« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

サラちゃん8週経過で元気!


サラちゃん、元気に8週目が経過しました☆




今回の変化は…

とうとう三段ケージをよじ登りました(^ν^)




血小板が少ないので、怪我や打ち身などでの出血が怖いなと思い、三段ケージの両脇には何も置かずに、屋上の存在を隠していたのですが…笑

とうとう編み目をよじ登ったようです!


でも下りられなくなって、屋上で声にならない悲鳴をあげて焦っていました。
(サラちゃん、声がうまく出ないコなので)




登らないようにするより、スムーズに降りられるようにしたほうがいいなと思い、

押入れからミニタワーを持ち出し、配置。





ちょっと距離ありますが、この高さなら大丈夫でしょう。



安全を確認するかのように、上がったり下りたりしていました♪
いい運動です。


たくさん遊んで熟睡したいときは、三段ケージに自ら入り、三段目で寝ていることが増えました。





内側の壁にクロスをぶら下げているので、囲まれている安心感でしょうね。

数日前からペット用ホットカーペットも置いてますから、暖かさもいい感じかと♪



火曜から始めた ビタミンK2シロップ「ケイツー」は順調です。

好きなお肉少量に混ぜて食べさせています。


茹でたかぼちゃもちょっと食べました。


シリンジを使わずに食べてもらえるから良かった(*^^*)

甘ーいミカンのような味がします。
甘い味が好きな子猫ちゃん、ちらほらいますね♪



とはいえ、食事全体の食べる量は少なく、すぐにお腹いっぱい〜となってしまうことが唯一、気がかりで…

食べさせる工夫は毎日のことです。

体重はこの一週間でほとんど増えませんでした( ; ; )

1.95kg。

もっと食べさせたいなー




サラちゃんの今のお気に入りは、紙袋!

持ち手を取り、底に穴を開けるだけ。





キラキラボールと組み合わせると、飛び込んでは回り込み…と楽しそうに繰り返していました。





カサカサする音の感じも楽しいみたい。






我が家は昨日、暖房つけました。ちょっと早いのですが、猫たちや9歳のチワワがいる床は思いのほか冷えるんです。

ビルトインで各部屋にダクトを通しているので、サラちゃんルームにも暖房は入ります。人感センサーや湿度調整などの細かい調整はできませんけどね。

サラちゃんルームだけは電気ヒーター併用で、25度前後は保つようにします。病気ちゃんですから過保護でいいんです(^^)





運動して、食べて、体温上げて。

そして室温も暖かく。


季節の変わり目を上手に乗り越えられたらいいなと、本気で取り組んでます(^^) 命かかってますからね、私はとにかく必死ですよ♪



小さくて可愛いサラちゃん(^^)

穏やかで楽しい毎日を送れますように。



2016年10月27日 (木)

サラちゃんに「ケイツー」


サラちゃん用のビタミンK2が届きました。



さらっとしたシロップです。
新生児用と同じものでした。

ということは、安全・安心な物、ですね、よかった。
赤ちゃん用に甘くなっているそうで。

サラちゃんも実は甘党(笑)
私の羊羹やどら焼きをほんの少し味見程度につまみ食いしたりします。

なので、このシロップにも抵抗なし!
お肉につけて差し出すと食べてくれました☆


毎夜だとそのうち嫌がるだろうけどね、猫ですから。

タイミング変えたりして、飽きないようにしましょ。


大好きな鹿肉とルイボスティー。
一生懸命、食べる。



雰囲気はまるで、ビールと焼肉だ(笑)


一生懸命食べるんですけどね、食べて欲しい量の半分くらいしか食べません。

なるべく回数を増やしていますが。



ひょろっこいね。



三日前、サラちゃんの毎朝の投薬(ステロイド)を忘れてしまい、夕方に気がつき慌てて飲ませたのですが、

そのほうが、夜はちゃんと寝て、暖かい昼に少し遊ぶというサイクルになることに気がつきました。

よって、投薬は夜にしました。

夜にたっぷり寝て、朝は外の空気を吸って、爽やかに☆






ビタミンK2がうまく働いてくれて、ステロイドを減らせたらいいのにな…


投薬を夜にしたら、ゆっくりのんびり付き合ってあげられました。タイミング見て、できるだけ怖さを減らしてあげるような形で投薬できそう。



とはいっても、錠剤を飲ませたあとは必ず逃げる。当たり前か。



でもすぐに仲直り。(たぶん)

