« 首輪に慣らそう | トップページ | やっぱり名札は重要 »

2015年4月 8日 (水)

少しでもわかりたくて(1)

4年前の福島原発事故で、たくさんの放射性物質を体内に取り込んだと思われる和犬雑種アビーと、




2年前、農薬だらけの田畑でギリギリ生きていた小さな猫ミーナの健康を願い、




ツボマッサージやら薬膳を勉強していますが、できれば!できればもう少し具体的に犬猫の身体のしくみを知りたいなぁ…と日頃から思っていました。

すると、ある獣医さんがプライベートで「秘密の講座:犬猫の身体のしくみ」を開催するというではありませんか!

なんて素晴らしいタイミング!

この獣医さんは密かに人気で、セミナー開催を告知すると数分で満席になります。日頃から飼い主が気になっていることを見事な目線で講義してくださる素晴らしい才能をお持ちです。

日頃の診察が飼い主目線なんでしょうね☆ しかも、面白いっ(*^^*)

講座参加費は良心的な価格です。ピアノレッスンのほうがはるかに高額(笑)

しかも少人数なので、随時質問ができます。

この講座も数分で満席。12名という貴重な枠に入ることができました。


月に1度の講座が12回続き、後半には動物病院見学もあるそうで、楽しみでなりません♪



アビーを診ていただいている鍼の獣医さんは、「皮膚に症状を出せるコは内臓は丈夫なのよ。内臓に溜め込むと腫瘍になったりするのですから」とおっしゃいます。

「そっかー、アビーは癌にはならないのね。良かった♪」

とは思いますが、それがなぜなのか、具体的にはさっぱりわかりません(^◇^;)


また、ミーナの涙は季節に関係なく出続けていますが、動物病院では「野良で育った猫はウイルスを持ってることが多いから仕方ない。体質だと思って、うまく付き合いましょう」で終わってしまいます。

西洋医学ではお手上げでも、何か、緩和してやる方法があるはず…

ツボやリンパマッサージを学ぶと、緩和してやる方法は見えてきます。これもすごいことなのですが、

身体の仕組み的なことをきちんと理解できているわけではありません。対応本を見ながら、症状に対して対応する部位を押したりさすったりするだけです。

効果が見えてくる分、そこからもう一歩踏み込んで、そうなるのはなぜ?と考えてみたら、この講座に出会えたのでした。





この秘密の講座では病気の治し方を学ぶわけではありません。そんなの無理に決まってますね〜

「獣医さんの説明が、今より理解できるようになります」

ということが目標です。

部分的ですが、動物看護士さんが学ぶようなことなんだとか。


その価値ある講座の第1回に行ってきました。まずは基盤作りです。

内臓の配置と、細胞の働きについて学びました。

確かに、これがわからないと先に進まない。とはいえ、内臓の配置についてはペット食育で一度勉強しているんですよね… なのに、うろ覚え(>人<;)

さっそく、復習!



私はものすごく絵が下手… (>人<;)

下手すぎて、笑っちゃって、んもー、集中できませんね、とほほ。


1年後には、横向きの犬や猫が上手に描けるようになっていたいなぁ

…って、そーじゃない!絵の描き方を習うわけではない ^^;

しかし横向きの絵を描くことにまず時間がかかる(笑)




また、内臓と同時に、全身の各部位の名称を専門用語で確認です。

こちらは一応… 猫にしてみたのですが…(^^;;





お友だちとの会話で「膝が痛いみたいでー」「え?前?後ろ?」と言ってしまったことがありますが、「膝」というのは後脚にあり、前脚にあるのは人間の腕と同じように「肘」と言います。

そんなレベルからのスタート。



とにかく、しっかり身につけたい。病気や、未病のコたちを少しでも楽にしてあげられるように♪





次回、細胞も描いてみます〜






« 首輪に慣らそう | トップページ | やっぱり名札は重要 »

5.ごはんのこと」カテゴリの記事

4.病気のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しでもわかりたくて(1):

« 首輪に慣らそう | トップページ | やっぱり名札は重要 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。