« テンテンとジェシカのお見合い | トップページ | ぽやーんとしていて »

2015年7月13日 (月)

離乳期子猫のための手作りごはん

保護されてから3週間半が過ぎた【太陽&元気】。





すっかり風邪が治り、元気いっぱい、食欲旺盛、人慣れ十分となってきました!


性格も見えてきて、なんとも面白い二匹です。






太陽くんは基本はおっとりしていて、「我が道をゆく」タイプです。みんなと走り回るより、おもちゃがあると抱え込んでじっとしていたり、気の強いジェシカのレスリングごっこから真剣に逃げようとしています^^;

ごはんは黙々と残さず食べていて、今では一番大きくて、手足もしっかりしてきました。きっと、のんびりとした大柄なオス猫くんになりそうな感じがします♪

頑固っぽさもあるので、ひとりっこが向いてるかなぁ…どうかなぁ… 私に慣れるまで一番時間がかかったタイプです。


一方、元気くんは明るい性格で、私によく話しかけてきます。ジェシカと走り回って遊び、隠れてから飛び出したり、レスリングも上手です。


太陽に比べると、食べる量は若干少ないかなぁという印象ですが、好き嫌いはほとんどしません。

きっと、複数頭でワイワイ遊べるご家庭が合っているように思います。


そんなふたりのごはんをご紹介します。

最初は軟便続きでしたが、最近の便検査では「いいウンチ出てますね!」と言われるくらいになりましたから、身体に合っているようです。



まずは、頂き物のキャットフード♪




そして、初めて選んだフード。



↑このフード、すごいですよね。どんなものでできているのかがひと目でわかります。
正直、こんないいものがあるのかと驚いたくらいです。


でも、良いものは高額です。大型犬含めて12匹いる今、そんな費用は捻出できません。

なので私は自分で作っちゃいます。
一応、「ペット食育士」ですから ^^;


毎食使う材料は少ないですが、毎日違う食材を取り入れることで自然と身体はバランスを取ってくれます。

何か身体に変化が生じれば、それまた安心な食材で解決できることもあります。

だから私は毎日違うものをあげるやり方をしています。自分の食事もそうですしね。


一部ですが、簡単にご紹介します。材料はきっちり覚えていないため、少し違うかもしれません。



生の鶏ささみ、かぼちゃ粉末、ヤギミルク




生の鶏胸肉、鰹だしの卵スープかけ




昆布だしで煮た鶏手羽、(確か)小松菜、生卵和え



鶏ササミ湯通し、モロヘイヤ、すりゴマ、茹で人参、昆布だしの溶き卵スープ、オリーブ油



生の牛肉、茹でたミニホタテを汁ごと、パイナップル



生の牛肉、お粥、トウモロコシ粉、ごま油



茹でた豚ひき肉と鶏ひき肉、減塩片口イワシの煮干し、バター



かつおとワラサとトマトの水煮


↑毎晩12皿並べて作ってます。なんだか笑えますね(≧∇≦)手前の大きなお皿は犬たち用。

他にも、今が美味しい枝豆を茹でて潰したら食べましたし、我が家特注の野生の日本鹿もミディアムレアでモリモリ食べていました。


こんな感じで、様々なものを食べさせていますが、食べなかったメニューは今のところありません。






離乳を、どんな食材で行ったかはとても重要に思います。


うちにいる成猫たちのうち、幼児期をドライフードだけで過ごした子は、他のものを受け付けてくれず、

野生で生き抜いてきた子は、生肉が好きで、煮込んだトロトロのものやドライフードを食べてくれません。


でもなんとかして、作りたてのごはんを少しでも食べてもらいたいと、試行錯誤の末2年以上かかりましたが、手作りごはんが食べられるようになりました。

2年以上です… 大変^^;

だから離乳期って、とても大事だと思っているのです。



新鮮なものを食べるようになると、被毛は柔らかく、便は少なくて臭いがきつくなくなります。



ちなみに、手作りにしなくても素材をよく確認して、悪いものが入っていないペットフードにし、さらに十分な水分摂取ができれば、被毛は変わってきます。



より多くの食材を受け入れられるということは、動物らしく生きられることにも繋がると思っています。

季節に応じた野菜を取り入れながら、良質な、つまり人間が食せるレベルのタンパク質を愛猫たちに食べさせることは、どんな完璧なペットフードよりも身体は喜ぶはずです。

だって「本物」の食材なんですから。


それにたぶん、市販のペットフードがどんな食材で出来ているかを直接見たら、食べさせられなくなるかもしれませんー(>_<)



今のところ、太陽&元気には1日4食与えていますが、各食全部違うものにしても、快便の毎日です。





「1週間は同じものを」という先生のご指導を受けたこともありましたが、その理由に特別な魅力を感じなかったので、我が家は7年間毎日違うメニューで、作りたてをあげています。

うちは犬も猫も、それが問題になったことはありません。


確かに、犬猫の栄養学を学ばずに食品を選ぶと体調不良を起こしてしまうこともあるでしょうね。

そこは十分に注意しなければなりません。

うちには犬猫のごはん本が10冊以上あります。

人間用の料理本もそのくらいあります。



様々なお肉を取り入れるのはもちろん、青菜の香り、根菜の甘み、果物の酸味、野菜の旨み、魚や海藻の塩け、様々な油分の香り…

子猫のうちに「食べ物」として認識してほしい食材がたくさんあります。子猫のうちにそれらに慣れてしまえば、そのあとは「猫缶」でも、飼い主さんと同じ食材でも、幅広く食べられることでしょう。


そんなわけで、すくすく育っている太陽&元気、里親さん募集中です!

よろしくお願いします(^-^)/


ちなみに、テンテン&ジェシカはドライフードで離乳したと、餌やりさんから伺いました。なので、最初はドライフードを使いました。3週目に入ったくらいから、手作りも食べるようになりました。子猫の順応は素晴らしい!



食べてくれてありがとう!

テンテン&ジェシカの新しいお母さんは、
「お料理が好きだから子猫ちゃんたちも手作りごはんにしたい」とおっしゃってました。良かったね♪




« テンテンとジェシカのお見合い | トップページ | ぽやーんとしていて »

5.ごはんのこと」カテゴリの記事

太陽・元気(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離乳期子猫のための手作りごはん:

« テンテンとジェシカのお見合い | トップページ | ぽやーんとしていて »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。