« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

去勢手術が終わりました

太陽&元気、無事に去勢手術が終わりました。





その日の夜は風が冷たく気温も下がったので、ヒーターで部屋、いや、玄関ホール^^; を温めておきました。

初めて見るヒーターをすぐにチェックする元気ちゃん。




遠くから様子を見る太陽ちゃん。





太陽、実は帰宅して間もなく、喉の奥をやたら気にして、クチュクチュしたりオエッとしたりしていました。




手術してくださった先生に電話をして聞いてみると、

麻酔時に使用した気管チューブへの違和感が残っているのだろうということでした。

なるほど。安心しました。乳歯でも抜けかかっているのかと思いました。太陽も元気も全て生え変わっているとのことでした。

気管チューブの記憶が喉に残って排除しようとしていたのですね。この仕草、翌日の夜までやってました。

こんな気にする子は初めてのような気がします。性格なのでしょうか。お尻周りもやたら気にしています。




太陽はそのことがあったからか、なんとなく冴えない顔をしていましたが、食欲だけはすごくて笑えました。




去勢手術が終わったので、「ペットのおうち」の登録内容にその旨、記載しました。

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn75389/


手術の10日ほど前に採血し、検査センターで内臓、FeLV(猫白血病)、FIV(猫エイズ)チェックをしていただき、いずれも問題ないことがわかりました☆

ひと安心です。


そんな太陽と元気、
conohaさんが応援してくれたにも関わらず、まったくお問い合わせがありません… (T ^ T)


やはり譲渡会に参加しなきゃダメかな。





私、情けないことに貧血症でして、長時間立っているのがとても苦手です^^;
さらに子猫がたくさんいる時期は、多くの人々が会場にお越しくださるので空気も薄くなり、かなりのパワーが要ります…

冬になったら頑張ってみようかな。
空気が冷たいと、少し楽なんです(^^)


でもできればその前に、お問い合わせお待ちしています!!




2015年10月26日 (月)

モリちゃんはナイスキャラ

【里親募集中】のモリモリくん。

お友達が同じ名前の漬物を買ってくれて、とっても笑わせてくれました(≧∇≦)




↑期待通りの反応、ありがとう(笑)



そんなモリちゃんは、少々いじっても動じないタイプ(*^^*)

お膝大好きで、私や主人が床や椅子に座ると、すぐに乗ってきます。

そのかけ寄り方が… とっても面白い!

ズンズン、ズン、ドスッ、ふぅ〜、んにゃっ☆



マンガに登場する、ナイスキャラのお父さん猫みたいな感じです(笑)


こういう穏やかで身体の大きなオス猫さんは、「昔から猫が大好き」という人に人気ですよね。疲れて帰ってきた主人もモリちゃんに大変癒してもらっています♪



このままずっとうちで暮らしてもらいたい気持ちもあるのですが、

とにかく甘えん坊さんなんです。
最初から人懐こいんです。




だから、もっと長い時間、膝に乗せてくれるお母さんを探してあげたいと思っていて…


ハンサムではないし、FIV陽性だから、写真や文面では彼の良さはなかなか伝わらないのですが、

声もしっかり鳴きわけて、感情アピールが上手で、アイコンタクトもわんちゃんのようにしてくれます。

会話もできるタイプですから、一緒に生活すると「相棒」のようになってくれると思います(*^^*)


うちでは… 人に不慣れな志麻と、身体の弱いミーナと一緒に6畳間にいてもらっているので、モリちゃんのキャラが生かされない窮屈な生活です。



おめめはグリーンアイで、鼻水はなく、いつもきれい。





アゴニキビ、ぜんぜんないよ♪






しっぽは長くてしなやか。色々と感情表現してくれます。


ただね〜、前歯が〜



スキッパちゃん!(笑)これも愛嬌です!



