« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

器を作りました


昨年保護したねこちゃんたちがみーんな幸せになってくれて、あれこれと肩の荷が下りた今日この頃。


サラちゃんも、日中は自らケージに入る習慣ができました。





長時間の留守時はフリーにしていると心配なので、嫌がらずケージに入ってくれるとホッとします。

夏から手がけていた仕事も無事に納品し、

昨日は半年ぶりに休暇にしました。


家事以外、なーんにも仕事をしない日。
ボランティアもしない日。
自分のためだけの日。

ほんっと久しぶりです。



時間ができたら真っ先にやりたかったのは、半年もがまんした陶芸。


その陶芸教室は、2015年の保護っこ「元気くん」のおうちです。

ヒカリくんと名付けてもらって、早一年。

お客さんが来ても隠れない子です。




これはヒカリくんのおしり。(笑)





昨年5月に作った器4つに、今回は色付けします。







教室に到着すると、先生、つまりヒカリくんのお母さんが

「サラちゃんの分♪」

と、小さな器を1つ追加してくださっていました☆


なんてありがたいのでしょう。感動です。
とっても嬉しい(o^^o)



器の基本の色は、焼く前はベージュですが焼き上がりは白色になるそうです。



スマホ内の写真を見ながら下書きし、




筆で色付け。




左上がサラちゃん。先生が作ってくれた器です。
さすが形が良い〜!


色の中では、特に黒が強く出るそう。


そう伺っているのについつい塗りたくってしまい…

右下はキジトラの「志麻」なんですけど…

黒ねこさん風になりそ(汗


まあ、それも「味」ですね♪


ヒカリママ先生と猫のお話しをしながら、とても楽しいひとときでした。


焼き上がりが楽しみです(^^)


ちなみにうちには6ニャンいるのに、今回作ったのは5皿。

実は、前歯のないミーナの分は、1年前に作成済みです。



ミーナだけ似顔絵じゃないけど、舌だけで上手く掬えるようにと、波波付きのスペシャルバージョンですから♪



次は… 「め・お・と・ぢゃ・わ・ん」とやらを、しおらしく作ってみたい気もしないでもない、です。

(笑)



そんなわけで、久しぶりにとても楽しい休暇でした




2017年1月27日 (金)

肝臓が少し疲れているようです

FeLVによるMDS(骨髄異形成症候群)で投薬中のサラちゃん。我が家に来てからちょうど半年になりました。





MDSを発症してからは5ヶ月弱。
毎日のステロイド錠は「少なくない量」なため、少しでも減らせたらいいなぁと思いながら過ごしてきました。





先日の検診で、
被毛が薄い、肝臓が少し悪くなっている
などのステロイドによる副作用が見られたため、

ステロイド薬を4日に一度お休みしてみようということになりました。つまり3日飲んだら1日休み。

やった!少し減らせる(^^)





また白血球が減ったらどうしよう…という不安もありますが、肝臓病にも注力しなければならないですから、減らせることは前進だと思っています。

肝臓は腎臓と違って、原因を取り除けば再生不可能ではないと、勉強しましたから。





また、忘れかけていましたが、
幼くして発症したため、避妊手術ができていません。
ステロイドを常用していると出血が止まりにくいことがあり、それじゃなくても血が薄いサラちゃんにとって出血は大打撃なんだそうです。


「今は調子が良いから(血球の状態が)、今のうちなら手術することができますよ」とのこと。しかし、あまりに怖すぎるので手術しないで見守ることにしました。

発情が来てしまって、サラ自身が苦しいようであれば、そのときまた考えます。







さらに、これまた忘れかけていましたが、ワクチンは1回しか接種していませんでした。効いていない可能性があります。


これから子猫保護の機会が増えますが、「避けられるものなら外のねこちゃんは入れない方がいいですよね」と先生。移ると酷いことになる可能性があるでしょうね。


そう考えると、率先しての保護ねこさんの受け入れは、しばらくお休みしたほうが良いと思いました…







うちにいた保護犬猫さんたちが皆しあわせになり、おうち募集中のコがいなくなりましたから、

次に待つにゃんこの受け入れを考えていたのですが…



今はサラの状態を維持することを大切に考えることにしました。





おててのマッサージが好きなサラちゃん。

3日おきの休肝日で、身体が楽になりますように。


兎にも角にも、

今日は、うちのコ記念日。

サラに出会って半年、ありがとう

最初に発見してくれた友人にも「ありがとう!」









2017年1月22日 (日)

