« 正式譲渡となりました☆ | トップページ | 器を作りました »

2017年1月27日 (金)

肝臓が少し疲れているようです

FeLVによるMDS(骨髄異形成症候群)で投薬中のサラちゃん。我が家に来てからちょうど半年になりました。





MDSを発症してからは5ヶ月弱。
毎日のステロイド錠は「少なくない量」なため、少しでも減らせたらいいなぁと思いながら過ごしてきました。





先日の検診で、
被毛が薄い、肝臓が少し悪くなっている
などのステロイドによる副作用が見られたため、

ステロイド薬を4日に一度お休みしてみようということになりました。つまり3日飲んだら1日休み。

やった!少し減らせる(^^)





また白血球が減ったらどうしよう…という不安もありますが、肝臓病にも注力しなければならないですから、減らせることは前進だと思っています。

肝臓は腎臓と違って、原因を取り除けば再生不可能ではないと、勉強しましたから。





また、忘れかけていましたが、
幼くして発症したため、避妊手術ができていません。
ステロイドを常用していると出血が止まりにくいことがあり、それじゃなくても血が薄いサラちゃんにとって出血は大打撃なんだそうです。


「今は調子が良いから(血球の状態が)、今のうちなら手術することができますよ」とのこと。しかし、あまりに怖すぎるので手術しないで見守ることにしました。

発情が来てしまって、サラ自身が苦しいようであれば、そのときまた考えます。







さらに、これまた忘れかけていましたが、ワクチンは1回しか接種していませんでした。効いていない可能性があります。


これから子猫保護の機会が増えますが、「避けられるものなら外のねこちゃんは入れない方がいいですよね」と先生。移ると酷いことになる可能性があるでしょうね。


そう考えると、率先しての保護ねこさんの受け入れは、しばらくお休みしたほうが良いと思いました…







うちにいた保護犬猫さんたちが皆しあわせになり、おうち募集中のコがいなくなりましたから、

次に待つにゃんこの受け入れを考えていたのですが…



今はサラの状態を維持することを大切に考えることにしました。





おててのマッサージが好きなサラちゃん。

3日おきの休肝日で、身体が楽になりますように。


兎にも角にも、

今日は、うちのコ記念日。

サラに出会って半年、ありがとう

最初に発見してくれた友人にも「ありがとう!」









« 正式譲渡となりました☆ | トップページ | 器を作りました »

2.頑張るサラちゃん(FeLVと闘う)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!うちのブログにコメントありがとうございます^^ ワタシもバタバタしていまして、久々にこちらに伺いました☆ サラちゃん、白血球もヘマトクリットも増えているじゃないですか! ステロイドをすこーしずつ減らしつつ、この状態が維持できますように!><
  飼い主の仕事忙し&怠慢のため、うちのにゃんこず達はほぼガラガラポンなごはんばっかりです^^; うちもたまにはいい食事をあげないとなー、と、ミュウママさんのブログを読むと思うのでした。。。(しかしなかなか実行できずww)

よねっちさん、読んでいただいてありがとうございます!
そうなんです、血球ちゃんたちは3つとも良いみたいで☆ 嬉しいです。
すこーしずつ減らして、肝臓がどうなるか…
どうか耐えてほしい!
推定5月生まれですから、もうちょっと頑張れば結構タフになってくるんじゃないかと期待したいのですが。
よねっちさんかブログでおっしゃっていた通り、ただただ辛い思いをさせたくない、私もそれだけです。励みになります、ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓が少し疲れているようです:

« 正式譲渡となりました☆ | トップページ | 器を作りました »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。