« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

黒白ハチワレの迷子ねこちゃん

数日前の夜、近所のワン友さんが訪ねてきました。犬散歩中によくおしゃべりする仲です。

たいそう困った表情で、

「まだ若そうな猫ちゃんがそこの公園にいて… ニャアニャア鳴いて後をついてきて… うちの犬が気にしてそばを離れなくて… でも私はアレルギーがあって… けど放っておいたら車に轢かれちゃうかも… 」

ひとまず玄関に入っていただきゆっくり話を伺うと、

・猫は初めてでどんなふうにすれば良いのかまったくわからないから教えて欲しい。

・猫ちゃんはひとまず車の中。

・目が見えていない様子。

・明日はお勤めがあって留守にする。


そんな状況でした。
大きなケージを貸し出そうとも思いましたが… 一日お預かりすることにしました。


で、連れてこられた猫ちゃんがこちら。ハチワレの美人さん。女の子。まだ1歳前といったところ。





心配していた「ノミダニだらけ!」という心配はゼロでした。ホッとしました。でも耳の中だけは汚れていたので、耳ダニの可能性もあると思い、ノミダニ駆除剤「レボリューション」をつけておきました。



少し鳴きましたが、とにかく、おとなしい。目は普通に開いていますが、

ごはんをあげた時、見えていないことがわかりました。ごはんの位置を探すのです。





そして猫風邪も引いていました。ブシュッ!と鼻水飛びました。猫風邪はウイルス性で感染保持することが多いそうなので、赤ちゃん猫たちに移らないよう配慮しました。



赤ちゃん猫たちは急遽、リビングデビューとなりました。



園長がしっかり観察してくれています(笑)


ハチワレちゃんは玄関ホールで過ごしてもらいました。ごはんを食べたら、クゥー…っと寝込んでしまいました。






翌朝、県の動物指導センター、市役所、中央警察署に、ご自身で迷子届けを出していただきました。


ハチワレちゃんは日中、私の話し声を聞くと、呼ぶように鳴きました。でも鳴き続けるわけでもなく、1分くらいで静かになりました。

そして翌日夜、ケージごと友人宅へ移動しました。




トイレもできたので、このまま夜を明かして大丈夫だとお伝えしました。

朝までお預かりしたかったのですが、なんせ、睡眠が2,3時間しか取れない日が続いていたものですからケチなことをしました^^;;



翌日はお勤めがお休みとのことで、朝から検診に行かれたそうです。風邪以外の問題はなく、不妊化はされていないようでした。


さらに翌日。「お城、できました!」と送ってくれた写真にはリラックスするハチワレちゃんがいました。気持ち良いほどのスピード感で、ハチワレちゃんの快適ライフが始まったのです。

見ているだけで幸せ気分♪








私が一日預かったから「スムーズに動けた」と言ってくださいました。

そっか、そうなんだね、それだけで違うんだね、そーだよね… いつもひとりでこなしてしまう私には気が付かない一面でした。

真剣な人のサポートはいくらでもさせていただきたいと思ったのでした。



そして一番心配だった猫アレルギー、出ないんだそうです!!

愛犬ちゃんも受け入れたそうで☆




こういう出会いは運命だったんだって思っちゃいますね。この人に見つけて貰うべくして、そこで鳴いていたんだなぁ…って。


そして、「助けてあげようよ」とママを引き止めた愛犬ちゃん。



動物の感覚は人間の想像をはるかに超えていますね。またまた犬猫の魅力に酔いしれてしまいました☆




飼い主さんが出てきたらちょっと寂しくなるかもね^^; いずれにしても、このハチワレちゃんが今後ずっと幸せでありますように。








2015年4月29日 (水)

赤ちゃん猫たち3 全員おメメ開く

目薬を3回差した頃、「まっすぐちゃん」のおメメがぱっちり開きました!



