« 高齢者とペットについて思うこと | トップページ | 新入りチワワさんの健診 »

2016年4月 5日 (火)

丸2年の元気便り、キキサトから

おうちが決まって、丸2年が過ぎたキキちゃんとレオ君(元、サト君)から、元気便りが届きました。

相変わらず、仲良し(*^^*)







レオ君の保護当時のことは印象深く、鮮明に蘇ります。
雪降る中、ご近所さんのデッキに現れたもんだから、そこのお母さんがごはんや寝床を用意し、どうしたら良いか相談くださったのでした。




そして数日後、兄妹なのかまったくわかりませんが、サビ柄の女の子を連れてきました。キキちゃんと命名。

レオ君は「こっち、こっち!」と得意げに誘導しているようでした。

最初は隠れてそばにこないキキちゃんでしたが、そこのお母さんと一緒に「おいでー」と言いながら庭から道路に出て、さらに隣の空き地にごはんをおいたりして、少しずつ庭に誘導したんですよ。懐かしい。

2年よりずっと前のことのよう。

そして2匹とも捕まえて、健診受けさせて、不妊化手術もして、里親探しをしようと決意。

ぽちゃっとかわいいレオ君を先に捕まえました。意外なことに、家に入れるととてもビクビクしてしまい、里親探しが難航することは間違いないと、少々困りました。






なかなか寄り付かなかったキキちゃんのほうが、あっさりすんなり懐いてしまいました。




予定変更で、まずはキキちゃんを「幸せにゃんこの譲渡会」に連れて行きました。




すると、
「ネットで写真を見て、この子に会いに来ました!」
というご夫婦が現れ、迷われることなく即、決めてくださいました☆


しかも、「お留守番時間が長いから仲良しさんがいたら一緒に」とおっしゃってくださったので、

人見知りひどいレオ君のお話をさせていただいて、一緒にトライアルということになりました。


こんな出会い、なかなかありません
レオ君の人見知り度はなかなかのものでしたから、とても1匹では厳しい感じだったのです。


トライアル、正式譲渡と順調に進みました。

レオ君はなかなか慣れず、里親になってくださったIさんご夫婦にはとってもご苦労をおかけしました。

レオ君は一度、玄関ドアからすり抜けて出てしまったことがありました。キキちゃんをケージに入れて外に出し、鳴き声を聞かせたりして探してくださいました。

居場所がわかりホッとしましたが、人見知りゆえ、抱き上げることができず…

とにかく玄関を少し開けた状態で、静かに待っていただくことにしました。するとその日の深夜にそっと戻ってきたとのことでした。


キキちゃんはお布団をトイレと間違えることがありました。2つだったトイレを4つに増やし、1つは違うタイプのトイレ砂にしてくださったり、あれこれ工夫の末、失敗が減って、今ではまったくなくなったそうです!


そんなこんなで丸2年。
人見知りレオくんはすっかり慣れて、ママが大好きなコになったそうです☆



キキちゃんは、「会社に連れて行きたい」とパパをメロメロにさせているそうです(^^)


初めから順調な猫さんなんて、あまりいません。だっていきなり知らない場所に連れていかれ、何が何だかわからないのですから。


辛抱強く付き合って家族の絆を作ってくださったIさんご夫婦に感謝申し上げます。また、1年過ぎてもご連絡いただけることはとても嬉しいし、あの怖がりサト君がデレデレになったということは、今後の保護活動の励みになります。


2ニャンを幸せにしてくださって、本当にありがとうございます

またぜひ、お便りくださいね♪ 楽しみにしています。


« 高齢者とペットについて思うこと | トップページ | 新入りチワワさんの健診 »

キキ&サト(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸2年の元気便り、キキサトから:

« 高齢者とペットについて思うこと | トップページ | 新入りチワワさんの健診 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。