« 自由奔放 | トップページ | また、仲良しになった…? »

2014年11月 5日 (水)

社会化、進んでいます

うちにもジャックがいるため手を挙げた、軽井沢244頭レスキューのわんちゃんの預かりサポート。

頭数の多さに注目度が高く、お問い合わせも多いそうです。

でも… 忘れてはならないことがあります。

私の住む茨城県では、年間殺処分数が犬も猫も、それぞれ3000頭を超えています。H24年度のデータです。

今回の244頭なんて1割にも満たない数。
茨城県が1ヶ月に殺処分する数に匹敵します。

だから、本当は、地元の犬たちを救いたい。

けれど救うことは、その命に責任を持つということ。

うちにはすでに犬は2頭居て、3頭目は考えていません。高齢になる祖母と暮らすチワワのことも、祖母に何かあれば私が引き取ることになっています。

なので、里親さんが見つかるかどうかわからないワンちゃんをセンターから引き出すことは、今はできません。


それなのに今回手を挙げたのは、
注目度の高いレスキューで、純血種で小型であれば、里親さんが見つかる可能性はかなり高いということがわかっているから。


そういう背景を考え、本来ならネコたちもたくさんいてしんどい毎日ですが、奮起して1頭だけお世話させていただくことにしました。



今回の軽井沢レスキューのように、多数のペットが、劣悪な環境に長年置かれたことが明るみに出て、

可哀想に、ひどいわね、
助かって良かった、
幸せになってよかった、

等々に注目が集まっていて、それ自体は悪いことではありませんが、もう一歩踏み込んで、

ペットショップの動物が、一部、劣悪な繁殖場で生まれているということを、合わせて注目してほしいものです。


買う人がいるから売る人がいる。

国のルールがないから売る人がいる。


タバコと似ています。

体に悪いと知りながら買ってしまう。

売る側もあの手この手で販売をやめない。

しかし、歩きタバコ禁止条例や、禁煙の飲食店が出はじめると、買うのをやめる人が出てきます。


だからどうでしょう?青山とか、銀座とか… 人の多い町から、ペットの店頭販売禁止条例を作るとか。

ハリウッドには、毛皮を売る店は出店できない条例があるそうですよ。


話は戻して…



さあ、まだ青年期と思われるメスのジャックラッセルテリア、仮名「リンゴちゃん」が来てから3週間が経ちました。


この子が幸せになるために、少しでも社会化教育を充実させなくてはなりません。


というわけで、経験させたいこと山盛り!

そのうちの1つ、お出掛け体験。

クレートもドライブもレストランも楽しいところよ♪というわけで、

なんと、カフェデビューを果たしましたよ(*^^*)

「なんなの?この空間?」と、終始ドキドキ。

結局、一度も座ることがありませんでした。緊張すると固まるタイプですね。吠え続けたり、ウロウロしたりするコもいますが。





店員さんには吠えたりせず、ちょっと後ずさりするくらい。




何も言わなくても、穏やかな空間が、リンゴちゃんを落ち着かせてくれているのでしょう。

手前のでっかいのは寝てますし(^^) このコは「噛む犬」とレッテルを貼られたコです。今では小さな子供に好かれ、どこに連れて行っても寝てしまう(笑)、穏やかなお利口さんです。







また、リンゴちゃんは「飢え」の毎日だったのでしょう、とにかく食べ物に飛びつく本能が強いです。

でも、純粋ゆえ、人から食べ物をもらうときは飛びついてはいけないことも、もう、わかり始めています。

左端がリンゴちゃんです。




リンゴちゃんには触らずにフセの体制を取ってもらいました。

右の二頭はフセが得意なので、フセした状態でオヤツを繰り返しもらっています。

始めのうちは「アタシにも!」とチャカチャカと騒いでいたリンゴちゃんですが、一向にもらえないので、しばし考えたようです。

「アタシもあのポーズをしてみよう」

で、できたのが、この構図です。

リンゴちゃん、賢いです!

そして、お手本となっている、うちのコたちもエライ!!たくさん褒めてつかわそう!!(笑)



リンゴちゃんはずっと檻の中で暮らし、怖いことばかり経験しているようです。

正面から近づくと、とりあえず逃げます。

なので、来るのを待ちます。ひとつひとつ、時間がかかります。

言葉、つまりコマンドを教えるのはまだ先のことだと感じます。

スワレとかマテとか…


そういうことより先に、

その場その場でどうしたらいいのかを自分で考えられる犬になってもらいたいです。


それが「生きる」ということ。





↑我が家の太陽。
これまでたくさんの保護っこの世話を助けてくれた、私の右腕です。


リンゴちゃんも彼女から色々習っていますよ☆ 「嬉しい!」の表現も増えてきました。





リンゴちゃんの赤い糸、早く見つかりますように。












« 自由奔放 | トップページ | また、仲良しになった…? »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会化、進んでいます:

« 自由奔放 | トップページ | また、仲良しになった…? »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。