正式譲渡となりました☆


きぃちゃんと福ちゃん、
二週間のトライアルが終了し、正式譲渡となりました。

たった二週間ぶりなのに、慌てて隠れるきぃ&福。

美味しい紅茶を入れてくださって、
ケーキもいただいていたら、
きぃちゃんが隙をみては味見しようとして(笑)

そうこうしているうちに、緊張がとけていつもの様子を見せてくれました。


センス抜群のインテリアにすっかり溶け込んでいた2ニャン。







エコでおしゃれなオモチャで遊んでもらい、楽しそうでした。







床暖だから気持ちよさそうに寝そべって。







記念に撮影しようとしたら…






まあね、そうなるでしょうね

きぃちゃんは抱っこ嫌い(≧∀≦)

相変わらずでした(笑)

ご主人様、ごめんなさい


色々と個性の強いふたりですが、難があっても笑い飛ばし、二匹のすべてを受け入れてくださっていました。


私が猫だったら、あのおうちに行きたい!

そんなふうに思ってしまうお宅でした。

可愛い可愛いふたりを選んでくださって、心から感謝しております。


小さいのに、ものすごいパワーだったきぃちゃん。



自分でしっかり幸せ掴んだのね。

本当に良かった。おめでとう

2017年1月21日 (土)

預かりボランティアさん募集


いつもお世話になっている「しあわせにゃんこ」さんが、多頭飼育崩壊のねこちゃんたちの里親探しを手伝うのだそうです。


千葉市ねこ多頭レスキュー

http://ameblo.jp/cc-tatou/entry-12232437394.html


こちらの飼い主さんは、二匹の子猫を保護したことがきっかけでオスメスだったために、あれよあれよと増えていき、飼い主さんの入院なども重なって、おうちの中は大変なことになってしまったのだそう…

60匹近くいるそうで、年齢が5歳以上が多いみたい。

*↑訂正、2,3歳も多いです。



近親交配が繰り返され、子猫が生まれても育たないまでになってしまったそうです。

なんてかわいそうな猫ちゃんたち…


千葉市のボランティアさん3人で取り組んでいるそうです。

少しずつ通院させては健康診断を済ませ、預かりさんの元へ送ったり、入院させたり、すぐに手を上げてくださった里親さんの元でトライアルが始まったりなどしています。


しかし、もう預かりさんがいないため、なかなかレスキューが進まないのだとか。

私にも預かりのお願いが来たのですが、今はスペースがないのと、

以前から、できることなら再開発が進む福島県飯舘村で、行き場のなくなった猫ちゃんたちのお手伝いをしたい…と思っていたので、

お手伝いできず。

ああ… (>_<)

歯がゆい思いをしています。


こちらが、福島県飯舘村の猫さんを救っている方のブログ。

福猫舎

http://ameblo.jp/311fukunekoya/entry-12208445266.html

病気の子が多く、お世話はとてもとても大変そうです…



千葉市のほうのレスキューされた猫さんたちは、みんなシャンプーして綺麗になったそうで、丸顔の可愛らしい子が多いなぁと思いました。

すでに助け出された猫さんたちには猫白血病のある子がいないそうですから、預かりボランティアのハードルは高くありませんね。


長年苦労して生きてきたでしょうから、
これから先は清潔であたたかい場所で暮らせるように応援したいと思います。


里親さんが見つかるまでのお世話をして下さる方を切実に探しています。


里親さん探しは「しあわせにゃんこ」さんが譲渡会で助けてくださいます。


余裕のある方、お手伝いしていただけませんか。

よろしくお願いします。


しあわせにゃんこの譲渡会は

1月22日(日)日本橋馬喰町 だそうです。




参加猫さんの紹介はブログで♪

http://ameblo.jp/shiawasenyan-ko/entry-12239102376.html


ひと肌脱いで下さる方、いませんか?m(_ _)m



2017年1月20日 (金)

ペットの食事


こんなチラシを発見。





キッチンドッグの南村さんが、茨城県獣医師会主催のイベントにいらっしゃるなんて。しかも無料。


手作りごはんを始めた頃、
キッチンドッグさんの犬のための手作りごはん本
「270レシピ…」は、とても参考になりました。

冷蔵庫にあるものからメニューを考えられる構成になっています。

初版は8年くらい前ですから、もう中古しか手に入らないかもしれませんね。


須崎先生や吉村先生の栄養に関する本で基礎を学習し、

実践はキッチンドッグさんのレシピ本を見ていました。


うちの一番っ子、二番っ子は0歳から手作りごはんですが、

毎日作ろうと決めて、それが定着するまではかなり大変でした。朝から考えておかないと作れなかった(笑)


