« 秋を楽しみました | トップページ | 急遽、欠席 »

2016年11月24日 (木)

地域猫を地域で世話する取り組み


予報どおり、雪が降りましたね。





ノラ猫さんたちに愛がある人は気を病む一日だったかと…

「特に若い猫ちゃんたち、
寒くないところを見つけられただろうか…」

「まさか、最近生まれた子猫はいないかしら」

「あの子はどこで寝ているんだろう」

などなど、外で暮らす猫たちを想う瞬間がたくさん。

私も、心配するしかできないなんて… とため息が出ました。



そんなとき、今朝9時ごろのテレビで浦安市の地域猫アプリが取り上げられていました。

浦安に友人知人がいるため、すでに私はアプリを導入し、

へえー!ほー!

と眺めていました。


どんなアプリかというと、

浦安市内に住む、市公認で管理されている地域猫さんたちの一覧が見られるアプリなんです。

名前、写真、ざっくりした地域、不妊化済みかどうか、そんな情報がありました。





実際にボランティア活動に参加している人にお話を伺うと、浦安市は以前から地域猫への取り組みが盛んだそうで、不妊化手術は全額、市が負担しているのだそうです!お金持ち!(≧∇≦)


「地域猫愛護員」というボランティアさんたちは、市民から「ノラ猫がいる」といった相談に市を通じて応じるそうで、市役所とも市民とも密な関わりを持ちながら、「ノラ猫」を「地域猫」にする活動をしているのだそうです。


私なりに感じたアプリのメリットは、

・我が町の地域猫に親近感を持てる

・その猫は不妊化済みかを知ることができる

・庭に現れた放浪猫を登録してみたくなるため、放置しなくなる

・地域猫と多くの人が知り合いになることで、虐待を防げる

・子供たちの動物福祉教育に良い!



こんな感じかと思います。

これはすごいことで、とにかく不妊化済みの地域猫さんがどんどん増えることになりますし、

飼い猫さんを外飼いする人もいなくなるでしょう。

トイレ問題に取り組むコミュニティもできやすくなると思います。


デメリットとしては、
みんなが食べ物を与えてしまうために肥満や病気が心配なくらいかと。

どこに誰がいるのかがわかると虐待などが心配だという意見もあるそうですが、

それを言ったら、子供が一人で通学や遊びに行くのを「誘拐が心配だ」とやめさせるようなことと似ていて、

だからこそ、地域みんなで見守りましょうという声かけ運動が大事なわけです。



地域猫活動をひっそりこっそりやる時代に終止符を打つ、浦安市の取り組み、応援したいと思います(^^)





« 秋を楽しみました | トップページ | 急遽、欠席 »

7.法律とか世の中のこと」カテゴリの記事

3. 預かりボラ(ぽむ、りんご他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域猫を地域で世話する取り組み:

« 秋を楽しみました | トップページ | 急遽、欠席 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。