« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

ミーナをうちのコにしました

まだ2歳のミーナ。昨年8月に保護し、このブログだけで里親募集をしてきました。





お気づきの方はほとんどいないと思いますが、

最近、カテゴリーに書いていた「ミーナ(里親募集)」から「ミーナ(募集終了)」に変更しました。

里親さんが決まったわけではなく…


毎日栄養つけていれば、そのうち良くなるだろうと思っていた涙目が一向によくならず、毎日のように赤茶色の涙が出ていて、口の中も膿の臭いがしていました。

さらに最近は、ぜんそくのようにゼイゼイすることも多く、明らかに近い将来、かなりの医療費が必要なことを予測できました。

そんな理由から、里親募集をあきらめ、私がミーナの世話をしようと決めたのでした。




これまで何もしてこなかったわけではなく、ハーブや消化酵素などを与えたり、歯磨きを試みたりしました。消化酵素は匂いのないものを見つけることができましたが、ハーブチンキは拒否、歯磨きもぜったいダメーな感じで、思うようにはできませんでした…






そこで、動物歯科専門医の先生に診てもらうと、涙の出る左側の下顎に膿が溜まっていることがわかりました。





左側の幅が広くなっているのがわかります。


骨も少し溶けているでしょうね、ということでした。

原因と思われる奥歯を抜歯して膿を取り除くことが必要とのことで、口腔外科手術を明日に行うことになりました。


左の奥歯3本は抜くことになりそうですが、肺の不調や、カリシウイルスやヘルペスウイルスを持っているかもしれないため、出血状況を見ながら、呼吸も大事を取りながら、抜歯本数を決めるとのこと。


出血がひどいときは無理せず、抜歯は1,2本にし、数ヶ月置いてから次の歯を、という治療にしましょうと先生。

「大切なコなので、大事に大事に無理せずお願いします」と頭を下げてきました。


こちらの病院は吸入麻酔なので、麻酔量による事故は少ないだろうと、素人ながら少し安心します。


手術費用は5万円前後(^◇^;)


2年前くらいにはアビーの抜歯もお願いした先生で信頼できます。歯磨きしていたら犬歯の奥の歯が欠けていることに気がつき、歯髄腔が見えていたため抜歯となったのでした。

その頃アビーはまだ荒れていたので、院内で暴れ出したら大変と思い、導入麻酔が効くまで立ち会いたいとの私の申し出には快諾くださいました。


なので!過度に心配せず、先生にお任せして、私は後のフォローをしっかりすべく、心と知識の準備をしたいと思います。


この治療によって、赤い涙も出なくなる可能性があるそうです。

しかし、1歳くらいと思われた保護当時から前歯がないことなどから、免疫が低い可能性もあり、口腔以外の部分についてはどうなるかはわからないとのことでした。

でも、
やっと納得できる説明を受けることができました。


ミーナの治療はこれからだと思います。
歯はもちろん、肝臓や肺に不調が出ています。
体内の毒素が出やすいという耳の中も汚れがちです。

少しでも健康に近づけてやりたいと思います。











2014年6月28日 (土)

離乳食

ナツミちゃんは生後6週過ぎくらい。

離乳の時期です。

まず一日目と翌日までに、5回の下痢をしました。
完全に水溶性でした。

下痢を止めるために、2日目のごはんは、鶏ササミに葛湯をかけてみました。すると、もぐもぐ、よく食べました(^^)

