« 3キロしかありませんでした | トップページ | トリミングのご協力いただきました »

2016年2月13日 (土)

ブラン、下痢が治る

ブラン君、下痢が治まりました☆






結局、下痢は2日続きました。経過を記述すると、

1日目、4時間で3回の下痢。
下痢前に朝食を半分食べました。半分残したのはブラン君自らの判断でした。
夕食はなし。でもヤギミルクの低脂肪タイプを飲ませました。

2日目、朝に下痢。内容物は前日の朝ごはんと思われます。これでお腹は空になったはず。
ブラン君、元気そうです。ギュルギュルが収まって楽になったように見えるので、
朝食夕食ともに、ヤギミルクに鶏胸肉を茹でたもの(細かくほぐして)にお粥を少量加えました。 量は適量の1/4くらい。






3日目、下痢なし。便なし。
朝夕とも、茹でた鶏胸肉とお粥、温泉卵の黄身を混ぜました。量は適量の半分。





4日目、快便!
朝夕とも、茹でた豚肉にお粥、粉末野菜を加えました。量は適量。


あ、桜えびも入れちゃった。


やっと満足な量を食べられたね(*^^*)




私のやり方はいつもこんな感じです。
下痢をしたら、まず食事を抜きます。
でもしっかり水分は取らせます。

原因が食べたものなのか、それ以外(菌などか、ストレスか、消化器系の疾患かなど)なのかを探るには、腸をいったんリセットするといいそうです。


次に、半分以下の量のごはんをあげます。中身は柔らかいお肉中心です。ドッグフードは色々入りすぎていて、私は好みません。

雑食の人間だって、お腹を壊している時に「栄養取らなきゃ!」と、カロリーメイトなんか出されたらゲンナリしますよね。

お粥を使うのは賛否あると思いますが、私は8倍粥くらいにすれば問題ないと思っていますが、そのコ次第でしょうね。

野菜は治ってから、粉末からスタートします。


また、今回は「新ビオフェルミンS」を3日間だけ使いました。

もう一度快便が出たら、ヨーグルトをあげてみたいと思っています。できるだけ「食品」から身体を作ってあげたいです。



下痢対策法、様々あると思いますが、まずは1回だけ絶食してみると色々見えるかもしれません。

そのコにあった対策ができるようになると、病院へ連れて行くストレスも減らせますし、苦手な食材を知ることもできます。


血が混じってないか、吐き気はないかなど、観察が大事です。動物は「まだお腹痛いよ、気持ち悪いよ」なんてお話できませんからね U^ェ^U


首の後ろをつまんで診る脱水チェックの方法も、獣医さんに教えてもらうといいですよね。

下痢は3日続いたら、その便を持って病院へ。



ブラン君、緊張も解けてきました(*^^*)



クルリと回り、バウッとします♪


« 3キロしかありませんでした | トップページ | トリミングのご協力いただきました »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

ブラン君(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラン、下痢が治る:

« 3キロしかありませんでした | トップページ | トリミングのご協力いただきました »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。