なんてかわいいのでしょー(#^.^#)




起き上がれず、踊ってます(笑)

もー、何をやっても可愛らしい。


目が開いてからは、みんなたくさんミルクを飲むようになってきました。



「まっすぐちゃん」


吸い付くチカラも出てきたので、哺乳瓶を押してサポートをすることを少しずつ減らし、筋肉の発達を促します。


「はなまるちゃん」


このことは、人工飼育だった猫たちに多いウールサッキングに関係するんじゃないか?と勝手に思ったりしています。



「くるくるちゃん」


あとは身体中のナデナデ。これも同じく、足りないと良くないんじゃないかと、過去の反省から思っています。「兄妹一緒だから」とナデナデはあまりしなかったうちのコ「とらお」はウールサッキングがひどいのです。

いつも膝の上に乗せていたけれどドボドボな哺乳だった「ミュウ」はビニールをくしゃくしゃして飲み込み、翌日くらいに吐き戻します。


ウールサッキングの直接的な原因はわかっていませんし、対策もないのが現状ですが、考えられることは試しておきましょう。







2015年4月26日 (日)

赤ちゃん猫たち2 性別と名前

3匹中、2匹は水曜に目が開きましたが、1匹はなかなか開かず、よく見たら目ヤニでふさがっている様子。

優しく拭いてあげると… 申し訳なさそうな感じで微かにおメメが(笑)




しかしそこからまたなかなか進まず、目ヤニが出る出る。


なので病院に連れてゆき、診ていただきました。ちょっと発育が遅いだけで異常はない様子。


目薬を処方していただきました。





3匹とも連れてゆき、性別確認もしていただきました。全員、女の子♪


仮の名前を付けました。

しっぽの長い子は、発見者さんが付けたお名前のまま「まっすぐちゃん」




しっぽの短い子は、同じく変わらず「くるくるちゃん」




黒白の子を新たに命名「はなまるちゃん」


鼻に黒ぶちがあるのと、ミルクをガンガン飲んで、時々「♪鼻からぎゅーにゅー」状態になるため「鼻」をポイントにしてみました(*^o^*)


目ヤニで、まだおメメがぱっちりしてないのは「まっすぐちゃん」。


薬だけに頼らず、ツボマッサージもしています。

解毒するように、お耳と足先をくるくると優しくさすります。小さなおてて。今度、写真撮りますね。


3ニャンの体重は現在、こんな感じです。



やはりまっすぐちゃんは小さめ。早くみんなに追いつこう!



それから栄養補給に、ミルクに「ヤギミルク」を2割混ぜています。




ミルクの温度にも気を遣い、保温効果の高いポットを活用しています。

3匹順番にあげていると、最後の子は少しぬるくなってしまうため、飲みっぷりが落ちます。ポットから熱いミルクを少し足してやると夢中にぐびぐび!

温度と濃さ、大事ですね♪

ヤギミルクは高価ですが、今回のものはプレゼントでいただきました。ありがたいです。

1週間くらいで1袋なくなってしまうので、購入したいのですが、同じものが在庫切れ…。探さなきゃー(>_<)

お母さん猫と離れてしまった子猫には良質なものをあげたいですからね。





2015年4月24日 (金)

赤ちゃん猫たち

友だちの友だちのまたその友だち…という関係で4人を経由し、5人目の私にバトンが回ってきました。

まさに、命のリレー。

推定4月12日生まれ。

3匹中2匹が目を開けた日に、バトンを受けました。

それまでお世話した方は大変だったと思います。130gくらいの子猫たちだったそうですから。

今は160から175gくらいになりました。

1匹の目が開きません。動きは活発ですが… 心配です。

くっついてた目ヤニは取りましたが、かすかに眼球が見えたくらいです。

無事に大きくなってほしいです。
















2015年4月20日 (月)

ミーナ元気に。アビー合格!

ミーナが元気になってきました♪

まさに、仲間と仲良く、朝の空気をたっぷり吸い込んでいます。








大好きなグルーミングも復活!志麻をきれいにしてあげてます。





志麻も気持ちよくてうっとり。






そして、アビーと私は、JAHAの「家庭犬マナーチャレンジ」に合格!





カイカイしながらも、出番になるとやる気を見せ、そのウキウキした足取りに笑いが出るほどでした。


同じく合格したフレブル君と仲良しショット!





