« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

ぴあのちゃん、トライアル報告


先住猫さんが2ニャンいるお宅にトライアル中のぴあのちゃん。

弟くんと仲良くなってきたと、先週ご連絡いただきました☆




ほんとだ〜 楽しそう!





お姉ちゃんはなかなか近づかなかったそうですが、1週間過ぎた頃、





近くまできたそうです!

けど、ちょっと唸っていたそうで。

たぶんきっと「そんな飲み方しちゃダメよ」って言ってくれたのかも(笑)



そしてまた昨夜ご連絡いただき、お姉ちゃんが近くまできて、お互いフンフンと匂い嗅ぎしてご挨拶したそうです☆






「大丈夫そうです!」と、喜びのご連絡をいただきました(^^)


猫だって「あたしのおうち」がちゃんとわかっていますから、訳も分からず知らないチビ猫がきたらびっくりするものですよね。


うちの女の子たちなんて、唸ってパンチして、もっと怖いですよ(^_^;) そこで上手くやれていたのだから、

新しいおうちでも、きっとみんなと仲良しになれると思っていました♪



ぴあのちゃんの新しいお名前は、

「もりもり食べて大きくなあれ」との願いを込めて「もるちゃん」だそうです☆




↑可愛いー(≧∇≦)

すべて、いただいた写真です。



週末に再度お邪魔して正式譲渡契約書を交わす予定です。優等生ぴあのちゃんなら上手くやれると思っていました(*^^*)

嬉しいです♪



そしてなかなか咳が治らない私は、やっと昨日に呼吸器科に行けまして、咳止めや抗生物質をもらってきました。よく効いて久しぶりに楽に眠れました。しかしまあ、眠気の出る薬です… 再診の時に先生に相談しよう^^;

2016年8月30日 (火)

サラちゃん、4回目終了


サラちゃん。




昨日が4回目のインターフェロン注射でした。

来週に採血し、猫白血病ウイルスが残っているかどうかの検査をする予定です。





しかし… 1週間ほど前から下顎リンパ節が腫れているような気がして…

診ていただいたら、やはり右側が腫れていました。

そして膝窩リンパ節(膝の裏)も右側が腫れていました。

リンパ腫を発症しているかもしれないし、体質かもしれないし、違う理由で腫れているのかもしれないとのことでした。





よって来週、採血の前に腫れの大きさをチェックして、大きくなっているようなら針で中身を採取して癌検査をするかもしれません。



サラちゃん、時々、子猫らしからぬ元気のなさを見せます。その度にひどく心配してきました。







そんな日がどんどん増えていくのかな…


無邪気に遊んでいるときはホッとします。




食欲のあるときも嬉しくなります。




このまま穏やかな日が続きますように。



2016年8月28日 (日)

きぃちゃん、またダメでした


今日は猫ちゃんの譲渡会でした。





毎回20ニャン前後が幸せを掴んでいますが、

きぃちゃんはまたご縁なく、これで4連敗。

最多記録だわ〜


何組かの方々にお声かけ頂きましたが、

「おとなしい猫ちゃんがいい」

「先住ねこがいて割りとおとなし目で」

「1匹だけでずっと飼いたい」

ということでしたので、きぃちゃんの特長をお話ししたところ、皆さん自信がないということでした。





残念〜



都内の譲渡会に参加すると、高速代、駐車場代がかなりの金額になるので…

次回はどうしようか悩みます。電車という選択肢もあったり…

でもきぃちゃん、移動のときに激しく鳴くのよね…





唯一ハッピーだったのは、きぃちゃんの毛並みの素晴らしさを褒めていただいたこと(^^)




