« 愛猫のためのごはん皿 | トップページ | 丸2年の元気便り、キキサトから »

2016年4月 4日 (月)

高齢者とペットについて思うこと

高齢者とペットについて考える機会がありました。

つい3日前、94歳のおばあさんからチワワさんを引き取りました。9歳の女の子。サリーと言います。




そのおばあさんは私の夫のほうの親戚で、実の祖母のように大変よくしてくれました。年始にはいつもお会いしていましたが、今年は私が忙しく時間がなかったため会いに行けませんでした。

そのおばあさんが先週、脚が動かないと言い、ホームヘルパーさんにより救急車で病院に運ばれました。しかし異常なしで帰宅させられました。少し前から痴呆が出ていました。

おばあさんには子供がいないため、頼れる身内がいません。でも、姪にあたる義母が何かと一緒に過ごしていました。

4年前、愛犬と夫を相次いで亡くしたおばあさんに、私がブリーダーさんから6歳のチワワを譲り受け、おばあさんに預けたのでした。

おばあさんはこれまでたくさんの犬と暮らしてきましたから、犬の扱いは上手でした。だから私はすっかり安心して、この1年、チワワさんに会いに行きませんでした。



↑すぐにクレートに入るサリー



電話はしましたが、お話は達者なおばあさん。まさか、チワワさんが病的に太ってしまったとは想像できませんでした。

病院から帰宅したおばあさんは、やはりその3日後に「やっぱり脚が痛くて歩けない」と言い、義母の提案で介護施設に入ることにしました。

入所2日目におばあさんに会いに行きましたが、とても行き届いた施設で、おばあさんは「食事がいいよ」と笑顔でした。「あなたにサリーを迎えに来てもらったから安心したよ」とも言ってくれました。おばあさんも孤独で不安な生活を送っていたのかもしれません。


そんなこんなな経緯で、サリーを引き取ることになったのです。



↑里親募集中のブランとも平気


普通サイズのチワワですが、太りすぎて体重は4.7キロ。適正の2倍を超え、口呼吸にイビキ、そして頻尿… 不健康そのもの。

外を歩かないと言い、散歩をしなかったせいか、あるいは単に年齢のせいか、全体的に退色しています。




プレミアムフード類を与えていましたが、被毛はパサパサです。


ペットと暮らすことは老化防止に良いと言われています。これからますますペットと高齢者は繋がっていくでしょう。老人ホームならぬ老犬ホームができてしまったらなおさらです。


確かにおばあさんは愛犬がいたことで、話し相手が出来、ひとりよりは楽しい日々を過ごせたかもしれません。


↑3年前。おばあさんの膝の上で。

しかしサリーは不健康になり、どこまで回復できるかわかりません。私はとても責任を感じますし、譲ってくださったブリーダーさんは悲しむでしょう。


高齢者の心身の健康のためにペットを求めるならば、同時にペットの健康維持にも責任を持つことが必要ですね。


独居老人で散歩にも出ず、掃除はヘルパーさん頼みであるような場合は、十分に十分な検討をしていただきたいと思います。

自戒の念も込めて、高齢者とペットのより良い関係を考えてみたいと思っています。

明日、サリーの健康診断を予約しました。

泌尿器系、呼吸器系に問題がありそうです。
手遅れなことがないといいな…と思います。








« 愛猫のためのごはん皿 | トップページ | 丸2年の元気便り、キキサトから »

7.法律とか世の中のこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者とペットについて思うこと:

« 愛猫のためのごはん皿 | トップページ | 丸2年の元気便り、キキサトから »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。