« やっぱり歯周病に | トップページ | サラちゃん再び、白血球減少で »

2016年9月29日 (木)

血液の病気だから他人事ではない…


犬保護を頑張る人の愛犬ちゃんが血液の病気になり…

輸血が必要で仲間に呼びかけ、なんとか協力してくれるわんちゃんたちが集まったそう☆

アビーも一応、待機。





輸血の条件は、健康で血液型が合うかどうかの前に、体格と年齢が重要。

2歳(訂正、1歳)から8歳までの10kg以上の犬というのがガイドラインだそうで、アビーは年齢的に微妙なところ。


アビーの血液検査の結果は良好で、型はプラスとわかりました。





ヒトと同じようなカードになってます。




とはいえ、じいさんに差し掛かっている年齢だから、採血後に多少体調を崩すことがあるかもしれないそう。

輸血側は問題ないとのこと。


明日の輸血がうまくいかなかった場合はアビーの出動になるかもしれない。輸血の前に、お互いの血液を混ぜて適合を調べるのが「クロスマッチ」と言うテスト。

それで不適合になることもあるんだってさ。


あの子の命がかかっているから、多少アビーが不調になることくらいどうってことない。

がんばれ!がんばれ!みんなが応援してるよ!



そして病名は違うものの、同じく血液の病気と闘い中のサラちゃん。





前回の検査から約2週間。ステロイドは 1/4 で過ごし、よく遊び、まあまあ食べて、まあまあ元気に過ごしてきました。





日中と朝夜で室温が大きく変わらないよう調節し、スキンシップ、運動、赤身の美味しいお肉など、当たり前のことをちゃんとやるよう心掛けてきました。

気分も上々で、怖がっていた犬たちに、かすれながらも「にゃー」と呼びかけるなどし始めたので、抱っこして挨拶させてみたりしました。





いつか、同居したいね。



しかし、とうとう今朝から熱が出始め、夜には40.9度。内股で測っているから実際は41度を超えているかもしれない。


初めて高熱が出たときも、41度くらいだった…


心配で息が詰まる思いだけれど、初回と違うのは少し食べられるということ。


寝そべりながらだけど、小さくカットしたお肉を手から食べてくれました。






身体が熱い。若干、目が虚ろ…


ちょうど明日は定期検査。
結果を見るのは怖いですが、希望を持ちたいと思います。



« やっぱり歯周病に | トップページ | サラちゃん再び、白血球減少で »

4.病気のこと」カテゴリの記事

2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血液の病気だから他人事ではない…:

« やっぱり歯周病に | トップページ | サラちゃん再び、白血球減少で »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。