« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

キキ&サト、お引越し

大雪の日に保護されたキキとサト。

一昨日、里親希望者さまのお宅に引っ越しました。

不安でいっぱいのサト。





余裕のキキ。





かなりビビりさんなサトちゃんが、どのくらいで心開いてくれるのかがちょっぴり心配でしたが、二日目にはこの通り。

写真を送ってくださいました。




ごはんもちゃんと食べて。


心配いらないなと、ホッとしました。


里親希望者さまのお心遣いがサトちゃんにも伝わったのでしょうね。


ふたり一緒で良かった。お留守番も楽しいだろうな。

ママがいない間に探検しちゃえ〜みたいな(^ー^)ノ


まだまだ不慣れなサトちゃんと、
ガチャガチャ模様のキキちゃんを迎え入れてくださった里親さまに、深く、深く、感謝申し上げます。




2014年3月26日 (水)

トライアル、順調なようです

トライアル中のトミー君、順調なようです(#^.^#)











ごはんも食べて、トイレもばっちり!

食器棚の上がお気に入りだそうです。

そこは私が、

「たぶん、この上がお気に入り場所になると思いますよ〜」

と、お話していた場所(^^)v

リビングが見渡せる最高の位置にあります。

トミー君、頑張っているようで…

健気さに感心します。


里親さまにも感謝致します。
年度末でお仕事忙しい中、トミー最優先で生活してくださって、ありがたいです。

しかも、初日からトッピングごはんを実践してくださって!

カリカリだけじゃ、水分不足な身体になってしまうから…

ネコだって、色々食べたいにゃ!


というわけで、我が家の夕食は、

焼きイワシ、菜の花おひたし鰹節和え、炊きたてごはん を混ぜ混ぜしました。黒ゴマも加えています。




まだ少し緊張が残るトミー君。順調にいくといいな。





2014年3月22日 (土)

トライアル開始

飼い主さんが難病のために里親募集していた兄弟猫「トミー」君。

本日トライアル開始のため、つくばから千葉県に引越しをしました。





長旅だったのと、到着してからケージを組み立てたので、すっかり怯えてしまい…




しかし、抱っこはさせてくれます。
本当にイイコです。

爪が長かったので切ってあげました。
爪切り好きな私(笑)

その後は少し、緊張がほぐれたかなぁ…




慣れるまで時間はかかりますが、ゆっくり付き合っていただければ、いつのまにか信頼関係が深まっていくでしょう。





トライアルでも誓約書を交わし、お互いに身分証明書を確認します。

これから長いお付き合いになれますように。

父さん母さんを早く安心させてあげたいね、トミー君。




2014年3月20日 (木)

わんにゃん食堂:マグロのメニュー

今回のメニューは、マグロを使ったメニューです。
犬たちには納豆と白飯を加え、猫たちはマグロメインにしました。

マグロも納豆も良質なタンパク質で、身体に良いと、有名ですね。

ここ茨城県は納豆の産地でもあり、スーパーにはたくさんの種類の納豆が並びます。

キハダマグロや備長マグロも特売日ならお手頃価格で手に入りますね(^^)


この日はアビーが軽い下痢をしていました。朝から夕方までに5回。ちょっとした消化不良のようです。

こんなときは1回だけ食事を抜いてあげると回復が早いかもしれません。食べ物が入らなければ、胃腸がひと休みできるそうです。


ただ、アビーは筋肉が少なく貧血もあり、軟便は珍しくないので、

良質なタンパク質を取りつつ、

粘膜に働き、胃腸の動きを助ける効果のある「くず湯」入りの食事で様子を見ることにしました。


これで止まらなければ、1日くらい食事を抜こうと思っていましたが、この食事のあと、下痢は止まりました。

くず粉を買うときは成分表示を確認したほうがよろしいと思います。「葛」ではなく、ジャガイモのでんぷんが使われている商品もありますので。



ではレシピです。


わんずにオススメ☆
マグロ納豆丼、もずく酢添え





材料)

刺身用マグロ、納豆、もずく、りんご酢、葉物野菜(今日は豆苗)、本くず粉、白飯


作り方)

1. マグロを軽く焼く。
柵で購入して丸ごと表面を焼いて半生にすると美味しそうです。

2. 納豆はネバネバを出してから刻む。

3. もずくにりんご酢を少量かける。
「もずく酢」として味付けされている商品なら、汁気を切り少量使うか、心配なら軽く水洗いしてもよいと思います。私はもずく酢が大好きなので、味付けもずく酢もよく買いますし、犬たちには少量をそのまま食べさせています。

