« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

犬にもある。アトピー性皮膚炎3(春)

アビーの皮膚炎のお話、第3回です。
時期は1年前の春頃になります。


↓前回の記事
http://kittopup.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/2-ca06.html


2月に始めた1回目のステロイド治療(錠剤)を終えた後、それは見事な反動が出ました。



↑パッと見はわかりませんが…


… これか、
ステロイドが止められなくなる怖さは …

そんなことを感じたのでした。

あれよあれよと言う間に炎症が広がりました。痒みも復活。暇さえあれば足先を舐めていました。


私はできる限り、アビーを連れて出掛けました。アビーは遠出するのが好きでした。ただ、車酔いがあるため30分ごとに休憩を入れながら。



↑小貝川福岡ぜき


↑神奈川県の実家


↑ひたちなか海浜公園



どこへ行っても楽しそうでした。アビーのふるさと、阿武隈高地ではきっと毎日何キロも走っていたのでしょうね。去勢していないオスでしたからテリトリーを広げることが生き甲斐だっただろうなと感じました。



↑駒沢公園



↑わんこokレストラン



↑高崎自然の森公園



毎度、車には喜んで乗り、家に帰ると車から降りるのを嫌がるほどでした。


この頃から主人が

「夜中のボリボリが気になって熟睡できない。そのくらい掻き通し。可哀想に…」

と言い始めました。愚痴半分、アビーへの同情半分。

主人もその頃は激務の毎日でしたから疲れていたのでしょうね。寝不足でイライラもしていました。

私は子供の頃、弟(全身アトピーでした)の背中をボリボリ掻く音を聞きながら眠っていたので、あまり気になりませんでした。


そんなアビーを見て悩み、迷いましたが、3月終わりに獣医さんに相談し、もう一度だけステロイドを使うことにしました。同時に、皮膚炎に60%の改善が見られた実験結果をもつサプリも処方されました。

二回目のステロイド投薬は4週間、1回目より1週間長くなりました。

開始したら痒みが止まると同時に、食欲のない日が増えてきました。まったく食べないこともありました。

ハウスに閉じこもり、暗い顔をして出てこない日もありました。ご飯を口元に運んでやりました。白飯が好きなアビーでした。










知人の紹介で、東洋医学だけでペットを治療するA獣医さんの元に通うようになりました。道が空いていれば2時間弱の道のりです。1ヶ月〜2ヶ月に1回のペースで通うことになりました。

アビーは車に乗ると30分で吐き戻してしまうので、朝食は抜いて休憩を入れながら通いました。そのため、治療時間の4時間前に自宅を出発しました。


アビーのために「ペット東洋医学アドバイザー」という勉強をしたので、そのA獣医さんのご説明は大体わかりました。勉強していなかったらちんぷんかんぷんだったでしょうね。

治療は、A先生によるツボマッサージの後、鍼をうち、ホモトキシコロジー(ドイツの漢方)を入れ、1時間です。通常の病院と比べたら贅沢な時間です。

自宅では、アビーの症状に合う食材で作る薬膳ごはんと、同じくツボマッサージを行うようご指導いただきました。


薬膳に関するご指導は、松の実やクコの実を使いましょう的な、そんじょそこらの薬膳とは比較にならないほど専門的でした。

また後日、詳細を書きたいと思います。


地元の病院ではステロイド治療が続いていたので、その治療が終わったらステロイドは完全に絶つようご指導いただきました。


ステロイド治療というのは、適量を決まった期間だけ投薬したら、終了時は同じくらいの日数をかけて少しずつ半減していきます。スパッと止められません。

敵と戦う白血球のパワーを眠らせるので、弱まった白血球の働きを徐々に戻すために、投薬を徐々に減らしていくという方法が取られるそうです。



A先生の病院のそばには広い公園があり、治療の前はそこに寄り、ドライブの疲れを癒しました。アビーはとても嬉しそうでした。自宅ではどんよりした日々が続いていましたから、外出先での嬉しそうな表情には安堵しました。









