« 子猫のための離乳食 1 | トップページ | 子猫のための離乳食 2 »

2015年5月23日 (土)

ブーレ、膵炎は無し

6歳ブーレくん。

結局、8日間で2日分くらいしか食べなかったため、病院へ連れて行きました。

食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛という症状は「膵(すい)炎が考えられる」とのこと。





検査は、血液を垂らすだけというキットで20分くらいで判定されました。


結果は、異常なし!





結果を待つ間、もし膵炎だったらどんな治療ができるのか、調べていました。スマホ時代、本当に便利です。

膵炎には急性・慢性とあるそうで、命に関わる病気だそうです。

膵臓から出すぎる消化液が、他の臓器をも溶かす…とか。恐ろしい病気です。


通常の内臓検査もしていただき、大した問題は見つからず、とっても安心しました。



ホッとして帰宅すると、なんと!ごはんを半分くらい食べました。久々です。

病院でガタガタ震えたから、何か吹っ切れた??なんて思ったりして。


そして翌日の今日は、通常の量を食べました!





えー!?いきなり回復!?
となると、余計気になる食欲不振の原因…



久しぶりに、窓際のブーレを見ました。ここが彼のお気に入りの場所。






お薬も何もしてないのに、元気になってくれました。お騒がせな子です(#^.^#)





子猫ちゃんたちのお世話に時間を取られる毎日ですが、うちのコたちとの時間は削りません。うちのコをおざなりにして保護活動はあり得ないと思っていますから。

うちのコたちの不調に気付かないで後悔しないよう、気を引き締めてがんばります。



また、自分の健康はこのコたちのため。というわけで、ハーブコーディアルを作りました。明日の自分のために、15分の夜更かし。




ハイビスカスとローズヒップのゴールデンコンビです。

ハイビスカスで作る飲み物は、天然のスポーツドリンクと呼ばれるくらい、疲労回復効果があるそうです。

ローズヒップはビタミンCたっぷりで美容効果に。犬散歩で日焼けしまくりなので^^;






このシロップを水割りしてジュースに。あるいはヨーグルトのソースで朝にいただきます。疲れが取れない朝に。
赤い色も活力を与えてくれます。







« 子猫のための離乳食 1 | トップページ | 子猫のための離乳食 2 »

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブーレ、膵炎は無し:

« 子猫のための離乳食 1 | トップページ | 子猫のための離乳食 2 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。