寝そべりながら、おもちゃに手を伸ばしてくれて。






サラちゃんの病態をよく知るために読んでみました。人の本ですけどね。



もちろん、猫にはまた違った治療法になるでしょうからそこは当てにしていませんが、骨髄と血液と血球と… 人間でもやっぱり助からないのかなとか、結構、参考になりました。







関係ありませんが、今朝の我が家のコブシ。



11月中旬になると色付くかな。



2016年10月24日 (月)

仲良しです


とにかく良い感じなんです、このふたり(^^)





これ、ペットこたつの上。
中を掃除しようと布団をあげたら。




狭いところでくっついて。




ハンモックでも一緒に寝てました。
写真撮り忘れましたが。


ふたり一緒のおうちを探しています。




【ペットのおうち】

きぃちゃん

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn132370/

福くん
http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn132371/

2016年10月23日 (日)

サラちゃん7週経過、納豆パワー


頑張るサラちゃん。そろそろ生後6ヶ月、1.92kg。犬歯は全部生え変わり、残すは奥歯。オトナ目指して、朝から一杯やってます(笑)



(これはルイボスティー)




10口くらい飲んでいました。
ほんのり温かいものがいいようです。ルイボスティーはノンカフェイン。

私自身の貧血症改善のためにほぼ毎日ポットに作り飲んでいるのですが、サラちゃんが私のカップに頭を突っ込んで飲んだことがあり、それ以来、時々用意してあげます。




サラちゃんの病状は、主に白血球が正しく作られないというものですが、病名的には「骨髄異形成症候群」と言うのだそうです。

厳密に言えば、骨髄検査をしていないため断言はできないそうですが、高熱が出たときの顕微鏡検査では、核がない?ような、ぼやーっとしたおばけのような白血球が見えました(>_<)


猫の病気辞典で見てみると、そのような不正な白血球が増えてくると、その割合で「急性骨髄性白血病」に進行したと捉えることから、前白血病段階と呼んだりもするそうです。


サラちゃんの場合はそこに進む前に気付き、先生のご判断で抗生物質とステロイド(プレドニゾロン)投与したら、白血球・赤血球・血小板が正しく作られるようになってくれたので、生活維持ができています。


ステロイドを使い始めて、もう7週が経過。あっという間…

成長期のステロイド投与は不安が大きいことから、できるだけ量を減らしたほうがいいそうですが、3週間前に今以上減らしたときに高熱が出て白血球が激減し、危ない状態になってしまいました。


なので、7週間かけて探ってきた今の量が最低限必要ということで、ひとまずこの量でこれから4週間やっていくことになりました。


一日半錠。


毎日、調子が良いようです。

しかし、このステロイド効果はいつまで続くのか…

不安はどうしても付きまとい、
私の気持ちはどうやっても晴れやしないのですが…



とにかく現実を理解し、

治療法が他にない、あらそうですか、で終わるはずもなく、

治療法がないなら研究する人がいるはずと、毎夜調べておりました。



すると、サラちゃんに似た症例で、しかしながら年齢が違うのですが、同じステロイドに、ビタミンK2を加えて投与した例があり、1年間進行しないままでいるという論文を見つけました。

「骨髄異形成症候群(MDS-RAEB)と診断した猫の一例」 http://www.power-vets.jp/literature/pdf/casestudy_vol3.pdf



また、3ヶ月齢までの「骨髄異形成症候群」発症は、人の同じ病気の場合の病態と酷似しているという論文も見つかりました。人の治療ではビタミンK2を用いることがあるため、子猫にも有用ではないかとの見解でした。(2002-2003年の研究なのでちょっと古い)

KAKEN「骨髄異形成症候群におけるビタミンK2療法の確立…」 https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-14570999/


もっと最近のものを探しているところですが、

ひとまず見つけたものをかかりつけの先生にプリントして持参し、見ていただきました。

ちょうど病院が混み合っていたため、要点だけを確認してくださり、サラちゃんの病態に近いということで、扱ってなかったビタミンK2を取り寄せてくださることになりました。

論文はあとでじっくり読んでくださるそうです。


治療内容は先生にお任せするとして、私は私で、ビタミンK2の効率的な摂取について調べました。すると、サラちゃんが好む納豆や卵黄に多く含まれているということがわかりました!