たくさんの本を読み、実践し、半年か1年もしない頃にやっと、手作りごはんセミナーに行きました。

自分のやり方に間違いがないかどうかを確認したくて。

行ってよかったと思いました。参加者の方々から様々なアイデアや工夫を聞けたのです。

だから、こういったセミナーは聞いて損はないですね♪






余談ですが、
そのときの講師の先生が、先日、私に会いに来てくださいました。
しかも、会いに来てくださった場所は、猫の譲渡会会場でした。感動のご縁です。


話は戻しますが、
そんなこんなで様々な波を渡り、今は須崎先生が代表の「APNA」の「ペット食育士 准指導士」という資格をいただいています。

指導士資格は1年更新で、記述式の試験がありますから、合格後も勉強させられるという、とても良い資格だと思います。

この資格の上は「指導士」「上級指導士」とあり、APNA公認の講師としてセミナーを実施することができます。私には無理なので目指しませんが。



ジャスミンとミュウのための手作りごはんから、たくさんのご縁が生まれました。




昨日もまた、食欲不振だというねこちゃんの食についてご相談がありました。

ねこさんたちは難しいです。今まで知らなかった匂いや形のものは食べ物と見なさず、なかなか食べません。

それでも何かピンとくるのか、初めてのものでも食べてくれることがあります。

昨日のねこさんは、焼いた鮭を食べてくれたそうです(^^) よかった。うちも皆、脂少なく色の濃い鮭は好き。


うちにも、うちの子になる前はドライだけで育ったと思われるねこさんが二匹います。とにかく、ドライ以外は食べられなかったのです。

苦労しましたが、そんな子たちも5年くらい経って、やっと色々なものを食べられるようになりました。

5年ですよ、5年!

若いねこちゃんを迎えた方は、若いうちに食育しておいたほうがいいと思います(^^)





そして前回の記事に書いた、リンパ腫のねこさんが亡くなったとご連絡をいただきました。

その飼い主さんとも猫の食育つながり。

犬ねこの食育に関するセミナーで知り合えた方からのご紹介でした。

私もサラちゃんの件で初めてFeLV+のコを育てることになりましたから、私から猫の食に関する話題をご提供するだけでなく、その方から病気のことを教えていただけるきっかけになり、これまた素晴らしいご縁をいただきました。


亡くなったねこちゃん、最期は静かに静かに旅立ったそうです。2歳前だったかと思います。

とても苦しいはずなのに、酸素室から自分の好きな場所まで歩き、ご家族と一緒に空を見上げ、永眠したそうです。姉妹のねこちゃんは半年ほど前に先にお空に行っていたそうですから、迎えにきてくれたのかもしれませんね…



そんな、安らかで優美で温かい最期を迎えられたというお話を聞けたのも、手作りごはんが繋いでくれたご縁のように思います。


家族の姿が永遠になくなることほど、悲しくて寂しいことはありませんよね…

サラちゃんの病気もいつまた暴れ出すかわかりません。

他の子たちも、いつ難病になるかわかりません。


そのときに少しでも健やかな食事を続けられたら…


大きな機械でガラガラぽんと作られた食べものだけでなく、たまにはプリッとしたお魚や、ジューシーなお肉、フレッシュな野菜を食べてもらいたいと思いませんか♪

温かい食事は愛猫愛犬もきっと喜びます






2017年1月13日 (金)

