした。たった二段の階段にもひるみ転け、自動車自転車に怯え、雨には驚き、リードは二本も噛みちぎられました。ケージ内の掃除をしているほんの2,3分の間に。

「しつけ」とか「健康」よりずっと大切な「ココロ」を意識させてくれる貴重な体験となりました。

同時期に、3.11被災犬だったアビーの社会化のために、陽性強化のスクールに通いました。素晴らしい先生に出会い、洋犬とは随分違う和犬の特徴を知り、接し方を学び直しました。


一年を通して、1歳猫とらおのウールサッキングも悩みの種でした。



ハンカチ、トレーナー、靴下、パジャマ、タオル…
柔らかい布なら何でも飲み込んでしまいます。

愛犬ジャスミンの、トラウマによる威嚇行動も激しいため、専門家のカウンセリングを受け、ジャスミンととらおにはフラワーレメディを始めたところです。



ふたりとも似たレメディの選択でした。

原因は私と我が家の環境にあることがわかりました。もっともっとそばにいて話しかけてあげる必要があったのです。多頭飼養ゆえ、独占欲の強い子にはたくさんの不安を与えていました。しかもジャスミン以外は全頭保護した子たち。最初から不安持ちの子たちなので、気遣いは平均以上に必要でした。


2013年は、自分のことも含め、ココロの問題について考えることが多かった一年でした。

後半に学んだホリスティックケアの理解をより深め、2014年は穏やかな日々を作れるよう、ペースダウンしてみようと思っています。

具体的な目標はないものの、ちゃかちゃかした私には【穏やかな日々を送ること】これが目標かな…と。


除夜の鐘が聞こえてきました。

2014年の始まりは、2ワンに6ニャン。

どうぞよろしくお願い致します。



























« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。