« 新入生 | トップページ | ぽんぽこお腹の犯人は? »

2016年7月22日 (金)

5周年


アビーが福島から我が家に来て、丸5年が経ちました。

アビーからたくさんのことを学びました。





野犬のように生きてきた犬が、飼い犬になる大変さ。


犬が仲間を失った悲しみはとても深いこと。





深い悲しみは、消化不良や皮膚への影響として身体に顕著に現れること。


何か難しい病気になったとき、子犬時代をどう生きたかを考えてやる必要があること。




深い恐怖と悲しみは、それ相応では消えないこと。


その犬と飼い主との本当の絆ができるまでは少なくても5年くらいかかるものであり、飼い主は信頼を得る努力をしなければならないということ。





人が自ら感じている何倍も、犬は人の心の状態に敏感であること。そして飼い主が不安定になることを、強く嫌うこと。


いつだって、飼い主は堂々と正義であってほしいと犬は願っていること。


信頼する飼い主のためなら、嫌なこともぐっとがまんできること。







アビーはうちに来てからたくさん苦労しました。


辛すぎた数年を、残りの時間で埋めてやることが、私の目標。

アビーは長生きしそうだから、きっと埋まるよね。







犬と暮らす人、犬を保護するボランティアをしている人にお願いです。

犬の気持ちがわかるよう、勉強してください。

思い込みで犬の気持ちを決めつけないでください。

犬の習性を理解する努力を、犬がそばにいる間はずっと続けてください。



愛犬に理不尽な思いをさせないために。

愛犬の笑顔のために。










« 新入生 | トップページ | ぽんぽこお腹の犯人は? »

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5周年:

« 新入生 | トップページ | ぽんぽこお腹の犯人は? »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。