« 10週目も無事に過ぎて、活発に。 | トップページ | 4週間ぶりの検査でした »

2016年11月15日 (火)

犬たちにこんな食事はいかが


葉物野菜が美味しくなってきました(^^)



パリッパリッのサニーレタスとサラダ菜をいただいたので、即、犬ごはんにも採用ー☆


↑レタスをちぎって、オリーブオイルと岩塩とゴマを擦ってかけました。黄色のものは卵チャーハン。メインは豚肉。


猫だって、サラダ。


↑ベビーリーフをもぐもぐ食べてます。


こんな新鮮な野菜をムシャムシャ食べると身体がスッキリしまよね〜♪



犬たちにも、猫たちにも、
季節を感じる自然な身体の変化があり、

たまには食べたい食物繊維もあるだろうな、というわけで、

うちではサラダの他にもおひたしを加えたりします。


最近、お友だちが愛犬ちゃんの食欲不振に悩み、手作りごはんを始めたいと相談してくれました。

「食べてはいけないもの」にがんじがらめになっていて、「難しそう」「栄養が偏ったらコワイ」と言っていたので、

ざっくりと説明し、
…といっても、あっという間に2時間も話し込みましたが(笑)


それで気持ちが楽になったそうで、毎日手作りごはんにしているとか。

愛犬ちゃんもよく食べるようになって、嬉しくてたまらないとのこと。良かった(^^)


季節感のある手作り犬ごはん・猫ごはん。
なかなか良いと思います♪


お肉に季節感を求めるのは難しいですけどね。


で、そのお友だち、毎日作っているうちにレパートリーを増やしたくなったんだそう。まるで、新婚さんみたいです♪


私もそんな時期があったなあと♪ (笑)

毎食はシンプルでも、1,2週間の中で色々なものを取り入れてバランスを取ればいいみたいです。

うちはシンプルすぎるかもしれないけど(汗




でも、お出汁とか火加減とか、下ごしらえとか…
そこら辺はそれなりにちゃんとやって、美味しく作ってあげます♪

たとえばお豆腐を使うときは水切りしてからにするとか、冷凍のお肉はゆっくり解凍して旨味が逃げないようにするとか、野菜は新鮮なものを使うとか…

大したことないですが。


もし「今夜の犬ごはんは何にしよう?」と悩んだら、

普段ご自身で食べている定番メニューを思いだして考えるといいですよ。

たとえば、卵レタスチャーハン。

たとえば、親子丼。

たとえば、トンカツ&大盛りキャベツ。

たとえば、鶏鍋。

たとえば、豚肉野菜炒め。

たとえば、五目ご飯。

たとえば、小松菜と油揚げの煮浸し。

たとえば、きんぴらごぼう。


こういった組み合わせは、割りと理由があったりします。

生野菜に「ドレッシング」と称して油をかけるのは、脂溶性ビタミン、つまり油と摂ることで吸収を高めるビタミンがあるからだし、

揚げ物にキャベツを合わせると、ビタミンCが胃の粘膜を保護して脂の吸収を抑えてくれるからだし。


そんなこんなで、長年親しまれているメニューって、味的にも、栄養同士の組み合わせ的にもいいんですよね。


でも塩分は少なめに。

犬猫は皮膚から汗をかきませんから。

けれど、生命維持に塩分は必要でしょうから、薄味にすればよろしいかと。

そしてメインをお肉にすること。
運動能力の違いを考えれば、そーだよねー、筋肉すごいものね、全身毛だらけだし。たんぱく質がたくさん必要です。


味付けを薄くして。
香辛料は避けて。
玉ねぎ・長ねぎも避けて。


難しくないですけどね、5秒でやっていたことに15分もかけるのは、やっぱりめんどくさいですよね(笑)


でも私は楽しいから8年も続いてます。

たとえば数年前、中華料理店で初めて冬瓜のスープをいただきました。なんて優しい、ほっこりした風味☆

で、初めて冬瓜を買い、自宅で再現。うんまー!

で、犬ごはんにも♪




こんなふうに、自分の美味しい食事を犬たちにも分けられるのはとても安心だし、夢中になって食べてくれると嬉しいし、洗ったかのようにきれいに舐め尽くされたお皿を片付けるのはなかなか気持ち良いものです。


にゃんこたちは肉食でお肉メインだから、犬ごはんほどは楽しめませんが、放し飼い鶏の卵が好きだったり、新鮮な内臓の焼肉が好きだったり、なかなかワイルドでそれはそれで楽しいです。


ドライフードしか食べてこなかったスミレも、うちに来たその日からずっと手作りになりましたが、一粒残さず食べてくれて、好き嫌いなどまったくありません。

バリカンカットによるチリチリは、ツヤツヤの被毛に生まれ変わりました(^^)




ごはんだけじゃないですけどね、
楽しい散歩もしてますし。

時々は遠足に行ったりして。





いろんなことを一緒にやる。

それが、犬と暮らす醍醐味。



栗が美味しい季節は栗トッピング。




作ってあげられる幸せは、ちっとも手間ではないんです(^^)


« 10週目も無事に過ぎて、活発に。 | トップページ | 4週間ぶりの検査でした »

5.ごはんのこと」カテゴリの記事

8.うちのコいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬たちにこんな食事はいかが:

« 10週目も無事に過ぎて、活発に。 | トップページ | 4週間ぶりの検査でした »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。