たくさん運動して、水分たっぷりのごはんを食べてますからね、際立って美しい被毛になってきました。

「ふわふわ〜」というのはよく聞きますでしょ。

きぃちゃんは短毛なのに「さらさら〜」なんですよ♪


情熱家きぃちゃんは、真のねこ好きさんをお待ちしています〜



今日参加していた可愛いねこちゃんたち。きぃちゃんには最初からこんな無邪気さはなかったな〜 それがネックかしら。













次は、9月11日日曜、また銀座7丁目の予定です。







☆「しあわせにゃんこの譲渡会」は、個人で活動する「ねこ保護」あるいは「TNR」ボランティアの集まりです。各自がそれぞれの地域でおうちのない猫たちを救っています。

http://www.shiawasenyanko.net/index.html


2016年8月26日 (金)

きぃちゃん参加の譲渡会のお知らせ


今度の日曜、きぃちゃんが譲渡会に出ます(^^)









生後4ヶ月になり、少し落ち着いてきました。





ワンコみたいに感受性豊かなネコさんです。飛びついてばかりでしたが、最近はゆっくり鼻チュッをしたり、ペロペロ舐めたりして、オヤツのおねだりができるようになりました。


黒毛が強くなってきて、美しい柄です。




相変わらず肩には乗りますが(笑)





応援お願い致します!

より多くの方にご来場いただけるよう、以下「しあわせにゃんこ」ブログ内にあるポチッとランキング2つに、ご協力お願い致しますm(._.)m

hhttp://ameblo.jp/shiawasenyan-ko/entry-12180802763.html


とっても頭の良い子です。

先住ネコさんがいる場合、のんびりおっとり、細かいことは気にしない、でも遊び好き、という場合は仲良しになれるかもしれません。




できれば、同じ年頃の猫さんと一緒に暮らせたら嬉しく思います。会場で相性についてご相談くださいませ。


譲渡会についての詳細はこちらをご覧ください。

「しあわせにゃんこの譲渡会」HP

http://www.shiawasenyanko.net/index.html


よろしくお願いします(^^)








サラちゃんの猫ごはん



風邪をぶり返し、気管支の炎症を感じてから10日くらい。なっちゃったらしょうがない。炎症が静まるまでは2週間ほどかかるので、首を冷やさぬよう大事に大事に。

むせるような咳が無くなったので、昨日はジャスミンと走り込んできました。集中して走って笑って、愛犬の笑顔見て。やっぱりドッグスポーツっていいなーって思います(^^)






さて、サラちゃんの手作りごはんの話。

普段、里親募集する猫ちゃんたちは、新しいおうちのごはんが何であっても馴染めるように、市販のキャットフードを中心にしていて、たまに手作りもあげてみたりしています。最近は手作り派も珍しくないですから(^^)

サラちゃんの場合も初めは市販品メインでしたが、猫白血病ウイルス持ちとわかり、少しでも身体に良いものをあげたいという思いから、ほとんどを手作りにしています。

万が一の入院に備え、市販のドライフードもお昼にあげています。病院に毎日手作りごはんを運ぶ自信はありますが、病院のご都合もあるだろうから。


これは、鶏ササミごはん。




出汁パックを使って出汁を取り、小松菜(茎だけ。葉は苦いから)と切り干し大根と乾燥めかぶを煮ます。

乾燥めかぶを使うのはトロミが出るから。ミルサーで粉末にすると食べやすいかと思いますが、うるさい音が苦手な私はもっぱら「すり鉢」使用。









今回は、犬オヤツも兼ねたかったので、ササミは焼きました。硬くならないように焼くのがポイント!