4. 葛湯を作る。

5. 葉物野菜を細かく刻み、葛湯を絡ませる。

6. 白飯と、カットしたマグロ、納豆、もずく酢を盛り付け、葛湯をかけて出来上がり。



あ!すりごまを加えてもいいかも〜


豆苗は、グリンピースの新芽なんですってね。生でも茹でてもシャキシャキで美味しいです。



にゃんずにオススメ☆
マグロに小エビあんかけ












材料)

刺身用マグロ、葉物野菜(今日は豆苗)、小エビ、本くず粉、白飯


作り方)

1. マグロを軽く焼く。
柵で購入して丸ごと表面を焼いて半生にすると美味しそうです。

2. 濃いめに葛湯を作る。

3. 刻んだ豆苗と、砕いた小エビを葛湯に絡ませる。

4. 食べやすい大きさにしたマグロに、3.の葛湯をかけて出来上がり。


にゃんこたちはマグロ好きさんが多いですね。でも食べ過ぎはダメダメです〜。

小エビ味のトロトロあんかけも人気です。


なんでも食べるミーナはマグロから。



慎重派のミュウはカリカリから。



6ニャンみんな完食で〜す!








2014年3月19日 (水)

美味しいごはんってどんなこと?

日本に伝わる美味しい食を愛犬愛猫に作ってあげませんか?

今あげている市販のペットフード、飼い主さんは食べられますか??

私が犬猫を家族に迎えたとき、迷いなく手作り食を始めたのは、市販フードがあまりに臭かったから(笑)

なんじゃ、これーーー(≧∇≦)みたいな衝撃がありました。


生で美味しいものは生で。
焼いて美味しいものは焼いて。
煮て美味しいものは煮て。

サンマには大根おろし。
トンカツにはキャベツとレモン。
ご飯には納豆。
汁物には味噌や醤油。

寒い季節はじっくり育つほんわか優しいものを。
暑い季節はぐんぐん育つエネルギーあるものを。


自然と向き合ってきた島国日本の四季の風土を大事にして、新鮮なものは新鮮なままに食することは、人だけでなく動物も大切なことだと思ったりします。


「フード・インク」というアメリカ映画を観てベジタリアンになった人が多いという話を聞きました。


市販のドッグフード・キャットフードはアメリカで生まれたものです。


動物が食べられなくなるのは個人の自由ですが、あなたが買うそのペットフードは、それ以前のものでできている可能性があることに気付いていますか?


映画が伝える本当のことは、動物が可哀想だということではないと思います。薬剤がすごいってことだけでもないと思います。

人口が増えすぎて、食べるものを工場化しなければならなくなった大陸の悲惨な現状を伝えているんじゃないかしら。

それは、需要があるからなんでもかんでも無理やり繁殖し続けるペットビジネスと同じ。



作ってあげることが面倒で、インスタントをフル活用。

便利な社会に生きながら、便利なものを使わないなんてもったいないじゃな〜い!

って、それでもいいと思います。忙しい現代人には時間のゆとりも必要なことですから。


けれど日本に住んでいて、

今朝採れた野菜が食べられたり、

昨日屠殺されたばかりのお肉が食べられたり、

さっきしめたばかりの魚を食べられたりするわけですから、

たまにはそんな新鮮食材を、

自分で食べるものを選べない愛犬愛猫にあげてみるのもいいんじゃないかな〜って思います。


新鮮な食材が手に入りにくい大陸の食文化を真似るなんて、せっかく日本に住んでいるのに、ちょっともったいない。


古い食材で加熱に加熱を施されたカリカリしたものを食べてきたペットたちに、ほんのちょっと新鮮なものをトッピングしたら、

「うわ〜!美味しい!身体中が潤って、生きてるって気がするー」

なんて、喜んで食べてくれるかもしれません(^^)



そんなこんなで〜、

我が家の昨夜のわんにゃん食堂メニューです!今日は人が食べるものを、ちょっとおすそ分けできるメニューとなっております(^^)/


わんずにオススメ☆
マグロ納豆丼、もずく酢添え











にゃんずにオススメ☆
マグロとろとろ海老あんかけ




レシピは後で!(笑)









2014年3月18日 (火)

わんにゃん食堂:鶏肉類の犬猫ごはん

たまには手作りごはんネタを(^^)


【わんにゃん食堂】

☆わんずにオススメ☆
砂肝野菜炒め、焼きリンゴ添え





材料:砂肝、好きな野菜を3種くらい、リンゴ、ごま油


1. 砂肝は薄切りに、野菜は細切りに、リンゴはお好みで。うちの犬たちが焼きリンゴ好きなもので(^^)

2. フライパンにごま油を熱し、砂肝を強火で炒め、その後弱火にして半生くらいになるまで炒める。

memo

砂肝はレバーと同じく良質なタンパク質でありながら、レバーよりコレステロールが少なくてヘルシー。
太り気味のジャスミンにピッタリ!!




