« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

動物愛護週間

今週は動物愛護週間ですね。

このサイトと動画をぜひ、ご覧ください。

俳優さんやタレントさん18人が、ペットを大切にしようと訴えています。

殺処分ゼロへ向けて、大きなウェーブを作りましょう。


http://grapee.jp/16390








不慣れニャン、大進歩

こういう状況を、

「雨降って、地固まる」

と言うのでしょうか。



譲渡会から帰ってきた夜、それまで食欲半分だった ちゃしろん が、お皿を舐めるほどよく食べました!


保護主さんが良質なドライフードをたくさん用意してくださったのですが、譲渡会の夜は私もクタクタで配慮行き届かず、みんなと同じ手作りごはんをあげたのでした。



よく食べてくれたので、翌朝もみんなと同じ手作りに、ドライフードを混ぜてあげたら、むしゃむしゃと完食!






そして、その後は、なんと!

ゴロゴロ。









一気に慣れてくれました♪



と思ったら、数時間後にシャーが出ました(笑)


里親さんが決まって穏やかな毎日が続けば、ゴロゴロにゃんこになること間違いなし!

うちは犬たちが吠えたりするので、ドキッとさせてしまうことが多々あるのです。



ナデナデさせてくれて、ごはんもモリモリ食べるなら、隠れたまま出てこないことはないと思うので、寝る時間以外をフリータイムにしようと思います。









このニャン↓はフレンドリーですが、





まだお許し出ない先住猫が1ニャンおりますため、一応彼女にも配慮して、寝る時間はちゃしろんにケージで寝てもらいますが、

ポカポカな日中はフリーに。

窓からの風も気持ちいいみたい。





美猫、ちゃしろん。

他猫たちにも優しいコです。







多頭飼い希望で、里親募集しています♪

ビビリさんですが、とにかくカワイイです(=^x^=)





どうぞ、よろしくお願いします☆








2014年9月21日 (日)

決まらず

黒太郎とちゃしろんを連れて譲渡会に参加してきましたが、

どちらも人気の割りに決定打なく、

寂しく帰ってきました。






キュートで気高いちゃしろん。
「美猫さん!」と注目されましたが、
抱っこイヤイヤの態度に、悩む人多数。



魔猫さんでもありました(笑)




いつもと同じ、マイペース黒太郎。
じゃらし棒で私と遊びました。







黒太郎は、5組10人くらいの人に抱っこされ、クタクタです。

よく働きました!という感じです。






運命の赤い糸はいつだって、

「この子がいい!!」

ということばでピン!と強く張ります。


それが見つかるまで、

待ちます(^^)


いいんです。急がなくても。

「ちゃしろんには教えたいことがたくさんあるからさ」

黒太郎がそう、私に言ってくれた気がします(^^)





ふたりともありがとう。
よく頑張りました!





2014年9月19日 (金)

新顔の茶白さんです

2,3年前、このブログにコメントをくださったことがきっかけで、その後ずっとブログを通してお付き合いさせていただいているmama-gooseさん。

何度もアドバイスくださったり、励ましてくださったりして、頼もしく優しい方だなぁと思っておりました(^ν^)

その、mama-gooseさんのブログを拝見していたら、1ヶ月くらい前から保護したい猫ちゃんがたくさんいて、とっても大変そうだったのです。


私の方は、少し前にナツミちゃんが決まって、別の友人が保護した赤ちゃん猫のお世話をする予定でした。

しかしその赤ちゃん猫がうちに来る直前に病気で亡くなってしまい、準備したスペースと私の気持ちがぽっかり空いてしまいました。


そこで、mama-gooseさんにどの猫さんでもいいのでお世話させていただきたい旨を申し出たところ、さっそく茶トラ白のカワイイ女の子ちゃんをお預かりさせていただけることになりました♪


初日はトイレで小さくなってしまいました。怖いよね、ごめんね >_<





とーっても怖がりで、でもオトナ猫さんは大好きでゴロゴロ!というところが、

2年前に保護譲渡した「まーりん」や「しずく」、今年保護譲渡した「サト」にそっくりです。






きっと優しいママが見つかるよ♪





この子の名前は「ちゃしろん」。カワイイでしょ♪

もうすぐ5ヶ月の女の子です。





まだまだ怖がりさんですが、「好きなように過ごしてくれればいいわ」という、さっぱりタイプの里親さんを募集致します!