油断したら痩せてしまって


昨朝、サラちゃんがなんとなく細っこくなった?と思ったので体重を測ったら…

100gも減っていました。

2.15kgから2.05kg …

たかが100g 、されど100g。






年末年始がとても忙しかったから、ひとりごはんのことが増えてしまい、

「もう少し食べよ〜」

って誘うことができなかったのです。






昨夜は長い時間一緒に居れたので、すり寄ってきたり、コロンと横になったり、とても嬉しそうでした。


そのおかげか、まあまあ食べてくれて。


これはディアラさんの馬肉。生食用。




これはEGサイクルさんの日本鹿の鹿肉。こちらは軽くソテーすると、香りがよくなるからか、食いつきが変わります。でも時々、食べなくなります。



ピノ(小松菜の幼葉)&納豆。


手作り食を取り入れるときは、できるだけ色々なものを。



話は少しそれますが、食つながりで書き残したいなと。





少し前に知り合った方から、愛猫ちゃんが縦隔型リンパ腫を発症してしまったとご連絡いただきました。

FeLV(猫白血病ウイルス)によると思われる悪性リンパ腫です。

猫の病気辞典を見ると、減少症のサラちゃんとは逆のパターンで、リンパ腫の場合は白血球等が増殖するもの。その結果、癌ができるとのこと。


FeLVは血液の核に入り込み遺伝子を狂わせ、骨髄から生まれた血液は数週間かけて血球に成長するはずが、その過程で不具合が生じ、きちんと成長できなくなる。

だから治療が困難で、「完治」はまずない。

白血球が絡むと進行は早い。まず助からない。

もし半年でも「寛解」となれば、大成功。

そんな、恐ろしい病気のようです。


しかもこの病気は、加齢によるものでもなく、

遺伝によるものでもなく、

感染によるものなんですから。

移るんですよ、他のねこちゃんたちに…
それと同時に、防げるものでもあるわけです。空気感染はしませんから。





サラの好物を、頑張るそのコに送りました。

鹿肉と、鹿の背骨。
背骨は30分くらいコトコト煮込んでスープを取ります。これが美味。甘い香りがします。




どんなに考えつくされたサプリであっても、
野生の生肉に勝るものはないと、私は思います。


サプリだけ食べても成長しませんから。
サプリは補助食ですから。

大事なのは主食。



縦隔型リンパ腫は胸腔に水が溜まるため、肺が圧迫されてとても苦しいといいます。



思い起こせば6年前、
保護した1歳くらいのねこちゃんは、いつもじっと動かず、呼吸が早く、しんどそうでした。診察を受けると横隔膜に異常があって、後半身の臓器が前に流れ込み、肺が3分の2くらいまでに圧迫されていました。

あの苦しそうな様子を思い出すと、肺が圧迫されるしんどさは相当なものだと思います。


そんな中、

鹿肉をたべました
スープも口にしてくれました


とご連絡いただきました。

口にしたのはきっとほんのわずかでしょう。
私の御節介を優しく受け止めてくださったのだと思います。


少しでも苦しみが和らぎますよう、祈るしかありません。

ご家族の張り裂けそうな悲しみも、一瞬だけでも光が射しますように。






こんな病気がなくなるよう、ねこちゃんの未避妊のままの放し飼いを根絶したいです。


そして母子感染となってしまった子猫たちに希望の光を届けられるよう、


もっともっと、サラちゃんと頑張らねば。

頑張ることが「生きる」こと。




2017年1月10日 (火)

きぃ福、トライアル開始


我が家の最強こねこ「きぃちゃん」が、福くんと共にトライアルに出発しました。







唸りっぱなしのきぃちゃん。やっぱりね。







「ここはどこ?」で腰が引けてる福くんも、それより唸るきぃちゃんのほうが怖かったりして情けないお顔に。そりゃないよねえ。







まあ、譲渡会の様子を見たら、きぃちゃんが福くんに八つ当たりするのは想定内でしたけど(笑)



隠れたまま出てこなくなるかなぁ…とも思いましたが、唸りながら、へっぴり腰になりながらも、お部屋を探検できた初日でした(^^)