2時間という長い時間、アビーは飽きることなく集中できていました。


とてもがんばったので、上質な豚ロースとエビ、採れたてアスパラをたっぷり入れたスープごはんにしました。

玄米おかゆと新ジャガも入ってます。
疲労回復メニューです♪





アビーは外でお水を飲むことがほとんどないため、スープたっぷりで水分不足を補います。






夜は早めにスヤスヤと。





難しいテストではありませんが、簡単でもありません(笑)

詳細はこちら。
JAHA ホームページ
http://www.jaha.or.jp/contents/modules/sect4/index.php?id=62


すべての飼い主さんにオススメする、素晴らしい内容のテストです。このテストを受験することを目標にがんばれば、愛犬の苦手なものを克服してあげられると思いますよ♪


受験するには、お近くのJAHA認定トレーナーさんに相談してみてください♪ ホームページにトレーナーさん一覧があります。










2015年4月19日 (日)

初めてのペットシッターさん

先週末、ぎっくり腰をやりました(T . T)
またか!なんです…
弱いのがわかっているので、背筋強化を意識しているのですが、なかなか筋肉付きません…


3月の初めに「HQCチェック」という、生活習慣による未病チェックを受け、普段の生活に無酸素運動を取り入れて筋肉付けましょうと診断されたばかり。




腰って、多くの動きに関係するんですよね。

散歩中に小石を踏んだだけでも、腰から背中にビビーッとイナズマが走り…


できるだけ平らな道をゆっくりまっすぐ歩くようにしていましたが、そんな保守的な散歩では、特にアビーが可哀想に思い、思いきってペットシッターさんに散歩をお願いすることにしました。


朝の散歩は私が、なんとか1時間、2匹を連れて歩き、

夕方の散歩はペットシッターさんに1時間お願いする。

それならアビーがストレス感じることは少なくできるだろう…



しかし、たとえ1時間でも、私のいないところにアビーを預けることには緊張がありました。大体は引っ張らず穏やかに歩くものの、突然ぐいっと方向転換したり、トイレのあとに飛び跳ねたりするのです。

そんな時に、リードが離れてしまわないかがとても心配でした。

で、結局、1日目は一緒に1時間歩きました^^;





シッターさんは私の心配を察して、色々なわんちゃんが今までいたことを話してくださいました。だから大丈夫よ、という感じで。


2日目は、最初から完全にお願いしたら、30分足らずで戻ってきてしまいました。

半径500mくらいから離れなかったそうで…

シッターさんの印象を悪いままで終わらせないよう、オヤツを渡し、シッターさんの手であげてもらいました。



3日目は、スタート時にオヤツをあげてもらったら、軽快に出発。50分くらい歩いたそうです。

アビーはおやつがあれば、簡単に誘拐できまーす(≧∇≦)(笑)




シッターさん曰く、

引っ張らないし、「こっちだよ」というとちゃんと来てくれて、とてもお利口さんでした。

と。






よかったー!!
たった3日でしたが、良い経験になりました。



だってアビーは飛びかかってきたり、噛み付いてきたり、大きく口を開けて文句を言ったりと、とてもお行儀の悪い子だったのですから。


いつもお手本のジャスミンがとても人好きで、皆さんに可愛がってもらっているのを、普段からよく見ているからでしょうね♪

時々通うしつけ方教室のおかげでもあります。


しかし課題がまったくないわけではありません。他人が持つ食べ物を、飛びついて奪いに行く習性は、たぶん、まだ残っています。修正すべく、たくさんの経験を積ませなければ。


私の通うしつけ方教室は、愛犬の扱い方を飼い主が勉強します。犬の性格によってアプローチの仕方は違います。

たとえばうちの場合、突進気味で陽気で頭をよく働かせるジャックラッセルテリアと、家族のみに懐き頑固で表情を出さない和犬では、アプローチの仕方も反応も大きく違うんです!これがわかってから、煮詰まっていたアビーの教育はどんどん進展しました。


客観的視点からのアドバイスを、犬の心理学をしっかり勉強しているプロから学ぶと全然違うんですね〜 (*^^*) 楽しい教室通いでした。



あ、今日、アビーと受けるんです。

「家庭犬マナーチャレンジ」





1年以上、いんや、ほんとの最初から考えると、私自身は丸3年頑張ってきましたからね。その成果を試したいと思います♪


ペットシッターさんとの時間は、この練習の成果を見ることもできた有意義な時間でした。

アビーに優しく接してくれたシッターさんに感謝!!



ではがんばってきまーす!