5月中旬、ステロイド治療が終了すると、アビーの状態はますますひどくなっていきました。


東洋医学的には、ステロイドは毒素として体の中に溜まるため、使えば使うほどそれを抜くために体力を消費する、というようなお話でした。

また、アビーの今の状態というのは、体の中に「悪いもの」がたくさん溜まっているため、それを皮膚に出している状態だそうです。

健康な子なら排泄や目ヤニ、耳垢などで毒素や老廃物は出せるのに、アビーにはそれが間に合わないほど毒素が溜まっているとのことでした。


また、皮膚は内臓とつながっているため、炎症している部位によりどの内臓が弱っているかがわかります。それを診ていただいた上で薬膳を始めます。

アビーの場合は4ヶ月もの間、内部被曝し続けているはずですから、放射性物質などが抜けきらないと完治はしないと…

口元や足先、耳に炎症が出ているのは当たり前の反応だそうです。


A先生は、

「この先、別の場所にも炎症が出てきます。それは体内の毒素を排出しているので正しい反応です。どんどん出てこいと思ってください。出すことができない子は、臓器に腫瘍という形で体内に残ってしまいますから」

とおっしゃいました。


このことがなかなか飲み込めない私でした。


2回目のステロイド治療が終了した後、地元の病院ではシャンプーだけを行っていただくことにしました。





そんなわけで、春はこんな状態でした。








そして夏になると、A先生のおっしゃる通り、別の場所にも炎症が出てきたのでした…


続く。





2015年3月27日 (金)

収容犬猫の情報がPDF形式に(茨城県)

いやまー、びっくりしました。

週に何度か見る「茨城県動物指導センター」の「収容犬猫情報」。


http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/doshise/hogo/kouji.html



茨城県のホームページがリニューアルされ、その中に組み込まれたようですが、

なんと、PDF形式のファイルリンクになっているではありませんか!

PDF閲覧ソフトがない人は見られないよ!

しかも、見にくい枠組みになっていて、たとえば保護場所から探そうと思ったら目が疲れるくらいじっくり見渡さないと見つからない!

PDFファイルに閉じ込めちゃったら、たとえば「茨城県 逸走 柴犬」と検索かけても出てこないことになるんだよ。わかってんのかな?


どこの会社がプロデュースしたの??!

信じられない… 唖然…


なぜ、なぜ、こんなデザインになったの?

プリントして見たいって人が多いから?

センターの人は毎日、PDFファイル作るの?それをメールでサイト管理者に送るって方法かい?


疑問だらけー!


もし、暫定処理だとしたら、酷すぎる。

期限付きの命だよ、誰でもが見易い形にしないと!!



マジで、理由が知りたい。
何かすごい理由があるにちがいない。



ちなみに私、サイト制作経験者でございます。それでも意図がわかりません。


これは直接、問い合わせたいと思います。
近いうちに、必ず!



2015年3月24日 (火)

モリモリ君は穏やかさん

【里親さん、募集中!】のモリモリ君。

最初はかなり遠慮気味でしたが、本質も穏やかさんなようです。

自己主張の強い志麻とミーナに文句を言われても、やり返さないんです。とても紳士です(*^^*)



↑「そこはアタシの場所!」と志麻。モリモリ君は正座して「すいましぇん」。

けど、どかない(笑)


たまにとっても楽しくなっちゃうことがあり(笑)、志麻やミーナを後ろから襲うことがあります^^;

じゃれている範囲ですが、体が大きいからか、志麻もミーナも戦わず逃げます。



自宅に入れてから、そろそろ3ヶ月。

志麻やミーナは女の子なので、6畳の狭い個室暮らしでも安心してのんびり過ごしているようですが、

モリモリ君はまだ若いオス猫さん。

やはり、そこそこの広さが必要に思います…



↑ミーナ「モリんちょ♪ あそぼ♪」



甘え上手で、膝に乗るのもとっても上手!ぴったり収まります!







