« 一昨年の殺処分数について2 | トップページ | 一昨年の殺処分数について3 »

2014年5月 7日 (水)

TNRしました

昨年夏から気になっていたキジトラちゃん。

私は4回見かけ、主人は3回見かけていました。

すぐに逃げてしまうので、みな同じキジトラちゃんかどうかは定かではありませんが、

保護して家猫に、

あるいはTNRを…

と考えていました。

大雪の日は姿が見えなかったため気になり、発砲スチロールと毛布を使い、寒さ耐えられるハウスを作りました。裏庭に置いたりしましたが、使った形跡なし。

ごはんも食べにくることはありませんでした。

しかし、暗くなってからも公園の草むらにいたり、主人が見かけるのは9時や10時だったので、おうちはないものと思いました。


先週、犬たちの散歩のため玄関ドアを開けたところ、

ちょうどそのキジトラちゃんが我が家のデッキを通り過ぎようとしていたようで、

道具入れに隠れてしまいました。


犬たちの散歩を済ませ、その道具入れを覗くと、あのキジトラちゃんでした。ものすごい顔でシャーをしたのでした。

チャンス!と思い、

急いでお皿にキャットフード入れ、道具入れの前に置きました。出てこないので、家に入りました。

しばらくしてこっそり見に行くと、出てきて食べていましたが、私に気が付くと慌てて逃げていきました。

顔つきはオスっぽくて、体は小さめ、首輪なし、痩せ気味。


残されたフードはそのままにし、またしばらくして見に行くと綺麗に食べきっていたので、

こりゃあ、明日も来るぞ。

と思ったのでした。


翌朝5時に起き、ネコ保護専用トラップケージをセットしました。


7時ごろ、バタンと扉が閉まる音がしたので見に行くと、

激しい威嚇と、隙間から出ようと猛烈暴れるキジトラちゃんがトラップケージに入っていました。

布をかけて暗くし、車内に。


事前に連絡しておいた獣医さんに捕まえたことを報告し、不妊化手術のお願いをしました。


車を運転している間、耳先カットをお願いするか、悩んでいました。







オスならお尻を見れば去勢しているかわかります。

けれど、あの激しい野生さではお尻を見ることができませんし、

暴れ具合からして、家猫には厳しい気がしました。

リリースすることにした場合、近所の方々から厄介者扱いされないように、わかりやすい印がやはり必要です。


そんなこんな悩みながら必要なことをメモし、病院に預けてきました。



翌日迎えに行くと、やはりオス。

鼻先が赤くなっていました。暴れた際に擦りむいたのでしょう。

1,2歳かなと先生。


自宅に連れ帰り、ケージを車から下ろすと大暴れ。

リリースするためにケージに手をかけるのも躊躇しました。

ケージはガタガタと揺れ、転がる勢いでした。

やはり家猫は難しい…


用意していた猫缶を開け、これ食べてねとケージ越しに見せるも、それどころではない様子。

タオルを手に巻き、ささっとケージの扉を開けました。

生垣をすり抜け、畑のほうに一目散に走り去りました。






それから今日まで6日。毎日、猫缶を開けていますが、食べに来ません。

相当なショックだったのか、

あるいは、元々うちで食餌する習慣はなかったから来ないだけの話か…


あのキジトラちゃんが、楽しい毎日を過ごせることを祈ります。




« 一昨年の殺処分数について2 | トップページ | 一昨年の殺処分数について3 »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TNRしました:

« 一昨年の殺処分数について2 | トップページ | 一昨年の殺処分数について3 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。