« 子猫のための離乳食 2 | トップページ | 子猫のための食事3 »

2015年5月26日 (火)

ストレス血尿?

季節の変わり目を強く感じる、今年の春です。


アトピー性皮膚炎発症中のアビーは四六時中カイカイ。

ミーナは原因不明のアルカリ尿。

ブーレの食欲不振。

そして、お次は『里親募集中』のモリモリ君が、血尿。



なんだか色々ありすぎて、愛犬のフィラリア検査を忘れそうになりました ^^;



昨夜モリモリ君が、

トイレに入っては、出る…

を繰り返していたものですから、もしかして詰まってる?と思い、今日の朝食前後の4時間、ケージに入ってもらいました。

その後、トイレチェックをしたところ、わずかな量しか出ていません。



今日は東京に用事があったので、どーしよう、時間がなーい! と迷ったのですが、

もし、結石などで尿が詰まっていたら生死に関わるため、やはり病院に駆け込みました。

寝癖ついたままの髪で(笑)

まずは触診。あまり溜まっている感じはないし、便秘でもなさそうとのこと。

そうなんです。前日は問題なかった気がします。けれど、今日は一日留守にするので、夕方までに何があるか心配で…


念のため、カテーテルで採尿→検査をしていただきました。

導尿って辛そうなんですよね…

最初で最後にしてあげたいです (T ^ T)







尿道が詰まる原因となる「結晶」はなく、少しバイ菌が見えました。

抗生剤二週間分が処方されました。


しかし菌は少ない。
なのに血尿。

ということで、抗生剤を投与しても血尿や頻尿が続くようなら、ストレスが関係しているかもしれないそうです。


ストレスを抱え、抵抗力が落ち、バイ菌を追い出せない、というわけです。



モリモリ君は1月に保護したので、最初は室内の温かさに、とても嬉しそうでした。





しかし4月に入り暖かい日が増えると、窓の外や私に向かって、よく鳴くようになりました。





それもそうです、自由に外を散歩していたのに、今では籠の鳥。


猫エイズ陽性のため、フリーにはできません。ケンカ好きなブーレと同じ空間にいてもらう勇気は私にはなく、穏やかな志麻とミーナのいる個室で暮らしてもらっているのです。





たった6畳程度の、オス猫にとっては狭い空間。

毎日、変化もない。

それは、若いオス猫にはかなり苦痛なのかもしれません。


といってもまだ、ストレス血尿と決まったわけではなく、抗生剤を飲んで改善すればいいわけで、しんみりするのはまだ早いのですが、

やっぱりよく鳴くんです。朝、昼、夜、と。



この個室で暮らすことを楽しめるように、ちょっとがんばってプチリフォームしようかなと思ってみたりしています。


まずは、古い荷物が入っているクローゼットを片付けて解放し、プラス1畳としよう。

そして本棚を改造して隠れ場所を作ろう。

それと、3匹に対して4つあるトイレのうち、1つをカバータイプに変えてみよう。


それから…

やっぱり里親さん探しをがんばろう。

甘えんぼさんだから、いつもお膝に乗せてくれるお母さんが欲しいんだよね。

良かれと思って家に入れた猫さんが、そのせいでストレスを抱えてしまうなんて。



ホームレス猫を減らす活動は、その猫の幸せだけを考えたものではない部分もあるので、時に辛い選択も考えねばなりません…


兎にも角にも、プチリフォーム、がんばります。



« 子猫のための離乳食 2 | トップページ | 子猫のための食事3 »

モリモリ君(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレス血尿?:

« 子猫のための離乳食 2 | トップページ | 子猫のための食事3 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。