« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

同胎でも個性いろいろ

太陽と元気、玄関ホールでフリーになることが増えました。


遊んで、

食べて、

寝る。


この習慣が付いたので、三段ケージの扉を開けっぱなしでも、ケージ内で寝ています。







これが理想です (*^^*)

三段ケージは遊び場でもあり、寝る場所でもあり、ごはんの場所でもある。

閉じ込められる場所ではないと思ってもらえて嬉しいです。



ごはんを運ぶと、三段目に走って登る賢い元気ちゃん。そう、食堂はいつも三段目。


なのに太陽ちゃんは「にゃーお、にゃーお」と足元でアピールします…(^◇^;)



太陽ちゃんは色々な場面でおっとりさん。

寝起きも、遊び出しもゆっくりです^^;





なのに、食べるのだけは早い!元気ちゃんの分まで食べようとします。


だから足元でオロオロしながら時間稼ぎするのはちょうどよいのかも(笑)



私が座るとすぐに膝に乗ってくる元気ちゃん。




太陽ちゃんはちょっと距離を置きます。

けれど今日、初めて自分から登ってきました☆









それを見て、元気もすぐによじ登ってきて♪





元気ちゃんは、高音で美声。

太陽ちゃんは、低音でカエル調(笑)


何もかも対照的で、ふたりとも、かーわいい男の子です(*^^*)





どこかの温かいご家族に迎えていただける日を心待ちにしています♪




2015年8月28日 (金)

飼育放棄でしょうか

もう10日ほど前のことです。

夫の部下から電話があり、
「会社付近で泥だらけの小型犬がすがるように近寄ってきた!」
とのことでした。

朝の出来事で、私はテンテン&ジェシカの引越し準備に追われていたし、そのスタッフも仕事がてんこもりでしたから、ひとまず会議室に入れておいてもらいました。

テンテン&ジェシカの引越しが無事に終わり、その小型犬を迎えに行くと…

あまりのひどさに驚きました。よく生きていたなと。













県の動物指導センター、市警察署、市役所に電話し、探している人がいないかを問い合わせましたが、情報はありませんでした。

警察に届けるか迷いました。警察でどのように保管されるか知っていましたし、すぐに動物指導センターのあのカウントダウンの檻に移動になることもわかっていましたから、

この2,3キロしかないチワワサイズの犬を届けることは躊躇しました。

夫と相談し、自宅で保護することにし、その旨も、各所に届け出ました。



その日の夕方には病院へ連れて行きました。
簡単なメディカルチェックをお願いした結果が以下です。

・ひどい汚れだが、毛玉だらけなため、洗う前にバリカンで毛を刈り落とす必要がある

・ブラッシングもカットも、爪も伸び放題な様子から、数ヶ月間は放置されていた

・痩せている、汚れが付いたままで、2.05kg

・熱なし

・血液検査でフィラリア陰性

・成長したマダニが付いている

・乳歯が若干残る

・ヒートが来ていない → 1歳前だろう

・マイクロチップなし

といったところでした。






2日後には便検査をお願いしに、再院しました。そのときの検診は、

・内部寄生虫なし

・仔犬に見られる「らせん菌」類が多い

・口臭があり、歯石が付いている。成長期に栄養不足の場合、エナメル質ができず、すぐに汚れる歯になることがある

・発熱や下痢嘔吐などの異常がなければ、1週間後にワクチンしましょう


ということでした。


病院からアドバイスいただいたように、保護した日の夜にトリマーさんにバリカンをお願いしました。







体中が毛玉だらけで、さらに泥でコーティングされたように固まっていました。毛玉なのか糞なのか、巨大マダニなのか、もう、よくわからない黒っぽい塊がたくさんあり、バリカンの歯さえ入らないほど皮膚と毛玉がくっついていました。