あまりのべったりさに、ちょっと焼いちゃう志麻とミーナ(笑)





ミーナはどいてくれるまで、横で睨みきかせてます(笑)が、モリモリ君はしらんぷり〜



こんな可愛い性格の猫さんと暮らしたいと思いませんか?話しかけるとお返事もしますよ〜






募集要項は「ペットのおうち」に掲載しています。よろしくお願いします(^^)

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn62195/





2015年3月21日 (土)

ニャンも菜花でデトックス

お彼岸ですね。

エアコンの効いた室内にいても、わんにゃんたちはちゃんと春を感じて、目ヤニやフケを出すことでデトックスしているようです。







黒毛の子はフケがわかりやすい^^;



なんにも言わないけれど、生き物として、ちゃんと春の準備をしているんですね。

あー、またまた愛おしくなります^^;





春は解毒の季節。

わんにゃんたちのごはんにも早春の野菜を取り入れて、デトックスを助けてあげるのはどうでしょうか♪


しかし、野菜嫌いなニャンたちに灰汁のある春野菜を食べさせるのはひと苦労です。

そこで、こんな工夫をしてみました。


【菜花のゴマ・チーズ味】





菜花は手でちぎってから茹でます。

(野菜の灰汁は金属に反応するため、包丁で切るとより苦味をもたらすという料理家さんの意見を取り入れ、手でちぎりました)

お湯から上げた後は自然に冷まします。元々が新鮮な菜花なら、冷水に取らなくてもok。


そこへ、擦った黒ゴマ、粉チーズ、オリーブオイルを少量入れます。






ゴマに含まれるセサミンは、肝臓の働きを助けるそうですよ。肝臓は冬に溜め込んだ老廃物を体の外にせっせと出してくれるんですよね。

中医学の陰陽五行説でも、春は肝をいたわる季節なんですって。


昨年は、「ペット東洋医学アドバイザー」と「ジュニア野菜ソムリエ」のお勉強をしましたから、その融合…というか、腑に落ちる部分のいいとこ取りなんですけど、身体の状態と季節に合わせた食べ物を薬膳的に考え摂り入れることが楽しい今日この頃(#^.^#)




菜花と粉チーズにはカルシウムが多く含まれます。人より多くのカルシウムを必要とする犬猫には嬉しい食材。


粉チーズは青菜独特の香りを消すためにも有用です。

(あ、チーズの塩分を気にされる方、いますよね。だから少量にしてくださいね。わんにゃんにも塩分は必要ですから、手作りごはんでは塩分もちゃんと気にします。ペットフードには粉チーズかけちゃダメですよ。摂りすぎになるかもしれませんから)


オイルは脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

最近は必須脂肪酸のオメガ3,6の話題が尽きませんが、油はキッチンにある複数の種類をローテーションで摂れば自然とバランスが摂れると思います。

オリーブオイルはオメガ9、
ごま油は6、
亜麻仁油、エゴマ油、魚油は3
と覚えておくと、流行りの魚油ばかりに拘る必要はないとわかります。

今回は「チーズにはオリーブでしょ」という理由だけで選びました。そういう発想が大事だと思います。人用の、長年の定番レシピは、栄養バランスと美味さがちゃんと考えられたものですから。


ポイントは、フードプロセッサーではなく、すり鉢を使うと優しい味になる気がします…ってとこでしょうか (*^^*)


1時間以上寝かせると、キンキンした感じがなくなり、全体の味がまろやかに馴染みます。




今回は前夜に作り、朝ごはんにしました。




するとどうでしょう♪ 抵抗なく食べてくれました。





大成功♪





今回は、茹でた鶏胸肉とササミを細かくしたものに1割程度混ぜました。うちの場合は、鶏肉なら新鮮なものをミディアムレアにしてあげると好評です。







手間はかかりますが、プレミアムフードよりずっとお安くて、添加物もなし、脂肪も少なく、ビタミンも摂れます。

人だって、パスタソースとして使ったりできます☆ 人用はチーズたっぷり^^;


普段いただくものから、わんにゃんたちに工夫する、というのが気長に続けるコツです。細かい栄養バランスは考えません。無理です、そんなの(笑)
なぜ、そう思うかはまた後日。


今日は海のものが入らなかったから、明日は海のものを取り入れよう。

そんな発想で♪


私、ほんっと、いつもいつも思うんです。ペットたちは食べるものを自分で選べない… って。





ペットと暮らし始めるときに、もっと動物の身体のことを考える場があるといいですよね。


季節の変わり目に目ヤニが出たら、よしよし、がんばっているなと思うようにしています。

目の病気の場合はこれに限りませんので、よく観察してくださいませ。

うちのように複数頭いると、比較できてわかりやすいのですが、ひとりっこさんはついつい心配しちゃいますよね。


早春野菜は他に、タケノコ、ふきのとう、セロリ、せり、かき菜、水菜、ミツバ、グリンピース、うど…などがあります。

…が、うーむ、かき菜とグリンピース以外はハードル高そうだな^^;