3. 野菜を加え、一緒に炒める。

memo

人参、小松菜、トマトを使いました。

色の濃い野菜は β-カロテンが豊富。β-カロテンは活性酸素を除去してくれる働きがあり、油で炒めることで吸収されやすくなります。体内でビタミンAにも変わるため、粘膜や皮膚の健康維持に役立ちます。

アビーにピッタリ!!

人参や小松菜に含まれる食物繊維は大腸の働きを促してくれます。つ、ま、り、お通じに良いわけです。

「繊維が多い野菜は消化が悪い」と言われたのは昔の話。油炒めをすれば繊維質から脂溶性ビタミンが離れてくれて、吸収されやすくなります。

そして、生の赤いトマトに多く含まれるリコピンには強い抗酸化力があり、トマトの国イタリアでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言うそうですよ(^^)




4. 加熱し過ぎると砂肝が固くなるので、適度なところで火を止め、蓋をして、余熱でゆっくり芯まで火を通す。

5. リンゴは、野菜と一緒に炒めても、別々に焼いてもOK!

6. 冷ましたら盛り付ける。仕上げに、ごま油を少量かける。小型犬で小さじ半分、大型犬で小さじ1くらい。

*白飯には「すり黒ごま塩」をかけました。他に、青のり、乾燥小エビ、鰹節などがオススメ。

*人用には塩コショウを加えれば、ビールに合うおつまみに。



===


☆にゃんずにオススメ☆
鶏もも&レバー炒め





材料:鶏もも肉、鶏レバー、人参、ごま塩、ごま油


1. 沸騰した湯に、鶏レバーを丸ごと入れ、適度に火を通す。丸ごと茹でることで、ふっくらした仕上がりになる。 茹ですぎ注意!

2. 熱したフライパンにごま油を少量だけ熱し、鶏もも肉を丸ごと入れて中火で焼く。

3. 焼いた鶏もも肉と、茹でたレバーを、キッチンバサミで食べやすい大きさにカットし、混ぜ合わせる。

4. 人参は生のまますりおろし、お肉が熱いうちに全体を混ぜ合わせる。


5. お好みで、すりゴマや乾燥小エビ、塩無添加の食べる煮干しなど、栄養をプラスする。


→お肉たちが熱々のうちに人参をすりおろして乗せると、お肉の香りが染みるようです。野菜嫌いなにゃんずも抵抗なく食べてくれました。


2014年3月10日 (月)

楽しく終了、マッサージセミナー

「わんちゃん、ねこちゃんのためのマッサージセミナー」、無事に楽しく終了しました。

まずは、ご参加いただきました皆さま、宣伝にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

そして、遠い中お越しいただきましたSMILE DOGのmayumi先生、ご協力いただきまして感謝申し上げます。






会場となった「ウインズガーデン」さんにも大変お世話になりました。とっても美味しいイタリアンがいただけるお店で、普段からテラス席のみわんちゃん同伴OKのレストランです。

またまたアビーの似顔絵も描いていただきました。嬉しい〜❤︎



わんちゃんメニューはありませんが、ぜひ一緒に行ってみてください。


そもそも、なぜこんなセミナーを開催したいと思ったか、ですが、

きっかけはアビーの地震・雷・水・花火への恐怖心。

なんとかならないものかと、ペットのためのリラックスマッサージを習いに行き、リンパの流れを良くするマッサージを習得。同時に、日々の健康管理のポイントも学び、アビーに実践してみると、少しずつ恐怖症が改善してきました。


なるほど〜と実感した私は、同じことを保護犬猫に施してみました。

すると、半年もの間、手を出すとパンチしてくるような気性の荒い保護ネコちゃんが、少しずつ「撫でて〜」と近寄ってきてくれたり、

不安でオロオロする保護イヌちゃんをマッサージしたら膝上で寝てしまったりと、

様々な精神不安を抱えているコには特に有効だということを実感しました。


そんな経験から、特に、何らかの不安を抱えるペットちゃんたちと暮らす方々に、優しいマッサージを広めたいと思い、先生をお呼びし、セミナーを開催したのでした。


これまでの間、他にも様々なものを習い、まだまだ修行中ではありますが、勉強したことを広めることで、広〜い意味での殺処分を減らすことができるんじゃないかと思ったりして… 夢はやたらと壮大です(笑)