後に、ムネ肉を少し加えたり、炒り卵を加えたりしたものを1日3回、丸2日与えました。

ササミもムネも、半生にしてみました。
毎度、葛湯をかけました。



ミルクは仔猫用を用意しましたが、少ししか飲みませんでした。


葛湯のおかげで下痢は止まりましたが、

今度は3日間の便秘。

水分が足りなかったのかもしれません。


私はいつも、新鮮な野生の丹波鹿のペット用肉を定期便で購入しているのですが、

4日目に、そのモモ肉をさっと湯通しして、半生で与えてみました。

案の定、夢中になって食べていました。
ネコたちに好評なお肉です。

さらに、腸内環境を整える意味で、ヨーグルトにヤギミルクパウダーをかけて、少しお水でゆるくしてから与えてみました。

ヨーグルト?!と思いながらでしたが、好評でした。


そしてついに、便秘が解消され、固めの便が出ました!ひと安心☆


5日目、水分を意識して、鱈を茹でて、ペット用海藻粉末をほんの少し加えて与えてみました。

これも、完食しました。


6日目、さらなる便秘解消を狙って、
半生の豚ヒレ肉に、枝豆スープをかけて与えてみました。

中央のオレンジ色は茹でたかぼちゃです。
食べませんでした。
もう少し成長してから与えてみようと思います。

枝豆スープは飲み干しました。お肉は少し残しました。

枝豆スープは、柔らかく茹でた枝豆を、ヤギミルクと一緒にミキサーにかけたものです。ほんのりグリーン色でしょ。



あと1〜2週間はお肉中心で、ヤギミルクも与えていこうと思います。

野菜はその後から少しずつ足してみようかと思っています。

お肉やお魚を、生でも加熱でも食べるコになってほしいです(^^)

なんでも食べるコ、元気なコ♪

猫の食性は、生後半年くらいまでに決まると言われ、保護猫たちを見ていると本当にそう思います。

成猫になってからでも変えていけますが、年単位の時間をかけなければならなかったりします。

変われないコもいます。


遺伝子組み換え食品の危険性がじわじわ解りつつあるようです。多くのペットフードに使われているだろうなと想像します。

手作りすれば病気にならないわけではありませんが、防げる病気も少なくないはず。

が、しかし、
先日、安価なドライフードだけを食べさせているという、19歳の大型犬に会いました。白内障はあるものの、とても元気で、これにはびっくりしました。
リードに繋ぐことなく、いつも中庭に放されていて、毎朝夕の散歩は欠かさないそうです。

そんなこともありますから、ドライフードが悪いとも言えません。

1年前、里子に出した黒太郎が「尿路閉塞」となって病院に担ぎ込まれ、退院後に我が家に帰ってきました。

入院していた病院の先生は「療法食だけを食べさせないと再発しますよ」と言いましたが、

手作りごはんとウェットフード中心の、水分を意識したごはんにし、

毎晩の運動会も欠かさず行い、トイレは意識して清潔にしていました。

それで、1年間再発なし。


つまり、食事だけが、病気を防ぐ手段ではないということ。

食事と運動と…  人間と一緒ですね(^^)


母猫を探してニャーニャー鳴いていたナツミちゃん。

兄妹でもいればまだいいのですが、遊び相手もいないのは可哀想なこと…


ブヒブヒ風邪も続いているので、治ってから譲渡会に出たいと思いますが、

風邪治療をがんばってくださる方であれば、今からでも里親募集します♪お渡しは生後8週過ぎてワクチン接種できてからにさせていただきます。

よろしくお願いします。

それまで、愛情ごはんとスキンシップと話しかけをたっぷりしてやりたいと思います。

 
 










2014年6月26日 (木)

シャンプーと爪切り

シャンプーしました。


前足の爪を切りました。


私はこういうお世話が大好きです♪

首マッサージ。
気持ち良さそう。お母さんを思い出すね。

お腹マッサージ。






可愛いナツミちゃん。

里親募集まで、もう少しお待ちください(^^)

2014年6月23日 (月)

仔猫は生後6週くらい

夏至の夜に保護できたので、

…夏美人になりますように…

と、ナツミちゃんと名付けました。

顔周りは傷だらけ。右目も辛そうです…

いやまあ、ホント、ガリガリです…

生きてて良かった。

他の兄妹も気になりますが、今のところ、気配なし。

病院で以下診断を受けました。

・生後6週くらい。

・結膜炎のため目薬処方。

・痩せているため1週間様子を見てからワクチン予定。

・回虫寄生あり。

・食欲がないため、体力をつけてからノミ・ダニ・回虫駆除剤予定。


病院から戻ると疲れた様子のナツミちゃん。
身体を綺麗に拭いてやり、ハウスも整えてあげました。

さっそく、くつろぐナツミちゃん。かわいい。




ミルクも飲まず、トロトロのウェットフードも食べないので、

夕方、ミルクをシリンジであげると、まあまあ飲んでくれました。

一日で下痢が4回。

だからミルクも少しずつ。



2014年6月22日 (日)

仔猫を保護しました

2夜連続で足を運び、昨夜22時半、やっと仔猫を保護できました。

母猫を探しているように、時々叫ぶように鳴く仔猫。

生後5,6週くらいに見えたので、近づいて捕まえるのは困難と思い、猫専用トラップケージを仕掛けるも入らず…

目と鼻が詰まり、匂いがわからなかったのでしょうね。

夜9時過ぎて辺りが静かになったころ、

にゃぁ〜 

と呼びかけると、

にゃー!にゃー!

