« ミーナのストロバイト結晶尿 4 完治! | トップページ | 猫の手作りごはん マグロ編 »

2015年2月27日 (金)

モリモリ君にお友だち

数週間前から尾骨が痛い、痛い、と思っていたら、ぎっくり腰やりました…

尾骨が痛いせいで椅子から立つときにスローモーションになっていましたが、腰を痛めると、座るときもスローモーションになってしまい…

あぁ… お年寄りみたいな動きです(>_<)




さて、迷子ネコのモリモリ君、玄関ホールから他猫と一緒の部屋に移しました。




モリモリ君は、通称「猫エイズ」と呼ばれるFIVに陽性反応が出ましたが、発症はしていないので元気!

FIVの感染は、縄張り争いによるもの、もしくは交尾の際にオスがメスの首を噛む行為によるものが考えられるそうです。



お外自由のネコでなければ感染しなかったのに…






また、感染率は10%とも25%とも言われ、近い場所に複数頭の猫がいると、縄張り争いも頻繁になり感染率は上がるといいます。

日本にはFIVのワクチンがないため、室内飼いするしか予防はありません。


FIVに感染していても10年も発症せずに生きるネコさんがいる中で、発症して様々な病気を抱えるネコさんもいます。


FIVの名称は、

「猫後天性免疫不全症候群」

免疫が落ちるとかかりやすいような病気になるそうです。口内炎、歯肉炎、貧血、鼻炎、結膜炎、まれに膀胱炎、外耳炎、皮膚疾患…


あれ?ミーナと一緒。


そうなんです。猫エイズに感染していないネコさんにだって起こる症状なんです。

ただちょっと治りが悪かったり、合併してしまったり… 他猫さんから移りやすかったり…


なので、怖がる必要はありませんが、そのコにストレスがないような環境を用意できたらいいなと考えます。

甘えんぼさんならひとりっこで暮らせるお宅、人より遊び好きさんには同じFIV持ち猫さんがいるお宅がいいと考えています。


今、モリモリ君がいる部屋には、志麻4歳と、ミーナ2歳がいます。ふたりとも女の子。

血を見るようなケンカはしないと思っての判断です。

ただ、猫たちの気持ちはわかりませんから、慎重に、少しずつ距離を縮めてもらえるよう、十分な配慮をしています。






挨拶は無事に終わりました。
どうか、仲良しさんになってくれますように。




« ミーナのストロバイト結晶尿 4 完治! | トップページ | 猫の手作りごはん マグロ編 »

モリモリ君(決定)」カテゴリの記事

コメント

あわわ、やっちゃいましたか。
お散歩も普段のお世話も大変そう・・・
お大事になさってくださいね。

mama-gooseさん

はい、やっちゃいました… しかし!慣れてきたこともあり、すぐにコルセットを使ったら、軽症です。ホッとしています。冬の冷えももう少しで終わりますものね、慎重にいきます。ありがとうございます(^^)

はじめまして。FIVを検索していてこちらにおじゃましました。
andiと申します。
9匹のふくねこたちと賑やかに暮していますが、
そのうちふたりがFIV陽性です。
ひとりは5歳半の男の子(たろう)
もうひとりは昨年の9月に道端で保護した女の子(マリ)
マリは現在生後7〜8ヶ月で先週避妊手術を無事終えました。
たろうはちょっとふとっちょ。
今までずっと元気で、病院に行くのはワクチンの時くらい。
性格もおっとりしていて、
病院の診察台でもおなか丸出しになるくらいフレンドリーな子なのですが、
数日前から頭にハゲがいくつかできて、
昨日検査をしていただいた結果、
どうやら真菌性の皮膚炎らしいのです。
先生によると、FIVの影響もあるかもとのことで、
『あ〜、とうとうそんな日がやってきたのか…』と、
すこし悲しい気持ちになりました。
でも、こちらの記事を拝見させていただいてから、
『そうなのよね。FIV陰性でも口内炎で苦労する子もいるし、
膀胱炎にもなるもんなぁ』と、そうは思っていたことだけど、
なんだか気持ちの確認ができたというか、
ちょっと気が楽になった思いがしました。
今塗り薬で様子を見ましょうということになっていますが、
これで快方に向かってくれるといいなと思います。
いい記事に巡り会えましたことに感謝です!

ミュウママさんも、保護活動ごくろうさまです。
うちの子たちも、のらちゃんが産み落とした子だったり、
うちの庭に置いて行かれた子だったり、
山道でしょんぼりしていた子だったりです。
当地(長崎県)でも殺処分が恥ずかしいくらい多く、
なんとかならないものかと思っていますが、
今の所せめてわたしが出会った子だけでもと、
うちの子にすることぐらいしかできなくて…。

(※長いコメントになってすみません。)

andiさん、初めまして。

こちらこそ、勇気をいただきました。たろう君、どうかどうか、良くなりますように。
焦らずじっくりと。猫さんたちそれぞれの身体の本当の叫びが聞こえるといいですね。
先のことはわかりませんが、「運命」ってあると思います。たろう君やマリちゃんはandiさんを選んでやってきた。だから、andiさんが包んであげるだけで満足に感じているんじゃないかしら。
病気って、陽性だろうとそうじゃなかろうと、ほとんどはいつも突然にやってきますから、なんで?どうして?と悲しくなりますよね。私はアトピーの愛犬を見て1年もなぜ?どうして?を繰り返してきて、本当に疲れました。受け入れるしかない。なるようにしかならない。そう踏ん切り着くまで長い道のりでした。だって目の前で苦しんでいるんだもの。だけど、その子のお母さんとして、頼れる存在にならなきゃいけないんだ、しっかりしなきゃと思う… そんなことの繰り返しです。辛いことは涙で身体の外に流し出して、お互いに頑張りましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モリモリ君にお友だち:

« ミーナのストロバイト結晶尿 4 完治! | トップページ | 猫の手作りごはん マグロ編 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。