« 新型爪とぎ! | トップページ | 「家庭内ノラ」ではなくなる日 »

2015年3月11日 (水)

東日本大震災と福島原発事故から丸4年

あの恐怖から、丸4年。

悲しいことがたくさんあった。

友人の愛犬が、地震の揺れで開いてしまったドアから飛び出し、そのまま行方不明。

つくば市内に設けられた被災者向けの施設では、 地震に驚き飛び出した愛猫が見つからずそのまま置いてきてしまったと、後悔で涙する人。


私自身も余震で脚が震える中、あちこちからのSOSに走り回った。


うちの愛犬愛猫たちも、地震アラートが鳴るたびに毛を逆立てて震えた。


ひとりじゃないのに余震が怖くて怖くて。


福島はもっともっと揺れただろうに、ペットたちは取り残され、恐怖に怯え…

想像するに堪えない…



だから、しっかり考えて備えなければならない。


近いうちに関東でも起こるだろうと予測される大地震。

何があっても、ペットは我が子として、飼い主さんが守らなきゃならないということを。



そして、もし少し余裕があったら…


あるいは、ペットの購入を検討していたら…


福島の犬猫たちのことも視野に入れて…


ただね…

心に深い悲しみが残る動物を家族に迎えると、もしかすると苦労するかもしれない。

そうなっても後悔しないって誓える人じゃなきゃ、ダメかもしれない。


けれど、

ペットと暮らすって、そういうことなんだよね。覚悟がいるってことなんだよね…



福島っこ、志麻、



福島っこ、アビー、



二匹ともしっかり「うちのコ」になっています。

しかし、アビーは病と闘い中です。





こんな苦労は想像してなかった。

けれど、

別に、福島っこじゃなくたって病気になるんだよ。


3.11


私自身は被災者ではないけれど、

あの日から人生が大きく変わってしまったかもしれない。


被災地は遠いけれど、
今もなお苦しんでいる人たちに寄り添うことができたらいいな。





« 新型爪とぎ! | トップページ | 「家庭内ノラ」ではなくなる日 »

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災と福島原発事故から丸4年:

« 新型爪とぎ! | トップページ | 「家庭内ノラ」ではなくなる日 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。