と、お返事。

重建機の下に隠れていました。

切ないですね…

お母さんが迎えに来たっ!と思って必死に鳴いていました。




手が届かず、おびき出すしかないのですが、怖がって出てきません。

写真の中央にいますが…見えますか?


なんとか身体を入れてみても、後ろ側に回り込んだりするのでなかなか捕まらず、

試行錯誤していたら、重建機から飛び降りて走り出しました。非常にマズイ!と感じ、慎重に慎重に追いかけました。

結局、隠れようとした排水溝には泥が溜まっていて、落ちた仔猫は足を取られてしまい、動きが鈍りました。

私がゆっくり手を伸ばし、捕まえることができました。



帰宅は23時を超え、仔猫も疲れ切っていたので、タオルとミルクと柔らかフードを入れてやり、私も寝ました。

今朝は元気に鳴いてくれましたが、食欲はあまりないようです。

泥が身体に付いていたので拭いてやろうと、ゆっくりゆっくり手を伸ばしました。

シャーシャー言いましたが、ゆっくり撫でてやるとゴロゴロ言っておとなしくなりました。

膝に乗せてキレイにしてやり、病院へ向かいまさした。


つづく。

2014年6月 9日 (月)

タオルのご寄付

お世話になっているドッグトレーナーさんを通じて、
愛犬を亡くされた方から、

「わんちゃんの保護団体に使ってもらいたいけど、信頼できるところがわからない」

と、大量の使用済みタオルと毛布があることをご相談いただきました。ミカン箱5,6箱くらい!





毛布にハンドタオルにバスタオル、バスマット…
うわ〜!すごい!!


ほとんどが頑張っている団体さんなので、どちらを選んでいただいてもいいと思いますが、私に託してくださるということなので、私から各方面にお送りすることにしました。




それぞれが必要としている物を選び、団体さんと県のセンターに送りたいと思います〜








どれも洗濯済みで、まだまだ使えるふんわりタオルばかりです。ありがたいですぅー!!

うちのよりはるかにいいぞ〜✨


本当にありがとうございます♪

このご縁をくださった先生にも感謝申し上げます。


保護犬ちゃんたちのシャンプーの際に使いたいというグループさんたちには、ラベンダーのサシェを入れて送ります〜





2014年6月 8日 (日)

黒太郎に再々ラブコールいただきました

黒猫の黒太郎。保護してから1年が過ぎ、1歳半くらいになりました。

Kuro01

身体も大きくなって、すっかりオトナの顔です。
 
現在は3歳の志麻ちゃんと、2歳になる頃と思われるミーナの3ニャンで1部屋を占領しています。

Kuro02
 
 
そんな黒太郎に先日、三度目のラブコールをいただきました。
 
最初は、ご本人も知らず、ペット不可だった賃貸住宅にお住まいだったために黒太郎を断念。
2度目は、「ペットは1頭のみ可」だったため、断念。(くろちゃんは2頭目です)
 
 
そして3度目。
「やっと複数頭でもOKの物件が見つかりました!黒ちゃんはまだ募集中ですか?!」と。
 
ありがたいお話です (*^。^*) 
 
 
(↓麻の爪とぎをサーフボードのように乗りこなす黒太郎。かなり得意げです)
Kuro03
 
 
 
黒太郎の移動は7月に入ってからとなりそうですが、
 
彼にとっての本当のイエネコ生活が始まると思うと嬉しい思いでいっぱいです。
 
 
こんな素直で扱いやすいネコちゃんなのにどういうわけかかみ合わずに
色々と苦労させてしまったゆえ、

今度こそ、幸せになれますよう、祈りたいと思います。
 
Kuro04
 
 
 
 
 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。