焼いたササミにトロリスープをかけて、仕上げにごま油を垂らして出来上がり(^^)


みんにゃ同じごはんです。量が足りなくて、先輩たちはドライフードでカサ増し〜





きぃちゃんも夢中に食べる〜




完食なサラちゃん〜(^^)







そしてこちらは、鹿肉ごはん。





鹿の背骨から出汁をとり、キャベツとトマトとキクラゲを煮ました。





キクラゲは乾物ですが、水で戻す前にやはり「すり鉢」で細かく潰して。




完成したらオリーブオイルをたらり。


「鹿肉や鹿骨なんて売ってないじゃん!」

…ですね(^_^;)

「野生の本州鹿は全身が漢方と言われるほど」だそうなので、もう4年近くずっと定期便で購入している特別なものです。


EGサイクルさん。
https://eg-cycle.com


うちはこのセット。
https://eg-cycle.com/shop/products/detail.php?product_id=41




そしてこちらは、どこでも買える鮭缶のごはん♪




缶詰めの中身と煮汁を鍋にあけて、空いた缶の半分くらいの水を足し、人参とアスパラ、えのきを煮ました。





鯖缶を使ったレシピや医食同源については、サラちゃんに与えているサプリ「コルディM」の製造元「株式会社モノリス動物医療事業部」のサイトに出ています。

http://cordy.monolith-japan.com



こんな感じでたんぱく質はローテーションして、葉物野菜、キノコ類、海のものを少量ずつ混ぜます。

最近、内臓を忘れているなぁ。と、今、気づく^^; 週に2,3日は少量のレバーなどを混ぜてあげたいですね。


また、私はお出汁を大事に考えています。アミノ酸豊富で食いつきを増してくれるので、人用のものを分けてあげるのが一番。昆布だし、鰹だし、あご出汁、煮干だし。いわしの粉なんて商品もありますし、乾物を戻した煮汁もよろしいかと。


そうそう、サプリも毎食に混ぜています。今回は国産にこだわってみました。




メンタルも大事ですから、サラちゃんの食事タイムはできるだけそばにいてあげます。自分の朝食を持ち込めば、余分に時間をかける必要もないので、無理なく楽しい時間を過ごせます。



それは私のルイボスティーですよー



今日も完食。ありがとう(^^)





2016年8月22日 (月)

犬猫ごはんを手作りするということ


2週間前にひいた風邪を先週末にぶり返し、ゲホゲホ、ゼーゼー、めまいもひどく、こりゃ肺炎だなと思いながら過ごした昨日でしたが、

今日のすごい台風におちおち寝てもいられず、庭のものを片付けたり、停電断水に備えてあれこれ忙しく動き…




生姜はちみつ湯を飲み、梅ニンニクを食べ、汗をかいては着替えて…を繰り返し、


ちょっと気が抜けるとまためまいに襲われるので、結局まったく横にならないまま一日過ごしていたら、

やっぱり「病は気から」で、なんとなく調子が上向きになりました(^^)


サラちゃんのインターフェロン注射も、今日で3回め。

前回の2回は、午前中の注射にも関わらずその日は夜遅くまで食欲が出なかったため心配したのですが、

3回めの今日はなんだか元気!







ごはんも良く食べています。

今朝は鶏肉&卵。




昼はアルモネイチャーのドライフード。

夜は馬肉&油揚げ。




猫だって犬だって医食同源らしいですよ(^^)

ガンに有効だというサプリ「コルディM」の会社が獣医師による食事アドバイスをしているというので、電話相談したのは2週間前。




私自身も「ペット食育士 准指導士」や「ペット東洋医学アドバイザー」などの資格を持っていてそれなりに勉強しましたから、





獣医師からの手作り食のアドバイスは大変嬉しいものでした。




不調なときほど、良質素材のごはん。

いつもうちのコたちにはそうしているので、保護っ子も同じです。


新鮮で安全で自然のものを与えることは、栄養バランスを心配するよりずっと尊いことだと考えています。


平飼いで健康的に育った鶏や卵を選ぶ。
山に廃棄されるだけの野生鹿を食用利用する。

高額なためすべてをチェンジすることは簡単ではありませんが、その他の無駄を省く生活をしながら家畜の存在にも目を向けてみるのは、本当の意味で動物福祉だなと、

最近、感じています。



猫は肉食ですが、ほんの少しのビタミンやミネラルも必要だそうですから、地元の旬の野菜、キノコや海藻も乾物を上手に利用して、お出汁をちゃんと意識してみます。







すると不思議。

みなよく食べてくれます。





で、サラちゃんのごはん色々。











メインとなるのは、

鶏肉、鹿肉、馬肉、卵、サバ、鮭など。

お魚は手軽に缶詰め利用。






詳しいレシピは次回。

やっぱり病み上がり… クラクラしてきました(^_^;)