また、本日のモデル犬は当然ながらアビーにしました。





2年前までは手が付けられないほどの暴れん坊だった福島被災犬です。二度も里親希望さんのお宅にトライアルに出しましたが、噛み付いたり、庭を掘りまくって荒らしたりして「無理です… 」と言われ返却。

3ヶ月の預かりボランティア期間を大きく超え、保護団体のシェルターに返す案もありましたが、アビーの性格ではシェルター生活は無理だと感じ、1年近く経ったころ、ある意味仕方なく、正式にうちのコにしたという経歴を持っています。


そんなコが、8頭のわんちゃんやたくさんの人がいる個室の中で、テーブルの上に乗せられ、マッサージのデモをされ、イヤイヤせずに、「座って」「ちょっと待って」「立って」に従い、言う通りに動いてくれました。





これにはびっくりでした。アビーには「ステージ」が合うんだと気付かされました。


優しいマッサージはアビーにとって、まさに「好きなことを仕事にする」だったのです(^^)




「アビー君、ヒゲが濃いのね」と言ったママさんにはウケました(^^) アビーの口周りのガビガビにも毛が生えてきて自然な状態に近づいてきたということですね。

アビーばかりの写真でごめんなさい!


ご参加いただきましたわんちゃんたちの様子は、mayumi先生のブログでご覧ください♪

SMILE DOG ブログ


長時間がんばったアビーには、スペシャルごはん。

豆腐と豚肉と山芋の味噌鍋!




お豆腐は胡麻豆腐。山芋は自然薯だからスペシャルなので〜す (*^^*)


私の中での理解度をもっともっと深めて、また近いうちに開催したいと思います。

なお、保護イヌネコにご寄付いただきました詳細は、ホームページのほうで別途ご報告させていただきます。







2014年3月 9日 (日)

ペットケアバッジ

昨年、1級の合格をいただいた「愛玩動物飼養管理士」のバッジが届きました。

うーむ。どこにつけよう? (笑)




1級の内容を少しお伝えしますと、

まずペットと野生動物の両方の関係法令を学びます。2級でも出てきましたが、ヨーロッパ諸国や日本がどのようにして動物愛護福祉に取り組んできたかを知ると、この分野の開拓は本当に難しいんだなと感じました。

動物行動学の分野では、犬猫の感情の現れは耳や髭、尻尾など体全体から知ることができたり、恐怖や喜びがどのように印象づけられるのかなど、犬猫と接する際に役立つことが盛り込まれていました。陽性強化法でわんちゃんのトレーニングをしている方々は朝飯前の分野でしょう♪


犬猫の栄養学も学習範囲に入ります。私の最も興味を引くところ。人の分野でも安全な食品についてはとても話題性が高く、同じレベルの食材をペットに与える方も増えているようです。ペットの死因トップ1は癌であることもびっくりします。人が作るものを食べているから人と同じように癌になるんだと、勝手に思ったりしました。

ペットフードは食品ではなく雑貨扱いであることを広く知っていただき、フードの内容を良くみて選ぶことが常識化されてほしいです。


また、ペット全般の繁殖や疾病に関わることも出てきます。医療分野にうとい私には、この分野はとても専門的に感じ、最も時間をかけて勉強した分野です。ウイルスや菌の違い、薬の違いについての比較表があり、興味深く学習できました。


そして保護譲渡をする人は特に知っておくべき公衆衛生についても学びました。どんな経路で感染するのか、ワクチンの範囲はどんなもんなのか。


オリンピックで、ソチ周辺の野良犬問題が明るみにでましたが、日本では遠い昔の病気「狂犬病」がまだロシアには残っています。哺乳類のほとんどが感染すること、この病気が日本に入ってこないよう日本の検疫はかなり厳しいものになっていること、しかしながら検疫が義務づけられている動物はわずかであることなども知っておきたい情報ですね。

先日テレビで、珍しいペット特集があったそうですが、おもちゃを買うような気持ちで動物を買う人が出ないことを祈ります…


とにかく試験範囲は広いです。といっても、試験対策の勉強はそれほど大変ではありません。事前に模擬問題が100問あり、その内容をしっかり抑えれば合格は可能だと言われています。