ちょっといたずらしてみても、平気♪





ほんっと、穏やかな性格をしています☆


FIV陽性ですが、こんなに穏やかで甘えん坊で素直だったら、体調不良はすぐに見つけてあげられそうですし、お薬もスムーズに飲んでくれます。


驚いたのは先月の猫風邪の具合。
なんと、モリちゃんは3日くらいで症状が治まってしまいました。


ウィキペディアで「FIV 猫エイズ」を調べると、

感染から1年間発症しなければ、未感染の猫と平均寿命は同じ

という論文が紹介されています。


モリちゃんを保護してからもうすぐ1年。

この先病気になっても、それはFIV「陰性」の猫ちゃんと同じ。早期発見、早期治療。



モリちゃんが私の膝にいると、勝気なミーナがモリちゃんの尻尾を噛むので、バランス調整に神経使います。


↑奥にミーナがウロウロ。嫌な顔するモリちゃん^^;

モリちゃんはミーナの「睨み」に耐えきれず降りてしまうこともあり… 女の子には頭が上がらない優しい子です。





モリちゃんがのびのびできる空間と、いつでもお膝提供が可能な方、どこかにいませんかね〜


首を長くしてお待ちしています!!


募集要項はこちら
【ペットのおうち】
http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn62195/

2015年10月24日 (土)

子猫たちのごはん

子猫たちのごはん。

たとえばですが、

犬たち用に作ったごはんから、




お肉を抜き取り〜
くたくたになった野菜とスープを取り出し〜

ペットフードを追加して出来上がり。




お米やパスタが入ることもあり(^^)




市販のキャットフードを勧める獣医さんもまだ多いことから、ドライフードを加えています。


なので、

「忙しいから、きっとほとんどがキャットフードになっちゃう! 」

というご家庭でも、

「手作りごはんを食べてくれるなんて嬉しい!張り切って作るわ!」

というご家庭でも、ちゃ〜んと馴染めると思います☆







私はもう、ほんっとシンプルに、
「作りたてのあったかごはんを食べさせてあげたい」という想いで手作りごはんにしています。





人も犬も猫も、身体の60%は水分でできているそうですから、そのくらいの量の水分は最低でも摂らせてあげたいですよね。

ドライフードの多くは、10%以下ですからね。
足りな過ぎます。


そして「プレミアムフード」であっても、そのほとんどは、100gあたり、カップ麺と同じくらいの価格帯ですからね。中身の「質」は想像できます。



↑食いしん坊の太陽は、最後の一滴も残しません(^^)



さて、
太陽と元気、来週に去勢手術が決まりました。

男の子たちなので日帰りですが、居ない数時間のうちにケージの隅々までお掃除して、

あったかごはんを作ってあげようと思います。

…って、おそらく翌日にならないと食事は難しいかもしれませんけれど。


↑上2つが犬たちごはん。


手術が無事に終わりますように。









2015年10月22日 (木)

猫風邪、全快かな

鼻がグズグズし始めてから4週間経過のミュウ。





目薬イヤ、飲み薬イヤ、サプリって何?、こっちこないで!、ごはんもいらなーい!

という、キャパの狭さを存分に発揮してくれたおかげで、いつまで経っても治らなかったのですが、

内服薬の抗生物質がバレない猫缶をやっと見つけて、


まさに「騙し騙し」で数日食べさせて、

やっと全快かなと思えてきました。





目ヤニかさぶたが毎朝付いていますが、これは以前からの症状なので、体質という感じです。

だからといって知らんぷりするつもりはなく、今回初めて使い始めたサプリ「メニにゃんアイ」が効くといいなと思っているところです。



涙目の原因となるウイルスは「猫ヘルペスウイルス」が多いそうで、このサプリにはその増殖を抑える働きがあるそうです。詳しくはメーカーサイトでどうぞ。


手作り食ということもあり、足りないものは食品からという思いが強く、普段からサプリは使わないのですが、

ある獣医さんからも「薬がダメなら」と勧められたので、使ってみることにしました。Amazonで定価よりお安く購入できました。


ちなみに、老犬飼いさんも「メニわんアイ」を与えているという話を聞きました。白内障予防なんだとか。


ミュウと同じく年中涙目のミーナにも使与えてみています。

顆粒なのでごはんによく混ぜるだけ。気にせずに食べていますから、効果が出れば大変ありがたいサプリですね。

効果が出たかどうか、数ヶ月使ってみてまた書きたいと思います。



こちらはミーナさん。気持ち良さそう。





久しぶりに窓の外を眺めてご機嫌さんのミュウ。




秋晴れは爽やかでいいですよね。


そういえばミーナも目薬だけはダメで、私から逃げ回っていたっけ ^^;

やっと平和が戻ってきた感じがします(笑)