2016年8月20日 (土)

ぴあのちゃんトライアル開始


今日はぴあのちゃんのお届けでした(^^)

昨日はみんなで体重測定して、ぴあのちゃんが1.4kg弱、きぃちゃんが1.7kgでした。








ミーナは自主的に何度も乗ってました(≧∇≦)

「こんなはずじゃ…」(笑)




ぴあのちゃんはひょろっこく伸びてきて。ご飯の量を増やしてもよい頃ですね。




膝の上が好きな愛らしい子(*^^*)







毎度のことながら朝のお別れはちょっぴり切なく…








道中は、なるべくガタガタしない舗装の綺麗な道路を選び、黙り込むぴあのちゃんが冷房で寒くないか気を配りながら走りました。


到着するまでほとんど声をださなかったぴあのちゃん。本当におとなしいです。


さて、お宅に到着すると、可愛らしい先住ねこちゃんたちのお出迎え。ありがとう(^^)





そして、ぴあのちゃんを遠目に見て、なんかモジモジ(笑)




奥のエレガントな長毛さんがお姉ちゃんで、手前のまん丸お目目が弟くん。ぴあのちゃん、弟くんと取っ組み合いできるといいね。かなりサイズが違うけど(≧∇≦)



ひとまずケージに入ったぴあのちゃん。固まりつつも、パニックになるほどではありません。トイレもできました。




思えば最初からそんなコでしたよね。とっても穏やかさんです。





我が家では2日くらいで部屋に慣れ、4,5日ほどで成猫たちに慣れてきました。とは言っても、積極的に関わるタイプではないため、おっかなびっくりな感じですが。


びっくりのシャーッは出ますが攻撃性ゼロですから、きっと仲良くなれるかと思います。


今日明日はドキドキしっぱなしだろうけれど、頑張るんだよ。応援してるから。

そんなエールを送りながら、帰り道はナビ通りの最短ルートで帰宅しました。



また1ニャン、しあわせになれそうです(^^)






2016年8月17日 (水)

FeLV初期段階での治療


猫白血病ウイルスに感染していることがわかったサラちゃん。





あ、「サバラン」から「サラちゃん」に改名しました(^^)

保護当時は男子疑惑があったものですからクールなケーキの名前にしましたが、いやいや超甘えっ子なので、可愛らしい名前に変更です♪





生後2,3ヶ月くらいの子猫に猫白血病ウイルス感染がわかった場合は母子感染の可能性が高く、そのような場合は1歳にならないうちに発症してしまうことが多いそうです。


発症する前にウイルスをやっつけられる唯一の手段は、感染初期であれば可能性もあるとされるインターフェロン治療ぐらいだそうで… でもそれも僅かな可能性だそうで。悲しいことです。

昨日はその2回目でした。

特別たいへんな治療ではなく、体重を計って、注射したら終わりです。

昨日の体重は1.28kgでした。少しずつ増えています。


通院したのは午前中ですが、午後はずっとお昼寝。夕食も食べようとしなかったので、ちょっと心配しました。

やはり薬ですから、なんらかの副作用はあるのだろうな。




夜も深まり、さあ、卓球女子が始まるよというころ、ガサゴソとサラちゃんが起きた音がして見てみると、ごはんを食べていました(^^)




食べ終わると遊び始めたので、そばにいてあげました。


電動オモチャではしゃいだり、タオルに包まってもがいたり(笑)