現在、サラちゃんの朝ごはんはフルコーススタイル(笑)

以前は「これなら食べる?」を繰り返していてなんとも非効率だったので、最初から色々並べることにしました。








ブッフェスタイルとも言うね!(笑)



納豆や黄身だけでなく、

鉄分が多く脂肪が少ない鹿肉を、茹でるのではなく、軽く焼いてから食べさせていたので、脂溶性であるビタミンKの摂取になかなか良い組み合わせを実施していたことがわかり、思わずガッツポーズ!(笑)タンパク質と油は、ビタミンKの吸収をたすけます。





また、私のサラダから、採れたてのピノ(小松菜の幼葉)だけを選び、丸ごとムシャムシャ食べることもありました。




ビタミンには脂溶性と水溶性がありまして、
脂溶性であるAとDとEとKを多く摂りたければ、サラダには油分をかけたり、油で炒めたりするといいんですよね。ノンオイルじゃあきまへん。



とはいえ、食べたり食べなかったりだし、量は少ないし、というわけで、ビタミンK2剤の到着が待ち遠しい。

シリンジが好きなサラちゃんなので、シロップタイプをお願いしました。嫌がって飲んでくれなかったりして( ̄▽ ̄;)


ビタミンK2は血球を正しく作る手助けをしてくれるそうなので、ステロイド量を減らせる可能性が出てきます。



ここ2週間はほとんど発熱もなく、よく遊びます。でもステロイドの副作用ですかね、ボーッとしていたり、話しかけてもポカ〜ンとしていることが時々ありますが、



毎日30分くらいは、飛び跳ねてボールを追いかけていますから、どこかが継続的に痛いということはなさそうです。気持ち悪さもないのかな、嘔吐もありません。


食べる量が少ないことが気がかりですが、
このままできるだけ穏やかに過ごせるよう願うばかり。


そのために、もう少し調べを進めよう。






2016年10月18日 (火)

福ちゃんのおメメ、良くなりました


きっと今頃、街中はハロウィンモード全開ですね。
出掛けないので実感ありませんが、やっぱり作りたくなります、こういうのを (^_-)




楽しい時期に間に合わせたかのように、福ちゃんのおメメは治ったようです。
3日間、15回の抱っこと点眼は大変でしたが、治ってくれれば嬉しいかぎり!大事に至らなくてホッとしました(^^)





きぃちゃんとの仲もすこぶる良く、取っ組み合いをすることもあれば、まったりお昼寝したり、ネムネムモードで遊んだりもしています。









ふたり一緒のおうちを目指します!




ご興味ある方は、里親募集サイト「ペットのおうち」から募集要項をご覧くださいませ。

よろしくお願いしますm(._.)m


【ペットのおうち】

きぃちゃんのページ

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn132370/


福くんのページ

http://www.pet-home.jp/cats/ibaraki/pn132371/


2016年10月17日 (月)

秋の行楽日和


週末は良いお天気でした。
出掛けたい衝動をぐっとこらえ、家事優先。

雨続きで洗えなかった大物を洗ったり、サラちゃんのお部屋を模様替えしたりして、働きすぎて夕方にはぐったり。やはりアラフィーは違います(^◇^;)
(今年アラフィーになりました)


でも犬たちの散歩は日課なので、秋を感じる場所までGO!