ちゃしろんは、同じく募集中の「黒太郎」のことが大好きみたいです。

姿を見るだけでゴロゴロ…







ペチッとされても嬉しい感じ(笑)




できれば、このふたりが一緒のお宅に行ってくれたら…と、淡い期待を持ちます♪

どうぞ皆さま、よろしくお願いします!






ちゃしろんの詳細は「いつ里」さんに掲載させていただきました。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-219965.html



さっそくですが、今週末「幸せにゃんこ譲渡会」に参加します!

9/21日曜 11時から16時まで 銀座七丁目です。

詳しい場所や譲渡条件は「幸せにゃんこ」サイトでご覧ください。

http://www.shiawasenyanko.com/jyoutokai.html


もっちろん、ハンサム黒太郎も参加します。
ふたり一緒に!ぜひ、お願い致します!



















TNRその後

今年5月にTNRしたキジトラ猫、トヨ君。

昨年夏から追いかけていたオスの若いネコさんで、近くの公園に住んでいました。

今も公園に住んでいると思います。


今年5月に、うちの庭にひょっこり現れたので餌付けし、保護したのでした。

まったく近づけなかったため、保護器を使って捕まえて去勢手術をしてもらいましたが、その過程で、あまりに激しく暴れるため、獣医さんにも相談し、家猫はかなり厳しいと判断。

手術中に耳先カットをお願いし、リリースしたのでした。


その後、毎夜、庭にごはんを用意すると、朝には空っぽ。

2週間ほど前からは、待っているようになり、私から2,3mの位置で、用意する様子を眺めるようになりました。






もしかすると、家猫になれる可能性があるかもしれないと思い、ちょっと近づいてみると、シャー!というか、カーッ!と叫び、バシンッと地面を叩きました。

こ、こわい(^^;;







時間はかなりかかるでしょうけれど、去勢させてもらったので、トヨ君のごはんはしっかり面倒みたいと思っています。

雨のかからない場所に、ふわふわベッドも用意したのですが、使われた形跡なし。

冬になったら使ってくれるといいな。












2014年9月15日 (月)

マダニ対策

久しぶりの更新です(^^;;

マダニ除去方法について友人に話したら、とってもびっくり感動されたので、記事にします。


今朝、うちの愛犬の前脚にマダニが食いついていました。





私は愛犬たちにノミ・ダニ駆除剤はまったく使わないので、こんな状況になるのは日常茶飯事です(^^;;

(なぜ使わないか。それは、殺虫剤を愛犬に使いたくないから。散歩後にノミ、ダニ、マダニを探してやる時間があるから。室内飼いゆえ清潔にできるから。掃除機を頻繁にかけるから。)


マダニというものは、草むらから犬や人の体に飛び移り、しばらく徘徊して、体温が高くて見つかりにくい場所に食らいつきます。



だから散歩後にいつもチェックしてやれば、食いつく前に探し出して取り除けます。

しかし今回はしっかり食いついていました。







前日に見つけられなかったマダニなんでしょうね。マダニは動物を吸血したら草むらに帰っていきます。室内で繁殖しません。



そんなドラキュラ☆マダニんが大事な愛犬に食らいついたとしても…

慌てず騒がず!

まだこのサイズなら簡単に取れます。



綿棒をお酢に浸し、マダニの口元をお酢まみれにします。ちょいちょいと優しく突つくだけ。









数秒すると、お酢臭に耐え兼ねたマダニさんは自ら口を開き、助けてー!とばかり、歩き回ります。





ちゃんと口元が見えますね!皮膚からきちんと離れたはず。


食いついてから数日経ってしまうと、しぶとくなって口を割らなくなるため、この技は使えません。


なので、とにかく散歩後の毎回のチェックが大事。一度や二度気が付かなくても、毎日やっていれば、早めに気が付けます。

あとは、お酢でちょいちょいっと。


目の周りなどには使えませんが。



散歩後の入念なチェックあればこそできる、ナチュラル駆除なのでした(^^)


« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。