2015年4月13日 (月)

電気の温灸、買いました

こんなものを手に入れました。電気の温灸「ホットブルーン」。





なんだか、昭和の香り(笑)


購入のきっかけは皮膚炎アビーの体内の冷えが気になったからですが、私の腰痛や主人の膝痛、そして猫たちの冷えにも使えそうだ!と思い、奮発したのでした。


そして偶然のタイミングで、購入直後にミーナが少し変…





箱座りして頭をベッドに突っ伏して寝ているのです。呼吸もスーピー… ひどいときはゼイゼイしているときもあります。


以前は煙の出る温灸を使いましたが、猫たちはゆらゆら揺れる煙に驚き、まったく使えませんでした。

この電気の温灸は煙は出ないし、小さくて音もなく猫たちも怖がらないかなと。



先端のグリーンのクッションにはモグサが少量入っており、火を使うモグサより弱めの香りが漂います。


突っ伏して寝ていたくらいで…と思われるかもしれませんが、ミーナは腎臓をはじめ、あちこちに若干の不具合があります。つまり未病の段階です。

だから、何かと心配なのです。体も小さくて、ちょっと太めなのに体重は3.2kgしかありません。冬にはpH8の尿が出ていて、結晶がなくなるまで随分とかかりました。

結晶体質は怖いです。気付かずにいると死につながります。


以前、黒太郎が里親さん先で結石による尿路閉塞、つまりおしっこが詰まってしまったことがありました。

あと半日遅かったらダメだったかも、という状態に、2,3日で陥ってしまったのです。


その恐ろしい経験から、日々の観察はとても大切だと思いますし、特にトイレの回数、呼吸の具合はよく見てあげるようにしています。



↑今朝のトイレ。一晩で山3つ。いつもは1つか2つ。誰かが頻尿かも。気になる…



呼吸でもありました。保護した猫さんの呼吸が早くて気になり、検査を頼んだら横隔膜が破れていて胃や肝臓が前に飛び出し、肺を圧迫していたのでした。

呼吸の異常に気がつかなかったら、避妊手術を頼み、麻酔事故につながっていたかもしれません。


そんな経験から、自分でできる観察はちゃんとしようと思ったのでした。人間、恐ろしい経験をすると、背筋のたるみがとれてしゃんとします ^^;


そんなミーナの様子を東洋医学の先生に細かく話してみました。

気圧の変化が大きかったり、ここ数日の急な寒さで、肺の働きが落ち、十分な酸素が体内に入っていないのではないかということでした。

それでミーナは鼻管を温めて呼吸を楽にしようとしているのかもしれない。

私も冬は時々、寝ているときに乾燥で呼吸が苦しくて起きてしまうことがあります。そんな時はマスクをして寝ると乾燥が防げて楽だったりするんです。

ミーナもそんな感じかな。





先生から「呼吸が苦しいのだから、まずは湿度を上げる。そして合谷、肺兪、腎兪のツボを押したり温めてみて」と、ご指導いただきました。

乾燥対策は濡らしたバスタオル。扇風機にぶら下げてみました(笑)怪しげな物体に驚くニャン達。






そして、ホットブルーンとご対面。





犬や猫も、人間以上に敏感に季節の移り変わりを感じているでしょう。

少し体力のない子は見た目以上に具合が悪かったりします。そんな時に、体をさすってやったり、消化の良いものや温かいものを食べさせたりすることで、その不調を軽くしてあげることができることもあります。

もちろん、病気になっているようであれば病院へ行かねばなりませんが。


言葉を発せず、食べるものを選べず、自由に外に出ることも許されない。ペットたちがそういう環境にいることを、常々忘れないようにしたいですよね。簡単ではありませんが。



ミーナの合谷〜




肺兪〜




腎兪〜





これで呼吸が楽になりますように。

しばらくやってみて改善されなければ、また考えたいと思います。


ホットブルーン、すごく使いやすいです。肩こり用かなぁ、振動もできます。

Amazonで検索すると出てきます。


2015年4月10日 (金)

やっぱり名札は重要

つい数日前「首輪には電話番号を」と書きましたが、さっそく名札のないワンコを保護してきました… 夫が。(笑)





夜23時、大通りをふらふらしていたそうで、車から降りて声をかけたら駆け寄ってきたそうな。不安だったのね。

頭を撫でたら安心して、抱っこしたらガシッとしがみついて。これは迷子だ!と直感したんだとか。

というか、首元に鑑札あるじゃん♪



時間は間もなく0時。
ご近所の手前、吠えなきゃいいなーと心配しながらバリケンを組み立て、新しいタオルやお水、リードを用意しながら帰りを待っていました。


すると、抱っこされて玄関に入ってきたそのわんちゃんは、爪を立てて夫の腕にガシッとしがみついて降りない!

