« 歯が溶けていく病気 | トップページ | 兄弟猫さんたちの里親募集 »

2016年2月21日 (日)

手作り食でよかった

全身麻酔による抜歯を終えたミュウ。
一夜明けて食欲が戻ったようで、朝4時頃からソワソワしていました。実は私も同じ頃に目が覚めて(笑)





というのも、ミュウとブランの通院をうっかり同じ日にしてしまい、急な仕事も入って、何が何やらバタバタで、夜は家事を怠り10時前に爆睡してしまったのでした。

早く寝れば早く起きられるもんですねぇ。

主人が「なだ万厨房」のお弁当を買ってきてくれたのも、安眠できた理由の1つかもしれません(笑)


↑下の段が「なだ万厨房」のお弁当。記念にパチリ(笑)


さて、食欲が出たミュウのごはんですが、抜歯の後は縫っていないために穴がぽっかり空いたまま。

穴は、数日の間に歯茎が自然と盛り上がってきて塞がってくれます。

それまでは、脂肪の少ないお肉を一口サイズに切って食べさせるといいそうで、過去に抜歯したアビーもミーナもそうしてあげました。噛まなくて良いように、丸呑みできるサイズにしてあげるのです。





細かいものやご飯粒やお肉の脂は穴の中に詰まり、回復を妨げるため避けたほうがいいそうです。

キャットフードしか食べてないコはどうするのかしら。ちょうどよいサイズのフードなんかもあるのかな。


ミュウは0歳のときからアレコレ食べているので、こんな時もストレスなく食事ができます。

まず1日目は、朝食にシカ肉(軽く茹でました)、夕食には主人がはりきって買ってきた生カツオ(湯引きしました)をペロリと平らげました。




激しい痛みはないようです。

明日以降は、鶏ササミ、鶏ムネ肉、マグロ、タラなどもいけるでしょう。


イヤイヤながらも頑張ってお薬を飲み込み、




快便も果たしました☆


こんなスムーズなのも、動物歯科の先生の「腕」なのでしょうね。

いつも通りのミュウとなり、ホッとひと安心。



さてと、次はブラン君。
ミュウと同じ日に去勢手術及び全抜歯をお願いしましたが、1泊入院で、翌日お迎えとなりました。


それはまた明日にでも。




« 歯が溶けていく病気 | トップページ | 兄弟猫さんたちの里親募集 »

4.病気のこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作り食でよかった:

« 歯が溶けていく病気 | トップページ | 兄弟猫さんたちの里親募集 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。