« 1日3食に | トップページ | 同胎でも個性いろいろ »

2015年8月28日 (金)

飼育放棄でしょうか

もう10日ほど前のことです。

夫の部下から電話があり、
「会社付近で泥だらけの小型犬がすがるように近寄ってきた!」
とのことでした。

朝の出来事で、私はテンテン&ジェシカの引越し準備に追われていたし、そのスタッフも仕事がてんこもりでしたから、ひとまず会議室に入れておいてもらいました。

テンテン&ジェシカの引越しが無事に終わり、その小型犬を迎えに行くと…

あまりのひどさに驚きました。よく生きていたなと。













県の動物指導センター、市警察署、市役所に電話し、探している人がいないかを問い合わせましたが、情報はありませんでした。

警察に届けるか迷いました。警察でどのように保管されるか知っていましたし、すぐに動物指導センターのあのカウントダウンの檻に移動になることもわかっていましたから、

この2,3キロしかないチワワサイズの犬を届けることは躊躇しました。

夫と相談し、自宅で保護することにし、その旨も、各所に届け出ました。



その日の夕方には病院へ連れて行きました。
簡単なメディカルチェックをお願いした結果が以下です。

・ひどい汚れだが、毛玉だらけなため、洗う前にバリカンで毛を刈り落とす必要がある

・ブラッシングもカットも、爪も伸び放題な様子から、数ヶ月間は放置されていた

・痩せている、汚れが付いたままで、2.05kg

・熱なし

・血液検査でフィラリア陰性

・成長したマダニが付いている

・乳歯が若干残る

・ヒートが来ていない → 1歳前だろう

・マイクロチップなし

といったところでした。






2日後には便検査をお願いしに、再院しました。そのときの検診は、

・内部寄生虫なし

・仔犬に見られる「らせん菌」類が多い

・口臭があり、歯石が付いている。成長期に栄養不足の場合、エナメル質ができず、すぐに汚れる歯になることがある

・発熱や下痢嘔吐などの異常がなければ、1週間後にワクチンしましょう


ということでした。


病院からアドバイスいただいたように、保護した日の夜にトリマーさんにバリカンをお願いしました。







体中が毛玉だらけで、さらに泥でコーティングされたように固まっていました。毛玉なのか糞なのか、巨大マダニなのか、もう、よくわからない黒っぽい塊がたくさんあり、バリカンの歯さえ入らないほど皮膚と毛玉がくっついていました。

耳の穴も黒い毛玉でふさがっていました。あれは毛玉?巨大マダニ?…


そのわんちゃんは疲れていた様子で、バリカン中なのにウトウトしていたので、シャンプーは翌日にしました。



ごはんもよく食べた2日目、自宅でシャンプーをすると、毛がないのに汚れやら虫やらがたくさん浮いてきました。4回もお湯を取り替えながら洗いましたが、まだ洗い足りないかなと思うほどでした。





爪も切りました。伸びきっていました。




背中にはマダニがたくさん食いついていました。




ドライヤーにはものすごく驚いていて逃げようとしました。




綺麗になったところで、ノミ・ダニ駆除剤「マイフリーガード」を垂らしました。2日間はシャンプーできなくなるタイプです。


再びサロンで顔まわりを綺麗にカットしてもらいました。


可愛らしくなりました。これが本来の姿。





お腹が若さを物語っています…





飼い主さんはどうしてこの子を数ヶ月も放置し捨てたりしたのでしょうか。あるいは、この子が自主的に逃げ出してきたのでしょうか…


愛玩犬種のミックスと思われ、不適切な繁殖による、意図的な飼育放棄と想像してしまいますが、

何か特別な事情があったのかもしれません。


保護日から1週間が過ぎましたが、県の動物指導センターには問い合わせも、似た犬の逸走届けもないそうです。

私が、あるいは会社の部下が、警察に届けていたら、この子はもう殺処分されていたでしょう。茨城県は仔犬の譲渡しか行っていませんから。


タイミングよく、保護団体さんが出入りすれば助かったかもしれませんが、それは運ですから、わかりません。


今のところ、引き続き私が保護していますので、飼い主さんがこの記事を目にしたら茨城県動物指導センターにお問い合わせください。その際は、畜犬登録番号、飼育場所含めたそのわんちゃんの写真など、飼い主である証明をご用意ください。

また、保護日から返却までの飼育費用および医療費など、かかった費用すべてのお支払いをお願いしたいと思います。


ただし、公示期間である1週間をすでに過ぎています。

こちらもずっと保護し続けることは難しいため、いずれ病院で避妊手術をしていただき、里親さんを募集させていただきます。


今度こそ、生涯大切にしてくださるご家族を、この子に探してあげたいと思っています。


いつヒートがきてもおかしくない時期だそうなので、9月に入ったら避妊手術の予定を立てています。

ヒートがきてしまうと、うちにいるオス犬がどうなるか心配ですし、ヒートの前に避妊手術することで、乳腺腫瘍などの病気を予防してあげることができます。



クンクンとよく鳴きますが、夜はおとなしく寝るようになりました。





ただ、分離不安が出始めていて、姿が見えなくなると、オロオロしてクンクン鳴きます。心のケアもしなければなりません…

« 1日3食に | トップページ | 同胎でも個性いろいろ »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

とんとん(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼育放棄でしょうか:

« 1日3食に | トップページ | 同胎でも個性いろいろ »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。