どうぞ、お試しあれ✨







2015年3月18日 (水)

祖母との思い出

前回の記事で、志麻が触らせてくれるようになったと書きましたが、

その日の夜、祖母が亡くなりました。

身内で唯一、「猫は可愛いね」と、一緒に盛り上がれる人でした。

私は幼い頃、よく祖母の家に泊まっていたのですが、ある日、縁側に小さな子猫が。

祖母に話したら、すくに段ボール箱にタオルを敷いて子猫を入れてやり、ミルクをあげたりしたのでした。


そのコはそのまま祖母の子になり、ミーコと呼ばれました。私とは姉妹のように遊びました。

私も成長し、祖母の家には泊まらなくなりましたが、たまに遊びに行くとミーコが駆け寄ってきて膝にのり、嬉しそうにのどを鳴らしていました。


祖母が「猫まんま」しかあげてなかったせいか、祖母が営む酒店にミーコはよく侵入し、おつまみソーセージを咥えて一目散に走って逃げていきました(笑)祖母は「コラーッ」と言っていましたが、ミーコのためにお店のドアはいつもほんの少し開けていました。


ミーコは時々、野ネズミをプレゼントしてくれて、みんなをギョギョッとさせてくれました。祖母だけが、えらいねー と褒めていました。


祖母の家には池があり、鯉が泳いでいましたが、ミーコは鯉を狙ったり、池に落ちたりしたことはありませんでした。私以外の孫たちは鯉を触ろうとして、みんな一度は池に落ちていましたけどね。



猫は、自分の死を察して自宅の外に姿を消す、と言いますが、ミーコは祖母の家の自分のベッドの中で亡くなっていました。

ミーコの晩年は、怪我で顔が変形し、鼻水が止まらず、お水も上手く飲めなくなっていましたが、水道から流れている水は飲めるようでした。

「これなら少し飲んでるみたいなのよ」と祖母は言って、流し台の蛇口からはいつも細い水が流れたままになっていました。


ミーコはキジトラでした。子猫を連れているのを見たことがなかったので、いま思えばオスだったかもしれません^^;


祖母が入院し、お見舞いに行ったとき、同じキジトラ柄の志麻を被災地から引き取った話を祖母にすると、志麻に会ってみたいといいました。

「触れない猫だから隠れて出てこないわよ」と私が残念そうに言うと、「怖いだけだよ、そのうち安心して出てくるようになるさ」と笑って言ってくれました。

その通りになりました。







志麻が心を許してくれたことは、お通夜の席で報告しました。祖母は、「ほらね」と笑っているようでした。


昭和50年代と今、猫を取り巻く環境が変わったのは都心部だけのように思います。田舎ではまだまだ不妊化せずにほったらかし。

みんにゃがミーコみたいに、飢えと寒さの心配が要らない環境で生きていけるといいのにな…と思います。



2015年3月15日 (日)

「家庭内ノラ」ではなくなる日

東日本大震災といえば、忘れられないことの1つに志麻の出産があります。

大地震から2ヶ月経つ頃、飯舘村で保護され、預かりボランティア申請していた私の元に連れてこられた志麻。


↑奥が志麻。手前は姉妹猫のふくちゃん


・生後6ヶ月くらい
・ワクチン未接種
・家が倒壊のため譲渡希望
・落ち着いたら不妊化手術して里親募集してほしい


こんな前情報があったものの…

なんと翌日に出産!