仲良しっていいね。


アビーには看板犬の素質がありそうな、無さそうな。

動くものを目で追う…




クリームつけたるぅー





うちのコになって半年のスミレも、随分と美しくなりました(*´꒳`*)

今年4月


いま


今年4月


いま



私をちゃんと頼ってくれて、とてもいいコです☆



サラちゃんのお部屋はこんな感じにしました(^^)




たたきに段ボールを敷いてからズレないカーペットを敷きました。

ズレないカーペットは、肉球にも滑らないカーペットであり、爪研ぎもできちゃって、より一層、楽しく安全に遊べます。


サラちゃん、嘘みたいに元気良いです
でも、あまり食べません…


今日は一転、朝から雨ザーザー。
遅れに遅れている仕事をやらねば。

サラちゃんの応援でかなり、はかどります(^^)






2016年10月13日 (木)

来て早々に怪我


新人、福ちゃん。
一週間も経たないうちに眼球に傷ができてしまい、ショボショボ…




かなり痛いみたいで、ポロポロと涙が出ていました。




左目に傷がありました。
ゴミなどが気になり、擦ったのではないかと獣医さんが。

涙がポロポロ出ていたので、痛かったのだと思います。

目薬3種、5分おきに差すことになりました。



1日4,5回ですって。


この日はちょうどスミレの抜歯後の再診で、午後一番に予約していましたから、一緒に診てもらえてよかったです。処置後は痛みが和らいだ様子でした。



通院前は両目をぎゅっとつむっていたのに、帰宅したら目が開いてました。痛みが取れたようです。

ケージで一晩ゆっくりしましょ… きぃちゃんとの取っ組み合いは2,3日お預けです。


病院からの帰り道、公園に寄って少しだけスミレと散策。社会化トレーニング兼ねてます。とにかく外出経験を積ませたいのです。



「こんな広いところで何しろって言うの?!」とご機嫌ナナメ。寒かったし、すぐに退散しました。


翌日の福ちゃん。目薬後。



まったく気にしてない様子(笑)目薬好き?ってくらいじっとしてます。




涙も止まりました(^^)


目薬を袋に入れていたら、きぃちゃんが「何やってるの?!」とばかり私を見つめているので、可愛くて写真を撮った瞬間、




飛びついて来ました ^^;




こんな奇抜な動きにも、もう慣れました(笑)


今日で2日経過しましたが、2日とも5回ずつ目薬できました!

5分おきに3種ですよ、なかなか大変です。

1回目差して、トイレ掃除して、2回目差して、洗濯物を片付けて、3回目差して、オヤツあげておしまい。

家の中を行ったり来たりです。
早く治って欲しいから、こういうことだけは頑張ります(笑)


「最初の3日は頑張って5回差せるといいですね」と酷なことをおっしゃる先生(笑)はい、やりました。最初は自信ありませんでしたが。あと一日頑張ります。


その後は3回くらいにしたいな ^^;





2016年10月12日 (水)

飯館村の今


日本全国に飢えや寒さで苦しむ猫たちがいて、

その子たちをなんとか助けられないかと苦慮している方々がたくさんいるのはわかっているのですが、

もう、ここは本当に限界なんだと思うのです…

人が住めない場所になってしまったから。



福猫舎のブログ
「【緊急】!猫の保護先 緊急大募集!【拡散希望】」

http://ameblo.jp/311fukunekoya/entry-12208445266.html


こちらの記事も合わせて読んでみてください。

「今日の福猫舎4-1009」
http://ameblo.jp/311fukunekoya/entry-12208197646.html



真の猫好きには居た堪れない現実だな…と。



2016年10月10日 (月)

新人くん、登場



避妊手術を終えて2週間が過ぎたきぃちゃん。





すこぶる調子が良いので、
「里親募集」を再開したいと思っています。

しかしきぃちゃん、譲渡会場では怒ってばかりで、

人にもシャー! 猫にもシャー!

そんな感じで、あまり良いところが見せられましぇん。。。

悪気はないんです。やたら緊張しーで、気が強いので
ついつい「シャー」と言ってしまうのです。



本当は人懐こくて、お兄ちゃん猫が大好きなおしゃまさんなのに。



左はとらお。右がきぃちゃん


譲渡会場でも里親さん宅に行ってからも、できるだけ緊張しないように、同じ年頃の男子と遊んだらどうだろうと思っていたら、いたいた!