時々インターバル♪





今日の通院では、

・発症のサインにはどのようなものがあるか
・最も多いとされるリンパ腫になった場合はどんな治療法が考えられるか

などを伺ってきました。

心の準備をしながらも、毎日を有意義にしてあげましょう(^^) きっとそれが一番の治療ですよね。

2016年8月16日 (火)

きぃちゃんは次回持ち越し


「しあわせにゃんこ譲渡会」に参加したのはぴあのちゃんだけでなく、きぃちゃんもでした。

しかし…

きぃちゃんはやる気ゼロ…




半分以上はお尻を向けて寝ていました。

こちらを向いたかと思いきや…

「今日は気が乗らないの。」の顔…(笑)




そんな態度でいたために、今回は抱っこ希望者ゼロでした。

私もなんだか、ぴあのちゃんが素敵なご夫婦に巡り会えただけで胸がいっぱいになってしまって、

きぃちゃんアピールにパワー注げず… きぃちゃんには悪かったなと。

きぃちゃんったら、ごはんだけはモグモグ食べてくれたからホッとしましたけど。


帰宅したあと、ふたりは駆け回って昼間の運動不足を解消していました(^^)








また頑張ろう!


2016年8月15日 (月)

ぴあのちゃん、仮決定!


昨日「しあわせにゃんこ譲渡会」に初参加した、優等生ぴあのちゃん♪




開始間もなくお声がかかり、ほんわかあったかい雰囲気のご夫婦に出会えました。

ホームページで、ぴあのちゃんの写真を事前にチェックしてくださっていたそうです。

この写真かな(^^)



この「ほへっ?」みたいなお顔!(笑)ぴあのちゃんのぽわわ〜んな雰囲気を醸し出しているんですよ〜 可愛すぎます。


先住猫さんが2ニャンいるお宅だそうです。たくさん遊べるでしょうね。ぴあのちゃんなら優しい子ですから、オトナになってもうまくやってくれると思います。


希望してくださった方が抱っこしてくださいました。



きっとすぐに馴染む子です♪

人への警戒心がまるでないところが、「優等生」たるゆえんですから(^^)


もちろん、ざわざわした場所は初めてでしたから、終始硬直しておびえていましたが、ごはんはちゃっかり食べていたので、恐怖心はそれほどでもないのかなと安心しました。



怯えが強い子は、トライアル期間も長いほうがいいかなとか、いま使っている身の回りのものをたくさん持っていったほうがいいかななんて、あれこれ気を揉みます。ケージごと引っ越した子もいますから(^_^;)

ぴあのちゃんが仮決定し、ホッとしたところに、2時間おきに友人が3人も来てくれました。


ひとりでも多くの人に、「猫の譲渡会」の様子を見てもらえるのはとても嬉しいことです。

個人が参加できる譲渡会があると、誰でも子猫を助けることができるんだなと勇気が出ますよね!

主催者の方々には感謝でいっぱい。本当にありがたいです。皆さん、素敵な人ばかり(*^^*)


猫白血病ウイルス感染の件も相談にのっていただきました。心強い!


で、ぴあのちゃんの話に戻りますが〜

希望様のお宅にある子猫ケージにはハンモックが吊り下がっているそうです。

以前、ぴあのちゃんのケージに取り付けてみましたが興味を持たず。

オトナ猫たちの部屋にはハンモックがないため、再び取り付けてみたら…

きぃちゃんが得意げにゴロゴロしてます(笑)




ぴあのちゃんもそのうち興味を持ってくれるかな。





ぴあのちゃんのお引越しは一週間後です♪


↓今日は大好きなトンネルで、きぃちゃんとよく戦ってます(笑)

2016年8月11日 (木)

ぴあのちゃん、フリーに


今度の日曜に譲渡会デビューする、ぴあのちゃん。






詳しくは、しあわせにゃんこブログをご覧ください。

http://ameblo.jp/shiawasenyan-ko

保護当時は風邪を引いていて、2週間投薬。他の子に移らないかドキドキでした。昨年は次々と移ってしまい、
とらおが肺炎になるほど大変な目に遭いましたから慎重に対応しました。