↑膝の上も久しぶり。ドラえもん顔。


11月になったら、順番に三種混合ワクチン接種予定。血液検査もしたい子、数名…

ペットたちが年老いてくると、検査代は家計を圧迫しますね… 身にしみて感じます…

それでもやっぱり、毎晩心配して朝から病院通いして、辛そうな我が子たちを見るのは、ほんっともーー、懲り懲りですからね、ワクチン代は仕方ないですね ^^;




2015年10月20日 (火)

猫の首輪屋さんが

昨日の写真にあるように、太陽と元気に和柄の首輪を買いました。「猫の首輪専門店CONOHA」さんの梅の花柄です。





赤ちゃん猫のときから首輪を慣らしたので、すんなり馴染んでくれるかと思いきや、

太陽くんったら、ちょっと嫌がりました。色々なことにキャパが狭い子です。


色々試した結果、指1本入るくらいのぴったりめに装着すると気にならないようです。様子を見ながら3,4日続けたら、指2本の緩さにしようと思っています。






元気くんはまったく気にしないので、最初から指3本の緩さに。





そしてなんと、感激の出来事がありました!

ふたりのツーショット写真を「猫の首輪専門店CONOHA」さんにお送りしたところ、お店サイトのトップバナーに使いたいとご連絡いただいたのです。

もちろんです!光栄です(*^^*)

とても美しくアレンジされています。さすがですね。
ぜひ、ご覧ください!


http://conoha.co.jp/


しかも1週間だけ、「ペットのおうち」さんにリンクを張ってくださるというのです☆


これはかなり思い切ったご決断だったのではないでしょうか(汗

とても感激して、舞い上がってます(≧∇≦)


リンクがなくても、元気と太陽が首輪屋さんのモデルになっただけで嬉しい♪



CONOHAさんの首輪、どれも美しい柄で、裏地もしっかりあるのに軽くて、着け心地がいいようです。

もちろん、バックルは外れるタイプです。
迷子札はシールのタイプをオーダーでき、首輪に貼り付けることができます。


モリモリ君も、志麻も、ミュウも、着けています☆













ねこちゃん首輪、探している方はぜひチェックしてくださいね。

「猫の首輪専門店CONOHA」さん
http://conoha.co.jp/


なお、トップページの上の3つの写真のうち、中央に元気と太陽が配置されていますが、ランダム表示なため、もし違う写真でしたらページをリロードしてみてください♪



2015年10月18日 (日)

かぼちゃ王子たち

かぼちゃ王子、3ニャンズ。里親募集中!









とっても人懐こいタイプから、

とってもシャイなタイプまで、

きっとあなたをメロメロにしますよ


【ペットのおうち】に掲載しています♪


◎モリモリ君
http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn62195/




◎元気と太陽
http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn75389/





2015年10月15日 (木)

半年ぶりに、お出掛けしました

新聞にも取り上げられている真っ赤なコキアを見に行きました。






ひたちなか市にある、国営ひたち海浜公園。

日本には17箇所くらいしかない、国営の公園です。さすが管理が完璧。





うちには春からずっと子猫ちゃんたちがいて、半日も留守にできない日々が続いていましたから、心底リフレッシュの遠足でした(*^^*)



お供はもちろん、愛犬2ワン。







人混みも平気。ロングドライブも平気。





とーっても楽しんでくれていました。










海浜公園というくらいですから、海も見えます。砂丘もあります。海浜エリアまで行くと、ゆっくりのんびりしながら2時間くらい歩けます。




青空も最高でした。





コスモスは3分咲き。来週も楽しめそうですね。

また行きたいと思います(^^)



わんちゃんは無料ですが、シーズン中はかなりの人混みです。
わんちゃんの性格を考慮したり、埃っぽいところは抱っこするなどして、気を配ってあげて、
しっかりマナーを守って楽しみましょう♪

特に、おトイレ場所。
2匹連れていたこともあり、ハラハラしました ^^;
マーキングするタイプのわんちゃんは、本当に気をつけましょう!


【国営ひたち海浜公園】
http://hitachikaihin.jp/




2015年10月14日 (水)

もういっちょ!

忘れそうになっていますが(笑)

モリモリ君も里親さん募集中です!