これには笑いました!!

体重12,3キロありそうな中型犬ですよ(笑)

一応、リードを付けて、優しく優しく下ろしました。





あら、アビーに似てる。アビ子ちゃん♪(笑)


組み立てたケージに素直に入り、お水を飲み、ごはんを少し食べました。





まったく吠えず、小さな声で「きゅうーん…」と鳴いただけ。


暗くして30分。そっと見に行くと、横になって足を投げ出し、くぅーっと寝ていました。大らかだわ(^◇^;)



朝、散歩に出てやると、これまたリードを引っ張らず、「おいで!」のほうにやってきます。背中、脚、首、顔… どこを触っても平気。





こんないい子に育ってるなんて、きっと大事にされているんだなーと感じました。



8時半、市役所に電話してみると、首輪にぶら下がっていたのは鑑札ではなく、毎年発行される狂犬病の注射済票でした。9年前のものでした。

ほどなく、飼い主さんから連絡がありました。初老の男性でした。

朝起きたら紐が千切れていたそうな。

13歳の女の子。

新しい首輪に名前と電話番号を書き、その迷子犬ちゃんに付けました。





「首輪もちぎれそうなので、良かったらこれ、使ってください」というと、「あー、すみません」と照れ臭そうに頭を下げていました。


お迎えはセダン。

このコが乗るのは、後部座席かな〜♪

と思っていると、な、な、なんと、


トランクを開けたではないですか!!!


「へっ?!トランクっ??」

と私が驚いていると、わんちゃんは自らピョン!と飛び乗り、満足げ。





「いつもこうして出掛けるんです。な。」

といいながら、持参したリードを付けていました。


「ふ、蓋は??」

「あ、ちゃんと閉めますよ、危ないから」


と言いながらパタン。


わんちゃん、瞬時に伏せていました。


あ、うん。の呼吸。



お迎えのお父さんを見たとき、嬉しそうに2,3回しっぽを振り、当たり前のようにトランクに乗り込んだわんちゃん。


静かにまた元の生活に戻っていきました。


いやー、トランクには驚きました(笑)



そんなこんなで、首輪には電話番号を!!

だってこれがもし金曜の夜だったら、土日もお世話しなきゃならなかったかもしれないのですから…

あ、その場合は警察にも連絡しますけどね。

電話番号があれば、その場でお家の人がわかるわけで。


一晩だってわんちゃんは不安のかたまり。可哀想です。


使ったバリケンや器だって、洗って干して消毒するのですよ。手間がかかりますですよ、はい(*^^*)


で、腰を痛めました… またやってしまった…(T ^ T) 寒かったしね…


迷子犬さんの名前は聞きませんでしたが、

いつまでも元気でね *\(^o^)/*

ちょっとブラッシングしてあげればよかったかな。何せ眠かったもんでー(^◇^;)






2015年4月 8日 (水)

少しでもわかりたくて(1)

4年前の福島原発事故で、たくさんの放射性物質を体内に取り込んだと思われる和犬雑種アビーと、




2年前、農薬だらけの田畑でギリギリ生きていた小さな猫ミーナの健康を願い、




ツボマッサージやら薬膳を勉強していますが、できれば!できればもう少し具体的に犬猫の身体のしくみを知りたいなぁ…と日頃から思っていました。

すると、ある獣医さんがプライベートで「秘密の講座:犬猫の身体のしくみ」を開催するというではありませんか!

なんて素晴らしいタイミング!

