« とんとん、トライアル | トップページ | モリモリは一発で効きました! »

2015年9月26日 (土)

うちの猫たちに風邪が蔓延

我が家の猫チームに風邪が蔓延してしまいました(T T)

1週間前、志麻がくしゃみをし始めたと思ったら、同時にとらおが咳き込み、その日の夜には眠れないくらいひどい状態になってしまいました。


↑あくびをしようとしたら咳になり…



すぐにかかりつけの病院に、と思いましたが、連休に入ってしまい、知っている病院が二軒ともお休みでした。

仕方なく、年中無休の新しい病院へ連れて行き、血液検査と胸部X線検査をしてもらいました。








すると、その日は肺に異常なしと診断され、炎症を和らげるステロイド剤の注射と、内服の気管支拡張剤を出され帰宅。


すると、2日目には高熱が出てしまい、同じ病院で違う先生に診ていただくと、1日目と同じ画像から気管支炎と診断。抗生物質をはじめとするお薬色々を点滴と注射で入れてもらいました。食餌が取れないため、しばらく通院してくださいとのことでした。








3日目、また違う先生!
連休だし、新しい病院だし、仕方ないかぁ…

1日目の画像を見ながら、「軽い肺炎ですね」と。
前日と同じ内容の薬を入れてもらい、帰宅。

レントゲン画像って、難しいのね。
っていうか… なんだかなぁ…
1日目に、3日目の先生が診てくれていたら、違う処置になったのだろうか…


しかし、その日の夜から、とらおのヨダレが止まらなくなりました。ヨダレというより水。ぽたぽたと口からお水が出てきてしまう状態でした。








薬を間違えたんじゃないかしら??
不安でいっぱいになりました。

翌朝もヨダレが止まらないため、夕方の予約を待たず、朝から病院へ連れて行くと、

また違う先生!!!4人目ー!!!

「毎度、担当が変わってすみませんねぇ」と言いながら、脱水がないか調べ、「3日間の処置は適正だから問題ないはず」と仰いました。こんなにヨダレが出ているのに、問題ないはず、なのね…

その話の途中、2日目の先生が来てくれて、ホッとしました。しかし!4人目の先生はまるで無視し、話し続けました。1日目のステロイド注射も適正だったと。

新しい病院だからキャリアの集まりとはこういうものなのかな、仕方ないのかな、と思いますが、なんとなく圧力を感じ、嫌な雰囲気でした。

抗生物質と、ヨダレを止める吐き気止めを打ちましょうと奥に行き、注射を持って戻ってきたのは2日目の先生でホッとしました。抗菌薬「バイトリル」と吐き気止め「セレニア」を注射。

その先生に翌日もお願いし、帰宅。

とらおの吐き気は止まり、その日の夜は食餌ができました。


けれど、翌朝はまた食べず…

5日目は、予約した通り2日目の先生でホッ。前日と同じ注射をし、明日からは自宅で内服薬にしましょうということで、抗菌薬「バイトリル」と炎症を抑える薬「プレドニゾロン」が処方されました。

6日目の、といっても、症状が出てからは7日目になりますが、夕方の今になるまでまだ何も食べていません。食べたそうなのに、鼻が詰まって匂いがわからないためか、クンクン、ブシューッとして、食べずに行ってしまいます。

薬を水で溶かし、嫌がるところを少しずつシリンジで飲ませました。

今夜は食べてくれるかなぁ…
ひどい鼻水と鼻詰まりでとても可哀想です…

とらおはおデブなのですが、太っている猫が何日も食べないと、自分の脂肪を栄養として取り込もうとし、それが肝臓に蓄積される「肝リピドーシス」という病気に発展するそうです。そうなると食餌制限などしなければならず大変なんだとか。

だから、「何でもいいからお口から食べさせて」とのことでした。


最初にくしゃみが出ていた志麻は、あっさり自力で治した様子。くしゃみはなくなり、いつも通りに食べて、ケロッとしているのでホッとしました。


そんな中、なんと昨日からはモリモリ君もくしゃみ!

大きく、ため息ついてしまいました…
あぁ、ごめんね…涙

モリモリはFIV陽性のため悪化が心配だし、くしゃみで粘液が他の子に飛ぶとFIVが移る心配も出てきます。

昨夜から三段ケージに入ってもらい、ホットマットを敷いてやり、ウイルス感染予防のため塩素系消毒液の噴霧器を設置。





朝になり、 熱はないようですが悪化する前にと、とらおと同じ病院へ連れて行きました。

いつものかかりつけの先生は連休明けで混んでいるだろうと想像したので…

そして!なんと!また初めての先生!!5人目だ!
いったい、獣医さん何人いるんだ??

まあ、たくさんいらっしゃれば、誤診も減ったり、より良い治療が見つかったりする可能性はあるでしょうが、それは横のつながりが組織的にしっかりできていれば、の話かと思ったりするわけで…



5人目の先生は、くしゃみ鼻水だけで脱水もないことから、検査はせず、消炎剤と抗生物質を注射してくださいました。明日からは内服薬です。





モリモリは錠剤が得意なはず。保護当時の投薬が簡単だった気がします。

二人とも投薬が困難だと、ちょっと大変だ…



それにしても、連休中の通院は懲り懲りです…

毎日担当医が変わるから、
「おしっこ出てますか?」
「1回は出てました。あとはちょっとわからなくて」
「外に出してるんですか?」
「出していませんが、うちは多頭なので…」
と、毎日言ってました(笑)

しかも、諭吉さんが5人も飛びましたよ〜

とらおとモリモリが今以上、悪化しませんように。

早く回復しますように…



« とんとん、トライアル | トップページ | モリモリは一発で効きました! »

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

モリモリ君(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちの猫たちに風邪が蔓延:

« とんとん、トライアル | トップページ | モリモリは一発で効きました! »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。