でもって、また加工してみました☆




こんないい子はいませんってくらい、猫にも人にも優しい子です。

先日は風邪をひかせてしまったため内服薬の日々でしたが、2週間きちんと朝晩、直接お口投下で飲んでくれました。

お口をガバッと開けて、舌の奥に入れるのですが、ちょっとしかめっ面したあとは、何もなかったようにむしゃむしゃご飯を食べてました。笑っちゃうくらい、おおらかです。

FIV(猫エイズ)陽性ゆえに、お利口さんすぎて泣けてきます…


いつも穏やかで甘えん坊で。
今まで一度も、私から逃げたり、噛んだり、爪を立てたりしたことがないんですよ♪


唯一の欠点は…

食いしん坊!!(笑)

ゆっくり食べる志麻の真ん前で、残すのを待ってます(≧∇≦)




もりちゃーーん、志麻がプレッシャーで食べられないでしょ!



「だって、食べたいんだもおーん!」



〈モリモリの体重〉
保護当時 5.8kg
只今 6.3kg


もー、太らんといて〜☆




いちばん右がモリモリ君です。
横からお肉がはみ出てるー(≧∇≦)

肥満は大敵ですから、油断禁物。


2015年10月13日 (火)

ついつい夢中に

こんなことをしていると、あっという間に時間が過ぎますね(汗


スマホに写真加工のアプリを入れて、ちょいといじってみました(^^)











2015年10月11日 (日)

仲良しさん

【里親募集中】の太陽と元気、ほんっと仲良しです♪

私が留守のときと寝るときだけは三段ケージに入ってもらいますが、ケージに入れられることをちっとも嫌がりません。



そこが自分たちの寝床だと思っていて、フリーにしているときも眠くなったら中で寝ていたりします。


また、とらおたちや、志麻の子供たち、先日までいたテンテン&ジェシカと比べても、はしゃぎっぷりが控えめ。

きっと、大きくて穏やかな、あ、モリモリのような、優しい猫になるんじゃないかなぁと想像します。


↑ケージに手を入れると、まず匂い嗅ぎ(笑)


最近やっと、シャイな太陽も膝に乗ってくるようになりました。




体が大きくなっちゃったから、交代しないと乗れないね。




ごはんを食べるときも、先に食べ終わる太陽が元気のお皿を狙いますが、それも優しい感じ(笑)





元気は最初の検診時に不正脈が確認されていますが、子猫によくあることだそうで、経過観察中です。しかし、たまに咳をしているのを見ると、もしかして何かあるのかもしれませんね。

そんな部分も診てもらわないと… と思いつつ、なかなか時間が取れなくて。


といっても、秋の夜長。夜はね、遊んであげる時間が増えてます(^^)



↑「そろそろ遊んでー」と呼んでくれます。






やっぱり遊んでいるときはピントが合わないくらいはしゃぎますな(笑)




2015年10月 9日 (金)

猫風邪、残るは2匹

ミーナの通院をどうしようか迷っていましたが、日曜朝に赤い涙がトロリと出ていたため、急遽病院へ連れて行きました。





1年前に奥歯を抜歯してから赤い涙が出なくなっていたのに、今回の猫風邪騒動でまた出るなんて…

てっきり奥歯の根元の膿が原因かと思っていたのですが、違うのかもしれないし… また別の歯根に膿が溜まった …?

思い起こせば、抜歯の後は抗生物質を飲んでいました。赤い涙は止まりましたが、しばらくして透明な涙が出るようになり、ヘルペスやカリシ持ちなんだろうなと獣医さんのお話でした。

さらに、血液検査をしてもらうと、白血球数が増え、異常値となっていました。やはり細菌が増えているようでした。

今回も抗生物質を処方していただき、赤い涙は治まり、透明な涙も出ていません。まだお薬飲んでいるからでしょう。

つまり… 抗生物質は細菌に効き、ウイルスには効きませんよね、、、

だから、猫風邪と言われるヘルペスウイルスなどによる涙じゃないかもしれないと思うわけで…





どこかに細菌の巣窟があるの??