この獣医さんは密かに人気で、セミナー開催を告知すると数分で満席になります。日頃から飼い主が気になっていることを見事な目線で講義してくださる素晴らしい才能をお持ちです。

日頃の診察が飼い主目線なんでしょうね☆ しかも、面白いっ(*^^*)

講座参加費は良心的な価格です。ピアノレッスンのほうがはるかに高額(笑)

しかも少人数なので、随時質問ができます。

この講座も数分で満席。12名という貴重な枠に入ることができました。


月に1度の講座が12回続き、後半には動物病院見学もあるそうで、楽しみでなりません♪



アビーを診ていただいている鍼の獣医さんは、「皮膚に症状を出せるコは内臓は丈夫なのよ。内臓に溜め込むと腫瘍になったりするのですから」とおっしゃいます。

「そっかー、アビーは癌にはならないのね。良かった♪」

とは思いますが、それがなぜなのか、具体的にはさっぱりわかりません(^◇^;)


また、ミーナの涙は季節に関係なく出続けていますが、動物病院では「野良で育った猫はウイルスを持ってることが多いから仕方ない。体質だと思って、うまく付き合いましょう」で終わってしまいます。

西洋医学ではお手上げでも、何か、緩和してやる方法があるはず…

ツボやリンパマッサージを学ぶと、緩和してやる方法は見えてきます。これもすごいことなのですが、

身体の仕組み的なことをきちんと理解できているわけではありません。対応本を見ながら、症状に対して対応する部位を押したりさすったりするだけです。

効果が見えてくる分、そこからもう一歩踏み込んで、そうなるのはなぜ?と考えてみたら、この講座に出会えたのでした。





この秘密の講座では病気の治し方を学ぶわけではありません。そんなの無理に決まってますね〜

「獣医さんの説明が、今より理解できるようになります」

ということが目標です。

部分的ですが、動物看護士さんが学ぶようなことなんだとか。


その価値ある講座の第1回に行ってきました。まずは基盤作りです。

内臓の配置と、細胞の働きについて学びました。

確かに、これがわからないと先に進まない。とはいえ、内臓の配置についてはペット食育で一度勉強しているんですよね… なのに、うろ覚え(>人<;)

さっそく、復習!



私はものすごく絵が下手… (>人<;)

下手すぎて、笑っちゃって、んもー、集中できませんね、とほほ。


1年後には、横向きの犬や猫が上手に描けるようになっていたいなぁ

…って、そーじゃない!絵の描き方を習うわけではない ^^;

しかし横向きの絵を描くことにまず時間がかかる(笑)




また、内臓と同時に、全身の各部位の名称を専門用語で確認です。

こちらは一応… 猫にしてみたのですが…(^^;;





お友だちとの会話で「膝が痛いみたいでー」「え?前?後ろ?」と言ってしまったことがありますが、「膝」というのは後脚にあり、前脚にあるのは人間の腕と同じように「肘」と言います。

そんなレベルからのスタート。



とにかく、しっかり身につけたい。病気や、未病のコたちを少しでも楽にしてあげられるように♪





次回、細胞も描いてみます〜






2015年4月 7日 (火)

首輪に慣らそう

我が家の猫たち全員に首輪をしよう!と思い、新しく首輪を買い足しました。かわいいでしょ♪


「猫の首輪工房」さんにて。


首輪を気にしないコはずっと同じものをしていてくれるのですが、気にするコは外してさらに破壊したり…(T ^ T)

保護ネコちゃんたちの分も必要なので、年に一度くらい、4,5本まとめて買います。


首輪を気にするコには、少しの力で外れるバックルタイプを使います。




まったく気にしないコにはスナップボタンタイプを。外れにくいです。




小柄な女の子たちには「子猫ちゃん用」とされる細めの首輪を選ぶことがあります。成猫ちゃん用は1.2センチが多いようです。


犬に比べアゴが小さい猫は、首輪を気にするようになると必死に舐めとろうとして、猿ぐつわになってしまうことがあります。

そうなるとパニックになり、自分では外せないことしばしば。

また、室内の樹木の枝に引っかかってしまったという話も聞いたことがあります。

だから、気にする猫ちゃんに外れない首輪は危険です。くれぐれも無理しないように…



↑とらおは1時間持ちません…(>_<) しきりに気にしています。


なので、気にするコは首輪なしでいいや〜と諦めていたのですが、ひょんなことがきっかけで、また慣らしてみようと思ったのです。

そのきっかけとは、志麻。




このコはうちのコ4年生ですが、今年になってやっと触れるコになりました。変わるもんだなーと感心し、何気に首輪を付けてみたら、なんと!まったく気にしないではありませんか!