(とらおは最後のワクチンから1年半が過ぎていたことがひどくなった要因かもしれません)


そんな経験もあり、風邪がしっかり治ったところでワクチン。


FeLVとFIPのウイルス検査もお願いし、どちらもマイナス(陰性)。




性格も良いし、健康だし、優等生のぴあのちゃんです(^^)




健康であることが確認でき、隔離も3週間を過ぎたので、オトナ猫たちと同じ部屋に入れてみました。

まずは常設の三段ケージに入れて、みんなとご挨拶。
きぃちゃんも健在。






猫に会うのは久しぶりだからでしょうね。唸って怖がって… なかなか馴染めないまま、3日目になりました。



徐々にフリーにする時間も増やしています。

きぃちゃんが大興奮する電動おもちゃに興味津々なのですが、なかなか入っていけません^^;




どうなることやら。もうしばらく様子を見ましょう。

それにしても可愛らしくなりました(^^)




譲渡会を少しでも多くの方に知っていただくために、ブログランキングに応援くださいm(._.)m

http://ameblo.jp/shiawasenyan-ko


バナーをポチッとしていただくだけでok。
いま、何位かなー。


2016年8月 8日 (月)

FeLV陽性だなんて…


ナンテコッタ(>_<)

サバラン、2回目の通院で女の子と判ると同時に、FeLV(猫白血病)に感染していることがわかりました。







発症すれば、長生きできない可能性が高い感染症です。おそらく母子感染でしょうとのこと。





サバランは譲渡会不参加にしました。
緊張や恐怖はウイルスの大好物だそうですから。

人間には移りません。

犬にも移りません。

猫同士で移ります…

血液、唾液、涙、トイレ等でも感染するそうです。

よって引き続き、ひとりっこ生活です(T_T)





私も消毒に気をつけなければ。



今日から毎週1回通院して、インターフェロンという薬を注射してもらうことにしました。




4,5回続けるとウイルスが消滅する可能性があるのだそうです。しかし可能性は3割程度なんだとか…


ウイルスが消滅しなかったら「持続感染」と位置づけられるそうです。


以下より一部抜粋。

http://www.catvirus.jp/home/felv/infection.html

『持続感染猫は、感染から約3年以内に発症して、死亡するものも多くあります。感染後2年で63%、3年半で83%が死亡するというデータがあります。』


うちのブーレが供血した友人の猫ちゃんが思い出されます…

「病院通いでたくさん苦しい思いをさせてしまっている」とママさんは悩み続け、結論など出せない苦しみの数週間でした。

単純に「猫白血病」と言われても、不調はあちこちに出て、関連する病気がたくさんあるのだそうです。だから症状も様々。

母子感染の子猫は、ほぼ短命と言われています。


まだ生まれてきたばかりなのに、辛い思いなんかさせたくないよ(>_<)




なんとかウイルスが消滅してくれますように!!!



お盆もがんばるよ!


今度の日曜、猫ちゃんたちの譲渡会があります(^^)

8月14日 11時から16時まで 銀座7丁目





うちからは3にゃんこが出場します。


きぃちゃん そろそろ4ヶ月。



ぴあのちゃん 2ヶ月半くらいかな。



サバランちゃん 2ヶ月くらいかな(女の子でした!)




よろしくお願いします(^^)/







2016年8月 7日 (日)

朝から暑い!


朝の6時にはもう汗ばむ暑さになってきました。

犬たちは背中全体が太陽に当たるし、お腹全体はアスファルトに面しているため、人間よりずっと暑さを感じているはずです。



ギラギラ眩しい背中!