私が考えても答えは出ないので(笑)、病院で相談しますが、今までの経緯から「わからない」という回答になると思うので、思い切って猫専門病院に行ってもいいのかなぁと思ったりします。

実は涙の問題だけじゃなくて…

生化学検査でも、いったん正常値内に戻っていた腎臓が再び弱り始めていました。


どこかにいる細菌が、赤い涙を出し、腎臓をむしばんでいるのかもしれない…

嫌な予感がします。



そして、もう1ニャン、ちっとも改善しないミュウ。




ミーナとは正反対に、抗生物質がまったく効いてきません。こちらはウイルスなんですね。

特効薬はないそうですから、ちゃんとごはんを食べて体力落とさないようにしてがんばってもらうしかないのですが…



なんだか腫れ方が変…
片目だけすごいし…



他の子達は元気になりました☆

少しくしゃみの出るコがいるので、完治までお薬もう少しです。



↑たくさん心配させてくれたブーレもいつも通りに(^^)



2015年10月 5日 (月)

ペット流通の闇がまた1つ明らかに

9月29日の朝日新聞朝刊に、

「犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明」

という記事が出たそうですね。

私はネットニュースで知りました。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASH9K6FQKH9KULZL003.html


10月5日発売のAERAに詳細が載るとのことで、さっそく読んでみたところ、一昨年の動愛法で繁殖業者に義務化された販売数と死亡数を、環境省が発表したとのこと。

昨年度の、
販売または、不要になるなどしたため無償で引き渡された数は、

犬 617,009 匹

猫 72,569 匹


繁殖から小売りまでの流通過程で死んだ数は、

犬 18,517 匹

猫 4,664 匹

死因については報告義務がないため不明。


この数値から、死亡数の割合を出すと3%強になるそうですが、
販売数については、
・繁殖業者→小売業
・小売業→消費者
のダブルカウントが見込まれるため、死亡割合はもっと多いと思われる、とのことでした。



ペットショップで売られている犬猫が、どんな繁殖業者(ブリーダー)から、どんな経路で、どんな状態でやってくるのか、

想像するのは簡単ですね。

ペットショップに並ぶ子犬子猫のほとんどは、「ペットオークション」と呼ばれる会場で競りにかけられます。検索するとホームページがありますよ。競りにかけられている様子も出ています。


できれば、先天性疾患を持つ親から生まれた子犬子猫の数や、繁殖業者にいる親犬猫の数も調査してほしいものですね…

あぁ… 流通の闇…




2015年10月 3日 (土)

猫風邪、猛威をふるう

猫風邪が蔓延中の我が家。
残る3匹にも感染し、6ニャン全員が猫風邪にかかってしまいました(T ^ T)

その最中、治療とは関係のないところで、獣医師をしている方と話ができました。家庭における猫風邪蔓延を防ぐ方法を聞いたら「フリーで同居していたら、まず無理でしょうね」との答えでした。クシャミをひとつしたら、その部屋にいる猫全員に移ってしまうような、強力な感染力なんだそうです。

猫風邪といっても、様々なウイルスや細菌の複合な場合が多いため、感染したときの症状の出方には個体差があります。

我が家の場合はこんな感じ。

1番目の猫は、クシャミだけ。食欲落ちず。自力で回復。


「あたしのせい?ゴメンね(>_<) 」と言っているような志麻。いいのよ、あなたのせいじゃないから。


2番目は、咳、発熱、食欲ダウン、結果「肺炎」に。5日連続通院。発症から10日目にやっと元気に。


爽やかな秋の空を眺める、とらお。


3番目は、クシャミと鼻水。食欲落ちず。FIV陽性のニャンなのですぐに通院1日。翌日には改善し、発症から3日ほどで元気に。


毎朝晩、お口にお薬入れてるのに、恨みなしでお膝好きの可愛い性格、モリモリ君。


4番目は、クシャミ・鼻水。食欲ダウン。痰が絡みゼイゼイと呼吸難。通院2日。ネブライジング。痰が減り楽になってきた様子。療養中。



やっとぐっすり眠れたブーレ。まだ調子は良くない。


5番目は、涙目でインターフェロン入り目薬を差すも、猛烈拒否にて諦める。食欲落ちず。クシャミ・鼻水。通院1日。療養中。


いつも目からくる、ミュウ。今はもっとひどい状態。


6番目は、涙目で同じく目薬猛烈拒否。食欲落ちず、自力で改善の兆しと思いきや、昨夜から食欲ダウン。今夜の様子で明日は通院かな…



また赤い涙が出始めたミーナ。



こんな感じで、大体はくしゃみ・鼻水から始まるも、咳になるコや涙目になるコなど様々。


現在、1番目から3番目の猫たちは食欲と元気を取り戻しましたが、まだ時々出るクシャミには鼻水がたっぷり混じっています。症状がひどかった2番目のとらおの担当獣医師は「油断せず、あと1週間は抗生物質を飲ませてください」とのことでした。