以前、我が家で1週間だけお預かりしたことがある茶とら柄のおっとり猫さんが、まだ里親募集でした!


うちで再度お預かりできないか、厚かましく相談してみたらご快諾いただきました(^^)



きぃちゃんはすっかり忘れてしまい、シャーシャー怒ってばかりの二日間でした^^;





でも他のオトナ猫たちはちゃんと覚えていたようで、軽く挨拶した後は知らんぷりでした。びっくりしました。



名前は私のイメージで変えさせて頂くことにしました。

まだ少し迷っていますが、「福ちゃん」はどうかなと。

とにかくおっとりさんで、誰からも叱られません。

きぃちゃんとはよく遊びます。

人に甘えるのが趣味のようなベタベタちゃんです。





女の子みたいに可愛らしいお顔をしています。





そんなわけで、またまた新人くんをよろしくお願いします。

募集要項はこれから作成します。

数日かかりそうです。

2016年10月 9日 (日)

治療5週間が過ぎ


サラちゃん、二度目の高熱から一週間が過ぎました。
ステロイド剤を増量した効果が出て、ここ数日は元気を取り戻しています☆




再検査では、白血球が十分に増えていました。




喜ばしいことですが、それと同時に、
たった一週間でこんなに上下するのかと驚きます…


ステロイドの副作用に肝障害などがあるため、血液検査で肝臓も調べていただきました。




まだまだ大丈夫だそうです。
でも、少しずつ悪くなっていくのでしょうね…



はぁ…
書いてるだけで、悲しくなります。
この先、どうなってしまうのやら…



体重はやっと1.8kg台になりました。
永久歯の犬歯が生えてきました。
こんな大変な状況でも、成長しているんだな、と。

保護当時、同体重だったぴあのちゃんは2.1kgになったそうです。そろそろ避妊時期。


サラちゃんはどうなるのかな。


病院から帰ると今回もまた夜までぐっすり。
ちょっとした移動と採血でも、小さなサラちゃんはかなり疲れるんだなぁ…と。

道中ずっと、かすり声で鳴いてますしね。


最近のサラちゃんは、朝の空気をたくさん吸うことが好きなようで、朝の時間帯は窓の前にいるようになりました。

>


猫と窓はなんだか絵になる(^^)

>

↑LINE Camera というアプリでアンニュイな感じにしましたよ♪



白血球が増えたので、抗生物質はいったんお休みになります。



この水色の抗生物質、薬品臭くて気を遣う薬でした。投薬時は匂いでサラちゃんが逃げないよう、直前まで蓋をしていたくらいです。



ステロイド剤は半減となります。

今回は1/2量を朝だけ。

どのくらい保てるかな…



サラちゃんがお薬タイムに逃げないよう、シリンジで遊ぶことをさせました。

お水ポタポタすると大注目です(^^) そしてペロペロ。

>


シリンジ用に用意する投薬後のお水はお猪口に入れていますが、これまた遊びの対象に。

>


いつまで続くかわからない投薬ですから、怖い時間にならないよう、私も頭使います^^;




少しでも長く元気を保てますように。

今朝はよく遊び、心地よい疲労感でお昼寝に入ったようでした(^^)

>


2016年10月 8日 (土)

スミレの抜歯と全身麻酔


9歳チワワのスミレさん。
奥歯のぐらつきを発見してから1週間後。

血液検査の結果が良好だったので、全身麻酔による抜歯をお願いしました。


当日は朝食抜き。




出発前に玄関ホールにスミレを置くと、サラちゃんが不思議そうに眺めます。



可愛らしい後ろ姿(^^)



サラちゃんは薬の影響で、頭がぼーっとすることがあります。


病院へ向かう車内ではぶすーっとしちゃって…
ごはん命な子だから、見ているこちらもちょっと辛い(>_<)






病院に到着し、体調確認などしたあと、先生にお預けしました。

10時に預けて17時にはお迎えok。


奥歯4本抜き。上顎の後臼歯4本です。
これは、抜歯とクリーニング後のお口の様子。




何かを噛みちぎる歯は第4前臼歯(見えている奥歯)なので、食事は今までと変わらなくて良いそうです。

第1前臼歯から第3が見えないのは欠歯のようです。


それにしても、小さなチワワさん、歯並び悪い!