体高の低いわんちゃんはさらに風通しも悪いから、猛暑の中の散歩はなるべく避けてあげたい。




そんなわけで、朝5時から散歩するように頑張ろうと思いまして。



今朝はもう何度目かなのですが、犬たちの寝起き感が笑えます。


あくびも同時…笑





犬猫たちの体内時計は正確だなーと、いつも感じます。


スミレなんて起床6時と決めているようで、5時に声をかけても起きてきやしません 笑!だから最近は夕方だけ。





暑いときは短時間散歩にする作戦もありますけどね。

せっかくですから、早起きできたら、早朝の気持ち良さを味わいましょう(^^)

猫たちもそれなりに…笑




真夏だけの楽しみですからね♪




2016年8月 6日 (土)

きぃちゃん、またキャンセル


里親希望をいただいていたチャトラン&きぃちゃんでしたが、お届け前にキャンセルとなりました(T_T)




なかなかご縁が結びつかないです…


せっかく仲良しになったふたりですが、私がチャトラン君の将来の責任を持つわけにもいかないので、

今朝、1時間半ほど車を走らせ、チャトラン君を保護主さんにお返ししてきました。


お別れ前の記念撮影はうまく撮れず。






人が大好きで、猫には優しい、絵に描いたようなお利口猫さん。オトナ猫たちにも、すぐに受け入れられました。


ミーナ(下)とチャトラン(上)


だから、寂しい気持ちはより強く…

きぃちゃんも今日は別猫のようにおとなしくて…




チャトラン君が来る前は、オトナ猫たちに飛びかかっては怒られていたのに。

今日は驚くほど、しょんぼりしていました。




また遊べる日がきたらいいのにね。




2016年8月 4日 (木)

二匹の様子 きぃちゃんとチャトラン


お預かりしているチャトラン君。
うわさ通りの茶トラ気質(*^^*)
ゴロゴロ甘えんぼさんでくっつき虫。




私、茶トラさんのお世話は初めてなので、こんな気の優しい猫もいるのかと驚くほどです。

3日目からは並んでランチタイム(^^)





初めは唸りっぱなしのきぃちゃんでしたが、何度シャーッを繰り返してもチャトラン君がやり返さないので、段々と慣れてきたようです。



1本のじゃらし棒で遊んでみたら、

きぃちゃんがシャーッと怒り、

チャトラン君がのけぞって「スイマセンッ」












チャトラン君が窮屈でないかが心配でしたが、3日目からはチャトラン君も反撃するようになったのでホッとしました。


チャトラン君は優しくて穏やかなので、うちのオトナ猫たちにもすぐに受け入れられました。すごいことです☆


走り回って暑くなったのでしょう。ひんやり大理石の上に寝そべることが多いふたりです(^^)



きぃちゃんはいつまでもオモチャで遊んでいますが(笑)



4日目には、チャト君から取っ組み合いを始めることもありました。

小さなきぃちゃん、がんばれ!



そんなこんなで、あっという間に夜は更けてゆきます。

きぃちゃんは優しいチャト君と、日曜からトライアル開始の予定です。


存在感あり過ぎだったきぃちゃんが居なくなるのが、とても寂しいです…

しかし、うちにいるよりもっと良い環境で、たくさん可愛がってもらえるほうがきぃちゃんは幸せ。


自分にそう言い聞かせて、「仮譲渡」の準備を始めたいと思います。


とらお兄ちゃんに甘えるきぃちゃん。




とらおからチャトラン君にシフトしてくれますように。




2016年8月 3日 (水)

サバトラちゃん、かなり甘えんぼです


新入生のサバトラちゃん。



性別がわかったら名前を…と思っていたら、どうやらわかりにくいタイプのようです。

先日、ワクチン接種のため通院しましたが、先生が「オスかな、自信ないですが」とおっしゃって。

だから、名前… どうしようかなぁ。今のところ「サバラン」と呼んでいますが(笑)、ベタベタ甘えっこになってきたので、もっと甘〜い感じの名前をと考えています(*^^*)