3番目のはモリモリ君ですが、明日に通院して、抗生物質を続けるか相談してきます。1週間飲み終えたところなので。


2番目の同様、悪化した4番目のコ、ブーレは、2番目3番目のコたちとは別の、かかりつけの先生のところに行きました。

咳はないのですが、鼻が詰まり、痰が絡んでいるようなそぶりを何度もして、苦しそうな状態になっていたため、「ネブライジング」という治療をしていただきました。霧状の薬液を吸ってもらう方法です。

プラ製のキャリーバッグに入ってもらったまま、すっぽりビニール袋で包み、キャリーバッグの中を薬の霧で充満させ、普通に呼吸しているだけで鼻から薬液が入っていくというものでした。

私自身もやったことがあります。副鼻腔炎になり、粘りの強い痰が気管に張り付いて、鼻からも口からも出せない、それはもう辛かったときに。

人なら口や鼻に当てて吸い込みますが、猫さんたちにそれは厳しいので、キャリーバッグの中を霧で充満させるわけですね。

内服液や注射よりやや高価でしたが、
痰が絡んで呼吸も食事も辛そうだったブーレが、帰宅するとすでにとっても楽そうで、久しぶりに横たわって寝てました。効き目はとてもいいと感じました。


今日現在、5番目と6番目のコがひどい状態です。
通院、どうしようか迷います。
5番目のコは、昨日の病院後、押し入れの奥に隠れたまま食餌もせず、トイレだけこっそりしてました。やっと今、ごはんが食べられたところです。病院へ行ったらまたショック状態になりそうだな…と…


志麻の「くしゅっ」から始まった風邪が、こんなにも猛威を振るうなんて… まるで、インフルエンザの学級閉鎖のようです😭 いつ誰が悪化するかわからず、薬を飲ませるにも朝晩時間を取られるため、私もまるで予定が立てられません…


とにかく、生活空間を別にしている子猫たち「太陽&元気」に移らないよう、気を張ってがんばるしかないですね。



今のところ元気なふたり。





2015年10月 1日 (木)

とんとん、里親ファミリー決定!

とんとん、正式譲渡となりました☆

トライアル終了日、1週間ぶりにお宅に伺うと、とんとんはとても歓迎してくれて、新しいお母さんと私の間を行ったり来たりしていました(^^)





まだ幼いお子さんとの関係も良好で、まるで「仲間」。「青忍者」になりきるぼくちゃんを応援するかのように見守り、時々一緒に歌ったりもして(笑




添い寝もできているそうで、皆さんが落ち着いていることがわかりました。




面白いエピソードを伺いました。お子さんが大泣きしたとき、とんとんはその横でなんと、「わぉ〜ん!」と、遠吠えしたそうです!

何を思ったのかしら〜 単に真似たのか、学校のお姉ちゃんか、会社のお父さんを呼んだのか??

とんちゃんは犬好きでもあり、子供好きでもあったんですね♪ 犬種事典でシーズーの欄を見ると「子供と上手く遊べる」とありました☆





私と里親さんが契約書にサインしているときは、お子さんはリンゴを食べていて、とんとんはリビングの真ん中で寝ていました。この状況で寝ちゃうんだぁ〜と笑えました。





ご主人にもすぐに慣れたそうで、「おかえりと出迎えてくれるのはとんちゃんだけだぁぁ」と、感激してくださっているそうです。くぅーっ!やるねーっ!とんちゃんっ!!大事なとこはしっかり押さえてる♪(笑)





保護当時のとんとんは、どうやったらここまで汚くなるの??というほど汚れていて、動物病院でもトリミングサロンでも史上最強と言われた汚れ具合でした。

そんなわんこがこんなにキラキラして、周りの人を幸せな気分にされてくれて☆

諦めずによく生きてたな…と、彼女の心の強さに改めて感心しました。



友人の皆さまにはたくさんのご支援をいただいて、本当にありがとうございました。

おかげさまで、お洋服もおもちゃもドッグフードも、良質なものから飼育スタートできました。すべて自分で揃えたら大変な出費でした。本当に助かりました。



「たっぷり愛情を注ぎ、大事に育てます!」



とんとんが、いつまでも家族の中心で笑っていられますように。






« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。