« 5周年 | トップページ | ごまちゃん、正式譲渡☆ »

2016年7月23日 (土)

ぽんぽこお腹の犯人は?


新入り子猫ちゃんのお腹がびっくりするほどポンポコリン。



おそらく寄生虫のせいでしょうと獣医さん。

捕まえた方が月曜に駆虫薬を飲ませたそうです。

駆虫薬は、ノミ・ダニ・お腹の寄生虫全般を退治するというスポットタイプの薬「ブロードライン」です。新薬だからまだ使わない、様子見だという先生もいます。どんな副作用が出るかデータがまだないという先生もいました。
子猫に使われる場合もあるんですね。


その効果か、投薬から3日後となる昨夜から今朝にかけて、5回もひどい下痢を繰り返しました。

その後は止まりました。
寄生虫を出し切ったということかしら…

お腹の膨らみは少し減りました。写真ではわかりにくいですが。



でもまだ張ってるなぁ…


トイレの中に卵などが残らないようにしたいため、トイレ砂を全部取り替え、トイレ本体を消毒。



これ、大事なことなんですよね。


下痢のあと、朝昼とあまり食べずに寝ていましたが、夜はモリモリ食べました。

これで快便になれば安心できますが。





風邪のほうはというと、毎日4回の目薬。ゲンタロールという抗生物質に、インターフェロンを加えたもの。要冷蔵です。

猫風邪は菌やらウイルスやらが複合的な場合が多いため、菌に効く抗生物質に、ウイルスに効くインターフェロンを混ぜているそうです。

私がいつもお世話になる先生は、子猫ちゃんの風邪治療は大概、これです。1週間後にはほとんどが治ります。

1日4回の目薬は手間がかかりますが、ごはんタイムと絡めれば、忘れずに済みます。冷たいため、目薬ボトルを握って温めてから、両目と鼻に垂らします。ちょっとイヤイヤ。




目薬4回目となる深夜は温かいヤギミルクをお供に。
体温上げておやすみ♪


なかなか大らかな子です(*^^*)




名前を「おはなちゃん」にするか「ピアノちゃん」にするか迷っています。




« 5周年 | トップページ | ごまちゃん、正式譲渡☆ »

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

ぴあのちゃん(決定)」カテゴリの記事

コメント

こちらで聞いて良いことか分からないのですが、どこに聞けばいいのか分からないのでコメントさせて下さい。

先ほど子猫が道路沿いにいて、二回車で往復して様子を伺いましたが逃げたりしないので保護しようと思い、旦那を呼びに一度家に戻り、5分もしないうちに戻ったのですがもう轢かれてしまっていました。

轢かれたばかりなのは明確なので、何か出来ないかと動物病院にもあちこち電話しましたが、22時を過ぎていた為繋がるわけもなく、偶然看護師の友人がいて、動いてるけど瞳孔が開いてるし助からないかもということでしばらく様子を見ましたが動かなくなってしまいました。

わたしがあの時、捕まえていれば…それが一番の後悔なのですが、もし轢かれてしまっていたら、どうしてあげることがベストでしたか?夜に動物病院はやっていないので、どう対処したらよかったのでしょうか…。

無知で、何も出来ず、今後同じ後悔をしたくないのでよろしければ教えてください。

失礼しました。

小林さん、はじめまして。
お辛い経験をなさいましたね。

私も轢かれた直後の子猫に出会ったことがありました。目には波が溜まり、体が温かいのに、お腹は破裂していましたから息はありませんでした。道の反対側には兄弟らしき子猫が冷たくなって横たわっていました。

もしあのときまだ生きていたら、同じように動物病院に電話をしたと思います。それしかないでしょう。留守電になればメッセージを入れます。夜間対応の病院は多くありますが、カルテのない子への対応はしていただけない場合もあるでしょうね。

私の場合は、車には段ボール箱と新聞紙とタオルを積んでいます。柔らかなタオルで包んであげて見守るしかできないことも、時にはありますよね。

小林さんのように優しい方は、今回亡くなった子猫の分も、これからは救っていけると思います。

今回の子猫ちゃんは最後の最後に人の優しさに触れただけでも良かったと…

お辛い気持ちが少しでも和らいできたら、ご自身の体験をできるだけ多くの人にお話してみるとよろしいかと思います。子猫を見たらすぐに助けるという気持ちを持ってくださる人が増えることを期待して。

わざわざお返事ありがとうございます。

わたしが住んでいる県では田舎なのであまり夜間対応の病院がないらしく、調べてみたら現場から1時間かかる所が一番近かったです。でも今思えば連れて行っていれば変わったのかなとも思います。

ミュウママさんにそう言って頂けて少し気持ちが楽になりました。いつもブログ拝見しています。わたしも猫を飼っているので、色々考えさせられます。誰にでも出来るわけではないことをなさっているので、とても大変な毎日かと思いますがお身体には気をつけて下さいね。応援しています。

長々と失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽんぽこお腹の犯人は?:

« 5周年 | トップページ | ごまちゃん、正式譲渡☆ »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。