耳の穴も黒い毛玉でふさがっていました。あれは毛玉?巨大マダニ?…


そのわんちゃんは疲れていた様子で、バリカン中なのにウトウトしていたので、シャンプーは翌日にしました。



ごはんもよく食べた2日目、自宅でシャンプーをすると、毛がないのに汚れやら虫やらがたくさん浮いてきました。4回もお湯を取り替えながら洗いましたが、まだ洗い足りないかなと思うほどでした。





爪も切りました。伸びきっていました。




背中にはマダニがたくさん食いついていました。




ドライヤーにはものすごく驚いていて逃げようとしました。




綺麗になったところで、ノミ・ダニ駆除剤「マイフリーガード」を垂らしました。2日間はシャンプーできなくなるタイプです。


再びサロンで顔まわりを綺麗にカットしてもらいました。


可愛らしくなりました。これが本来の姿。





お腹が若さを物語っています…





飼い主さんはどうしてこの子を数ヶ月も放置し捨てたりしたのでしょうか。あるいは、この子が自主的に逃げ出してきたのでしょうか…


愛玩犬種のミックスと思われ、不適切な繁殖による、意図的な飼育放棄と想像してしまいますが、

何か特別な事情があったのかもしれません。


保護日から1週間が過ぎましたが、県の動物指導センターには問い合わせも、似た犬の逸走届けもないそうです。

私が、あるいは会社の部下が、警察に届けていたら、この子はもう殺処分されていたでしょう。茨城県は仔犬の譲渡しか行っていませんから。


タイミングよく、保護団体さんが出入りすれば助かったかもしれませんが、それは運ですから、わかりません。


今のところ、引き続き私が保護していますので、飼い主さんがこの記事を目にしたら茨城県動物指導センターにお問い合わせください。その際は、畜犬登録番号、飼育場所含めたそのわんちゃんの写真など、飼い主である証明をご用意ください。

また、保護日から返却までの飼育費用および医療費など、かかった費用すべてのお支払いをお願いしたいと思います。


ただし、公示期間である1週間をすでに過ぎています。

こちらもずっと保護し続けることは難しいため、いずれ病院で避妊手術をしていただき、里親さんを募集させていただきます。


今度こそ、生涯大切にしてくださるご家族を、この子に探してあげたいと思っています。


いつヒートがきてもおかしくない時期だそうなので、9月に入ったら避妊手術の予定を立てています。

ヒートがきてしまうと、うちにいるオス犬がどうなるか心配ですし、ヒートの前に避妊手術することで、乳腺腫瘍などの病気を予防してあげることができます。



クンクンとよく鳴きますが、夜はおとなしく寝るようになりました。





ただ、分離不安が出始めていて、姿が見えなくなると、オロオロしてクンクン鳴きます。心のケアもしなければなりません…

2015年8月25日 (火)

1日3食に

そろそろ生後3ヶ月半くらいと思われる、太陽と元気。競争しながらも仲良しです。





1日4回だったごはんを、3回にしました。

1回減っただけで、結構、楽になります。





追いかけっこが中心だった遊びも、道具を使ってひとり没頭したりもして、成長によってなのか、性格なのか、とにかく変化し続ける子ニャンコたち。





お気に入りのおもちゃ「うおうお」





鈴付きおもちゃもお気に入り。





「太陽」ちゃんは内向きな性格なので、わりと、ひとり遊びが得意。

「元気」ちゃんは大らかで甘えんぼさんなので、私の膝で爪研ぎしたり、ちょこんと座ってみたりと、愛らしいです。





今日は、私が立っているときに、背中に飛びついて肩までよじ登ってきました(≧∇≦)

背中に爪跡がツーッと付いて…


毎日、快便で、出されたものは何でも完食!食に関しては優等生なふたりです。


ケージも好きな空間になっていますから、すぐに新しい生活をスタートできます (*^^*)




テンテンとジェシカが巣立ったため、ケージの扉を開けておく時間が増えました。

三段ケージが1つなくなった分、広くなった遊び場。




早く本来の玄関の姿に戻したいんですけどね(笑)