しかし合格だけが目的だと、勉強する意味がないので、学んだことを身に付け、役に立てたいと思います。すでに、かなりの割合で頭から抜けてはいますが(^^;;

試験が終わってから読む教材は不思議と面白く、ためになること多いんだな〜なんて気付いたりして、逃げていく専門知識を手を伸ばして掴み戻しています(笑)


これから先も、自分や家族が健康でいる間は周囲で助けを求める犬猫たちには手を差し伸べ、初めて動物と暮らす方々には役立つ情報を発信し、お役に立てるよう努めたいと思います。保護犬猫を選ぶ人がもっと増えることを祈ります。






ペットブームは加熱の一方。何があってもその子を守ると言える方だけがペットを迎え入れてください。そんな世の中にならないと、殺処分はゼロにはならないでしょうね。


また、動物にもココロがあること、人とは違う視野を持っていること、そして言葉ではないコミュニケーションが必要だということを知る努力を怠らない人が増えるといいなと思います。


1級も2級も今が申し込み期間です。年に一度の試験です。



(↓里親募集中の黒太郎とミーナ)










2014年3月 7日 (金)

ペットのためのマッサージセミナー

2月開催が雪のため延期になり、3月9日日曜になりました、「わんちゃん、ねこちゃんのためのマッサージセミナー」、まだ2組さま入れますので、ぜひご参加ください。前日までの予約制です。






以下、会場となる「ウインズガーデン」さんテラス席の様子です。


少しだけ隙間風が入りますが、今日は日差しも入り、ポカポカでした。









床はテラコッタ風のタイルなので冷たいです。わんちゃんの敷物をお持ちください。






セミナーでは、ペットとのコミュニケーションとしてのマッサージ法を練習していただきます。優しく触ることはペットのココロを癒します。また普段から触っていると、不調サインにも早く気がつくことができるでしょう。


びわの葉エキス温灸も体験していただける予定です。






セミナー中のお食事やドリンクは注文できませんが、セミナー前後または別の日にゆっくりとレストランをご利用ください。普段からわんちゃんOKのテラス席です。

必ずではないそうですが、こんなサービスがあるかもしれません☆






ご予約・お問い合わせは、コメント欄にメールアドレス付きでお願い致します。メールアドレスは一般公開されませんので、ご安心ください。


レオは募集中です!

飼い主さまが重病で里子に出すことになったトミレオ兄弟ですが、トミー君はトライアル決定、レオ君は募集中となっております。




こんなことしてますが(笑)、実はクールなイケメンです。



子猫のときから人と一緒に暮らしていますから、比較的慣れるのは早いでしょう。

健康診断も良好!

どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

2014年3月 2日 (日)

黒太郎、帰宅

黒太郎がトライアルに出てからちょうど1週間。




里親希望者さまのお住まいの入居規定が変更になったことで、ねこちゃん2匹目の飼養が難しいことが判明しました。

非常に残念ですが、譲渡中止とするほかありません。





とても可愛がっていただいたようで、くろちゃんは私のお迎えを歓迎してくれませんでした。





帰宅してからも、元気がなく…(<_<)


食欲もなく…


うにちゃんちが良かったー!!


と言っているようで…



なんだか、、、とほほです。


しかし社会のルールは守らなければならないので、こればかりは、ぐぐぐっとがまんです。






先住さんのうにちゃんは、積極的なくろちゃんに引いてしまうことが多かったそうですが、たまに興味も持ち、時間をかければ慣れそうな雰囲気もあったようです。


↓手前がくろちゃん。奥がうにちゃん。





奥のうにちゃん、見つかりましたか??(笑)


くろちゃんがケージにいると、近寄って観察モード。




仲良しになれたかもしれないし、ダメかもしれないし…

こればかりは猫たちに聞いてみないとわかりませんが…

1ルームマンションの場合、仲良くなれなかったら、猫たちはものすごいストレスを抱えて生きてゆかねばならなくなります。

二頭目を迎えるときは、あれやこれや考える必要がありますね。


写真はすべて里親希望者さんからのご提供です。
1週間毎日、様子をお知らせくださいました。にゃんこ大好きで、接し方も上手な、穏やかで素敵な女性でした。だからくろちゃんもすぐに馴染んだのでしょうね。愛猫仲間として、またお会いできたら嬉しいです。


さあ、くろちゃん、
またの出会いを探すことにしましょう。







« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。