笑っちゃうくらい気にしません(^◇^;)


そんなわけで、猫も何らかのきっかけや時間の経過で、真逆に変わることもあるんじゃないかと思いまして (^^)


現在、首輪イヤイヤちゃんは2匹。とらお と ミーナ 。5月で3歳になる、うちでは最年少チーム?です。


気にしなくなるまでは外れる首輪を付け、「外してもまた付ける」を数ヶ月かけて繰り返してみたいと思います。うまくいくかしら〜



↑そろそろ7歳のミュウは、今でこそ気にしなくなりましたが、若い頃は嫌がって大変でした。念には念をで、外れるバックルタイプにしています。



↑そろそろ6歳のブーレは、寝ている間に付け替えても起きないくらい気にしません。こういうタイプは助かりますね。





↑左上、ミーナは首輪をとても気にします。今のところ1日1回は外します。

下の段の志麻は気にせず、

右のモリモリ君は2ヶ月くらいで慣れました。



首輪代、かかりすぎな我が家…(泣)


あ、首輪には電話番号を忘れずに!




↑「猫の首輪工房」さんでは、名札の縫い付けを依頼できます。左端に見えますか。






2015年4月 5日 (日)

大規模ペットイベントに行きました

ペットイベントというと、たいてい、大型ペットショップが協賛しているので、ペットショップなんかの売り上げに貢献するものかっ!と意地を張って出向いたことがほとんどなかった私ですが、昨年秋にお世話したリンゴちゃんのパパさんから参加のお話を伺ったので、お友だちと行ってきました。

今日まで3日間、東京ビッグサイトで開かれていた「人とペットの豊かな暮らしフェア インターペット」。

結局、リンゴちゃんは参加しないことになり会えなかったのですが、なかなか良い収穫がありました。


まず、ペット日用品がお安く買えること!

そりゃそうですよね、流通の仕組みからして、イベントとなるとメーカー直販となり、小売店のマージンを省くわけですから2割前後は安くなるのは当然の流れ。


そして、サンプル!
フード以外も、衛生用品などの試供品がありました。無料でもらえたり、その場で試したりもできます。



↑お友だちワンコが歯磨きクロスを試されている様子


そんなこんなメリットがあることを今まで考えもしなかったので、行かないのはもったいなかったなー、と改めて感じました^^;


無料でいただいてきたものはこちら。




ちょっとご紹介します。

まず、左側のブルーの袋は「BOS」という袋で、臭いがまったくといっていいほど漏れません!つい最近知り、感激していたところ、偶然にも会場で見つけ、異様な興奮状態になってしまいました^^; アンケートに答えて15枚入りをいただきました♪

普段はAmazonで買えます。犬たちと車で出掛けるときに重宝します。また、燃えるゴミの日まで保管せねばならない猫トイレの砂。この袋に入れれば臭いなし!!

最近のペットグッズ、一番のオススメです。


さて次は、左下。アニマストラスというサプリ。こちらも無料で配布されていました。ペット用サプリとしては老舗メーカーではないかと。たしか、人用も作っていたと思います。うちの子達がシニアになったら使ってみたいと思っていました。液体とチップが入ってました。

サプリですからね、長期に使っても良いか悪いかあまりわからないので、実は…サプリそのものにはあまり感動はないのですが、嬉しかったのは同梱されていたポチ袋!!(笑)とてもオシャレではありませんか〜♪ ♪ ペットと何の関係もないんですよ(*^^*) でも、よく使うので嬉しい!




次に、真ん中のオレンジ色の商品。
買ったら3千いくらの新商品です。首輪に付けて、Bluetooth通信で「何か」を管理するそうです!




…って、よくわかっていませんが、アンケートに答えて無料でいただいてきました。私の頭によぎったのは、ノラ猫母さんの首に着けたら赤ちゃん猫の居場所がわかる??