仲良しなふたりを、できれば一緒にぜひ、お願い致します。


里親さん募集要項はこちらにあります。
「ペットのおうち」

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn75389/


よろしくお願い致します。



2015年8月24日 (月)

いい記事、見っけ

とても良い記事を2つ、見つけました☆

【里親さんになるために知っておきたい10のこと】

https://wanchan.jp/osusume/detail/2066




里親になりたいと考えている方はもちろん、そうでない方も。

すでに「里親さん」になった経験のある方も。


あるいは、里親募集をしている方も。


「そうそう!」と、
共感できる箇所がいくつかあるかと思います。




上記の記事の中に、

「里親さんは希望の光」

とあります。ほんと、その通りだなーって。


ひとりの里親さんがいたら、また1頭救えます。

そして、殺処分される犬猫の数は確実に減ります。





「里親になる」という選択をしてくれた皆さまに、

改めて、心から、ありがとうございます。



先日からトライアル飼育に出ているテンテンとジェシカはもう馴染んだようです。


そして空いたスペースには…

間髪入れずに迷子のわんちゃんがやってきました。

スペースがなかったら警察に届けていたかもしれません。あるいは無理して連れ帰ったとしても、 きちんとした管理ができなかったかもしれません。

里親になってくださる方がいたから、また救うことができました。



クリステル・ヴィ・アンサンブルさんが「フォスター認定講座」を始めるんですって。

http://christelfoundation.org/news-blog/blog/フォスター認定講座のお知らせ.html


預かりボランティアには、それなりの知識と心構えが必要ですものね。


たとえば、ズーノーシスを知らなかったり、

危機管理が甘かったりすると、

病気にさせてしまったり、逸走させてしまうかも…


知識を持った預かりボランティアさんが増えれば、また救える可能性が広がります。


ペットの里親制度、どんどんメジャーになりますように。









2015年8月20日 (木)

無事に引っ越しました

昨日、テンテンとジェシカは無事にお引越ししました。

保護っ子たちの引っ越しは、本人たちをひょいと連れて行くだけではないため、なかなかの大イベントになります。

前日までに用意できることはしますが、できないこともあり…

それは主に、ケージやトイレセットを貸し出す場合です。

荷物を整理していると、ちょっと不安げなふたり。







今回も、テンテンとジェシカの住まいごと全部を貸し出すため、三段ケージをいったんバラして車に乗せ、トイレや敷物やタワーも一緒に運ばなければなりません。


ケージをバラす最中に子猫たちがフリーになっていると危ないので、一時的に「太陽」&「元気」の三段ケージに入れました。

すると…






仲良し(^^)

これが最後の一緒の写真。

ケージは別々でしたが、二ヶ月以上、同じ部屋で過ごしましたからね。


そして先方に到着し、また組み立てます。

全く同じ住まい。

しかし、景色は違う。

少し緊張するふたりです。






里親さんとお話ししている間、周囲を確認した様子。


ケージから出してあげると、さっそく探検しはじめました。好奇心旺盛でひと安心。





固まったままだと、ごはんが食べられなかったり、トイレができなかったりするため、人側の心情がかなり辛くなります… よくあることではありますが、可哀想で可哀想で、涙なしにはいられなかったりします…^^; 数日だけとわかっていても。


なにやら可愛いものがあり尋ねると…

なんとー!手作りベッド!!





ひゃっ(≧∇≦)可愛すぎます(≧∇≦)


里親さんが用意なさっていたジャラシ棒を振ると、無邪気に遊んでいました。






心配なさそうなので、ごはんの量や、怪我をしそうな箇所の確認、窓の脱走防止対策についてなどをお話しし、

10日間の「仮譲渡契約書」を交わして、

そっと失礼しました。



帰路の道中は嬉し涙。
必ず、たくさん可愛がってもらえることでしょう。


姉妹一緒で、本当によかった。









2015年8月18日 (火)