でも先生曰く、揃っているほうですよー と。

へえ!これで!?


チワワの飼い主さんは高度な歯磨き技術が要求されますな(^_^;)


施術した日は夜もごはんなし。意識はあって体が動いても、まだ内臓の働きが鈍いことがあるためだそうです。



今までうちの子たちの全身麻酔後を見ていると、かなり個体差があり、よろよろして寝てしまう子もいれば、腹減った!と騒ぎまくって何事もなかったような子まで様々です。


私の祖父はやや肥満で軽い糖尿病がある中でどうしても必要で手術しましたが、2ヶ月も意識が戻らなかったことがありました。

だから麻酔には不安を持ちますが…

そのために、事前の血液検査と日常の様子見をしっかりしておくわけですね。


術後、スミレは元気に見えましたが、もともと気管が狭くなっているため、翌朝まで絶食となりました。舐める程度のお水はok。


身体を休めることも大事なため、帰宅してトイレしたあとは大好きなキャリーケースに入ってもらいました。


きゅうん

何度かそんな声が聞こえ… あぁ、つ、辛い(>_<)



そして翌朝からのごはんは、5日間角切りお肉のみ!



抜歯の跡を縫わない先生なので、穴に食べ物が入らないようにするわけです。


1日ぶりの食事に、とっても幸せなスミレさん(^^) おかわり待ち☆






奥歯が半分なくなったので歯磨きしやすくなります。

もう治療しなくていいように、歯磨き頑張ります(^^)


2016年10月 2日 (日)

サラちゃん再び、白血球減少で


ステロイドを1/4にして様子を見てきたサラちゃんでしたが、2週間手前で高熱が出て、白血球は再び減少していました。





結果として、猫白血病ウイルス【FeLV】は、脊髄に白血球を作らせないようにしてしまったと考えられるそうです。

白血球の多くは長時間もつわけではないため、輸血を何度しても「延命」でしかないのだそう。

輸血して治るものなら、家族5匹、総出で助けるつもりでした。





「猫白血病ウイルス」って言葉だけは慣れていたけれど、今回初めて、どんな動きをするウイルスなのかを体の仕組みから知りました。

全容は理解できないけれど、「治らない」「先は長くない」という言葉の意味がどういうことなのかを先生に教えていただき、

難しい言葉を繰り返し噛み砕いて、なんとか飲み込んでいます。


高熱でだるい、食欲がない、目がうつろ… そんな感じだったので、もう一度ステロイド(プレドニゾロン)を増やすことになりました。長期に使うと成長に悪影響があるそうですが、先生が「今は仕方ないですね」と。




でもそのおかげで、5日ぶりに自分でお皿から食べました。




それまでは寝そべったまま、指先からしか食べなくて。







食べる姿、爪とぎする姿、ちゃんとトイレする姿… 見られるだけでホッとします。こういうことを繰り返し見守りながら、飼い主には「覚悟」みたいなものができるのかな。


サラちゃんは今、生後5ヶ月くらい。体重は1.78kgで、2週間ほとんど増えていません。ここからまた少し増えれば、だるさも減りそうなんだけど…

白血球が少ないので細菌に負けないよう、抗生物質も錠剤で飲ませることになりましたが… サラちゃんにはなかなか大きな粒。半分に割ったら、全部で3つ。朝晩3回ずつのゴクリ。嫌がらないよう手早く飲ませます。




保護猫の治療費をいつも割り引いてくださる病院に、サラちゃんはうちの子にするから割り引き無しで、とお願いしました。サラちゃんは「うちのコ」です。


サラちゃんの大好物は日本鹿のお肉です=(^.^)=
2番目に好きなのは「うずら丸ごとソーセージ」。病気のときしか食べられましぇーんってくらい高級食材。
温泉卵に仕立てた黄身も好き。







うちの子でよかったね、サラちゃん☆
美味しいもの、たくさん知ってるからね、取り揃えるよ。

今朝はまた食欲が出たようです。少しぼーっとしていますが。







« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。