そんなふたりをにっこり見守ってくださるMさんご夫婦の穏やかさに、とてもホッとできました。


美味しい紅茶とロールケーキをいただきながら、日々の生活のポイントなどをお話ししていると、「何食べてるのー?」と確認にくる余裕もありました。





とはいえ、福くんは探検が終わると自らケージに入り、ハンモックに丸くなり、顔だけ出して自分なりに状況を整理しているようでした。






きぃちゃんは少しパニックになったまま、とにかく唸っていましたが、ご用意くださったベッドが気に入ったようで、出たり入ったりしていました。





そんなふたりに、

「頑張れ!きっと最高のおうちだから!」

とエールを送り、

Mさんご夫婦にはとにかく脱走にご注意をお願いして、

お正月明けで混み合う都内を車で走り、帰宅しました。



賑やかなふたりが居なくなった我が家は、それはそれは静か!こんなに静かだったのね。思い起こしてみたら、昨年は保護っ子がいない日はお正月だけでした。




きぃ福は今日で4日目。毎日いただくご報告を拝見していると、徐々に緊張がほぐれていることがわかります。

ふたりそれぞれ、和みのペースは違いますが。

いただいた写真の一部です。






2日目には追いかけっこをし、
3日目には取っ組み合いできる余裕が出たそうです。

ケージではくっついて寝て。






遊び疲れて、床に寝転ぶふたり。




あれこれ工夫して、おイタも笑ってやり過ごしてくださっているであろうMさんご夫婦に、もう本当にありがたくてありがたくて。



段々と慣れていくふたりの写真を見ていると、じんわりと嬉し涙が滲んでくるのでした。




5月下旬にきぃちゃんを保護してから半年。

7月下旬にはサラちゃんを保護してすぐに白血病治療に入ったものだから、きぃちゃんはオトナ猫たちに任せっきり。

私には懐いていましたが、他への警戒心は増すばかりで、部屋の外で物音がすると真っ先に飛んでいくようなタイプでした。


オトナ猫に遊ぼうよと飛びかかっては叱られるきぃちゃんにお友だちを…と思い、福くんをお預かりして3ヶ月。


福くんのほうが1.5倍の大きさなのに、対等に取っ組み合いして、福くんのおかげできぃちゃんは毎日充実していたと思います。


その状態を、Mさんご夫婦がそのまま引き継いでくださって。


きぃちゃんの十八番「シャーッ!」も笑い飛ばしてくださって。

福くんの情けないお顔を「穏やかなコ」と見抜いてくださって。



福くんには「凪」、

きぃちゃんには「キキ」と、

新しい名前を付けてくださいました。



一応、2週間のトライアルです。


その後、お互いに不安のない譲渡契約が結べるならば、きぃちゃんと福くんの新しいお母さんとお父さんが決定です。


無事にその日が来ますように。





↑我が家での写真。
とにかく気が合うふたりです(^^)



2017年1月 7日 (土)

クリクリ、正式決定!


トライアル中のクリクリに会いにいきました♪



↑私の横に座ってくれました(*^^*)


先住ねこちゃんとの仲も良好とのことで、「正式にうちのコにしたい」とお申し出いただきました✨

新しい名前は「クロ」ちゃん。ご家族皆さんが自然とそう呼んでいたからと。「もっと凝りたかったけど」と苦笑いの新お母さん。



↑みんながいる場所に一緒にいることが多いそう。


先住ねこちゃんがシャイで私に姿を見せてくれなかったので、クロちゃんとの仲がどんな感じなのかを動画で見せてくださいました。そのお心遣いにとても感動しました💕


「おめでとう。幸せだね」と言いながらクロちゃんを抱きしめると、思いっきりゴロゴロと喉を鳴らして答えてくれました。


雪解けの雑木林でぎゅっと身を固めていた黒猫さん。




凍るような寒さに耐えなきゃならない日々なんて、もう二度とこないよと、しっかり伝えることができました。


退院後にお世話してくれたyo-yo-さん、譲渡会場まで連れてきてくれた陸ママさん、譲渡会情報を広めてくださった皆さん、本当にありがとうございました😊💕


安心しきってくつろいでいる写真をいただきました☆




クロちゃん、かなり幸せな様子でした♪

とっても嬉しい

里親になってくださったAさんファミリーに心から感謝申し上げます。



2017年1月 6日 (金)

クリクリ、トライアルの様子


黒猫クリクリさん。先生やお友だちの助けあり、クリスマスに銀座の譲渡会で嬉しい出会いがあって。
すぐにトライアルスタートしました。

毎日たくさんの写真と、元気な様子をご報告いただいています。

その中から、いくつかご紹介させていただきます♪


まず初めは、子猫じゃないことにちょっぴり不満があったお父様でしたが、クリクリの人懐こさに一発でメロメロになられたそうです☆





そして、ご家族皆様が不安だったのは4歳の先住ねこさんがどうなるか、という点でした。

無理に近づけたりしないで少しずつ存在を知らせ、「君が一番よ」とひたすら撫でてあげて… のんびり年末年始を過ごされたそうです。



ぷぷぷっ!柱の影に…(*≧∀≦*)









その結果、なんだかいい感じになってきたとのこと。軽いパンチ合戦があったり、同じタワーの上下にいたり。






写真の様子では全然心配ないんですけどね(^^) その辺の感覚は、私のような保護常連者のざっくり感覚で押し付けてはいけないと思うので、ご家族皆様が「もう安心だわ、正式譲渡を」と思えるまで見守ることにしたいと思っています。


