« ぐんぐん元気に | トップページ | ジャスミンの歯科健診 »

2017年6月25日 (日)

カプくん、初体験


保護してから3週間が過ぎたカプくん。
カプチーノのカプ。
野菜のかぶではありません、
バイクのスーパーカブでもありません(笑)


下痢が始まると丸一日続くので、便検査をしてもらいました。


病院の待合室では静かに待てました。




寄生虫などなく、異常が見当たらないため、やはり食べ過ぎ、ということでいいのかもしれません。ひと安心。



腸内細菌を意識したごはんにしていけたらなぁと漠然と考えています。とりあえず、ヨーグルトでもあげてみようかな。


カプの今のごはんは、良質な(と思われる)ドッグフードを与えています。


最近までは、いただいた「キア オラ」の鹿肉タイプ。

2kg袋を消費したので、「Tera」の馬肉タイプにチェンジ。




いやまあ、このTeraにはびっくり!!

人もサクサクいける、おからクッキーみたい。

ペットフードは高温加熱するため、熱に弱いビタミンや植物油などは最後に表面にまぶすわけですが、

Teraはそれがないのか、サラッとしていて、おからやゴマの優しい香りがします。


左がテラ、右がキアオラ。




ベタつかないし、油のコーティングがない分、酸化スピードも遅そう。

ポケットに入れて、トレーニング時のご褒美にも最適。


小さな袋しか買わなかったので、追加注文しようかな。


もうひとつ、ストックしたものは「ジロ吉 ごはんだよ」のチキンタイプ。



どんなフードか、まだわかりません(笑)



とはいえ、いずれ手作りに移行する予定です。

ドッグフードは高いので、節約したい(汗)


それに、脂肪分の少ないお肉に季節の野菜と植物油、時々海苔や胡麻を混ぜてあげるだけで、

ドッグフードよりもずっと良い食事、つまり成長期の骨や歯を丈夫にしてくれるんじゃないかと思うから。


うちの犬ジャスミンは生後5ヶ月から手作り食ですが、9歳の検診で、背骨や歯が若くてびっくりされましたし、

同じく9歳のミュウも赤ちゃん時代からうちにいますが、病気知らずです。


栄養バランス云々の前に、
加工品ではなく、食材を与えることそのものが身体にはいいのだと思っています。


そして、満足できる運動をして、幸せな眠りにつく。


毎日の積み重ねですよね♪

そうしてあげられない日もあるのですが、できるだけ「たまーに」くらいで。


カプくんにも幸せになってほしいから、学習力の高い今の時期に、私に出来る範囲になってしまいますが、様々なものに慣れさせてあげたいと思っています。



だから昨日は初ドライブに、初レストラン。

車が好き、どこでも落ち着ける。

そんな子は、より家族に溶け込めるし、本人自体が楽に生きられる。



というわけで、クレートで荷台に、じゃなくて、後部座席で外を見ながら。






ちょっと怖がって、肉球には汗をかいていました。


でもマットを敷いてみると…



なるほど。カプくんはマットが大事なのね。



そしてレストランでは、待つ間は壁際に(笑)



ここは病院じゃないよ(笑)


私が食事中は、マットの上で丸くなり。




大変お利口さんでした!


でも、定員さんが来るたびにびっくりして起きてました。二人来た時は後ずさりしていました(笑)






それ以外は静かにしていました。えらい!





カプくん、家族と一緒にお出掛けできる子ですよ♪


よろしくお願いします(^^)


【ペットのおうち】
繊細で賢く、甘えんぼさんなカプくん

http://www.pet-home.jp/dogs/ibaraki/pn159817/







↑病院の待合室から駐車場を眺めて、「なんだか怖い」のカプくん。


« ぐんぐん元気に | トップページ | ジャスミンの歯科健診 »

カプくん(決定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カプくん、初体験:

« ぐんぐん元気に | トップページ | ジャスミンの歯科健診 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

よく利用するサイト

  • ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    ミャオ!ねこのおうち譲渡会
    東京都で開催されている、ねこちゃんの譲渡会
  • ペットのおうち
    ペットのおうち
    ペット全般の里親募集を行っているサイト。
  • NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

    常時100匹以上の猫ちゃんを世話し、シェルターがそのまま「保護猫カフェ」となっている。「猫付きマンション」や「ねこねこ110番」、「そとねこ病院」など、常に新しいアイディアで不幸な猫たちをどんどん減らしている。 「誰も望んでいない殺処分。足りないのは愛情ではなく、システムです。」というキャッチが私は大好きです。ぜひ応援してほしい。
  • がんばっペット
    東日本大震災福島保護犬猫の一覧
  • ペットフード ann.(アン.)

    オーナーさんが厳選した、犬猫のための食品を販売している。特に多種多様のオヤツが嬉しい。「ann.オリジナル」のオヤツは食にうるさい犬猫にも人気。どの商品も安心して購入できる。