で、ワクチンはしたものの、サバランはまだ保護1週間なので、ぴあのちゃんとの接触は避けたいところ。

保護したての猫ちゃんたちは、劣悪な環境にいたであろうし、何を食べて飢えをしのいでいたかがわかりません。

食べたものから寄生虫が体内に入ってしまえば、その卵が糞便に混じり人や他猫に移ることがありますし、

ウイルス性の鼻炎や結膜炎になるとすぐに他猫に移ります。

FIP(伝染性腹膜炎)という、命に関わる病気もありますし、すぐには発症しませんが若年で亡くなるというFeLV(猫白血病)も感染症です。

感染ルートは、唾液や鼻水だったり、トイレの共有だったりしますから、一緒に遊べば感染の可能性が出るわけです。

保護してから2週間、発熱もくしゃみも涙目も下痢も無ければ、感染症をもっている可能性は少ないということで、

保護している方々の多くは、最低でも2週間過ぎてから他猫と接触させています。

私は心配性だから、3週間みたいなと思うこともあります。


そんなわけで、サバランは6日ほどケージ暮らしでした。ぴあのちゃんと病気を移し合わないためです。

三段ケージを工夫して4段にし、登り棒も設置してあげたので、まあまあ体は動かせているようですが、

でもやっぱり、走り回らせてあげたい!



というわけで、なんの問題もない優等生のぴあのちゃんを、友人宅で世話してもらうことにしました。

ぴあのちゃんにとっても良い経験です。いずれ我が家を巣立つわけですから、違う環境や人にも慣れるのは大事なこと。




猫との暮らしが初めてというお宅ですが、相談したらすぐに快諾してくれて☆ その男前な感じが大変うれしく!!!


ぴあのちゃんは人懐こいし、おっとりさんだし、聞き分けも良いので、初めてのお宅にはもってこいの子猫です。

ぴあのちゃんを1週間預かってもらえれば、サバランがたくさん遊べます!!

良かったね〜!!

で、さっそく遊びました♪





初めての床の感触に恐る恐るなところが、なんとも感激してしまいます。

これからはずっと、幸せな毎日だよ







ノミだらけでべたついていた体も綺麗になりましたし。


おもちゃより、人に甘えるほうが好きなようです。




1週間後に、ぴあのちゃんと遊ばせてみます。楽しみです☆







2016年8月 1日 (月)

きぃちゃん、また試練!


2週間かけてやっとオトナ猫たちに慣れた「きぃちゃん」に、また乗り越えて欲しいハードルが誕生です(汗)




昨日の「しあわせにゃんこの譲渡会」で、穏やかな茶トラのオス「チャトラン」君と一緒にきぃちゃんを迎えたいという方が現れたのです!


こちらが(仮名)チャトラン君。


遊びたい気持ちいっぱいのきぃちゃんには、猫でも人でも、とにかくたくさん遊んでくれる相手が必要なので、

穏やかさNo.1の茶トラ君とペアで迎えてくださるというお話は、なんとしてでも叶えたい。




しかし… 猫見知りなきぃちゃんですから…

譲渡会場で唸る!
帰宅してからも唸る!
朝になっても唸る!
とらおやミーナに八つ当たりする!

そして私にも「ううーーっ… シャーッ 」

もう… 勘弁してくださいまし…(^_^;)


昨日は、「きぃちゃん、可愛い!アビシニアンみたい!気の強い感じがいいわ!」と言ってくださった方に、な、な、なんとビンタしちゃったりして…


気分にムラがあるというか、怒りっぽいというか…


チャトラン君に負担のないよう、慣らしてあげないといけませんから、知恵を絞りたいと思います(汗)


チャトラン君には、猫部屋の常設三段ケージに入ってもらいました。



思えばきぃちゃんは、オトナ猫たちに慣れるのも2週間くらいかかりましたから、そのくらいは必要なのかもしれません…

慣れるとベタベタでしつこいくらいなんですけどね。


チャトラン君のいるケージの前で怒るきぃちゃん。すごい顔…(^_^;)










« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。