今週末に、正式譲渡契約書を持って「ひとまず」伺う予定です。楽しみです。
クリクリとお話ししたいです(^^)



すっかり綺麗になって☆ いい顔してます♪

2017年1月 5日 (木)

まだまだお正月(^^)


いつまでを「お正月」というのでしょうね♪

line camera のフレームの続き。

まだ登場してなかった志麻とミーナ。


みかん箱からオハヨ。




元旦からずっと、ミーナさんを上手く撮れない。
不調のサインかなぁ。





サラちゃんは調子がいいもんね。若者ですから(^^)




ミーナにも、サラちゃんのように手厚いフォローが必要だね。



きぃちゃんは土曜に出発です。



寂しい気持ちと、嬉しい気持ちが入り混じるけど…

きぃちゃんにとって幸せなのはやっぱり新しいおうち。


きぃちゃんを保護してから今までの思い出アルバム作りたいけど、寂しさ溢れてくるから今はやらない(^^)



新しいおうちに早く馴染めるよう、準備するのみ!


おとぼけ福くんが一緒で本当に良かった。和みます。






幸せな思い出いっぱいの 2017年お正月 にするのです



2017年1月 2日 (月)

楽しいお正月


忙しい中でも、楽しいお正月を過ごしています(^^)




みかんの他に、鏡餅1枚も乗せられた、バランス感覚ピカイチのジャスぽんです。


「line camera」というアプリをスマホで使うと、写真を簡単に目的別に加工できるのですが、

その中に、240円で買えるお正月用のフレームがありました。14パターンありますから、フル活用しようというわけで。




愛おしいサラちゃんは絶好調(^^)





鏡餅に夢中な面々(笑)





なんだかドラミちゃんみたいだよ(笑)




今日はお正月恒例の山登り。




ものすごく楽しいようで終始ルンルンでした。





ちょっと緊張ね。




よし。これで7パターン使った♪

あと7パターンだ。楽勝!(笑)




年末からサクサク作っていたサイトが完成に近づいてきました。

http://nekonoouchi.jp


ホームページを作っています。
基本6ページ5万円から。
バナーやその他画像の制作は別料金となります。
制作期間は2ヶ月以上いただいています。


こちらは、大至急作ってほしいというご依頼で引き受けました。割り増し料金ですね(笑)でも、ねこさんたちを救う人たちの主催する譲渡会のためのサイトなので、格安にさせていただきました。

頑張ってください\(^^)/ 応援しています。


ロゴがなかなか素敵でしょ☆




皆さんにアイデアいただいて、ちらほら取り入れながら、悩み、苦しみ(笑)、ようやくできました。

我ながら満足。

いつかこのロゴのグッズを街中で見かけることがあったら嬉しいな。



明日はバナーを作ろう。みなさんにリンクを貼ってもらえるように♪


そんなわけで、よく働き、よく遊び、楽しいお正月です。

明日もまた遊ぶぞ。

眠いよー(笑)


2017年1月 1日 (日)

今年もよろしくお願いします


新年おめでとうございます。

2016年の振り返りをしようと思っていたのに、連日の徹夜がたたって、夜8時過ぎに寝落ち… 夫もグーグー…

嫌だわ(汗)夫婦揃って寝てしまいました。

気付けば23時40分!

サラちゃんを遊ばせて、お薬あげなきゃ。

するとまたボランティア仕事の修正依頼。サクサクやっていると、近所のお寺でゴーン、ゴーン…

夫は起きず…

なんだかなぁ、な年明けです(笑)


これからお蕎麦を茹でていただきます。

せっかくの手打ちですから♪
私の激務を知った母が、豚肉とネギ入りのお汁を作ってくれました(*≧∀≦*)



2016年のたくさんのご縁に感謝しながらお蕎麦をいただいて、明日に、あ今日だ、に備えます。


2016に出会えたコたち。







mofuさんだけはどうしても自由がいいということで地域猫に戻しました。私の連絡先を書いた首輪を着けて。

他のコたちは、みな、おうちが見つかりました。


そしてやっぱり、一番大きな出来事は2匹増えたこと。
うちのコになったふたり。






なんだか今年はバタバタだと思ったら、そっか、コアメンバーが7匹から9匹になってたんだ。いま気付きました(笑)


2017年も、よろしくお願いします(^^)







« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。