私は、まだ会ったばかりの唸り散らす若い猫と、その子猫4匹の世話をすることになったのでした。


懐かしい、志麻の子育ての様子。





私には遠慮なく爪だしパンチを繰り出す志麻でしたが、子猫たちにはとても寛大でした。


よじ登られれば山になり、
噛みつかれればゴムになり、
ねむねむタイムにはふわふわ毛布になった志麻母さん。



出産前日のノミダニ駆除剤滴下と混合ワクチン接種が、赤ちゃん猫たちに悪影響が出ないか心配でしたが、すくすく育ち安堵したのでした。



志麻は身重な身体で、長距離車中、そのまま病院で首根っこ捕まれ注射、犬がいる知らない家でケージから出られず…

本当に本当に可哀想なことをしました。病院では、あまりにシャーシャー激しく抵抗するため、触診もなにもなく、いきなり注射だったのです。志麻にしてみたら誘拐&拷問ですよね…



「人間なんて、人間なんて…ぜったい信用するもんか! 」


そんな気持ちだったに違いありません。


だから、子猫たちに里親さんが決まったあとも、私に爪出しパンチを繰り出す志麻の気持ちは痛いほどわかるつもりでした。パンチは子猫たちを守るためのものだけではなかったのです。


だからといって、いつまでもそのままでは、病気や怪我のときにキャリーバッグに入れられなくて困る。

何より、いつかは抱きしめたいという欲もあるし(#^.^#)


だから毎日毎日、私の手はぜったい怖くないよ…と、優しく優しく接してきたのですが、

なかなか成果はあげられず、パンチも噛みついてくることも頻繁にありました。





猫は環境の変化を嫌う動物。ならば、私に触られることを「習慣」にすればいい!

なんという強引さ(笑)

いやいや、石の上にも三年…です!

呼びかけと、軽いタッチは毎朝欠かさずしてきました。

そのうち、撫でられるために、正座した私の左横にやってくるようになりました。




つい今年に入るまでは、上の写真のように背中しか許されず、少し脇腹に手を移しただけで噛み付いてきました。


しかし、年末に黒太郎が卒業し、お正月が過ぎたころから、脇腹を触っても平気なことが増えてきました。




たまにギロッと睨まれ、そっと手を引っ込める私(笑)


2月に入ると、お腹のほうに手を回すと、ハッと振り返るものの、噛みつくまではしなくなりました!





遅すぎた春?
喜ぶより、びっくりしてしまいました(笑)


きっと黒太郎の置き土産だ♪なんて思ったりして。



お顔もぜんぜん触れなかったのに、硬直しつつも触らせてくれるようになってきました。


今朝なんて、たっぷり触れちゃいました(#^.^#)




嬉しいです。ほんとーーに、嬉しいです。

志麻が可愛くて仕方ないのに触れなくてヤキモキした4年間でしたから。




東日本大震災と福島原発事故から丸4年が経ち、報道でも再び3.11とその後の今を取り上げていますが、

福島の人々の心の闇に少しでも光が差すよう、もっともっと原発事故とその土地の今を報道で取り上げて欲しいと思います。

その土地でしか生きられないと言う農業・漁業などを営む人がたくさんいます。

風評被害を払拭するには適切な報道が一番に思います。

東北方面の食品は一切買わないと言っている人たちが多数いるようです。無理もありません。正確なことがわからないのですから。

正しい報道がきちんとされれば、要らぬ不安もなくなるのです。



私は積極的に福島の食品を買いますよ。志麻とアビーの故郷を応援したいですから。

関東各地へ電気を送るために福島原発がありました。それを忘れちゃいけません… 国や東電の責任のその先に、福島の人々の生活があるということに気がついてほしい。



志麻は妊娠時代すべてを、放射能で汚染された飯舘村で生きました。その土の上を素足で歩き、草を食べ、水を飲み、餓えをしのぐために土も食べたかもしれませんし、土を食べる生き物を食べていたかもしれません。


今後、どのような影響が出るかはわかりませんが、少なくても子猫たちは無事に生まれ、今も健康です。

まずは健康なうちに、内臓の状態を見る血液生化学検査をしてもらおうと思っています。抱っこできる日ももうすぐ♪



↑名前を呼ぶと目を細めてお返事するまでになった志麻


抱っこできるようになったとたんに病院じゃあ、志麻はまた怒りんぼ猫になっちゃうかな^^;



2015年3月11日 (水)