しかし、よく見たら大きい。中大型犬のアビーにちょうど良い感じです。いずれにせよ、そのうち試してみます。







最後は右側、ネイチャーズロジックのサンプルフードと、アルミパックに入ったイワシのオイル。

このメーカーのキャッチは「100年先をゆくペットフード」!!すごすぎます(笑)

フードのサンプルは、しょーじきなところ、生活の糧にいただいてきました(^◇^;) 「猫が6匹いるんですー」といったら、オイルを6枚もくださいました。ありがたい。次のキャットフードはネイチャーズさんのを買います(*^^*) サンプルを食べたら、ですが。


他にも、消毒液でメジャーな「バイオウィルクリア」の携帯サイズをいただきました。




商品もかなり値引きされていて、とっても買いたかったのですが、秋に大きなボトルを買ったばかり。今回は節約のためにやめました。


購入したのは、犬たちのおもちゃと、




猫たちのおもちゃと、




歯磨きクロスです。



↑これは良さそう!このミント系の香りが好きなニャンがいるので、歯磨きしてやれそうです。



こんなお買い得になるのなら、来年はその日に焦点を合わせてまとめ買いしよう!!


交通費??いやいや、愛犬のこんな顔を見たら、安いもんでしょうー(笑)







皮膚炎のアビーばかりを優先してきた1年ですから、ジャスミンのための楽しい時間を持てて、本当に行って良かったと思いました。

一緒に行ってくれたお友だちにも感謝✨

きっと他にもこの手のイベントがあるとは思いますが、無駄遣いをたくさんしてしまいそうな活気があるので、年に一度の楽しみにしたいと思います♪





2015年4月 3日 (金)

お膝大好き

モリモリ君はほんっと甘えんぼさんです(*^^*)

いつも朝一の膝上はミーナの場所ですが、たまたまミーナが窓の外に夢中だったのでモリモリ君を膝に乗せたら、次の日からミーナと競うように小走りでやってくるようになりました(笑)





今まで我慢してたのねー


モリモリ君をギュッと縮めてミーナも乗せると、なんだかんだで仲良しな様子。

「あら、しまちゃんいたの!?」





でもモリモリ君は密かにミーナを後ろ脚で除けようとしてました(笑)






モリモリ君はもっともっと甘えたいようです(*^^*)

すぐ懐きます。声が可愛いです。

でも、知らんぷりしてると、

おぅー、おぇー、おぇっ、

と変な鳴きかたをするので、いつもいつも可愛がってくださる方、希望!(笑)


びっくり顔もキュートです^_−☆





募集要項は「ペットのおうち」に掲載しています。よろしくお願いします(^-^)

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn62195/



2015年4月 1日 (水)

春の陽気ですね

(昨夜、未完成でアップしていたようで、翌朝追記しています~_~; 寝ぼけちゃったようです、、、)



気温が上がり、すっかり春。

窓を開けて空気を入れ替えることが、とても気持ち良くなってきました。

いちばんの早起きさんはミュウです。毎日、誰よりも早く起きて、静かな朝を楽しんでいます。





志麻とミーナは隙間に鼻を入れてクンクン。仲良しさん。外の野鳥に釘付けです。



うちの窓は、外側にはめ込み式の網戸があるので、あまり心配なく開けられます。


ブーレは「春眠暁を覚えず」。この子は夜更かしなので、朝はとても寝ぼけています(笑)




夜更かしの原因は、私のベッドに とらお がやってくるのが嫌で、夜中に追い掛け回しているからです~_~;


だから… とらおも同じく、朝寝坊さん。



…大胆すぎる寝相(笑)毎夜、ブーレに追いかけられ、シャーシャー言いながら逃げまくっているとは思えず…(≧∇≦)



里親さん募集中のモリモリ君は、甘えんぼさんのときと、静かにお外を眺めているときがあります。



↑寝ぐせ、付いてます。ボサッと感が残りつつのヘアスタイルに笑っちゃいました。ミーナのグルーミング跡かもしれませんね。


話しかけると、ゴロゴロ。






犬たちとはあちこち出掛けます。
車で15分も走れば、木々や花々がたくさんある広い公園がいくつかあり、私も散歩を楽しめます。



自宅周辺は田んぼと畑ばかりで、特に今は田植え前だし、畑は埃っぽいし、除草剤がたくさん撒かれていますし。


県営、市営などの公園がありがたいです。






黄砂とかPM2.5とか、乾燥による砂ぼこりとか… ちょっと喉が痛くなる空気の悪さですが、

あちこちでお花が満開になり始めたこの時期を、たっぷり満喫したいですね♪










« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。