明日、お引越し

前回の記事から1週間が過ぎてしまいました。

スマートフォンが壊れたり、愛犬が中耳炎になったり、愛猫が頻尿で不調だったり、仕事が急に追加されたり、従兄弟が結婚したり(^^) … 他にも…


たった4,5日の中でイベントが盛りだくさんになってしまい、バタバタしたためか、疲労腹痛に。大事な用事も延期しなければならず、気持ちも下降気味で。バイオリズムのせいでもありますが。


そんなこんなでブログに向き合えませんでしたが、

やっと、テンテンとジェシカが引越しできることになり、これはご報告しなければと、買い替えざるを得ないことになったiPhoneに向かうことにしました。



明日、テンテンとジェシカは、元気にお引越しします!

姉妹で一緒。しかも市内。




とてもとても嬉しく思います(*^o^*)


食べ慣れた数日分のフードも用意済み。

三段ケージは今のまま貸し出すことにしました。お部屋と人に慣れるまでの最初だけ、どうしても必要なのです。


慣れてしまえば、不要…とも言いがたく、二段三段のケージは意外に猫たちは好きです。

うちでは2つ常設していますが、扉を開けておくと、誰かしら最上段で寝ています。タワーや本棚と組み合わせると、ケージの屋根にも登りますしね。ちょっと揺れる感じが、アトラクションになっているようです。

なかなか大変ですが、明日はケージを分解して車に乗せ、先方でまた組み立て設置します。






愛犬の体調不良で子猫たちを可愛がる時間がなかったため、人を好きになってくれるかが心配でしたが、

1週間ほど前から、ジェシカがべったりさんになってきました。意外なことで、とても嬉しく(^^)





テンテンはひょうひょうとした性格なので心配ないですし。





まずは10日間のトライアルです。

里親さんご家族やお部屋と相性抜群となりますよう、祈るばかりです。






2015年8月11日 (火)

結膜炎、良くなってきました

順番に移っていった結膜炎。

最後のテンテンに抗生物質の錠剤を飲ませること1週間。

ようやく治ってきました。




まだちょっと、目のふちにカサブタが残っていますが、そのうち取れるでしょう。





テンテンはごはんをガツガツ食べるタイプではないため、錠剤のお薬はこんなふうにあげています。


まず、潰します。




お水とごはんを少量入れて混ぜます。中央がお薬入りです。



ドライフードのトッピング入りがテンテンとジェシカの分です。ふたりは離乳食がドライフードだったため、それが「母の味」のようですよ。

ドライフードのトッピングがないと、がっかりしている感じがあります ^^;


で、お薬入り分が食べ終わってから、残りをあげます。最初から全体にお薬を混ぜてしまうと、食べ残す可能性があります。






あとはジェシカと一緒にケージでゆっくり食べてもらえます。


10日分の処方だからもう少しです。


お盆が開けたら、お引越しできるかな。

テンテンはかくれんぼ好きです(^^)
新しいおうちには猫タワーがあるといいね。




ジェシカも元気です。よく、膝によじ登ってきて、鼻チュをするようになってきました♪




人懐こい子はあまり心配なく、送り出すことができます(^^)

しかも姉妹一緒だしね。

この上ない良縁だと信じます(^^)





2015年8月 6日 (木)

またまた延期

参ったなぁー(>_<)

こんなこと初めてです。


テンテンとジェシカのお引っ越し、3回目の延期です。






ウイルスに効くというインターフェロンが効かなくて、片目だけだった結膜炎が両目に広がりました。










菌の仕業かもしれないということで、抗生物質の錠剤が処方され、

引っ越しを延期しました。


住処の移動は強いストレスを与えかねないので、無理はダメ、との先生からアドバイス。


抗生物質に変えて1日半過ぎましたが、効いてきた様子。





薬は10日分。


ふぅー



しかし、目薬の毎日だったにも関わらず、抱っこ好きなテンテンになり、その性格の良さに救われます。










ジェシカもよく膝に乗ってくるようになりました♪



子猫たちがやってきてから約50日。ケージ生活、申し訳ないなーと思います(涙


とはいえ、トータル4時間くらいはフリーにしてあげられてるかな…

それでも少ないですけどね…


テンテンが良くなりますように。




2015年8月 4日 (火)