東日本大震災と福島原発事故から丸4年

あの恐怖から、丸4年。

悲しいことがたくさんあった。

友人の愛犬が、地震の揺れで開いてしまったドアから飛び出し、そのまま行方不明。

つくば市内に設けられた被災者向けの施設では、 地震に驚き飛び出した愛猫が見つからずそのまま置いてきてしまったと、後悔で涙する人。


私自身も余震で脚が震える中、あちこちからのSOSに走り回った。


うちの愛犬愛猫たちも、地震アラートが鳴るたびに毛を逆立てて震えた。


ひとりじゃないのに余震が怖くて怖くて。


福島はもっともっと揺れただろうに、ペットたちは取り残され、恐怖に怯え…

想像するに堪えない…



だから、しっかり考えて備えなければならない。


近いうちに関東でも起こるだろうと予測される大地震。

何があっても、ペットは我が子として、飼い主さんが守らなきゃならないということを。



そして、もし少し余裕があったら…


あるいは、ペットの購入を検討していたら…


福島の犬猫たちのことも視野に入れて…


ただね…

心に深い悲しみが残る動物を家族に迎えると、もしかすると苦労するかもしれない。

そうなっても後悔しないって誓える人じゃなきゃ、ダメかもしれない。


けれど、

ペットと暮らすって、そういうことなんだよね。覚悟がいるってことなんだよね…



福島っこ、志麻、



福島っこ、アビー、



二匹ともしっかり「うちのコ」になっています。

しかし、アビーは病と闘い中です。





こんな苦労は想像してなかった。

けれど、

別に、福島っこじゃなくたって病気になるんだよ。


3.11


私自身は被災者ではないけれど、

あの日から人生が大きく変わってしまったかもしれない。


被災地は遠いけれど、
今もなお苦しんでいる人たちに寄り添うことができたらいいな。





2015年3月 5日 (木)

新型爪とぎ!

新型?の爪とぎが届きました♪




モリモリ君のために、邪魔なくらい、おーおきな爪とぎですよ(≧∇≦)

まずは、姉さんたちのチェックタイム。




モリモリ君、離れた位置から様子を見てます。姉さんたちを立てているのか、慎重派なのか…(笑)






姉さんたちがひと通り盛り上がり…





いよいよ、モリモリ君の番ですー





お気に召した様子(*^^*)



よかった♪





もう、爪とぎ取りっこで喧嘩しないでね(≧∇≦)


この爪とぎは↓こちらで買えました。

ねこものさん
http://nekomono.jp/smp/list.php?search=爪とぎ&type=search


あ!そうそう!

モリモリ君、里親募集開始しました♪
詳細は「ペットのおうち」にて!

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn62195/


どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m






2015年3月 1日 (日)

モリモリ君は社交的

モリモリ君、思った通り、女の子には優しい(*^^*) 遠慮しながら遊びます。


↑奥がモリモリ君


シャーシャーと文句を言われても知らんぷりできています。一応、高いところに避難(笑)






ミーナはすぐに慣れました。





志麻が難あり。
タワーの上から低い声で唸ってばかりいます。

志麻はうちのコになって4年近くになりますが、いつもこんな感じ、慣れるまで1週間前後かかります。



↑「ここはアタシの場所!」と志麻ちゃん。モリモリ君と同じ柄なんです。


ひどいときは食事ができないほど緊張してしまいますが、今回は唸りながらも食事は摂っていましたよ(笑)


↑志麻。ベッドの中で食べてます。お行儀わるぅー(笑)


モリモリ君の穏やかなオーラと、私にベタベタな様子が、ちょっぴり安心感を持たせてくれたのかも。






しかしそればまずいでしょ、モリモリ君!(笑)

志麻がお気に入りの爪とぎに寝てしまいました。ますます志麻が怒って大変(笑)




小さな爪とぎを持ってきたけれど…






なんだか寂しい気分になっちゃった(^◇^;)


大きな爪とぎをもう1つ用意してやらねばね。



« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • しあわせにゃんこ

    東京銀座と池袋で猫ちゃんの譲渡会を開催している。個人保護主が家庭で育てている保護猫さんたちばかりなため、性格の把握、行き届いたケア、きちんとした健康診断が済んでいる猫ちゃんたちが参加している。譲渡後にも猫育てに関するアドバイスを受けられるアットホームな雰囲気が売り。時期によっては行列ができるほどの人気。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。