ちょっとグズだけど優しい子

【里親募集中】の太陽(奥)と元気(手前)。





太陽は体がいちばん大きくて食いしん坊なのに、とても怖がりで人見知りで、何事にもちょっぴり鈍臭い ^^;


たとえば、友人が「子猫ちゃん見たい♪」といって遊びに来ると、

隠れる、隠れる、まーだ隠れてる…



というくらい、人に馴染もうとしません^^;




私には今は慣れましたが、1ヶ月くらいかかりました。そんな人見知りな生後2ヶ月っている??と思うほど、ビビりさんです。






うちの犬たちが何かに吠えたりすると飛び上がって驚き、一目散に隅に走っていきます。マンガのような反応で、思わず笑ってしまいます(^^)



ごはんのときは手を伸ばして「早く早く!」とお皿を引き寄せようとするので、何度かこぼしてしまったくらいです^^;





また、4匹の子猫たちのトイレ掃除をスムーズに行うために、トイレを置いた1階からは出さないようにし、

三段ケージの三段目で抱っこされて出るよう習慣づけているのですが、


太陽だけが、このシステムをなかなか覚えられませんでした^^;


今は覚えましたけど、
ほんとにわかってるのかなー??
って思っちゃいます(笑)




でもね、そんな太陽でも、こんな優しい一面があることがわかりました。

お母さんが恋しくてフミフミチュパチュパする「元気」をグルーミングしてあげるのです。




動画はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=xI2GZuP-qF8



なかなか良い性格をしているかもしれませんね☆


体が大きくて、のんびりで、食いしん坊で、怖がりで、ちょっとにぶい、けど優しい❤︎

そんな性格の子、クラスにひとりくらいはいましたよね。微笑ましくなります。


将来が楽しみな子猫たちです。






家族に迎えてくださる方、お待ちしています♪

募集要項はこちらからご覧ください。

◎ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn75389/





2015年8月 2日 (日)

今度はテンテンが…(泣

結膜炎だった保護ねこさんたち「太陽くん」と「ジェシカちゃん」の投薬が終わり、

太陽はすっかり元気に☆





ジェシカはまだ若干残るものの心配ないということで、三種混合ワクチンを打っていただくことができました。



↑病院にて、キャリーバッグの中。



そして膀胱炎だった愛犬ジャスミンの再検査は、たった1週間で細菌も白血球もなくなるという素晴らしい回復を見せ、投薬終了♪

ポリープなどなくてホッとしました。



↑車内にて。ちょっと緊張。



御飯時、12枚のお皿を並べながら、

「お薬がないっていいわぁ〜♪」

とホッとしたのもつかの間…


その夜、いちばん丈夫だと思っていた「テンテンちゃん」に涙目…





これぞほんとに、ガビーンッ!!


翌日、病院に連れて行きました。結膜炎でした。


あー… かわいそうに…


さすがに私も落ち込み、獣医さんに「私の管理が何かまずいのでしょうか」と聞いてみたら、

「いやいや(笑)、一緒にいたら、だいたいは一巡するんですよね。こっちが治ったらまた別の子が、って感じで」

と慰めていただきました…


テンテンの症状は結膜炎だけで、くしゃみなし。ひとまず目薬だけいただきました。



とはいえ、目薬も楽じゃありません。回数は3,4回やらなきゃだし、大人しくさせてくれないため、私はすっかり保定が上手くなりました(笑)


早期発見での投薬だから、早く治りそうだわ。と思っていたら、




目薬したのに一晩でひどくなってしまいました。


早く引っ越して、うちにいないほうがいいんじゃないかしら…と思ったりするくらいです(T_T)


1日の引っ越し予定が、先方のご都合で、6日になりました。


今度こそ、お引っ越しできますように!!








« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。